菅野 茂 SUGANO Sigeru

Articles:  1-20 of 51

  • 1 / 3
  • The History of Research in Japan on Electrocardiograms in the Racehorse  [in Japanese]

    平賀 敦 , 菅野 茂

    Hippophile (58), 1-11, 2014-10

    Ichushi Web 

  • 総合討論  [in Japanese]

    渡部 良夫 , 平賀 敦 , 大江 透 , 村川 裕二 , 夛田 浩 , 町田 登 , 藤井 洋子 , 井上 紳 , 菅野 茂

    心電図 = Electrocardiology 29, "S-1-69"-"S-1-71", 2009-03-10

  • Relationship between estrous cycles and sexual behaviors of sheep observed at teasing time in breeding season  [in Japanese]

    TAKEMURA Yuji , NUSHI Kentaro , OZASA Naoko , HARADA Fumi , KAMADA Toshihiko , SUGANO Shigeru

    発情周期にともなうヒツジの試情時の性行動の推移を明らかにする目的で、発情が正常に回帰している成雌3頭に対して成雄3頭による試情を行い、雄が雌に関心を示さなくなるかまたは乗駕に至るまでの時間(試情所要時間)ならびに試情中の雌の排尿行動,雄による性的探査行動および求愛行動の発現回数を測定した。試情所要時間は、おおむね発情同期から発情前期に向けて延長し、乗驚が生ずる発情日は短く、発情後期1日目に再び延長 …

    Japanese Journal of Livestock Management 40(2), 99-108, 2004

    J-STAGE  Ichushi Web  References (23) Cited by (2)

  • Physiological and behavioral responses of rams to the smell of ewe urine at estrous and diestrous stage  [in Japanese]

    TAKEMURA Yuji , OZASA Naoko , NUSHI Kentaro , KAMADA Toshihiko , SUGANO Shigeru

    発情期および非発情期の雌尿のニオイに対する成熟雄ヒツジの生理・行動反応の違いを明らかにする目的で実験を行った。採尿用にコリデール種の雌3頭(年齢8.4±1.3歳;平均値±標準偏差)、反応観察用に同種の雄5頭(7.0±3.7歳)を用いた。供試雄に尿を染み込ませた化粧箱を呈示して呼吸数,心拍数の変化、ニオイ嗅ぎ,フレーメンおよび興奮行動の発現を調べた。呈示条件として、発情期尿呈示(発情群),非発情期尿 …

    Japanese Journal of Livestock Management 40(2), 89-98, 2004

    J-STAGE  Ichushi Web  References (22)

  • Effects of Phytase Supplementation on Performance and Mineral Utilization of Broiler Chickens under the Normal and High Environmental Temperature  [in Japanese]

    TAO Xiaorong , KAMADA toshihiko , TAKEMURA Yuji , TANAKA Haruo , SUGAHARA Kunio , ITABASI Hisao , SUGANO Shigeru

    Japanese poultry science 40(1), J1-J12, 2003-02-25

    References (20)

  • Eating behavior of dairy cattle at door feeder and its stabilaization.  [in Japanese]

    KAMADA Toshihiko , NISHIDA Masaharu , KANDA Shuhei , SUGANO Shigeru

    飼育管理者が, 個識別給餌装置であるドアフィーダに牛を割り当てるにあたって, その時点で使用されていないドアフィーダを割り当てることが多いと思われる. その際,両隣の牛との優劣関係から敵対行動が起こり, 劣位の牛にストレスが生じ, 採食量の減少等への影響が出ることが予想された. そこでドアフィーダにおいて生じる敵対行動の個体間関係と程度について調べ, またドアフィーダの割り当てを入れ替えることによ …

    Japanese Journal of Livestock Management 38(4), 149-155, 2003

    J-STAGE  Cited by (2)

  • Arterial Blood Pressure in Guinea Pigs with Congenitally Different Airway Sensitivity

    KUWAHARA Masayoshi , YADA Hideaki , YAGI Yukihiro , AKITA Megumi , TODA Noriko , SUGANO Shigeru , NISHIBATA Ryoji , MIKAMI Hiroki , TSUBONE Hirokazu

    心血管系機能に及ぼす気道過敏性の影響に関しては未だ不明な点が多い。本研究では,先天的に気道感受性の異なる気道過敏系(BHS)および気道非過敏系(BHR)モルモットの心拍数と血圧を無麻酔下においてオシロメトリック法で測定することにより,その一端を明らかにすることを目的とした。BHS系では,心拍数:253.5±5.1 bpm,収縮期血圧:105.7±1.6 mmHg,平均血 …

    Advances in Animal Cardiology 33(1), 1-5, 2000-05

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (11)

  • The Influence of Chronic Sympathectomy on Cutaneous Blood Flow in the Rat Tail

    YANAGIYA Yusuke , YOSHIMURA Ryoichi , HORI Masatoshi , KUWAHARA Masayoshi , TSUBONE Hirokazu , SUGANO Shigeru

    ラットは交感神経活動の低下により尾部血流量(TBF)を大きく増加させることができるが, 長期交感神経遮断時におけるTBF変化については知られていない. 本研究では, 腰部交感神経切除(LSX)後7日間にわたりTBFを観察し, 交感神経の関与なしにTBFが変化するのかどうか調べた。LSX手術により増加したTBFは徐々に減少し, 術後4日後には偽手術群と有意差のないレベルまで戻った. LSX後1週間を …

    The Journal of veterinary medical science 61(7), 795-801, 1999-07

    Ichushi Web  References (30) Cited by (1)

  • ドアフィーダーシステム方式採食場での乳牛の敵対行動とその緩和策について  [in Japanese]

    鎌田 寿彦 , 西田 匡晴 , 菅野 茂

    Japanese Journal of Livestock Management 35(supplement), 52-53, 1999

    J-STAGE 

  • Power Spectral Analysis of Heart Rate Variability in a Horse with Atrial Fibrillation

    KUWAHARA Masayoshi , HIRAGA Atsushi , NISHIMURA Tsurayuki , TSUBONE Hirokazu , SUGANO Shigeru

    心房細動を有するウマの自律神経機能を知る目的で心拍変動スペクトル解析を行った. 心室のリズムには呼吸に同調した周期性変動が存在した. LF, HFパワー値とも正常なウマに比べて大きく, LF/HF比は逆に小さかった. しかも, HF n.u.がLF n.u.に比べて極めて大きかった. これらの結果から, 心房細動を有するウマでは副交感神経系による房室結節レベルにおける調節機構が優位な状態にあるもの …

    The Journal of veterinary medical science 60(1), 111-114, 1998-01-25

    Ichushi Web  References (15) Cited by (2)

  • The Afferent Activity of the Superior Laryngeal Nerve, and respiratory Reflexes Specifically Responding to IntraLaryngeal Pressure Changes in Anesthetized Shiba Goats

    SEKIZAWA Shinichi , TSUBONE Hirokazu , HISHIDA Naoki , KUWAHARA Masayoshi , SUGANO Shigeru

    全身麻酔下でシバヤギの上喉頭神経 (SLN) の求心性活動を下記の呼吸条件下で記録し, 喉頭感覚受容の特徴ならびに喉頭内圧の変化に対する呼吸反射の性状を明らかにした. 実際に際しては, 側枝付きの気管カニューレとバルーンカテーテルを用いて, 上気道の各部位を閉鎖ないし開放することによって, 4種類の呼吸条件, すなわち, 上気道呼吸, 上気道閉鎖, 気管呼吸, 気管閉鎖を作出した. さらに, 気管 …

    Journal of Veterinary Medical Science 59(10), 885-890, 1997-10-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (15)

  • Bradykinin-Induced Airway Contraction in Two Lines of Guinea Pigs with Congenitally Different Airway Sensitivity

    TSUBONE Hirokazu , SEKIZAWA Shinichi , MAEDA Masashi , KUWAHARA Masayoshi , BIRUMACHI Junichi , SUGANO Shigeru , NISHIBATA Ryoji , MIKAMI Hiroki

    BHSおよびBHRモルモットは, 気道過敏性モデル動物として系統維持されており, 前者は高感受性, 後者は低感受性である. 本報告では, ブラジキニンの静脈投与(0.1μg, 1μg, 10μg/kg)による感受性の相違を両系統間, ならびに対照動物として用いたHartley系モルモットの間で比較検討した. 全身麻酔, 人工呼吸下で気管内圧(P_<lT>)と呼吸気流曲線(V)を記録し, …

    Journal of Veterinary Medical Science 59(7), 613-615, 1997-07-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (9) Cited by (6)

  • Fiber Composition of the Superior Laryngeal Nerve in Rats and Guinea Pigs

    HISHIDA Naoki , TSUBONE Hirokazu , SUGANO Shigeru

    ラットおよびモルモットにおいて, 喉頭部の求心性刺激伝導路である上喉頭神経の線維構成を検討した. 無髄線維と有髄線維の比率は, 両種とも慨ね半々であったが, 無髄の軸索直径はラットで太く, 有髄はモルモットで太かった. 無髄の分布のピークは, 両種とも0.79から1.00μmの範囲に認められたが, 有髄では, ラットで2.51から3.16μm, モルモットで3.98から5.01μmの付近に認められ …

    Journal of Veterinary Medical Science 59(6), 499-501, 1997-06-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (13) Cited by (1)

  • Effects of Hyperlipidemia on Cardiovascular Responses to Atrial Pacing in Piglets  [in Japanese]

    KUWAHARA Masayoshi , SUGANO Shigeru

    ブタの冠循環動態を含めた心血管系機能の特性を明らかにするために,心筋虚血誘発法として虚血性心疾患の診断や実験に使用されている,右心房ペーシング負荷を行うことによって,冠循環を含めた心血行動態の反応に関して高脂肪食給与による影響に関して検討を加えた。セットアップ完了時の対照値は,高脂肪食群に比べて対照群の方が高値を示す傾向にあったが,いずれのパラメーターにも有意な差は認められなかった。ペーシングによ …

    Advances in Animal Cardiology 30(1), 7-13, 1997-06

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (24)

  • 実験動物における比較心臓学  [in Japanese]

    菅野 茂

    日本獣医循環器学会抄録 66, 24, 1997-05

  • 緬羊の行動変化と心拍変動について  [in Japanese]

    北沢 健 , 神藤 学 , 松井 寛二 , 菅野 茂

    Japanese Journal of Livestock Management 33(supplement), 8-9, 1997

    J-STAGE  References (2)

  • Power Spectral Analysis of Heart Rate Variability with Growth in Sheep  [in Japanese]

    MATSUI Kanji , OSHIMA Yoshiro , HIRASAWA Miki , ISHIKAWA YOKO , JINDOH Manabu , SUGANO Sigeru

    心電図用高性能計算機の発展にともない、心拍数が持つ周期性を指標にして、自律神経機能を評価する研究が行われている。日常の飼育管理下にある雄2頭、雌1頭のサフォーク種緬羊を、3日齢から10ヵ月齢まで経時的に使用した。ラジオテレメーターを用いて無拘束状態で24時間の心電図を連続記録し、緬羊の成長にともなう安静時の心拍変動の特徴の一端を明らかにし、心拍変動より自律神経機能の評価を試みた。24時間の記録から …

    Japanese Journal of Livestock Management 33(2), 47-54, 1997

    J-STAGE  References (18) Cited by (1)

  • 喉頭部の感覚受容と呼吸循環反射  [in Japanese]

    菱田 尚樹 , 山本 欣郎 , 局 博一 , 菅野 茂

    日本獣医循環器学会抄録 65, 1-2, 1996-10

  • Cardiopulmonary Responses to Capsaicin Instillation to the Laryngeal Lumen and Their Reflex Mechanisms in Rats

    HISHIDA Naoki , TSUBONE Hirokazu , SEKIZAWA Shin-ichi , SUGANO Shigeru

    自発呼吸あるいは人工呼吸下において, ラット喉頭腔にカプサイシン(CAPS)溶液を滴下し, その呼吸循環反射および反射発現機序を検討した. CAPS(100μg/ml, 20μl)の初回作用によって, 呼気時間(T_E)が著明に延長し, 一時的な無呼吸(apnea)が発現した. 同時に血圧上昇および徐脈も発現した. これらの反射は, 2回目のCAPS作用で著しく抑制されたが, 両側上喉頭神経および …

    The Journal of veterinary medical science 58(8), 761-767, 1996-08-25

    Ichushi Web  References (22) Cited by (3)

  • 1 / 3
Page Top