町田 忍 MACHIDA Shinobu

ID:1000070209469

京都大学大学院理学研究科 (2004年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-8 of 8

  • Plasma particle and wave environment around Venus  [in Japanese]

    MACHIDA Shinobu , ONO Takayuki , TERADA Naoki

    Planetary people 13(1), 18-24, 2004-03-25

    IR  References (12)

  • S02 Significance of Hot Plasma Observations around Venus  [in Japanese]

    町田 忍 , 寺田 直樹 , 品川 裕之

    The upper atmosphere of Venus directly interacts with the solar wind, which causes excitation of various kinds of waves as well as accelerations of particles. In this paper, we report on our plan to s …

    Abstracts Fall Meeting of the Japanese Society for Planetary Sciences 2001, 14, 2001-10-06

  • Electron Fermi Shock Acceleration by the Interplanetary Shock  [in Japanese]

    SHIMADA Nobue , TERASAWA Toshio , NAITO Tsuguya , MATSUI Hiroshi , HOSHINO Masahiro , MUKAI Toshifumi , YAMAMOTO Tatsundo , SAITO Yoshihumi , KOKUBUN Susumu , MACHIDA Shinobu

    1994年2月20日01UTに発生した太陽フレアは, その伝播過程で強い惑星間空間衝撃波を生じた。太陽風中をモニターしていたGEOTAIL衛星は, 翌日2月21日09UTにこの衝撃波と遭遇し, 粒子分布や磁場等のプラズマ状態を詳細に観測することができた。その結果, このイベントに幾つかの特筆すべき現象がみられることが明らかになった。高周波まで及ぶ比較的強い磁場波動が観測された他, イオンのみならず …

    宇宙科学研究所報告 (98), 1-23, 1997-11

  • New Campus (17) : Kyoto University  [in Japanese]

    MACHIDA Shinobu , KITAMURA Masao

    Planetary people 5(4), 205-208, 1996-12-01

  • 地球の尻尾では何が起きているか  [in Japanese]

    國分 征 , 山本 達人 , 西田 篤弘 , 町田 忍 , 斎藤 義文 , 前沢 洌 , 長井 嗣信 , 早川 基 , 寺沢 敏夫 , 村田 健史 , 松本 紘 , 小嶋 浩嗣 , 小嶋 浩嗣

    Planetary People 4(2), 85-99, 1995-06-25

  • GEOTAIL Observations of Electrostatic Plasma Waves in the Lower Hybrid Frequency Range in the Plasma Sheet Boundary Layer  [in Japanese]

    Chikuba Satoshi , Kojima Hirotsugu , Matsumoto Hiroshi , Roger Anderson , Omura Yoshiharu , Nagano Isamu , Mukai Toshifumi , Yamamoto Tatsundo , Kokubun Susumu , Machida Shinobu , Saito Yoshifumi , Hirahara Masafumi

    NEN(Narrowband Electrostatic Noise)は,数10Hz〜数kHzまでに観測される狭帯域な静電波であり、BENとは異なり低周波成分を持たない。この波動はこれまでISEE3などの衛星で観測され、その周波数は磁場の強さに無関係であることがわかっていたが、その励起メカニズム等不明な点が残されたままになっていた。今回我々は科学衛星GEOTAILに搭載されたプラズマ波動受信器の「 …

    IEICE technical report. Antennas and propagation 94(309), 19-24, 1994-10-27

  • Observation of the Pulsating Aurora by S-520-12 Rocket at Norway  [in Japanese]

    TSURUDA K. , MORIOKA A. , HAYAKAWA H. , MACHIDA S. , MUKAI T. , NAGANO I. , MIYAOKA H.

    S-520-12号機は, 1990年2月26日ノルウェー・アンドーヤ基地より明け方の脈動性オーロラの中に打ち上げられた。ロケットは完璧に飛翔し, 搭載科学観測器機は脈動性オーロラ(Pulsating Auroa)の中において電場・磁場・粒子・波動およびプラズマの観測を行った。観測データの初期的な解析の結果から, 脈動性オーロラと強く関連した新しい型の波動および粒子現象が見いだされた。すなわち, i …

    宇宙科学研究所報告 特集 (28), p67-75, 1991-03

  • Observations of Auroral Particle Precipitation and Acceleration Processes from the Akebono (EXOS-D) Satellite  [in Japanese]

    MUKAI T. , KAYA N. , SAGAWA E. , HIRAHARA M. , MIYAKE W. , OBARA T. , MIYAOKA H. , MACHIDA S. , YAMAGISHI H. , EJIRI M. , MATSUMOTO H. , ITOH T.

    オーロラ磁気圏における粒子加速過程を研究するために打ち上げられた「あけぼの」には, 低エネルギー粒子観測装置(LEP)が搭載されている。LEPは3種類の異なった観測を行なっている。即ち, (1)オーロラ電子とイオンのエネルギーおよびピッチ角分布, (2)イオンの質量分析, そして(3) HFおよびVLF周波数帯における粒子フラックス変動スペクトルの観測である。本論文では, 第一の観測について初期結 …

    宇宙科学研究所報告 特集 (25), p129-141, 1990-01

Page Top