薛 孝夫 Setsu Takao

Articles:  1-20 of 54

  • 1 / 3
  • Effects of Forest Stand Density on Human's Physiophychological Changes

    An Ki Wan , Kim Eun Il , Joen Kyun Soo , Setsu Takao

    This study was carried out to investigate the influence of forest stand density on human's physiopsychological changes using electoroencephalogram (EEG), pulse, profile of good states (POMS), and sema …

    Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University 49(2), 283-291, 2004-10-01

    IR  DOI 

  • The validity of the floor vegetation and the soil fauna as an index of ecosystem recovery of reclamation forest  [in Japanese]

    SONG Jae-tak , SETSU Takao

    森林資源を活用した造成樹林の生態系回復を検証するために林床植生と土壌動物相を評価指標として取り上げ,その有効性について検討を行った。造成樹林地において最上層部の被度は移植に伴うインパクトを受けて低くなっていく半面,下層部ではタラノキ,カラスザンショウ,アカメガシワなどの先駆樹種や草本類の生育によって被度が高くなっていた。また,土壌動物相を採用した自然度評価も移植の直後は低くなるものの徐々に回復して …

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 30(1), 21-26, 2004-08-31

    J-STAGE  References (16) Cited by (1)

  • Elucidation of affinity of Caltha palustris var. nipponica in Kyushu, Japan by AFLP analysis  [in Japanese]

    HWA Cho Jeong , TSUJI Akiko , IKEDA Noriaki , ISHIKO Atsushi , SETSU Takao

    DNA多型 = DNA polymorphism 12, 54-55, 2004-06-30

    References (3)

  • Influence Change of the Stratification of Reclamation Forest Using the Heavy Industrial Machine for a Tree Transplant Affects a Soil Fauna  [in Japanese]

    SONG Jae-Tak , SETSU Takao , SUDA Ryuichi

    In order that reclamation forests which utilized the trees and forest topsoil lost by development of a woodland might verify whether it recovers to the forest ecosystem which was similar with the natu …

    Journal of The Japanese Institute of Landscape Architecture 67(5), 469-474, 2004-03-31

    J-STAGE  References (16)

  • 「かなたの自然と身近な共生景観」に向かって : 市民と共に歩む学会をイメージしながら  [in Japanese]

    大石 道義 , 重松 敏則 , 包清 博之 [他] , 幡東 孝則 , 川里 弘孝 , 前田 准 , 北川 義男 , 光延 勇樹 , 薛 孝夫

    Journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture 67(3), 253-257, 2004-02-27

  • 支部活動10年をふりかえって : 九州支部の歩みと今後への期待  [in Japanese]

    杉本 正美 , 若林 春美 , 木下 尚之 [他] , 岡本 均 , 北川 義男 , 薛 孝夫

    Journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture 67(3), 248-253, 2004-02-27

  • Influence Change of the Stratification of Reclamation Forest Using the Heavy Industrial Machine for a Tree Transplant Affects a Soil Fauna

    song jae-tak , SETSU Takao , SUDA Ryuichi

    開発によって樹木や森林表土を移植した造成樹林が,既存樹林と類似した森林生態系へ回復していくか否かを検証するために,林床植生と土壌動物相を評価指標として取り上げ,表土移植地と高木移植地を対象に追跡調査を行った。両調査地において,上層部では樹勢が衰えていく樹木が多く,下層部では先駆性樹木や草本類の侵入によって出現種数と被度が高くなっていく傾向が見られた。また,土壌動物相は地上部の植被率が高くなるほど豊 …

    JILA Annual Scientific Research Meeting Abstracts 2004(0), 24-24, 2004

    J-STAGE 

  • 2D19 工業地帯における自然共生型環境創成の考え方  [in Japanese]

    岡本 久人 , 薛 孝夫 , 神力 潔司 , 岩本 浩

    一般論文

    Proceedings of the Annual Conference of the Japan Society for Research Policy and Innovation Management 17(0), 642-645, 2002

    IR  J-STAGE  References (3) Cited by (1)

  • Studies on the Transplant of the Trees Using an Exclusive Machine  [in Japanese]

    SONG Jaetak , SETSU Takao , BAE Jungnam

    森林生態系の自然性を損なわずに樹林を移植する工法あるいは元の森林生態系により早く回復できる工法を求めて, 九州の大分スポーツ公園と隣接住宅造成地で採用されている3つの重機移植工法による造成樹林で調査を行い, 林床植生および土壌動物を指標に, 既存林との比較, 工法間の比較, 経年変化などについて検討した。EG工法とTPM工法はで大木が移植できる反面, 樹木を点状に移植するために全般的な自然性は低い …

    Journal of The Japanese Institute of Landscape Architecture 64(5), 517-520, 2001-03-30

    J-STAGE  References (4) Cited by (2)

  • Repression of Weeds by the Improved surplus Soil which is Granulated with the Polymer Absorbent  [in Japanese]

    SETSU Takao , BAE Jungnam

    公共土木工事で用いられるようになった, 建設発生土を高分子吸収剤と生石灰で粒状化した改良土の, 雑草発生抑制効果とその機構を探るための予備的な試験を行った。その結果, 改良土を10cm以上の厚さで敷設すれば, 種子で侵入する草本が定着しにくい現象が認められた。改良土が一定以上の厚さで敷設された場合に表層が乾燥しやすいことが雑草を抑える一因であると思われていたが, 土深5cmにおける土壌水分の計測結 …

    Journal of The Japanese Institute of Landscape Architecture 64(5), 513-516, 2001-03-30

    J-STAGE  References (5) Cited by (2)

  • A Study on Landscape Policy in the Kyushu District  [in Japanese]

    BAE Jungnam , SETSU Takao

    本研究は, 九州地方の景観行政の展開状況を把握し, 各自治体が景観行政の方向性を導く一助とすることを目的とした。調査は九州地方の政令市, 県及び県庁所在地がある自治体を対象に行い, 各自治体が策定している景観条例を収集しその内容と構成を把握した。その後, 各自治体の景観行政担当者に対する面接調査または電話インタビューを行い, 条例に基づいた施策展開として景観形成地区の種類と指定状況や運用について比 …

    Journal of The Japanese Institute of Landscape Architecture 64(5), 465-468, 2001-03-30

    J-STAGE  References (8)

  • 森林地帯で生じている諸問題と森林景観  [in Japanese]

    薛 孝夫

    ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture 62(4), 363-365, 1999-03-29

  • 九州の風土とランドスケープ・マネージメントの今後の方向 (平成10年度日本造園学会全国大会分科会報告)  [in Japanese]

    薛 孝夫 , 重松 敏則 , 梛野 良明

    Journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture 62(4), 363-369, 1999-03

  • Usage Pattern and Economic Impact of Urban Public Park : A Case Study of Three Zones in Fukuoka City  [in Japanese]

    PARK K.W. , SETSU T. , YURUKI T.

    福岡市内の異なった用途地域に所在する3箇所の公園を対象に,都市公園の利用実態と利用者にとっての効果が調査された.その結果,類似の条件で調査された既存の報告と比較して,全体的に公園誘致圏の拡大,滞留の長時間化の傾向が示された.地域別の傾向として,住居地域では到達距離が短く年間利用回数が多いこと,商業地域では公共交通手段を利用する人が多く滞留時間が短いこと,準工業地域では到達距離と滞留時間が長く年間利 …

    Bulletin of the Kyushu University Forest (73), 21-34, 1995-12

    IR  DOI  JASI 

  • The Bunun Tribe in Yu-san National Park, Taiwan and Their Attitude Toward National Park Policy  [in Japanese]

    CHEN Y.Y. , SETSU T. , YURUKI T.

    台湾の国家公園制度の問題点を明らかにするため,国家公園制度の矛盾が端的に現れている例として,玉山国家公園区域内に居住しているブヌン族の生活の実態,および彼らの国家公園に対する意識が調査された.その結果,1)ブヌン族は狩猟や焼畑耕作を営む山岳民族であったが,現在は漢民族の経済構造に組み込まれ,土地所有や土地利用の形態,農耕や経済活動など生活のあらゆる面で社会的圧迫を受けていること,2)国家公園が成立 …

    Bulletin of the Kyushu University Forest (73), 1-20, 1995-12

    IR  DOI 

  • Conservation of Big Trees in Urban Areas : Attitude of Tree-owners and Effect on Neighbouring Residents  [in Japanese]

    SETSU T. , YURUKI T. , YOSHINAGA K.

    都市域で私的に所有される一定の基準をもつ樹木を保全する施策の一つである「保存樹」の制度について,運用の実態や問題の所在を探るため福岡市を対象に現況調査が行われ,一部の樹木について所有者の実態や周辺住民の評価などが調査された.隣家への被害や管理の手間を軽減するための強度の枝落としなど,管理の仕方によっては,健全で樹容が美観上特にすぐれていることという保存樹の要件と相反するものになってしまうことが指摘 …

    Bulletin of the Kyushu University Forest (72), p83-96, 1995-03

    IR  DOI  JASI  Cited by (1)

  • Studies on the Growth of a Sugi (Cryptomeria japonica) Stand Planted in Clumps (III) : Growth of a 30 Year Old Stand  [in Japanese]

    YURUKI T. , SETSU T.

    植栽後30年経過したスギ巣植林についてその成長が調べられた.巣間隔が広く,巣間に空間があるA,C区と巣間隔が狭く,すでに完全に巣間の空間がうっ閉されているB区とでは生存率,個体成長にかなりの違いが生じていることが明らかになった.生存率については巣本数間でかなりの差がみられ,被圧され枯れる個体が多くなっていた.とくに6本植えの枯損がめだった.巣閣隔の狭いB区からは完全な6本巣は消滅していた.胸高断面 …

    Bulletin of the Kyushu University Forest (72), p73-82, 1995-03

    IR  DOI  JASI 

  • Development of a Secondary Deciduous Broad-leaved Forest in the Central Mountainous District o Kyushu : Stratification and Age Composition  [in Japanese]

    YURUKI Taturo , SETSU Takao

    82年以前になんらかの攪乱があった後に成立したと推定される落葉広葉樹二次林の発達を階層構造,樹種構造,齢構成,直径成長等の面から解明した.この林分は階層構造的には明らかに高木層,亜高木層,低木層に区分することができた.樹木の年齢は高年齢域と低年齢域にそれぞれの分布の山が認められた.高木層を構成する樹木は高年齢域に集中していた.一方亜高木・低木層の樹木の年齢は個体により,また樹種によりかなりの差が認 …

    Bulletin of the Kyushu University Forest (66), p1-18, 1992-03

    IR  DOI  JASI  Cited by (3)

  • 2.森林環境部門(A.概要,I.研究教育動向)  [in Japanese]

    井倉 洋二 , 久保田 勝義 , 薛 孝夫 , 古野 浩子 , 汰木 達郎 , 村瀬 房之助

    年報 1992, 2-3, 1992

  • 1 / 3
Page Top