若松 千秋 WAKAMATSU Chiaki

ID:1000070041647

生産環境工学 Laboratory of Land Conservation Engineering (2001年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-17 of 17

  • Active-earth Pressure on Reconstructed Retaining Wall  [in Japanese]

    MIWA Koichi , WAKAMATSU Chiaki , HIRA Mizuki

    擁壁背面から任意の距離に載荷重がある場合の主働土圧を簡単なモデルに基づいて検討した.得られた結果は以下のように要約される. (1)検討された式は無次元表示されており,災害復旧の条件に応じた経済的な設計に利用できる. (2)主働土圧はλ=1/tanβfのとき無載荷の場合と同じである.しかしβfはλによって変わるので,載荷重の影響を無視できるλの値は与えられた条件によって求める必要がある. (3)土圧 …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (51), 37-42, 2001-03

    IR  JASI 

  • Landscape Evaluation on an Agricultural Infrastructure Improvement and Rural Development Project Taking the Environmental Preservation into Consideration  [in Japanese]

    HIRA Mizuki , MIWA Koichi , WAKAMATSU Chiaki

    南九州の農村地域には, 清らかな水や自然の地形を活かした快適な親水空間が数多く存在し, 美しい景観や環境保全に配慮した整備が実施されている.ところが, 設計者の主観的な考えが導入される傾向が多く, 実際, 地域住民が整備完了後どのように感じているのか把握されていない.そこで, 環境保全に配慮した農業農村整備の中でも, 景観に着目し, 主観的・個別的な視覚評価を客観的あるいは普遍的に捉えるアプローチ …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (50), 85-93, 2000-03

    IR  JASI  Cited by (1)

  • Failure Condition of Shirasu Talus Deposit Subjected to Seepage Force Normal to Slope  [in Japanese]

    HIRA Mizuki , MIWA Koichi , CHO Katsushi , WAKAMATSU Chiaki , MITSUTAKE Yasuo

    Transactions of the Agricultural Engineering Society,Japan 65(4), 467-472, 1997-08-25

    References (13)

  • Identification of Areas Demaged by Localized Heavy Rain using Satelite Data and Aerial Color Photographs  [in Japanese]

    NAMBA Naohiko , ISHIGURO Etsuji , CHO Katsushi , WAKAMATSU Chiaki , MIWA Koichi

    Transactions of the Agricultural Engineering Society,Japan 63(3), 81-86, 1995-06-25

    References (8)

  • Saturation Method for Compacted Specimen of SHIRASU and Back Pressure Affection upon the Undrained Strength  [in Japanese]

    HIRA Mizuki , NANBA Naohiko , MIWA Koichi , WAKAMATSU Chiaki

    締固めた試料の完全飽和供試体を作製する目的から, 真空法を利用し, シラスに適する負圧値や飽和に要する時間を検討した.本報告で述べたような手順で実験を行うと, 個人差による誤差が少なく, 供試体の一様性が保たれるため, データのばらつきが軽減されることがわかった.真空法は土の構造を維持した状態で初期飽和度を高めることができるため, 背圧との併用でかなり高い飽和度が実現できることが理論と実験結果から …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (44), p65-72, 1994-03

    IR  JASI 

  • シラス混入によるクロボク土の圧縮性の改良  [in Japanese]

    三輪 晃一 , 難波 直彦 , 若松 千秋

    Transactions of the Agricultural Engineering Society,Japan (161), p11-17, 1992-10

  • Measurement of Unsaturated Hydraulic Conductivity of Mixed Soil : Wetting Process  [in Japanese]

    MIWA K. , NANBA Naohiko , WAKAMATSU Chiaki

    作物の根群域における土中水の移動は一般に不飽和の状態で生ずる.この不飽和流は定量的に測定することが困難である.それは流動中に土中水の形態と量が変化するためである.このような変化は土の含水量, 吸引圧および透水係数の間に複雑な関係を含んでいる.このために非定常流を取り扱う理論的, 実験的方法の開発が遅れていたが, 最近その研究は進歩している.ここでは一次元水平流の方法を適用して混合土の不飽和透水性に …

    Bull. Fac. Agric. Kagoshima Univ. (41), p81-87, 1991-03

    IR  JASI  Cited by (1)

  • Engineering Properties of Compacted KUROBOKU-SHIRASU Mixtures  [in Japanese]

    MIWA Koichi , NANBA Naohiko , WAKAMATSU Chiaki

    砂分が65〜70%になるようにシラスを混入すれば, 締固めた混合土は透水係数5×10^<-6>cm^2/sec, 一軸圧縮強度0.65kgf/cm^2,粘着力(C_<uu>)0.4kgf/cm^2,内部摩擦角(φ_<uu>)25゜の均質な不透水性材料になる.その圧縮指数は0.2以下であり, 過剰締固め現象も起りにくい.この場合の混合方法はクロボクとスラスを湿潤質 …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (39), p301-307, 1989-03

    IR  JASI 

  • Drained Shear Characteristics of SHIRASU under High Confining Pressure  [in Japanese]

    WAKAMATSU Chiaki , NANBA Naohiko , MIWA Koichi

    初期密度の異なるシラスについて高圧三軸試験を行い, 高い拘束圧の下でのシラスのせん断特性を検討した.その結果を要約すると次のようである.1.最大軸差応力時の軸ひずみは拘束圧が大きくなるに伴って大きくなり, 同じ拘束圧下ではゆるづめ供試体の方が軸ひずみは大きい.最大軸差応力は拘束圧σ_3=20kgf/cm^2以下では密づめ供試体の方が大きいが, σ_3=30〜50kgf/cm^2の範囲では密づめ供試 …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (39), p293-300, 1989-03

    IR  JASI 

  • Characteristics of Soil Layers and Runoff at Small River Basin in the South of Kyushu  [in Japanese]

    NANBA Naohiko , KAWAHARADA Reijiro , MIWA Koichi , CHO Katsushi , WAKAMATSU Chiaki

    シラス地帯の小流域で, 気候特性や流域特性を調査解析した.その結果は以下のように要約できる.1.調査流域は熔結凝灰岩をおおって, 火山灰が厚く堆積している.これらの火山灰は11層に分類でき, 表層の黒ボク土壌を除けば腐植に乏しい, 比較点粗粒で仮比重の大きな土壌である.2.部分的には, 地表から0.5〜1.0m付近に10^<-4>cm/sec以下の透水係数を示すローム層が存在するが, …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (37), p237-259, 1987-03

    IR  JASI  Cited by (3)

  • Compaction Effect of KUROBOKU・SHIRASU Mixtures  [in Japanese]

    MIWA Koichi , NANBA Naohiko , WAKAMATSU Chiaki

    最近, 土質材料の締固めに当たっては土質, 自然条件, 賦存量などの点から2種類の材料を混合して用いる場合が多くなっている.その目的は締固め材料の質的および量的改良である.ここでは混合材としてクロボクとシラスを取り上げ, 混合土の締固め効果について検討した.得られた結果は次のように整理できる.1.混合土の物理的性質はシラスの混入率が50%以下で粘性土, 70%以上で砂質土の性質に近く, 50〜70 …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (36), p233-238, 1986-03

    IR  JASI 

  • Application of Winkler-Model to Stability Analysis on Earth-Blanket at Water Reservoir  [in Japanese]

    NANBA Naohiko , WAKAMATSU Chiaki , YAMAGUCHI Koichi

    1.かんがい用調整池の水平ブランケットに粘性土を用いる場合, 地盤の沈下による変形に対する安定性を検討する方法として, 地盤土にWinkler-modelをあてはめた地盤反力法の適用を検討した.2.境界条件として, イ)両端固定, ロ)一端固定他端移動, ハ)一端固定他端自由の3種をとり, それぞれについての解を求めた.解に含まれる4つの積分定数C_i(i=1〜4)の無次元量G′_iについて, そ …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (33), p203-210, 1983-03

    IR  JASI 

  • シラス台地に成層状態で堆積する火山灰土の物理的性質--シラス地帯における土の特性と水の動態-1-  [in Japanese]

    難波 直彦 , 三輪 晃一 , 若松 千秋

    Transactions of the Agricultural Engineering Society,Japan (93), p1-6, 1981-06

  • Compaction Characteristics of Younger Volcanic Ash Soils in Shirasu Area  [in Japanese]

    MIWA Koichi , NANBA Naohiko , WAKAMATSU Chiaki

    シラス台地に分布する新期火山灰土の締固め試験の結果は次のように整理できる.(1)締固め曲線は関東ロームと同様に非可逆的に変わり, 初期含水比が大きいほど最大乾燥密度は小さく, 最適含水比は大きい.(2)乾燥過程における締固め土は間げき比が減少するにもかかわらず透水性は増大する.このような締固め土の性質は団粒の乾燥収縮および破砕によって説明でき, その根拠になる圧縮力作用下の粗団粒の変形, 破砕の過 …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (31), p171-178, 1981-03

    IR  JASI 

  • Fundamental Study on Farm Land Improvement at the BORA Region in South Kyushu  [in Japanese]

    NANBA Naohiko , WAKAMATSU Chiaki , KAWAHARADA Reijiro

    In some part of south Kyushu, there are areas in which subsoil layer of the fallen pumice-stone, called Bora, is deposited. This layer deprives the productivity of farm land. In about 1960,the farm la …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (24), 181-190, 1974-03

    IR 

  • Studies on the Characteristics of Ground-Water in the Shirasu Region : 3. A Supplementary Consideration about the Underound Water beneath the Kasanohara Plateau  [in Japanese]

    ABE Masao , KAWAHARADA Reijiro , WAKAMATSU Chiaki

    シラス地帯の地下水特性に関する研究は完結したわけではないが, 共同研究者の一人阿部がこのたび定年退官の機会に, これまでの研究結果を一応とりまとめて, 一部前報を修正あるいはそれに追加したのが本報であり, その要点は次の通りである.1)笠野原台地は水文学的に孤立した流域ではなく, 鹿屋川の上流部で流路延長約3,000mにおよぶ停滞部から若干の河川水が浸入するが, その水量は年平均降雨流出量の4%に …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (22), 81-89, 1972-03

    IR 

  • On the Prospecting of Ground Water Basin and the Water Resources in Ryukyu Limestone Zone : On the Electrical Prospecting by the Schlumberger Method in the Basin of the River Amata, Okinoerabu Island  [in Japanese]

    ABE Masao , KAWAHARADA Reijiro , WAKAMATSU Chiaki

    琉球石灰岩地帯の一つとして沖永良部島(余多川流域)をえらび, これが水資源開発のためにSchlumberger法による電気探査を行ない, 過去の地質調査の結果とあわせ, その容水基盤の様相を明らかにした.その結果, 沖永良部島ではこの余多川流域がもっとも有力な地下水賦存地域であり, その賦存量は本流域だけでほぼ13,000〜16,000m^3/dayであると試算した.またその利水開発の方法について …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (17), 295-306, 1966-12

    IR 

Page Top