永松 静也 Nagamatsu Sseiki

ID:1000070037828

北九州市立大学国際環境工学部環境空間デザイン学科 (2006年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 35

  • 1 / 2
  • Equation for predicting basic creep strain of concrete based on the theory of composite material  [in Japanese]

    清原 千鶴 , 佐藤 嘉昭 , 永松 静也 [他] , 三橋 博三

    本研究では,複合則理論を用いた実用的なコンクリートの圧縮クリープひずみの予測式を構築することを最終目的とし,ここでは,同一環境下におけるコンクリートのBasic Creepひずみの予測式について検討を行った。その結果,有効ヤング係数によってクリープひずみを表し,コンクリート調合設計時に得られる水セメント比,骨材容積比および骨材の吸水率をパラメータとしたBasic Creepひずみの予測式を提案した …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 28(1), 551-556, 2006

    NDL Digital Collections 

  • EQUATION FOR PREDICTING DRYING SHRINKAGE STRAIN OF CONCRETE BASED ON THE THEORY OF COMPOSITE MATERIAL : Evaluation of the final drying shrinkage  [in Japanese]

    KIYOHARA Chizuru , NAGAMATSU Seiki , SATO Yoshiaki , MIHASHI Hirozo

    Drying shrinkage of concrete exerts a serious influence toward the long-term reliability such as the durability of the structure. The estimation formula of drying shrinkage of concrete is necessary by …

    Journal of Structural and Construction Engineering (Transactions of AIJ) 70(590), 9-16, 2005

    J-STAGE  AIJ  References (16) Cited by (3)

  • 第31回セメント協会論文賞・受賞論文 水和を考慮したBasic Creepの数式表示に関する研究  [in Japanese]

    清原 千鶴 , 佐藤 嘉昭 , 永松 静也 [他]

    セメント・コンクリート (683), 60-67, 2004-01

  • 複合則理論を用いたコンクリートの乾燥収縮ひずみの推定  [in Japanese]

    清原 千鶴 , 佐藤 嘉昭 , 永松 静也 [他] , 南本 敬

    本研究では,複合則理論を用いた実用的なコンクリートの乾燥収縮ひずみの予測式を構築することを最終目的とし,本論文では,同一環境条件下におけるコンクリートの乾燥収縮ひずみの推定式について検討を行った。その結果,コンクリートをセメントペーストおよび骨材の二相材料として取り扱い,コンクリート調合設計時に得られる水セメント比,骨材容積比(単位水量)および骨材の吸水率をパラメータとした推定式を提案し,実験デー …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 26(1), 489-494, 2004

    NDL Digital Collections  Cited by (1)

  • STUDY ON EQUATION FOR PREDICTING ELASTIC MODULUS OF CONCRETE BASED ON THE THEORY OF COMPOSITE MATERIAL  [in Japanese]

    KIYOHARA Chizuru , NAGAMATSU Seiki , SATO Yoshiaki , MIHASHI Hirozo

    For high-strength and high-fluidity concrete, the water-cement ratio and the volume fraction of aggregate is lower than conventional concrete. In order to clarify systematically the deformation of the …

    Journal of Structural and Construction Engineering (Transactions of AIJ) 69(576), 7-14, 2004

    J-STAGE  AIJ  References (23) Cited by (4)

  • 混和材を用いたコンクリートのヤング係数の評価方法に関する研究  [in Japanese]

    清原 千鶴 , 永松 静也 , 佐藤 嘉昭 [他] , 三橋 博三

    本論文では,高炉スラグ微粉末およびフライアッシュを用いた普通コンクリートおよび高流動コンクリートのヤング係数を取り上げ,混和材混入率の影響を明らかにするとともに,構成物質であるペーストと骨材の力学特性とそれらの複合モデルからなる複合則理論を用いた推定式の提案を試みた。複合則理論を用いた推定式は,調合上の水セメント比,混和材混入率,骨材容積比など調合や材料物性値をパラメータとしたもので,実験データの …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 25(1), 389-394, 2003

    NDL Digital Collections 

  • 混和材を用いたコンクリートのヤング係数と収縮ひずみに関する一考察  [in Japanese]

    清原 千鶴 , 永松 静也 , 佐藤 嘉昭 [他] , 三橋 博三

    本研究は,混和材を用いたコンクリートの変形性状について複合則理論を用いた統一的な評価方法を確立することを最終目的としている。ここではコンクリートの構成物質であるセメントペーストの変形性状について定量的に把握するため,高炉スラグ微粉末およびフライアッシュを用いた圧縮強度および乾燥収縮ひずみ試験を行い,混和材混入率とその変形性状の評価方法について検討を行った。その結果,本実験の範囲内においては,混和材 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 24(1), 339-344, 2002

    NDL Digital Collections 

  • セメントペースト硬化体を用いた炭酸化機構の検討  [in Japanese]

    白川 敏夫 , 島添 洋治 , 麻生 實 , 永松 静也

    セメントペースト硬化体を用いて促進炭酸化実験を実施し,炭酸化機構の検討を行った。炭酸化機構を検討するため,水酸化カルシウム,炭酸化カルシウムおよび全カルシウムの供試体内の分布を各促進炭酸化材齢ごとに化学分析により測定した。その結果,二酸化炭素とセメント水和生成物は,反応を起こし,この反応は,一般に言われている水酸化カルシウム以外に珪酸カルシウム水和物に代表されるその他のセメント水和物も含まれ,それ …

    コンクリート工学年次論文報告集 23(2), 493-498, 2001-06-08

    NDL Digital Collections  References (5)

  • Developments in concrete technology  [in Japanese]

    Nagamatsu Sseiki , Kiyohara Chizuru , Otani Toshihiro

    Reports of the Faculty of Engineering,Oita University. (43), 1-14, 2001-03

    IR 

  • INFLUENCE OF AGGREGATE CONCENTRATION ON GAS DIFFUSION COEFFICIENT IN CONCRETE  [in Japanese]

    SHIRAKAWA Toshio , SHIMAZOE Yoji , ASO Minoru , NAGAMATSU Seiki

    Influence of aggregate concentration on gas diffusion coefficient in concrete with various water-cement ratios was obtained under the various relative humidities. The relationships between effective d …

    Journal of Structural and Construction Engineering (Transactions of AIJ) 66(541), 17-22, 2001

    J-STAGE  AIJ  References (10)

  • Study on the Drying Shrinkage Cracking of Structural Lightwieght Concrete  [in Japanese]

    UEDA Kenji , SATO Yoshiaki , KIYOHARA Chizuru , NAGAMATSU Seiki

    構造用軽量コンクリート1種のひび割れ特性を明らかにするために,同一の呼び強度の普通コンクリートと比較した乾燥収縮ひび割れ試験を行った。その結果,軽量コンクリートは平均応力が小さいがひび割れは発生し,普通コンクリートにはひび割れが発生しなかった。その原因を明らかにするため弾性応力解析を行ったところ,軽量コンクリートの最大引張応力が大きく,実験結果を裏付ける結果が得られた。

    コンクリート工学年次論文報告集 22(2), 667-672, 2000-06-01

    NDL Digital Collections  References (10)

  • Modulus of Elasticity and Drying Shrinkage of Lightweight Concrete  [in Japanese]

    KIYOHARA Chizuru , NAGAMATSU Seiki , SATO Yoshiaki , UEDA Kenji

    近年,従来の軽量骨材よりも吸水率が小さく,強度特性に優れた軽量骨材の研究開発が行われており,軽量コンクリートの需要拡大が期待される。本論文では新たに開発された軽量骨材を用いたコンクリートのヤング係数と乾燥収縮ひずみについて,水セメント比,骨材容積比およびヤング係数比との関係について検討し,構成物質の力学特性と構成比に基づく複合則理論式を用いた推定式について考察を加えた。

    コンクリート工学年次論文報告集 22(2), 523-528, 2000-06-01

    NDL Digital Collections  References (5) Cited by (1)

  • Fundamental Studies on the Prediction of Cracking Due to Drying Shrinkage Stress of Concrete  [in Japanese]

    UEDA Kenji , SATO Yoshiaki , KIYOHARA Chizuru , NAGAMATSU Seiki

    コンクリート部材に生じる乾燥収縮ひび割れ発生の予測手法を確立するために,JIS原案に準じて実験を行った。その結果,ひび割れ発生までの期間と引張強度比(平均引張応力1引張強度)には相関性が認められた。また,有限要素法による乾燥収縮応力解析との比較から,応力解析で求めた要素ごとの応力とコンクリートの引張強度の比(引張応力比)をもとに,引張強度を超える応力が発生する領域の全断面に対する比率(面積比)を算 …

    コンクリート工学年次論文報告集 21(2), 775-780, 1999-06-01

    NDL Digital Collections  References (6) Cited by (4)

  • Equation for Predicting Compressive Young's Modulus of Concrete  [in Japanese]

    KIYOHARA Chizuru , NAGAMATSU Seiki , SATO Yoshiaki , UEDA Kenji

    コンクリートはセメントペースト,細骨材および粗骨材を主成分とする複合材料であって,ヤング係数はそれぞれ構成物質の変形性状とその量によって決まる。コンクリートのヤング係数の推定式には,一般に圧縮強度の関数とした経験式が用いられているが,これらは,最近の高性能コンクリートも含めた圧縮強度の全範囲をカバーするのが困難であると指摘されている。そこで,本論文では,セメントベーストの実験結果から複合理論を用い …

    コンクリート工学年次論文報告集 21(2), 601-606, 1999-06-01

    NDL Digital Collections  References (7) Cited by (3)

  • RELATIONSHIP BETWEEN DEGREE OF DRYING AND GAS DIFFUSION COEFFICIENT IN HARDENED CEMENT PASTE  [in Japanese]

    SHIRAKAWA Toshio , SHIMAZOE Yoji , ASO Minoru , NAGAMATSU Seiki , SATO Yoshiaki

    The relationship between degree of drying and effective diffusion coefficient in hardened cement paste with various water-cement ratios were obtained under the various relative humidities. The results …

    Journal of Structural and Construction Engineering (Transactions of AIJ) 64(524), 7-12, 1999

    J-STAGE  AIJ  References (10) Cited by (3)

  • THE PROPOSAL OF TESTING METHOD FOR DETERMINATION OF GAS DIFFUSION COEFFICIENT IN HARDENED CEMENT  [in Japanese]

    SHIRAKAWA Toshio , SHIMAZOE Yoji , ASO Minoru , NAGAMATSU Seiki , SATO Yoshiaki

    It is well known that the diffusion of carbon dioxide and oxygen is an important factor for a quantitative assessment of carbonation of concrete and corrosion of the steel bar in reinforced concrete s …

    Journal of Structural and Construction Engineering (Transactions of AIJ) 64(515), 15-21, 1999

    J-STAGE  AIJ  References (17) Cited by (2)

  • CREEP PROPERTIES OF SEALED CEMENT PASTE SPECIMEN  [in Japanese]

    KIYOHARA Chizuru , SATO Yoshiaki , NAGAMATSU Seiki , UEDA Kenji

    セメント・コンクリート論文集 52, 1036-1041, 1998-12-25

    References (6) Cited by (1)

  • 2107 Analysis of Drying Shrinkage Stress Occurring in Concrete Specimen  [in Japanese]

    UEDA Kenji , SATO Yoshiaki , KIYOHARA Chizuru , NAGAMATSU Seiki

    コンクリートの乾燥収縮ひび割れ実験を行い,試験体に生じるひび割れの発生時期と乾燥開始材齢の関係および拘束鋼材のひずみ分布から算出される拘束コンクリートの引張力の関係を明らかにした。次いで,有限要素法を用いたクリープ応力解析を行い,若材齢から乾燥条件下に置かれたコンクリート試験体の平均脱水量および平均収縮ひずみの実験データをほぼ近似できること,また,拘束コンクリートの応力分布をある程度正確に計算でき …

    コンクリート工学年次論文報告集 20(2), 637-642, 1998-06-30

    NDL Digital Collections  References (13)

  • RELATIONSHIPS BETWEEN DEGREE OF DRYING AND DRYING SHRINKAGE STRAIN OF CARBON FIBER REINFORCED MORTAR  [in Japanese]

    OTSUNE Yoshinori , NAGAMATSU Seiki

    Drying shrinkage strains were measured on thin mortar specimens (4×0.4×14cm) with volume fractions, 0%, 1% and 2% of carbon fibers. The experiments comprised two series (Experiment A and B). In Experi …

    Journal of Structural and Construction Engineering (Transactions of AIJ) 63(512), 7-12, 1998

    J-STAGE  AIJ  References (5)

  • STUDY ON WATER CAPACITY, MOISTURE PERMEABILITY AND SURFACE FACTER OF CARBON FIBER REINFORCED MORTAR  [in Japanese]

    NAGAMATSU Seiki , OTSUNE Yoshinori

    The constants of specific water capacity α, moisture permeability λ and surface factor f are included in a partial differential equation, representing the moisture movement in cement-based materials a …

    Journal of Structural and Construction Engineering (Transactions of AIJ) 63(510), 15-22, 1998

    J-STAGE  AIJ  References (5)

  • 1 / 2
Page Top