糸満 盛憲 Itoman Moritoshi

ID:1000070104528

九州労災病院 (2016年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 346

  • 大腿骨近位部骨折地域連携パス―北九州標準モデル―  [in Japanese]

    原口 和史 , 佐伯 覚 , 加藤 徳明 , 村上 武史 , 野口 雅夫 , 林 秀俊 , 蜂須賀 研二 , 糸満 盛憲

    北九州リハ医会が運営母体となり,2011年8月より運用してきた北九州大腿骨近位部骨折地域連携パス―北九州標準モデル―の現況と問題点について報告した.パスの様式は連携に必要な患者情報に特化し,詳細な内容や期間等は含めていない.ホームページからダウンロードでき,電子入力も可能であるが,パスデータの送付は紙ベース.連絡協議会は北九州脳卒中パスと同時開催である.2015.4.15現在,参加施設は急性期病院 …

    Orthopedics & Traumatology 65(1), 99-100, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Indications for Performing Pelvic Osteotomy (Transposition Osteotomy of the Acetabulum) for Osteoarthritic Hips due to Acetabular Dysplasia

    JINGUSHI Seiya , 大森 康宏 , 河野 勤 [他] , 糸満 盛憲

    Most Japanese patients with osteoarthritic hips develop this secondarily to the acetabular dysplasia. Therefore, patients with an early stage of osteoarthritis can be more easily and effectively treat …

    Japanese Journal of Joint Diseases 34(4), 553-555, 2015

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 大腿骨開放骨折(Gustilo Type IIIc)後の骨欠損に対してMasquelet法にて再建した一例  [in Japanese]

    鬼塚 俊宏 , 畑中 均 , 高崎 実 , 上田 幸輝 , 糸満 盛憲

    大腿骨の大きな骨欠損に対してMasquelet法にて特に合併症なく再建を果たした症例を経験したので報告する.症例は60歳男性.仕事中にリフトに挟まれ受傷.左大腿骨開放骨折(Gustilo Type IIIc)にて受傷当日に創外固定及び血行再建を行い,汚染された血行のない骨片を摘出した.骨欠損は長径6 cmに及んだが,骨セメントにて充填し,6週後に自家骨移植を施行した.現在術後10ヶ月,移植骨は吸収 …

    Orthopedics & Traumatology 64(4), 690-693, 2015

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 腰椎硬膜外ブロック後に麻痺を伴う硬膜外血腫を生じた一例  [in Japanese]

    嘉村 聡志 , 今村 寿宏 , 平塚 德彦 , 泉 貞有 , 加治 浩三 , 糸満 盛憲

    今回我々は,腰椎硬膜外ブロック後の血腫により両下肢不全麻痺を呈したと考えられた症例を経験したので報告する.症例)77才女性.慢性腰痛症の診断に対し前医で硬膜外ブロックを施行.翌日より腰痛増強し下肢の痺れ,脱力が出現し当院へ救急搬送された.神経学的には右優位の軽度筋力,知覚低下を認めた.既往に慢性肝炎あり,血液検査では血小板が67,000と減少していた.MRIではTh12からL3レベルで硬膜管を圧排 …

    Orthopedics & Traumatology 64(3), 600-604, 2015

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 肩甲骨関節窩骨折に対して鏡視下骨接合を行なった4例  [in Japanese]

    鬼塚 俊宏 , 河野 勤 , 糸満 盛憲

    肩甲骨関節窩骨折は関節内骨折であり,解剖学的な整復および強固な内固定が望ましい.しかし,関節を大きく切開して骨接合を行うと侵襲が大きくなり,後療法が長くなったり可動域制限を生じる可能性がある.したがって可能であれば関節鏡視下で行った方が良いと考える.今回4例の鏡視下骨接合を経験したので報告する.症例は男性2名,女性2名,平均年齢45.8歳.関節鏡を挿入して骨片の大きさを評価し,スクリュー固定可能な …

    Orthopedics & Traumatology 64(3), 514-518, 2015

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 異なる表面構造を持つセメントレスソケットの比較:―HAコーティングTi粗面皮膜とトラベキュラーメタル―  [in Japanese]

    進 悟史 , 神宮司 誠也 , 河野 勤 , 大森 康宏 , 糸満 盛憲

    【目的】異なる表面構造や形態の異なる2種類のセメントレスソケットの術後固定性について主に単純X線写真所見で比較検討を行なった.【対象と方法】2010年1月から2011年12月に行った初回人工股関節全置換術症例を対象.時期によりKyocera社Perfix(以下HATi)とZimmer社Trabecular Metal(以下TrM)を使い分け,各々79,40関節を対象とした.固定補強裸子本数,術直後 …

    Orthopedics & Traumatology 63(1), 115-119, 2014

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Comparison of internal fixation methods applied for distal clavicle fractures based on loading tests and stress analysis  [in Japanese]

    NAKAO Masaki , SAKAI Rina , MATUURA Terumasa , TANAKA Kensei , UCHIDA Kentaro , UCHINO Masataka , ITOMAN Moritoshi , MABUCHI Kiyoshi

    鎖骨遠位端骨折は不安定であり,遠位骨片は小さく骨折部が肩鎖関節近傍であるため,強固に内固定を施すことは難しい.そこで本研究においては,不安定型鎖骨遠位端骨折に対し,どの内固定が優れているのかを明らかにすることを目的とし,3 種の内固定法(鋼線締結固定,フックプレート固定,アームプレート固定)を対象とし,荷重試験と応力解析を統合的に組み合わせたアプローチにより,固定性の評価を行った.曲げ剛性は鋼線締 …

    Journal of the Society of Biomechanisms 37(3), 189-192, 2013-08-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (12)

  • Prevention of Deep Vein Thrombosis and Pulmonary Embolism after Primary Total Hip Arthroplasty by Using Low Molecular Weight Heparin  [in Japanese]

    OHMORI Yasuhiro , JINGUSHI Seiya , KAWANO Tsutomu , MIYANISHI Keita , HIRAMOTO Takayoshi , ITOMAN Moritoshi

    【目的】初回人工股関節全置換術(THA)後症例に対する,低分子量ヘパリン(エノキサパリン)投与の効果と副作用について後ろ向きに調査した.【対象・方法】初回THA後エノキサパリン使用した238例を対象とした.手術時平均年齢67(39~89)歳.手術翌日または2日目よりエノキサパリン2000IU,1日2回,7-10日間皮下注射.術後1週血清D-dimer値10μg/ml以上あれば,原則として造影 …

    Orthopedics & Traumatology 61(4), 704-706, 2012-09-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (4)

  • Modification of Approach of Minimally Invasive Surgery for Curved Periacetabular Osteotomy (MIS-CPO)  [in Japanese]

    糸満 盛憲

    臨床整形外科 47(8), 769-773, 2012-08

    Ichushi Web 

  • 知ってますか? 整形外科手術の変遷(4)髄内釘骨接合術  [in Japanese]

    糸満 盛憲

    臨床整形外科 47(7), 636-642, 2012-07

    Ichushi Web 

  • Reconstruction using bulk cryo-preserved osteochondral allograft transplantation for massive defect after resection of giant cell tumor in the proximal tibia  [in Japanese]

    TAKANO Shotaro , AIKAWA Jun , URABE Ken , IWASE Dai , MINATANI Atsushi , HIGASHIYAMA Reiji , MINEHARA Hiroaki , NARUSE Kouji , ITOMAN Moritoshi , TAKASO Masashi

    JOSKAS 37(3), 568-573, 2012-06-25

    Ichushi Web  References (11)

  • Calculation of the bone mineral density of and stress on bone around a Duetto SI stem  [in Japanese]

    SAKAI Rina , YAMAMOTO Takeaki , KURAKAGI Yuichiro , UCHIYAMA Katsufumi , TAKAHIRA Naonobu , UCHIDA Kentaro , FUKUSHIMA Kensuke , MORIYA Mistutoshi , ITOMAN Moritoshi , TAKASO Masashi , MABUCHI Kiyoshi

    セメントレス固定法において,ステム周囲の骨密度の低下は,ゆるみを惹起することもあり問題視されている.この骨密度の低下はステムをインプラントしたことにより,生理的フィードバック機構が変調を来たし応力遮蔽を経てゆるみを呈すると推察されるが,その因果関係は明らかになっていない.そこで本研究においてはDuetto SI stem を対象とし,術後のステム周囲部における骨密度と応力の相関について明らかにする …

    Journal of the Society of Biomechanisms 35(3), 191-196, 2011-08-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (29)

  • Experiences of posterior rotational osteotomy for osteonecrosis of the femoral head that was occured after operation for slipped capital femoral epiphysis : The two cases report  [in Japanese]

    KAWAMURA Tadashi , TAKAHIRA Naonobu , UCHIYAMA Katsufumi , FUKUSHIMA Kensuke , MORIYA Mitsutoshi , TAKASO Masashi , ITOMAN Moritoshi

    東日本整形災害外科学会雑誌 = Journal of the Eastern Japan Association of Orthopaedics and Traumatology 23(2), 189-194, 2011-06-30

    Ichushi Web  References (11)

  • Prediction of the fixation conditions of murine fracture fixation plates employing bone remodeling theory  [in Japanese]

    SAKAI Rina , STECK Roland , CHEN Gongfa , SCHUETZ Michael , OKUDA Naho , MINEHARA Hiroaki , UENO Masaki , UCHIDA Kentaro , TAKASO Masashi , ITOMAN Moritoshi , MABUCHI Kiyoshi

    従来用いられてきたマウス大腿骨骨折モデルの作成には髄内固定が採用されてきた.従来法は利点もあるが回旋動揺性が残存する.この欠点を克服するためマウス大腿骨骨折固定プレーティングシステムが開発された.本研究においては新規開発された剛性の異なる2 種類のマウス用骨折固定プレートの固定法の良否について検討することを目的とした. 2 種類の異なる剛性とデザインを有する固定プレートとマウス大腿骨の複合系有限要 …

    Journal of the Society of Biomechanisms 35(2), 130-136, 2011-05-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (34)

  • Inference of hammering force during non-cemented total hip arthroplasty  [in Japanese]

    SAKAI Rina , TAKAHASHI Akiko , TAKAHIRA Naonobu , UCHIYAMA Katsufumi , YAMAMOTO Takeaki , FUKUSHIMA Kensuke , MORIYA Mistutoshi , UCHIDA Kentaro , TAKASO Masashi , ITOMAN Moritoshi , MABUCHI Kiyoshi

    セメントレスステムの固定において,強く打釘することで十分な固定力を得られるが,ときに術中骨折を惹起させるため,最適な打ち込み力を判断するのは難しい.微小骨折はX 線写真や肉眼で確認することが難しく,術中骨折の発生に関する報告も少ない.術中骨折の原因の一つとして,プレスフィットの際の固定性の獲得に関する明確な判断基準がなく,術者の経験や感覚に依存していることが挙げられる.術中骨折は,術後における荷重 …

    Journal of the Society of Biomechanisms 35(1), 52-57, 2011-02-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (13)

  • SPECIAL INTERVIEW 世界から学べ! 大志をもって大きくなれ! : キアリ,ボンベリーに学んだ骨切り術の真髄  [in Japanese]

    糸満 盛憲 , 飯田 寛和

    整形外科surgical technique : 手術が見える・わかる専門誌 1(1), 4-13, 2011

  • 人工股関節全置換術後4日目の筋力から退院持の歩行能力を予測できるか  [in Japanese]

    松丸 純佳 , 糸満 盛憲 , 遠原 真一 , 神谷 健太郎 , 見井田 和正 , 辺土名 隆 , 内野 正隆 , 福島 健介 , 内山 勝文 , 高平 尚伸

    【目的】近年、人工股関節全置換術(以下THA)後の在院日数は短縮傾向であり、当院クリニカルパスでも術後2~3週間での退院を目標としている。先行研究ではTHA後の歩行能力改善が在院日数短縮の一因となっているという報告がみられ、退院時の歩行能力を早期から予測する必要性が考えられる。これまで、術後歩行能力を予測する因子について、術前の股関節周囲筋力との関連が報告されているが、術直後の筋力が退院時の歩行能 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2010(0), CbPI1204-CbPI1204, 2011

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 8B-10 Measurement of bone density and stress around Duetto SI stem after total hip arthroplasty  [in Japanese]

    Tanaka Kensei , Sakai Rina , Yamamoto Takeaki , Kurakagi Yuichiro , Itoman Moritoshi , Mabuchi Kiyoshi

    The Proceedings of the Bioengineering Conference Annual Meeting of BED/JSME 2010.23(0), 29-30, 2011

    J-STAGE 

  • Synovial chondromatosis of the hip joint in an old woman  [in Japanese]

    MINATANI Atsushi , FUKUSHIMA Kensuke , UCHIYAMA Katsufumi , TAKAHIRA Naonobu , TOYAMA Masahiro , ITOMAN Moritoshi

    関東整形災害外科学会雑誌 41(6), 374-377, 2010-12-01

    Ichushi Web  References (10)

  • A new surgical technique of the curved intertrochanteric varus osteotomy with posterior rotation for the adult hip dysplasia  [in Japanese]

    TOYAMA Masahiro , 福島 健介 , 内山 勝文 , 河村 直 , 糸満 盛憲 , 高平 尚伸

    Hip joint 36, 607-609, 2010-10-01

    References (6)

Page Top