佐藤 嘉伸 SATO Yoshinobu

Articles:  1-20 of 360

  • Analysis of fiber structure of skeletal muscles around the hip joint using CT images  [in Japanese]

    宮本 康平 , 大竹 義人 , 横田 太 , 日朝 祐太 , Chung Min Suk , 高尾 正樹 , 菅野 伸彦 , 佐藤 嘉伸

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 116(393), 127-131, 2017-01-18

  • Information fusion for computer-aided diagnosis of liver fibrosis : Integration of shape information into conventional blood test based diagnosis  [in Japanese]

    MASAKI Yuto , YOKOTA Futoshi , OTAKE Yoshito , HORI Masatoshi , OKADA Toshiyuki , TOMIYAMA Noriyuki , SATO Yoshinobu

    現在,臨床で肝線維化症の確定診断に用いられる肝生検は侵襲的な手法であるため,非襲的な手法が研究されている.先行研究では,血液検査情報やCT画像から得られる肝臓の形態情報など単独の情報から肝線維化症を分類する手法が報告された.本研究では,それらの情報の統合による相補的な分類精度向上を狙い,形態情報と血液検査情報の統合法の検討を目的とした.本研究では,形態情報と血液検査情報を統合しサポートベクターマシ …

    IEICE technical report. 114(482), 59-62, 2015-03-02

  • Estimating Optimal Portal Placement for Arthroscopic Hip Surgery  [in Japanese]

    川上 申之介 , 福田 紀生 , 西井 孝 , 大竹 義人 , 佐藤 嘉伸

    Arthroscopic hip surgery in the supine position is effective method for Femoro Acetabular Impingement (FAI). To operate this method, basically two portals are established on the patient' skin, one is …

    近畿大学工業高等専門学校研究紀要 (9), 61-64, 2015

    IR 

  • Comparison of performance of feature representation methods for disease discrimination based on liver shape  [in Japanese]

    HIGASHIURA Keisuke , PRASAD MUKHERJEE Dipti , OKADA Toshiyuki , HORI Masatoshi , CHEN Yen-Wei , TOMIYAMA Noriyuki , SATO Yoshinobu

    臓器形状に基づく正常・疾患の識別診断において,疾患に起因する形状特徴を効果的に抽出することは重要である.我々は疾患に起因する形状特徴の表現を,正常症例の主成分分析により構築した部分空間の直交補空間を用いることで求める方法を提案して研究を行ってきた.しかし,疾患に起因する形状変化の特徴表現方法は他にも従来行われており,それらの方法における性能比較は十分に行っていない.本稿では肝臓形状を用いて疾患に起 …

    IEICE technical report. 113(410), 355-360, 2014-01-26

  • Selection of representative cases for constructing statistical atlas of preoperative total hip arthroplasty planning : Towards rapid adaptation to different types of femoral stem implants  [in Japanese]

    NAKANISHI Yuki , KAGIYAMA Yoshiyuki , YOKOTA Futoshi , TAKAO Masaki , SUGANO Nobuhiko , TADA Yukio , TOMIYAMA Noriyuki , SATO Yoshinobu

    本稿では,統計アトラスに基づく人工股関節全置換術における術前計画自動立案の異種大腿骨インプラントへの対応を効率化するため,立案性能に寄与する少数の代表症例を選択して異なるインプラントにおける統計アトラスを構築し術前計画を自動立案する.解剖形状タイプと平面形状タイプの2タイプのインプラントで実験を行った結果,10例程度の代表例で平面形状タイプから解剖形状タイプへの対応が可能であったが,逆方向の対応は …

    IEICE technical report. 113(410), 351-354, 2014-01-26

  • Random-forest based spatial normalization using anatomical landmarks from CT images with unknown FOV  [in Japanese]

    KIKUCHI Kazuma , OKADA Toshiyuki , HANAOKA Shohei , MASUTANI Yoshitaka , HORI Masatoshi , TOMIYAMA Noriyuki , SATO Yoshinobu

    我々はこれまで計算解剖モデルを用いた複数臓器自動セグメンテーションの開発を行ってきた.しかし,この方法は,撮像範囲が上腹部であるという仮定に基づいた空間的正規化を行っており,異なる撮像範囲のデータに対して適用できないという問題があった.本研究では,撮影範囲が未知のCT画像から抽出した解剖学的ランドマークを用いた空間的正規化方法を提案する.提案法では,検出した多数の解剖学的ランドマークを入力として, …

    IEICE technical report. 113(410), 169-173, 2014-01-26

  • 517 Automated segmentation of hip and thigh muscles from CT data based on hierarchical multi-atlas label fusion  [in Japanese]

    TAKAYA Mika , YOKOTA Futoshi , OKADA Toshiyuki , TAKAO Masaki , SUGANO Nobuhiko , TADA Yukio , TOMIYAMA Noriyuki , SATO Yoshinobu

    The Proceedings of Conference of Kansai Branch 2014.89(0), _5-17_, 2014

    J-STAGE 

  • Automated segmentation of hip and thigh muscles from CT data : Improvement of statistical prediction using boundaries between individual muscles  [in Japanese]

    TAKAYA Mika , YOKOTA Futoshi , OKADA Toshiyuki , TAKAO Masaki , SUGANO Nobuhiko , TADA Yukio , TOMIYAMA Noriyuki , SATO Yoshinobu

    これまでに我々は,股関節を対象とした階層的マルチアトラス法に基づく目動抽出法を提案してきた.一部で統計予測法を用いているが,これまでは筋肉組織領域と骨格の表面距離誤差のみで統計形状モデルを当てはめており,主要筋肉の位置・姿勢が対応ついておらず,主要筋肉の予測に不十分であったと考えられる.そこで,本稿では,主要筋肉の予測精度向上を目的として,個別筋肉の辺縁情報を用いた統計モデルの当てはめ方法を提案し …

    IEICE technical report. 113(219), 15-18, 2013-09-13

  • Does Intraoperative Reference of 3D Virtual Model Reduce Malalignment of THA?  [in Japanese]

    TAKAO M , YOKOTA F , TAKAYA M , TADA Y , TOMIYAMA N , SATO Y , SUGANO N

    Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS 15(2), 92-93, 2013-08-27

    Ichushi Web  References (7)

  • Automated Pelvis and Femur Segmentation of Diseased Hip CT Using Hierarchical and Conditional Statistical Shape Models : Refinement Using Graph-cut  [in Japanese]

    YOKOTA Futoshi , OKADA Toshiyuki , TAKAO Masaki , SUGANO Nobuhiko , TADA Yukio , TOMIYAMA Noriyuki , SATO Yoshinobu

    疾患股関節領域の自動抽出は関節手術のための患者固有のシミュレーションのための必要条件である.疾患股関節における臼蓋と大腿骨頭領域間の境界を正確に決定することは容易ではない.この問題を解決するために,我々は多段処理による手法を提案した.(1)階層的統計モデルによる骨盤と遠位大腿骨領域の抽出.(2)既抽出領域を条件とした条件付き大腿骨頭統計形状モデルを用いた大腿骨頭領域抽出.(3)グラフカットを用いた …

    IEICE technical report. 113(146), 33-38, 2013-07-18

  • "AutoImPlan" : An Automated 3D THA Planning System for Whole Components of Implants with Optimizing Joint Functionalities  [in Japanese]

    KAGIYAMA Yoshiyuki , OTOMARU Itaru , TAKAO Masaki , NAKAMOTO Masahiko , SUGANO Nobuhiko , TADA Yukio , MINAKUCHI Yoshihisa , TOMIYAMA Noriyuki , SATO Yoshinobu

    計測自動制御学会論文集 = Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers 49(1), 78-85, 2013-01-31

    References (15)

  • Report on MICCAI 2012  [in Japanese]

    Hirano Yasushi , Nakaguchi Toshiya , Hanaoka Shohei , Masutani Yoshitaka , Shimizu Akinobu , Kitasaka Takayuki , Oda Masahiro , Mon Kensaku , Sawada Yoshihide , Hontani Hidekata , Sato Yoshinobu , Furukawa Daisuke , Nakano Yuta

    本稿では、MICCAI 2012本会セッションおよびワークショップそれぞれの概要を紹介し、特に興味深い報告について内容を解説する。 In this paper, the outline of each session of MICCAI 2012 main conference and several workshops in MICCAI 2012 are introduced. A few i …

    IEICE technical report. 112(411), 323-328, 2013-01-24

    IR 

  • Automated segmentation of diseased kidney by patient-specific statistical atlas based on hierarchical normalization  [in Japanese]

    FUKUDA Norio , NAKAMOTO Masahiko , OKADA Toshiyuki , UKIMURA Osamu , Gill Inderbir S. , Chen Yen-Wei , TOMIYAMA Noriyuki , SATO Yoshinobu

    我々はこれまでに統計アトラスを用いて複数の腹部臓器領域を自動抽出する方法を開発した。この方法は健康な腎臓から構築した統計的形状モデルを用いるため、疾患腎臓に見られる腎臓から腫瘍がはみ出しているような形状では腫瘍部分の見逃しが起こり抽出精度が低下する。本研究ではそのような症例に対応するために従来法に腫瘍候補領域の検出を加えた方法を提案する。提案法では、腫瘍領域の濃淡分布から推定された濃淡尤度の高い領 …

    IEICE technical report. 112(411), 155-160, 2013-01-24

  • Automated segmentation of the upper digestive tract from abdominal contrast-enhanced CT data using hierarchical statistical modeling of organ inter-relations  [in Japanese]

    Hirayama Shunta , Okada Toshiyuki , Hori Vlasatoshi , Tomiyama Noriyuki , Sato Yoshinobu

    我々はこれまで腹部CT画像からの自動的な多臓器領域の抽出について研究してきた。従来研究では臓器間の関係性を用いて、安定して抽出できる臓器から階層的にセグメンテーションを行うことで多臓器領域の自動抽出を行った。本稿ではこれまでに抽出した複数の臓器を用いて、腹部造影CT画像から上部消化管の自動抽出を行った。我々の提案法である階層的統計モデリングと従来法である統計アトラスを用いて食道、胃、十二指腸を抽出 …

    IEICE technical report. 112(411), 149-154, 2013-01-24

  • Robust 3D kinematic analysis of artificial knee implants with statistical motion model  [in Japanese]

    Ryogo Kamei , Yamazaki Takaharu , Okada Toshiyuki , Fukuda Norio , Sugamoto Kazuomi , Yoshikawa Hideki , Chen Yen-Wei , Tomiyama Noriyuki , Sato Yoshinobu

    われわれはこれまでに、X透視画像を用いた2D/3Dレジストレーションによる術後人工膝関節のロバストな3次元動態計測および自動化を目的として、統計動態モデルを導入した位置・姿勢推定法を開発してきた。開発した手法は、関節間の相対的な統計動態モデルを利用するものであり、比較的推定が不安定な対称形状を有する脛骨コンポーネントのみを対象としていた。本研究では、大腿骨コンポーネントも含めた人工膝関節の、よりロ …

    IEICE technical report. 112(411), 19-24, 2013-01-24

  • Utilization of knee motion model for automated knee implant kinematic analysis based on 2D/3D registration  [in Japanese]

    KAMEI Ryogo , YAMAZAKI Takaharu , OKADA Toshiyuki , FUKUDA Norio , SUGAMOTO Kazuomi , YOSHIKAWA Hideki , CHEN Yen-Wei , TOMIYAMA Noriyuki , SATO Yoshinobu

    X透視画像を用いた2D/3Dレジストレーションに基づく術後人工膝関節の3次元動態解析の問題として,対象モデルに対する適切な初期値設定が挙げられる.これまで我々は,連続するX線透視画像(前後画像)間の特徴点を抽出し,2次元画像間の位置合わせ結果(移動量)から,自動的に初期値推定を行う手法を提案したが,一部の画像では安定な結果が得られていなかった.本研究では,従来手法に,これまで解析した多数の人工関節 …

    IEICE technical report. 112(271), 49-54, 2012-10-22

    References (9)

  • Three-dimensional kinematic measurement of skeletal joint using medical images and clinical application  [in Japanese]

    YAMAZAKI Takaharu , SATO Yoshinobu , SUGAMOTO Kazuomi , YOSHIKAWA Hideki , TAMURA Shinichi

    われわれはこれまでに,医用画像を応用した術後人工膝関節における3次元動態計測手法を開発し,臨床応用を行ってきた.現在,他の人工関節や人工関節に置換されていない骨関節の3次元動態計測にも着手している.本講演では,これら骨関節動態計測の臨床的意義について述べ,3次元動態計測・解析を実現するためのX線イメージングや画像処理技術(レジストレーション技術など)について言及する.また,実際の臨床における評価方 …

    IEICE technical report. 112(271), 47-48, 2012-10-22

    References (14)

  • Statistical bias correction of registration error caused by internal deformation that accompanies position change in computer assisted mediastinoscopy : Evaluation of target registration error using MR image in surgical position  [in Japanese]

    NAKAMOTO M. , SHIONO H. , TOMIYAMA N. , SATO Y.

    Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS 14(3), 354-355, 2012-10-05

    Ichushi Web  References (2)

  • Pelvis segmentation from CT images using manual entry on key slice and conditional statistical shape model for accurate segmentation of acetabulum  [in Japanese]

    NAKANISHI Y. , YOKOTA F. , KAGIYAMA Y. , OKADA T. , TAKAO M. , SUGANO N. , TADA Y. , TOMIYAMA N. , SATO Y.

    Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS 14(3), 328-329, 2012-10-05

    Ichushi Web  References (3)

  • Biplane transrectal ultrasound image guided biopsy system using image-based tracking for focal therapy of prostate : A preliminary study for clinical application  [in Japanese]

    FUKUDA N. , NAKAMOTO M. , OKADA T. , UKIMURA O. , GILL I. S. , TOMIYAMA N. , SATO Y.

    Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS 14(3), 238-239, 2012-10-05

    Ichushi Web  References (3)

Page Top