伊藤 彰則 ITO Akinori

ID:1000070232428

東北大学 (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 308

  • Analysis of interview dialog for building user-profiling dialog system considering motivation of conversation  [in Japanese]

    CHIBA Yuya , ITO Akinori

    A dialog system was to obtain user's profile appropriately in order to provide a topic of dialog or recommend information adapted to the user. In this research, we assumed an interview-based user prof …

    Technical report of IEICE. HCS 114(273), 43-48, 2014-10-23

  • Formal Model Generation from Requirement Dictionary Based on Refinement Calculus  [in Japanese]

    大森洋一 , 荒木啓二郎

    A formal requirement dictionary extends existing requirement dictionary to give the map of the key phrase by natural language and its semantics definition using the mathematical logic. The consistency …

    IPSJ SIG Notes 2014-SE-184(10), 1-7, 2014-05-12

  • 企業横断的ソフトウェア保守データにおける個別企業の影響  [in Japanese]

    小野健一 , 角田雅照

    ユーザ企業及びベンダ企業にとって,ソフトウェア保守の効率を高めることは重要な課題のひとつである.保守の効率を高めるためには,効率に影響する要因を明らかにする必要がある.ソフトウェア開発の場合,ISBSG が複数の企業から収集した企業横断的データを分析し,効率に影響する要因を明らかにしている研究が存在する.ソフトウェア保守の場合も同様に,ISBSG が収集した企業横断的データが存在するが,我々の知る …

    IPSJ SIG Notes 2014-SE-184(7), 1-7, 2014-05-12

  • 20 years of SIG-SLP -Review by successive chairs-  [in Japanese]

    Tsuneo Nitta , Tetsunori Kobayashi , Satoshi Nakamura , Kazuya Takeda , Tatsuya Kawahara , Akinori Ito

    This report reviews researches presented in 20-year of SlG-SLP meetings and overlooks the trends of spoken language processing research. First, the facts of papers presented in SIG-SLP are described. …

    IPSJ SIG Notes 2014-SLP-100(5), 1-6, 2014-01-24

  • 音声操作ロボットの意図せぬ動作に対するユーザ発話のパラ言語的特徴に関する分析 (音声)  [in Japanese]

    戸塚 典子 , 伊藤 彰則

    音声操作インタフェースがロボットなど移動機構を持つ機器に搭載されると,ユーザが音声によってロボットをリアルタイムで操作するという状況が考えられる.しかしこのような場合,ユーザの言い間違えやシステムの誤認識などによってロボットがユーザの意図せぬ動作をする可能性がある.我々は,そのような動作が発生した際に迅速に修正する手法として,ユーザの意図せぬロボット動作が発生した際のユーザ発話のパラ言語的特徴に着 …

    IPSJ SIG Notes 113(366), 59-64, 2013-12-19

  • ARキャラクタとの英会話練習時における交替潜時のタイムプレッシャーによる制御  [in Japanese]

    鈴木直人 , 廣井富 , 藤原祐磨 , 黒田尚孝 , 戸塚典子 , 千葉祐弥 , 伊藤彰則

    英会話練習をする際は対話相手が必要であり,相手との会話がテンポ良く行えるようになる練習が求められる.CALL (Computer-Assited Language Learning) システムにおいて,学習者の応答のタイミングを向上させるような枠組みは無いのが現状である.英会話練習の際には発話内容を想起し,それを英語で表現する 2 重の認知的負荷がかかるため,交代潜時が長くなりがちであるが,対話の …

    IPSJ SIG Notes 2013-SLP-99(9), 1-6, 2013-12-12

  • Let's Write a Journal Paper! : Basics of paper submission  [in Japanese]

    伊藤 彰則 , 中村 健太郎

    聴覚研究会資料 = Proceedings of the auditory research meeting 43(7), 607-610, 2013-10-10

  • An acoustical analysis for mixed speech signals using a complex window function  [in Japanese]

    伊藤 仁 , 伊藤 彰則

    聴覚研究会資料 = Proceedings of the auditory research meeting 43(6), 473-478, 2013-08-09

  • An acoustical analysis for mixed speech signals using a complex window function  [in Japanese]

    ITO Masashi , ITO Akinori

    A sinusoidal representation of voiced speech is one of the promising methods for speech analysis and synthesis, which approximates the input signal to a sum of sinusoidal components of which frequency …

    Technical report of IEICE. EA 113(177), 1-6, 2013-08-09

  • Analysis of Acoustic Feature of Command Speech Towards a Mobile Robot Under the Robot's Unintended Behavior  [in Japanese]

    TOTSUKA Noriko , ITO Akinori

    In recent years, many devices have been developed that have a speech-based interface. The speech command may be used for operating a device such as a mobile robot that moves in real time. In this case …

    IEICE technical report. Speech 113(161), 57-62, 2013-07-25

  • A Task Development Experiment for the Multi-task Spoken Dialog System based on QA Database  [in Japanese]

    MIYAKE Shinji , ITO Akinori

    We are developing a spoken dialog system for daily life support task such as smart home or human symbiotic robot. This system exploits a dialog control strategy based on a Q-A database, which makes it …

    IEICE technical report. Speech 113(161), 31-36, 2013-07-25

  • Noise reduction based on fragmentary measurement of environmental noise  [in Japanese]

    MACHIDA Kohei , ITO Akinori

    We propose a speech recognition method under noisy environments using multiple microphones based on asynchronous and intermittent observations. In this method, microphones placed at various locations …

    IEICE technical report. Speech 113(161), 1-6, 2013-07-25

  • Consideration of the relation between auditory impression and acoustic features of death growl and scream singing voice  [in Japanese]

    Kato KEIZO , Ito AKINORI

    In the contemporary music scene, death-growl and scream singing style are often used in extreme metal, and have been one of the indispensable singing style. In this study, we attempt to clarify the es …

    IEICE technical report. Speech 112(422), 43-48, 2013-01-30

  • Multi-modal Information Processing by Embedding Image Features into Speech Signal  [in Japanese]

    ABE Yohei , ITO Akinori

    Lip movement has a close relationship with speech because lip moves when we talk. The idea of this work is to extract the lip movement feature from the facial video and embed the movement feature into …

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(420), 1-5, 2013-01-29

  • 対話中のユーザ状態逐次推定のための多段階識別手法に関する検討  [in Japanese]

    千葉祐弥 , 伊藤仁 , 伊藤彰則

    従来の音声対話システムは,ユーザが入力した発話の音声認識結果を基準として処理を行うため,ユーザの入力を待機している間にユーザの状態を推定することはできなかった.しかしながら,実環境下においては,ユーザがシステムのプロンプトに戸惑ってしまうなどで,入力を行うことができないという状況が度々起こる.こういったユーザに対して適切な応答を行うためには,従来の音声対話システムでは無視されていた 「発話を行う前 …

    研究報告音声言語情報処理(SLP) 2013-SLP-95(21), 1-6, 2013-01-25

  • 対話中のユーザ状態逐次推定のための多段階識別手法に関する検討  [in Japanese]

    千葉祐弥 , 伊藤仁 , 伊藤彰則

    従来の音声対話システムは,ユーザが入力した発話の音声認識結果を基準として処理を行うため,ユーザの入力を待機している間にユーザの状態を推定することはできなかった.しかしながら,実環境下においては,ユーザがシステムのプロンプトに戸惑ってしまうなどで,入力を行うことができないという状況が度々起こる.こういったユーザに対して適切な応答を行うためには,従来の音声対話システムでは無視されていた 「発話を行う前 …

    研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI) 2013-HCI-151(21), 1-6, 2013-01-25

  • Evaluation of Robot Design using Augmented Reality  [in Japanese]

    Hiroi Yutaka , Ito Akinori

    We can make a robot suitable for users' preference by designing its appearance and interaction through subjective evaluation. However, for evaluating users' impressions using real robots, it …

    Transactions of the Virtual Reality Society of Japan 18(2), 161-170, 2013

    J-STAGE  References (17)

  • トピック関連語推定とSTDによる未知語推定の評価 (音声・第14回音声言語シンポジウム)  [in Japanese]

    佐藤 壮一 , 伊藤 彰則

    本稿では,音声認識結果から関連する単語を推定するトピック関連語推定と,発話中にある単語が含まれているかどうかを見る検索語検出(SpokenTermDetection:STD)を用いて,音声認識における未知語を推定した.トピック関連語推定のみを用いた場合,STDのみを用いた場合,両方を用いた場合について,それぞれ比較し検討を行った.その結果,両方を用いた場合に推定語数が多い状況で,トピック関連語推定 …

    IEICE technical report. Speech 112(369), 143-147, 2012-12-20

  • 対話ターン中のユーザ状態の推定に有用なモダリティの分析 (音声・第14回音声言語シンポジウム)  [in Japanese]

    千葉 祐弥 , 伊藤 仁 , 伊藤 彰則

    従来の音声対話システムは,ユーザが入力した発話を基準として処理を決定しているため,入力を待機している間にユーザの状態を推定することはできない.しかしながら,実環境下においてはユーザがシステムのプロンプトに戸惑ってしまい,入力をすることができない状況が度々起こる.このような場合,一定時間おきに同一内容のプロンプトを提示することが一般的であるが,この補助は入力内容を考えているユーザにとっては非常にわず …

    IEICE technical report. Speech 112(369), 35-40, 2012-12-20

  • Enrichment of audio signal using side information  [in Japanese]

    ITO Akinori

    This paper describes methods that add values to audio signals using side information. There have been many acoustic signal processing methods have been proposed for estimating the lost information fro …

    電子情報通信学会技術研究報告. EMM, マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント = IEICE technical report. EMM, Enriched multimedia 112(293), 87-92, 2012-11-09

    References (36)

Page Top