藤田 晋輔 FUJITA Shinsuke

Articles:  1-20 of 62

  • 1 / 4
  • Quality of sugi bark and charcoal produced by sugi bark (1) The effect of carbonization temperature  [in Japanese]

    服部 芳明 , 米満 恵子 , 藤田 晋輔 [他]

    Wood industry 62(7), 306-310, 2007-07

  • Feasibility of carbide molding mats as roof planting material  [in Japanese]

    FUJITA Shinsuke , HATTORI Yoshiaki , NAKAHARA Koichi

    本報告は、有機系廃棄物から製造した炭化物成型マットを屋上緑化資材として創製するに際し、必要、かつ不可欠な条件をさぐることを目的とした。得られた結果の大要は以下のとおりである。1)乾式メタン発酵残さおよびスギ炭化物成型ボードは弱アルカリ性であり、栄養素(Ca、Mg、K、PおよびN)も多く含み、他の栄養分を配合することなく、水分さえ十分に与えれば緑化資材として十分活用できる。しかし、タケ炭成型ボードは …

    Research bulletin of the Kagoshima University Forests (33), 43-50, 2005-12

    IR  JASI 

  • 家畜排泄物の乾式メタン発酵技術 (特集/家畜排泄物の適正処理および資源化)  [in Japanese]

    藤田 晋輔 , 三崎 岳郎

    Journal of water and waste 46(4), 333-339, 2004-04

    Cited by (1)

  • List of the Woody Plants in the Botanical Garden of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University, revised on 2003  [in Japanese]

    UMATA Hidetaka , IKEDA Goken , UCHIHARA Hiroyuki , FUJITA Shinsuke

    Research bulletin of the Kagoshima University Forests (31), 21-80, 2003-12

    IR  JASI 

  • The Moisture Content Gradient of Wooden House Members  [in Japanese]

    TERATOKO Katsuya , KIMURA Akitaka , FUJITA Shinsuke , HATTORI Yoshiaki , SATO Yoshio

    築4年を経過した木造住宅部材の含水率を調査した。床下に敷設した木炭の調湿効果によって,床束の含水率は15~18%であった。一方,防湿未処理の床下での床束の含水率は,17~20%を示した。特に,北側の床束には生物劣化の可能性のある含水率24%を示した。鉛直方向にみた通柱の含水率分布は,小屋組材から1階の床組材にかけてゆるやかに上昇し,10~18%の範囲で推移した。方位別にみた住宅部材の含水率は,北側 …

    Bulletin of the Faculty of Education, Kagoshima University. Natural science 55, 25-33, 2003

    IR  Cited by (1)

  • Material Conversion of Unutilized Plant Biomass for Zero Emissions  [in Japanese]

    SAKODA Akiyoshi , MOCHIDZUKI Kazuhiro , ABE Ikuo , KATAYAMA Yoko , KAWAI Syuichi , SAWADA Tatsuro , TANADA Seiki , NAKASAKI Kiyohiko , NAKAMURA Yoshitoshi , FUJITA Shinsuke , FUNAOKA Masamitsu , MIURA Masakatsu , YOSHIDA Takashi

    Environmental science 14(4), 383-390, 2001-07-31

    References (31) Cited by (7)

  • 屋久島における環境保全をめざしたゼロエミッション計画  [in Japanese]

    藤田 晋輔

    Wood industry 55(9), 414-418, 2000-09-01

  • Woods and Building Materials in correlation with EcoBalance (II) : Some Trends about Environmental Management and Life Cycle Assessment in the Four Industrial Categories  [in Japanese]

    HATTORI Yoshiaki , TERATOKO Katsuya , FUJITA Shinsuke

    環境マネージメント規格ならびにライフサイクルアセスメントに関するアンケート調査を次の4業種を対象として実施した.(1)鹿児島県内の林家349名を対象に1998年12月に実施した.回答は92名から得た.回収率は26.4%であった.(2)鹿児島県下の木材, 製材業者1,001社を対象に1999年2月に実施した.回答は209社から得た.回収率は20.9%であった.(3)鹿児島県内の工務店562社を対象に …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (50), 75-84, 2000-03

    IR  JASI 

  • Woods and Building Materials in correlation with EcoBalance (I) : Some Trends on Forest- and Timber- Certification among the Four Industrial Categories  [in Japanese]

    HATTORI Yoshiaki , TERATOKO Katsuya , FUJITA Shinsuke

    環境保全型農林水産業への転換が今日的意味において求められている。木材に関連する業者の環境配慮に関する動向をとらえるため, アンケート調査を行った。森林認証, 木材認証・ラベリングが木材および木材製品の環境保全型への転換において鍵となると思われたため, 本報では, これを中心にまとめた。アンケート調査は, 次の4業種を対象とした。(1)鹿児島県内の林家349名を対象に1998年12月に実施した。回答 …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (50), 63-74, 2000-03

    IR  JASI 

  • Identifying of Excavated Wooden- Pile from Kagoshima University Campus.  [in Japanese]

    TERATOKO Katsuya , FUJITA Shinsuke , HATTORI Yoshiaki

    Research bulletin of the Kagoshima University Forests (27), 77-85, 1999-12

    IR 

  • Strength Properties of Sugi Lumber Samples from Takakuma Experimental Forest in Kagoshima (I) : Effectiveness of Selection by Grading of Dynamic Elasticity of Logs and Sawing Position on Sugi Lumber.  [in Japanese]

    TERATOKO Katsuya , FUJITA Shinsuke , HATTORI Yoshiaki

    Research bulletin of the Kagoshima University Forests (27), 23-30, 1999-12

    IR  JASI 

  • Demand and Supply of Wooden Housing (III) : Social Survey made on the Consumers Appreciation in Kagosima Prefecture  [in Japanese]

    HATTORI Yoshiaki , MATSUSHITA Koji , TERATOKO Katsuya , FUJITA Shinsuke

    木造住宅の需要と供給についての今日的な課題を探るため, 生産者, 消費者, 地方自治体がどのように木造住宅を捉えているかについて, アンケート調査を行った.目的は, 今後の木造住宅政策立案のための基礎資料, ならびに, ニーズに合致した木材研究の方向性を探ることである.本報告は, 消費者についてとりまとめた.アンケート調査は, 鹿児島市内の集合住宅に居住する1,200名を対象に, 1994年11月 …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (48), 61-68, 1998-03

    IR 

  • Demand and Supply of Wooden Housing (II) : Social Survey made on Local Builders including full-time Carpenters in Kagoshima Prefecture  [in Japanese]

    HATTORI Yoshiaki , MATSUSHITA Koji , SETOGUCHI Tsuneo , TERATOKO Katsuya , FUJITA Shinsuke

    本研究は, 木造住宅の消費者と生産者が木造住宅の現状と問題についてどのように考えているのかをアンケート調査を通じて明らかにし, 今後の木造住宅政策立案のための基礎資料を提供しようとするものであり, 鹿児島県を事例としてとりあげた.工務店に対するアンケート調査は1994年12月に実施した.対象は736の工務店であり, 138社から回答を得た(回収率18.8%).得られた結果は以下の通りである.1.木 …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (48), 51-59, 1998-03

    IR 

  • Environmental Monitoring with Remote Sensing Estimation of Stand Volume in Takakuma Experimental Forest Using Remote Sensing Data.  [in Japanese]

    ISHIGURO Etsuji , HYODO Kaoru , KASHIWAGI Sumitaka , IKEDA Hideo , SATO Muneharu , IWASAKI Koichi , UMATA Hidetaka , MAEDA Toshimori , FUJITA Shinsuke , MIYAHARA Takakazu

    リモートセンシングによる環境モニタリングの一環として, CO_2濃度に影響を及ぼすと考えられる森林の蓄積量の推定の可能性をLandsat-5/TMとNOAAデータを用いて検討した。NDVI処理を行うと, L-5/TMおよびNOAAのいずれのデータも観測時期によるNDVI値の変動がみられ, この値の変動は樹木の活性度に起因することが示唆された。NDVI値と蓄積量には明確な相関は認められなかったが, …

    Research bulletin of the Kagoshima University Forests (25), 45-49, 1997-11

    IR  JASI  Cited by (1)

  • Demand and Supply of Wooden Housing (I) : Actual Conditions on the Public Operated Wooden House in Kagoshima Prefecture  [in Japanese]

    HATTORI Yoshiaki , MATSUSHITA Koji , TERATOKO Katsuya , FUJITA Shinsuke

    鹿児島県内の市町村の公営住宅担当者向けにアンケート調査を実施した結果, 68の市町村から回答を得た(回収率72.3%).平成3年度以降の3年間に木造の公営住宅を建設した実績のある33市町村を対象に代表的な木造在来軸組工法住宅の実態を分析した結果, 平均像として, 坪単価は46.1万円, 単位面積当りの木材使用量としては0.202m^3/m^2の値が得られた.また, 延べ床面積が小さくなるほど単位床 …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (47), 43-48, 1997-03

    IR 

  • Strength Properties of Sugi in Southern-Kyusyu (I) : Estimation of Strength Properties of Finger-Jointed Lamina Wood by TLVT (an Analysis of Tones of Longitudinal Vibration by Tapping) Method  [in Japanese]

    TERATOKO Katsuya , FUJITA Shinsuke , HATTORI Yoshiaki

    南九州産スギの縦継ぎ材のヤング係数について検討した.本論文の目的は, スギ縦継ぎ材のヤング係数を打撃音法によるEfと静的曲げ試験によって得られるMOEとの関係から明らかにし, Efによる可能性を検討することであった.また, 種々の接着条件下におけるサワラの縦継ぎ材も同様に検討した.その結果以下のことが明らかとなった.1.供試したスギ6品種のヤング係数は比重の高い材ほどヤング係数も高い傾向を示した. …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (47), 29-36, 1997-03

    IR  JASI 

  • A Social Survey on Multimedia in Local Inhabitants.  [in Japanese]

    HATTORI Yoshiaki , TERATOKO Katsuya , FUJITA Shinsuke

    地方都市およびその周辺地域において産業に関わる人々を対象に, マルチメディアに対する意識とその実態を, アンケート調査を通じて明らかにすることが調査目的とされた。調査の意図は, CD-ROM, インターネットを情報伝達媒体として効果的に利用するための基礎資料を提供することにあった。対象地として南九州地域(鹿児島県と宮崎県)が取りあげられ, 地域の農林工業の活性化をめざして活動する2団体の全会員を対 …

    Research bulletin of the Kagoshima University Forests (24), 123-130, 1996-12

    IR 

  • Some Considerations on the Study of Indoor-Environment and Deterministic Chaos.  [in Japanese]

    HATTORI Yoshiaki , TAJIMA Hidetoshi , TERATOKO Katsuya , FUJITA Shinsuke , KITSUTA Kouyoh

    様々な研究組織が感性についての研究が重要であると認識し, 実際に, いくつかの研究プロジェクトが実施されている。感性に関わる居住快適性の研究に決定論的カオスを導入することが意味のあることと考え, この研究が実施された。この論文の目的として, まず, 決定論的カオスに関する研究をレビューすること, さらに, 試行された一つのアプローチ研究を紹介することが挙げられている。決定論的カオスは, 生体リズム …

    Research bulletin of the Kagoshima University Forests (24), 95-103, 1996-12

    IR 

  • 560 A valley exposed by the flood of Aug. 6, 1993 at Kagoshima City and ^<14>C age of the buried woods  [in Japanese]

    OKI Kimihiko , FUJITA Shinsuke

    Annual Meeting of the Geological Society of Japan 1996(0), 387, 1996

    J-STAGE  Cited by (1)

  • Distributions of the Extracts and Sesquiterpenes in the Trunk of Yakusugi(Cryptomeria japonica)

    MORITA Shin-ichi , YATAGAI Mitsuyoshi , FUJITA Shinsuke

    Journal of the Japan Wood Researh Society 41(10), 938-944, 1995-10-25

    References (11) Cited by (8)

  • 1 / 4
Page Top