宮澤 知之 MIYAZAWA Tomoyuki

Articles:  21-28 of 28

  • 2 / 2
  • 宋代陝西・河東の鉄銭問題  [in Japanese]

    宮沢 知之

    In the Northern Song, iron coins were issued in the peripheral circuits such as Shaanxi and Hedong both in order to meet the increasing military expenditures necessitated by the XiXia threat and in or …

    The Journal of Oriental researches 51(4), p535-567, 1993-03

    IR  DOI 

  • <大會抄錄>宋代の私鑄錢  [in Japanese]

    宮澤 知之

    東洋史研究 50(3), 480-480, 1991-12-31

    IR  DOI 

  • 唐宋時代の短陌と貨幣経済の特質  [in Japanese]

    宮沢 知之

    個人情報保護のため削除部分あり唐宋時代に普及した短陌慣行は当時の貨幣経済の特質を追求する上で興味深い素材を提供する。短陌は銅銭の不足によって発生するのではなく、銅銭経済下で商品流通が急速に発展しつつあったとき、同業組合としての性格を強めた行が貨幣を規制したことによって発生すると思われる。すなわち行は独自の貨幣を発行するのでなく、銅銭を前提とし、その計数単位陌を操作することで貨幣を規制したのである。 …

    The Journal of history 71(2), p191-222, 1988-03

    IR  DOI 

  • The Composition of the Social Classes in the Advanced Region in Song Period  [in Japanese]

    宮澤 知之

    鷹陵史学 (10), 25-82, 1985-09-25

    IR 

  • The Composition of the Social Classes in the Advanced Region in Song Period  [in Japanese]

    MIYAZAWA Tomoyuki

    鷹陵史学 10, 25-82, 1985-09-25

  • 随筆 友人の展覧会から  [in Japanese]

    宮澤 知之

    佛教大学学報 (33), 64, 1983-10-23

    IR 

  • 元朝の商業政策--牙人制度と商税制度  [in Japanese]

    宮沢 知之

    個人情報保護のため削除部分あり宋明間における商業史の展開に元朝が果した役割を検討する手段として、本稿は牙人制度と商税制度をとりあげ、元朝商業政策の基調を考察する。牙人は宋代、有力な商品流通の担い手として時には市場を支配しうるほどに成長したが、元朝は流通を阻碍するものとしてこれに強い統制を加えた。官私牙人制の導入がそれである。この制度は、民間牙人の業種を立契を要する売買(土地家屋家畜など) のみに限 …

    The Journal of history 64(2), p185-213, 1981-03

    IR  DOI 

  • 宋代の牙人  [in Japanese]

    宮沢 知之

    One striking feature of the history of Sung commerce is known as the coming to the fore of the ya-jen 牙人. The ya-jen were originally free agents who mediated between the dealers and earned a commissio …

    The Journal of Oriental researches 39(1), p1-34, 1980-06

    IR  DOI 

  • 2 / 2
Page Top