竹村 暘 TAKEMURA Akira

ID:1000070039725

長崎大学水産学部 (2003年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-8 of 8

  • Presumption on the mechanism of sound reception comparing with shapes of mandible and stranding for the toothed whales  [in Japanese]

    KURIHARA N. , Koido Takashi , Takemura Akira

    ハクジラ類は、音に対する行動実験や超音波による刺激実験から、耳に音を伝えるのに下顎を使っていると考えられている。ただし、その経路については様々な説があり、下顎先端の頤孔から下顎孔内の脂肪組織を通って内耳に至る構造が音を伝えているや、歯1本1本がセンサーの役割を果たして音を増幅しているなど、これまで多くの説がある。それらの中で有力なものの一つに、音は下顎骨を通って中耳に伝わるという説がある。したがっ …

    Bulletin of the Faculty of Fisheries, Nagasaki University (84), 73-79, 2003-03

    IR  JASI  Cited by (1)

  • Ultrasonic receiving system of the pacific white-sided dolphin(Lagenorhynchus obliquidens): Estimated results  [in Japanese]

    TAKAGI Shigeru , TAKEMURA Akira , KOIDO Takashi , YOSHIZUMI Kazuhiro

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2000(1), 389-390, 2000-03-01

    References (4)

  • On the classification of whistles of bottle-nosed dolphins  [in Japanese]

    Himei Shinji , Kuroda Hideo , Takemura Akira , Koido Takashi

    Click sounds of dolphins have been made clear in their characteristics and functions but those of whistle sounds are not clear yet. Each whistle has an identical contour and seems to play an important …

    Bulletin of the Faculty of Fisheries, Nagasaki University (81), 77-79, 2000-03

    IR  JASI 

  • Ultrasonic receiving system of the pacific white-sided dolphin(Lagenorhynchus obliquidens):Mathmatical model  [in Japanese]

    TAKAGI Shigeru , TAKEMURA Akira , KOIDO Takashi , YOSHIZUMI Kazuhiro

    日本音響学会研究発表会講演論文集 1999(2), 339-400, 1999-09-01

    References (3)

  • Ultrasonic receiving system of the pacific white-sided dolphin(Lagenorhynchus obliquidens) : Distribution of receiving sensitivity on the head surface  [in Japanese]

    TAKAGI Shigeru , TAKEMURA Akira , KOIDO Takashi , YOSHIZUMI Kazuhiro

    日本音響学会研究発表会講演論文集 1999(1), 415-416, 1999-03-01

    References (2)

  • Ultrasonic Receiving System of Pacific White-sided Dolphin (Lagenorhynchus obliquidens) (part 1) Experiment  [in Japanese]

    TAKAGI Shigeru , TAKEMURA Akira , KOIDO Takashi , YOSHIZUMI Kazuhiro

    イルカの超音波受波特性を推定するにあたり, カマイルカの頭部を用い, 右下顎骨基部の耳骨の近くに挿入したハイドロホンを音源として, PVDFセンサーにより頭部表面上の音圧分布の計測を行った。頭部内の音波伝搬特性に相反定理が成り立つと仮定すると, 受波感度の高い領域は両耳の近くのみでなく, 二腹筋が下顎骨に付着している部分にも存在していることが明かとなった。さらに, 二腹筋, 顎舌骨筋を切除すること …

    Technical report of IEICE. EA 98(389), 9-14, 1998-11-06

    References (3)

  • Classification for Dolphin's call in Neural Networks  [in Japanese]

    Fukuda Megumi , Imamura Kousuke , Kuroda Hideo , Takemura Akira

    水棲動物が生活する上で水中音が,極めて大きな働きをしているということは数十年前より認識されていた.これらの動物の発生音はその行動と密接に関係しており,生態解明の重要な指標となるものである.本研究は個々の発生音の客観的な分類手法を確立し,データの大量処理を行なうことによって,これらの動物の音響生態の解明を行なうことを最終目的としている.今回はこのうち水中音を最もよく利用しているとされるイルカを対象と …

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1996年.情報・システム, 326, 1996-09-18

  • Frequency Analysis of the Olfactory Responses to Bilateral Stimulation in Carp and Rainbow Trout  [in Japanese]

    阪上 潤二郎 , 竹村 暘 , 小井土 隆

    Induced wave in the olfactory bulb of carp and rainbow trout has been used as a convenient index of the olfactory responses. Most of studies have been carried out on stimulation of the unilateral olfa …

    長崎大学水産学部研究報告 (66), p11-20, 1989-10

    IR 

Page Top