鈴木 智博 Suzuki Tomohiro

ID:1000070235977

山梨大学 University of Yamanashi (2006年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-13 of 13

  • Convergence Property of Higher Order Pomentale's Method for Algebraic Equations  [in Japanese]

    SUZUKI TOMOHIRO , SUGIURA HIROSHI

    1 変数代数方程式に対する反復法について,次数の高い反復法ほど反復列の挙動が安定しているという傾向がある.本論文では,任意次数の反復法が構成できるPomentale 法についてこの経験則に理論的な根拠を与える.In general, an iterative method of higher order has the tendency to generate a stable iterative …

    IPSJ journal 47(4), 1181-1184, 2006-04-15

    IPSJ  References (4)

  • Convergence Property of Higher Order Nourein's Method for Algebraic Equations  [in Japanese]

    SUZUKI TOMOHIRO , SUGIURA HIROSHI

    一変数代数方程式に対する反復法について,次数の高い反復法ほど初期値に最も近い根が得られるという傾向がある.本論文では,任意次数の反復法が構成できるNourein法についてこの経験則に理論的な根拠を与える.この目的のために,反復法の近似解がそれに最も近い根に収束するような初期値の集合が議論される.しかし,一般にこのような集合の形状は複雑である.そこで,代数方程式の根を定点とするApollonius円 …

    IPSJ journal 46(10), 2505-2512, 2005-10-15

    IPSJ  Cited by (1)

  • 大域的収束性を持つ代数方程式の新しい解法 (数式処理における理論と応用の研究)  [in Japanese]

    Suzuki Tomohiro , Suzuki Toshio

    RIMS Kokyuroku (1199), 203-212, 2001-04

    IR 

  • The Accuracy of Multiple or Clustered Zeros Using Numerical Integration Error Method  [in Japanese]

    SUZUKI Tomohiro , SUZUKI Toshio

    The polynomial root-finding algorithm that uses the errors of numerical integration of the logarithmic derivative was announced. In this algorithm, a new approximate expression of zeros was proposed. …

    Transactions of the Japan Society for Industrial and Applied Mathematics 11(1), 41-48, 2001

    J-STAGE  References (10)

  • A new method to compute zeros of polynomials (Number Theory from the Stand Point of Analytic Number Theroy [Theory])

    Muto Hideo , Suzuki Tomohiro , Suzuki Toshio

    RIMS Kokyuroku (1091), 36-44, 1999-04

    IR 

  • A New Method to Compute Zeros of Polynomials Using the Errors of Numerical Integration  [in Japanese]

    SUZUKI Tomohiro , SUZUKI Toshio , MUTO Hideo

    The purpose of this paper is to introduce a new method to compute the zeros of polynomials. A lot of methods are available for the determination of the zeros of polynomials^[6]. The feature of our met …

    Transactions of the Japan Society for Industrial and Applied Mathematics 9(2), 65-76, 1999

    J-STAGE  References (8) Cited by (1)

  • Eigenvalue Problems for Real Nonsymmetric Matrices by Applying Homotopy method  [in Japanese]

    Suzuki Tomohiro

    By applying the homotopy method, the eigenvalue problem for real nonsymmetric matrices reduces to the problem of tracing algebraic curves which are called eigenpaths. Since a real nonsymmetric metrice …

    Transactions of the Japan Society for Industrial and Applied Mathematics 7(4), 353-362, 1997

    J-STAGE  References (6) Cited by (2)

  • ネットワーク上の多様な計算資源を利用する大規模数値計算の試み  [in Japanese]

    Suzuki Tomohiro , Mino Hidetoshi , Takeuchi Satoshi , Uchiyama Chikako , Yasui Masaru , Katagiri Toru

    山梨大学地域共同開発研究センター研究成果報告書 5, 23-24, 1997

  • 「新しい画像応用技術に関する研究」 : 動画像から物体の3次元運動を決定するための方法  [in Japanese]

    Suzuki Yoshihiko , Imamiya Atsumi , Ito Kazuho , Suzuki Tomohiro

    山梨大学地域共同開発研究センター研究成果報告書 4, 25-28, 1996

  • An Analysys of Complex Bifurcation Phenomenon of Eigenpath  [in Japanese]

    SUZUKI Tomohiro , HIGUCHI Takeshi , ITO Kazuho , SUZUKI Yoshihiko

    ホモトピー法の原理を用いて行列の固有値問題を解くことは,一次元の自由度を持つ解曲線を追跡することに他ならない.この解曲線は固有パスと呼ばれる.対象とする実数行列をAとし,固有値,固有ベクトルが既知な行列をDとしてA(t)=(1-t)D+tAなる行列を作る.本手法の原理は,この行列のパラメータtを0から1まで連続的に変化させることによってAの固有値,固有ベクトルを求めようとするものである.一般にAは …

    IPSJ SIG Notes 57, 67-72, 1995-08-24

    References (3)

  • Bifurcation Phenomenon for Solving Eigenvalue Problems with Homotopy Method  [in Japanese]

    Higuchi Takeshi , Suzuki Tomohiro , Suzuki Yoshihiko

    実数非対称行列Aの固有値問題Ax=λxを大域的収束性のある非線形方程式の解法であるホモトピー法を用いて解く.ホモトピーアルゴリズムを実非対称行列の固有値問題に適用した場合,一般に行列は複素固有値を持つため,ホモトピーパスの実数空間から複素空間,またはその逆への分岐現象は避けられない問題である.我々はこの分岐現象のメカニズムを明らかにし,ホモトピーパスを実空間から複素空間へ分岐させるためのアルゴリズ …

    IPSJ SIG Notes 94(68), 65-70, 1994-07-22

  • Optimal Charge Assignment for the Charge Simulation Method  [in Japanese]

    SUZUKI TOMOHIRO , SUZUKI YOSHIHIKO

    ラプラス方程武の近似解法である代用電荷法には複雑な境界の問題に対しては適用が困難であるという短所がある。代用電荷法が複雑な境界に対して適用力困難な理由は、代用電荷の配置の問題に対して理諭的な考察がなされていないため、試行錯誤によってこれを決定しなけれぱならないからである、精度の良い近似解を得るためにはただ単に電荷数を増やしただけではかえって誤差が大きくなることがあり、適切な位置に電荷を配置すること …

    IPSJ Journal 35(2), 324-331, 1994-02-15

    IPSJ  References (9)

  • A Solution for Eigenvalue Problems with Homotopy Method  [in Japanese]

    Suzuki Tomohiro , Higuchi Takeshi , Suzuki Yoshihiko

    実非対称行列Aの固有値問題, Az=λzを大域的収束性のある非線形方程式の解法であるホモトピー法を用いて解く.ホモトピーアルゴリズムを実非対称行列の固有値問題に適用した場合,一般に行列は複素固有値を持つため,ホモトピーパスの実空間から複素空間,またはその逆への分岐現象が重要な問題となる.しかし実際にはこの分岐のメカニズムは2本のパスが重なり,そこから複素空間または実数空間へ分岐するという単純なもの …

    IPSJ SIG Notes 93(51), 21-28, 1993-06-18

Page Top