渡辺 正子 WATANABE Masako

ID:1000070127158

(株)富士通研究所 Fujitsu Laboratories Ltd. (2007年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-17 of 17

  • Contactless Palm Vein Authentication Technology and Its Applications  [in Japanese]

    WATANABE Masaki , SHIOHARA Morito , SASAKI Shigeru

    Journal of the Japan Society of Infraed Science and Technolog 16(1), 31-37, 2007-03-31

    References (12)

  • 非接触型手のひら静脈認証技術  [in Japanese]

    渡辺 正規

    Communication of the Imaging Group of the JSRT 29(1), 31-35, 2006

    J-STAGE 

  • Contactless Palm Vein Authentication Technology  [in Japanese]

    WATANABE Masaki

    Journal of the Society of Mechanical Engineers 109(1048), 178-179, 2006

    J-STAGE  References (6)

  • CG modeling by model fitting and image matching  [in Japanese]

    WATANABE Masaki , SHIITANI Shuichi , HARADA Hiroaki

    形状を調節するパラメータを含めてモデルを定義しておき, その射影像を複数の入力画像中の物体に同時に位置合わせすることによって形状決定とテクスチャ獲得を行う.モデルと画像の対応はモデルの頂点の投影位置と人間が半自動的に与える変更位置の距離によって, 画像間の対応はモデル表面におけるテクスチャの明度差によって評価し, 評価値の二乗和が最小になるようにモデルの位置, 姿勢, 形状を決定する.評価値の最小 …

    Technical report of IEICE. PRMU 98(528), 93-100, 1999-01-22

    References (18) Cited by (4)

  • Shade removing from images using 3D structures  [in Japanese]

    椎谷 秀一 , 渡辺 正規 , 原田 裕明

    全国大会講演論文集 第57回(人工知能と認知科学), 185-186, 1998-10-05

    IPSJ 

  • A Distributing Experiment of Forum with Two Satellite Communication Systems Connected and an Evaluation of Picture  [in Japanese]

    SHIMADA Kazuo , WAKABAYASHI Ryoji , SUZUKI Hiroshi , MUTO Kenji , TANAKA Kenji , ASAI Kikuo , YUKI Kiyohiro , KONDO Kimio , WATANABE Masako , MINOH Michihiko

    現在, 大学, 高専等の高等教育機関が教育・研究に利用しているディジタル衛星通信システムは, 二つに分けられる.文部省が大学間教育交流を主目的に推進しているSCS(Space Collaboration System)と研究を主目的として自主的に組織されたディジタル衛星通信の大学間高度共同利用研究協議会(UnSAT協議会:University's Joint Study Group for Dig …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. B-(0xF9C2) 00081(00005), 486-495, 1998-05

    References (13) Cited by (8)

  • <Papers>Experiment of Joining Two Satellite Communication System UnSAT and SCS  [in Japanese]

    SHIMADA Kazuo , WAKABAYASHI Ryoji , SUZUKI Hiroshi , MUTO Kenji , ASAI Kikuo , YUKI Kiyohiro , KONDO Kimio , TANAKA Kenji , WATANABE Masako , MINOH Michihiko

    現在, 国内の大学, 高専等の高等教育機関が教育・研究に利用しているディジタル衛星通信システムは, 自主的に組織されたUnSAT(University's Joint Study Group for Digital Satellite Communications)と文部省が推進しているSCS(Space Collaboration System)の2つに分けられる.本論文では, 平成9年5月と1 …

    Memoirs of the Tokyo Metropolitan College of Aeronautical Engineering (35), 47-69, 1997

  • Sketch Vision : CG Modeling Tool based on Video Image  [in Japanese]

    椎谷 秀一 , 渡辺 正規

    CGで構成された人工空間にリアリティをもたらすため,我々は実写映像をCGモデル化しCGと実世界を融合する方式を開発している.近年,CGと実世界の融合は広く普及しており,パーソナルな環境における手軽な作業が期待されている.映像データをCGモデル化する手法としては,3Dデジタイザを使って映像データとレンジデータを同時に獲得し,レンジデータに基づきポリゴンバッチを生成する方式や,ステレオ画像を用いて,ポ …

    全国大会講演論文集 第49回(データ処理), 383-384, 1994-09-20

    IPSJ  Cited by (5)

  • 映像,情報のCGモデル化によるCGと映像の融合  [in Japanese]

    松井 一樹 , 川口 尚久 , 椎谷 秀一 , 渡辺 正規

    近年,映画やCMなどで,リアノレでインパクトの強い映像を作るために,CGと実写映像の合成が盛んに使われるようになった.しかし,CGとの合成を目的とした実写映像の撮影には,プルーバックによるスタジオ撮影やカメラ位置の測定など,大がかりな環境が必要である.また,その永劫を加工する際も,何百枚もあるフレームに対し1フレームごとに修正する等,膨大な作業が必要である.これらに対しては,計算機の支援による合成 …

    全国大会講演論文集 第48回(データ処理), 387-389, 1994-03-07

    IPSJ 

  • 3)ビデオレート動画像処理システム『韋駄天』(FIVIS/VIP)の応用事例(画像処理・コンピュータビジョン研究会)  [in Japanese]

    佐々木 繁 , 直井 聴 , 鎌田 洋 , 尾崎 暢 , 吉田 真澄 , 渡辺 正規

    The Journal of the Institute of Television Engineers of Japan 46(9), 1213, 1992-09-20

  • Applications of Video-rate Image Processing System IDATEN (FIVIS/VIP)  [in Japanese]

    Sasaki Shigeru , Naoi Satoshi , Kamada Hiroshi , Ozaki Tohru , Watanabe Masaki , Yoshida Masumi

    This paper describes about a reconfigurable pipeline architecture we proposed, which can satisfy both high-speed and flexible capability. Especially, the effectiveness of the architecture is demonstra …

    ITE Technical Report 16(34), 13-18, 1992

    J-STAGE 

  • Dynamic vision system "DynaEye" : One solution for occlusion problem  [in Japanese]

    渡辺 正規 , 太田 善之 , 佐々木 繁

    計算機による画像理解の実用化においては,信頼性の高い処理を,広い範囲の環境に対して実現することが望まれる.当問題に対し,筆者らは,撮影環境の変化に応じて自在にストラテジーを変えながら画像理解を行うダイナミックビジョンシステム「DyanEye」を開発している.本稿では,DyanEyeの考え方に沿って,物体の認識における隠れ(occlusion)の問題を解決する方式について提案し,その実験システムを述 …

    全国大会講演論文集 第42回(人工知能及び認知科学), 69-70, 1991-02-25

    IPSJ 

  • 複数のステレオ対応探索アルゴリズムの協調的統合  [in Japanese]

    渡辺 正規 , 大田 友一

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 73(10), p1666-1676, 1990-10

    Cited by (7)

  • 画像理解のための並列処理機構  [in Japanese]

    渡辺 正規 , 大田 友一 , 池田 克夫

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 73(6), p820-829, 1990-06

    Cited by (3)

  • An Evaluation about Interactive Correction on the Process of Understanding Manuscript Line Drawings  [in Japanese]

    渡辺 正子 , 美濃 導彦 , 池田 克夫

    人間-機械系においては画像・図形を用いたイメージインターフェイスが重要になってくる。我々は、シンボル画像(シンボルとその接続関係からなる画像)を用いたインターフェイスの研究を行っている。本稿では、シンボル画像処理の具体例として手書き論理回路図面を取り上げ、その認識・理解処理において、どの段階で人間が介入し修正すれば、効率よく、良い結果が得られるかを考察する。手書き図面の認識・理解処理は階層的な手続 …

    全国大会講演論文集 第39回(ソフトウェア工学), 1435-1436, 1989-10-16

    IPSJ 

  • Disparity from Integration of Stereo Matching Algorithms  [in Japanese]

    渡辺 正規 , 大田 友一 , 池田 克夫

    本稿では,適用範囲の広い柔軟なステレオ対応探索処理の実現のために,異なる画像特徴を用いて対応探索を行う三つのアルゴリズム,すなわち,動的計画法を用いたエッジに基づく区間対応法,相関を用いた特徴点に基づく粗密対応探索法,連結エッジセグメントの対応探索法を統合して用い,視差画像を生成する手法について述べる.また,本手法を並列計算機上に構築して行った実験結果も示す.

    全国大会講演論文集 第38回(人工知能及び認知科学), 172-173, 1989-03-15

    IPSJ 

  • Improving Accuracy of Depth Determination by Right - angled Trinocular Stereo  [in Japanese]

    WATANABE MASAKI , OHTA YUICHI , IKEDA KATSUO

    本論文では 3眼ステレオ視によりエッジの方向に影響されず精度よく奥行き情報を求める手法について述べる.3台のカメラを直角2等辺3角形の三つの頂点に配置して撮像した3枚の画像を用い 上下 左右の2組の画像対に対して動的計画法を用いた対応探索を行った後 二つの対応結果を エッジ位置のあいまいさに基づき弛緩法を用いて調整する.本解法は互いに直交する2本のエピポーラ線を利用しているので 任意の方向を持った …

    IPSJ Journal 27(11), 1086-1094, 1986-11-15

    IPSJ  Cited by (2)

Page Top