岡本 智伸 OKAMOTO Chinobu

ID:1000070248607

東海大農 (2016年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 86

  • 1 / 5
  • アジアゾウにおける行動の左右差に関するアンケート調査(日本家畜管理学会・応用動物行動学会2016年度春季合同研究発表会)  [in Japanese]

    萩原 慎太郎 , 森村 成樹 , 田中 正之 , 岡本 智伸 , 伊藤 秀一

    Animal Behaviour and Management 52(1), 65, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Studies on the Function of Environmental Preservation and the Productivity of Aquatic Biomass "Wild Rice"  [in Japanese]

    仲川 侑希 , 仁木 博脩 , 長谷川 大輔 [他] , 橋本 歩果 , 高橋 智保 , 川合 祐加 , 本田 憲昭 , 岡本 智伸 , 増岡 智加子 , 安田 伸 , 椛田 聖孝

    本研究では,イネ科に属する多年性水生植物であるマコモ(Zizania latifolia)の環境保全機能および生産性・機能性に関する研究を行った。環境保全機能に関しては,マコモ栽培による土壌への影響を検討した。土壊中全炭素においてはマコモによる影響が示唆されたが,pHおよび総有機物には差が見られなかった。生産性に関しては,今回比較を行ったあずみ,一点紅,青殻の3品種のうち,可食部,茎葉部の双方にて …

    東海大学紀要. 農学部 34, 13-17, 2015

    IR 

  • 阿蘇地域におけるムラサキマサリの栽培および包括的活用に関する研究  [in Japanese]

    仲川 侑希 , 松田 靖 , 多賀 直彦 , 安田 伸 , 本田 憲昭 , 岡本 智伸 , 服部 法文 , 芝田 猛 , 村田 達郎 , 荒木 朋洋 , 椛田 聖孝

    本研究では産官学連携プロジェクトの一環として,高アントシアニン含有甘藷であるムラサキマサリを用いた高度循環型醸造の構築を目的とした試験研究を行った。まずは,本学圃場で栽培試験を行い,阿蘇地域においてのムラサキマサリの適性を検討した。次に,焼酎粕の固液分離では,新たに西酒造株式会社の所有する薮田式濾過圧搾機による効能を検討した。ムラサキマサリの飼料としての適性評価のため,ブタを対象に規格外生芋(50 …

    東海大学紀要. 農学部 (33), 7-11, 2014-03

    JASI 

  • 有機イグサの機能性と豚補助飼料としての活用に関する研究  [in Japanese]

    仲川 侑希 , 安田 伸 , 永井 竜児 , 小池 晶子 , 岡本 智伸 , 渕上 国弘 , 松窪 敬介 , 稲田 剛夫 , 仁木 隆博 , 井越 敬司 , 小野 政輝 , 椛田 聖孝

    本研究ではイグサの持つ機能性を探索すると共に,豚補助飼料として有効活用することを目的とした。一般成分分析の結果からは,イグサは繊維含量が高く,肥育豚に活用する場合には粉末化したものを補助飼料として与えることが適していると考えられた。DPPHラジカル消去活性指標とした抗酸化活性の測定では,イグサに高い抗酸化作用が確認された上,品種・系統および収穫時期による差が見られた。イグサ乾燥粉末を添加した飼料を …

    東海大学紀要. 農学部 (33), 1-6, 2014-03

    JASI 

  • Studies on the Cultivation and the Inclusive Utilization of Murasakimasari in Aso area  [in Japanese]

    仲川 侑希 , 松田 靖 , 多賀 直彦 [他] , 安田 伸 , 本田 憲昭 , 岡本 智伸 , 服部 法文 , 芝田 猛 , 村田 達郎 , 荒木 朋洋 , 椛田 聖孝

    本研究では産官学連携プロジェクトの一環として,高アントシアニン含有甘藷であるムラサキマサリを用いた高度循環型醸造の構築を目的とした試験研究を行った。まずは,本学圃場で栽培試験を行い,阿蘇地域においてのムラサキマサリの適性を検討した。次に,焼酎粕の固液分離では,新たに西酒造株式会社の所有する薮田式濾過圧搾機による効能を検討した。ムラサキマサリの飼料としての適性評価のため,ブタを対象に規格外生芋(50 …

    東海大学紀要. 農学部 33, 7-11, 2014

    IR 

  • Studies on the Functionality and Utilization as Supplement for Pigs of Organic Rush  [in Japanese]

    仲川 侑希 , 安田 伸 , 永井 竜児 [他] , 小池 晶子 , 岡本 智伸 , 渕上 国弘 , 松窪 敬介 , 稲田 剛夫 , 仁木 隆博 , 井越 敬司 , 小野 政輝 , 椛田 聖孝

    本研究ではイグサの持つ機能性を探索すると共に,豚補助飼料として有効活用することを目的とした。一般成分分析の結果からは,イグサは繊維含量が高く,肥育豚に活用する場合には粉末化したものを補助飼料として与えることが適していると考えられた。DPPHラジカル消去活性指標とした抗酸化活性の測定では,イグサに高い抗酸化作用が確認された上,品種・系統および収穫時期による差が見られた。イグサ乾燥粉末を添加した飼料を …

    東海大学紀要. 農学部 33, 1-6, 2014

    IR 

  • Comparison of the maintenance behaviours of Japanese Brown and Japanese Black cows in pastures during the summer  [in Japanese]

    ITO Shuichi , IWASHITA Yusuke , HAGIWARA Shintaro , YAMAMOTO Naoyuki , SAKUMOTO Ryosuke , OKAMOTO Chinobu , TANI Mineto , YAYOU Ken-ichi

    This study was carried out to compare behaviours of the Japanese Brown and Japanese Black cows in the pastures during the summer. Seven Japanese Brown and nine Japanese Black cows grazed on the pastur …

    Animal Behaviour and Management 50(4), 162-168, 2014

    J-STAGE 

  • エサの埋没がアジアゾウの採食関連行動に及ぼす影響(日本家畜管理学会・応用動物行動学会2014年度春季合同研究発表会)  [in Japanese]

    萩原 慎太郎 , 伊藤 秀一 , 井亀 徹 , 久保岡 達也 , 藤井 修 , 鎌倉 厚司 , 原田 昌治 , 杉之原 鉄郎 , 田中 正之 , 岡本 智伸

    Animal Behaviour and Management 50(1), 49, 2014

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 黄金川における,日本固有種ラン藻・スイゼンジノリの増殖と機能性  [in Japanese]

    内平 倫義 , 内藤 信二 , 増岡 智加子 , 岡本 智伸 , 安田 伸 , 山下 秀次 , 井越 敬司 , 小野 政輝 , 椛田 聖孝

    日本固有の淡水産ラン藻であり,江戸時代より幕府への献上品として大切に保護・育成されてきたスイゼンジノリであるが,生育条件に対し,高い適合性を要求するため,現在ではその生育量は減少しつつある。そこで,江戸時代から養殖に成功している黄金川において,今後のスイゼンジノリの学術的解明及び保護・育成を目的とした研究を行った。また,同時にスイゼンジノリの食素材としての機能性についても検討した。生育環境調査は, …

    東海大学紀要. 農学部 (32), 7-11, 2013-03

    JASI 

  • Studies on the proliferation and functionality of Suizenjinori (Aphanothece Sacrum (Sur.) Okada) indigenous to Japan in Kogane river  [in Japanese]

    内平 倫義 , 内藤 信二 , 増岡 智加子 [他] , 岡本 智伸 , 安田 伸 , 山下 秀次 , 井越 敬司 , 小野 政輝 , 椛田 聖孝

    日本固有の淡水産ラン藻であり,江戸時代より幕府への献上品として大切に保護・育成されてきたスイゼンジノリであるが,生育条件に対し,高い適合性を要求するため,現在ではその生育量は減少しつつある。そこで,江戸時代から養殖に成功している黄金川において,今後のスイゼンジノリの学術的解明及び保護・育成を目的とした研究を行った。また,同時にスイゼンジノリの食素材としての機能性についても検討した。生育環境調査は, …

    東海大学紀要. 農学部 32, 7-11, 2013

    IR 

  • Survey on zoo exhibition methods for visitors  [in Japanese]

    伊藤 秀一 , 小川 杏美 , 平田 彩夏 [他] , 岡本 智伸

    動物園の飼育環境は,野生環境と比較すると刺激が乏しいことから,動物が異常行動を発現するなどの問題が指摘されている。近年の動物園では野生環境の再現を行う生態的展示と呼ばれる管理法の導入が試みられている。しかしこの管理法では,動物が陰に入ってしまい,動物を目にする機会が極端に減少してしまう可能性があることから,動物園への来園者が"動物体を見る"ことに重点をおいている場合は,動物園の利用が減少する可能性 …

    東海大学紀要. 農学部 31(-), 21-29, 2012

    IR 

  • Examination of olfactory matching-to-sample tests and devices in border collies  [in Japanese]

    伊藤 秀一 , 安原 礼展 , 永富 智之 [他] , 實田 正博 , 齋藤 通子 , 岡本 智伸

    ボーダーコリーにおける匂い刺激を用いた弁別実験において,見本合わせ課題の有効性と装置の検討を行った。供試犬としてボーダーコリー種の雄1頭を用い,刺激にはレモングラスとラベンダーの香料を用いた。横一列に並んだ3つの刺激提示口と,それぞれの返答穴で構成されたオペラント装置を制作した。中央の刺激提示口より見本刺激が出現し,供試犬は見本と同一の刺激を左右の弁別刺激から選択し,正刺激側の返答穴に反応を示すと …

    東海大学紀要. 農学部 31(-), 15-19, 2012

    IR 

  • Effects of sawdust or grass-sod floor environments on behavior of meat-type chickens, broilers and Kumamoto breed  [in Japanese]

    萩原 慎太郎 , 大田 紗矢佳 , 岡本 智伸 [他]

    Journal of Warm Regional Society of Animal Science, Japan 54(1), 5-14, 2011-03

  • ヤシ繊維基盤ロールを基材としたハナカンナ植栽による水質浄化  [in Japanese]

    工藤 匡平 , 梶田 真祥 , 浜田 俊雄 , 小池 昌琴 , 岡本 智伸 , 椛田 聖孝

    わが国では河川や海域に比べて湖沼の水質改善の達成率が低く、その改善が望まれている.本研究では、ハナカンナを用いてヤシ繊維基盤ロールを植栽基材とした池での水質浄化実験を行い、その水質浄化能と生物多様性に及ぼす影響について検討した.まず、熊本市動植物園内の池に対照区と植栽区を設置し、各区間の水質変化と生物多様性への影響を検討した.調査項目は水温、酸性度(pH)、溶存酸素(DO)、導電率(EC)、透視度 …

    東海大学紀要. 農学部 (30), 1-6, 2011-03

    JASI 

  • Effects of water quality purification using Canna (Canna indica hybrid) planted in the coconut fiber roll  [in Japanese]

    工藤 匡平 , 梶田 真祥 , 浜田 俊雄 [他] , 小池 昌琴 , 岡本 智伸 , 椛田 聖孝

    わが国では河川や海域に比べて湖沼の水質改善の達成率が低く、その改善が望まれている.本研究では、ハナカンナを用いてヤシ繊維基盤ロールを植栽基材とした池での水質浄化実験を行い、その水質浄化能と生物多様性に及ぼす影響について検討した.まず、熊本市動植物園内の池に対照区と植栽区を設置し、各区間の水質変化と生物多様性への影響を検討した.調査項目は水温、酸性度(pH)、溶存酸素(DO)、導電率(EC)、透視度 …

    Proceedings of School of Agriculture, Tokai University 30, 1-6, 2011

    IR 

  • Effect of Aso-yellow ocher supplement to diet on blood characteristics, growth and behavior in piglets  [in Japanese]

    小池 晶琴 , 岡本 智伸 , 椛田 聖孝

    Journal of Warm Regional Society of Animal Science, Japan 53(2), 157-163, 2010-09

  • ニンジンジュース粕サイレージの調製およびバークシャー種への給与試験  [in Japanese]

    浜田 俊雄 , 小山 陽子 , 本田 憲昭 , 槐島 清文 , 岡本 智伸 , 椛田 聖孝

    今日、ニンジンジュース粕は野菜ジュースの製造過程で大量に産出され、処分されている。本研究では、養豚飼料として有効利用するため、サイレージ化を行い、その給与が豚の肥育に及ぼす影響について研究を行った。まず、ニンジンジュース粕とフスマを新鮮物重量比で1:1に混合し、サイレージを調製した。調製日と発酵後におけるサイレージの成分組成および発酵品質について分析した。次に、バークシャー種を用いて肥育試験を行っ …

    東海大学紀要. 農学部 (29), 11-15, 2010-03

    JASI 

  • 熊本種における飼料形状の違いが行動と生産性におよぼす影響(日本家畜管理学会・応用動物行動学会合同2010年度春季研究発表会)  [in Japanese]

    萩原 慎太郎 , 三浦 梨沙 , 岡本 智伸 , 矢用 健一 , 吉崎 竜一 , 伊藤 秀一

    Animal Behaviour and Management 46(1), 53, 2010

    J-STAGE 

  • 夏季放牧における褐毛和種と黒毛和種の行動(日本家畜管理学会・応用動物行動学会合同2010年度春季研究発表会)  [in Japanese]

    伊藤 秀一 , 岩下 裕輔 , 萩原 慎太郎 , 作本 亮介 , 岡本 智伸 , 山本 直幸 , 矢用 健一

    Animal Behaviour and Management 46(1), 42, 2010

    J-STAGE 

  • 子豚の生理状態、発育ならびに行動に対する阿蘇黄土(リモナイト)給与の効果

    小池 晶琴 , 本田 憲昭 , 岡本 智伸 , 椛田 聖孝

    今日の養豚業界は集約化され、子豚の貧血症状が起こり易い状況にある。熊本県阿蘇地方特有の黄色土リモナイトは、鉄分をはじめ、多様なミネラルを含むことで知られている。本研究では、リモナイト加工飼料「ライトミネラル」を飼料に添加し、子豚の血液性状、増体および行動にどのような影響を及ぼすかを検討した。実験1では試験区に4週齢時からライトミネラルを5%添加し、4〜8週齢までの血液成分の分析および体重測定、8週 …

    東海大学紀要. 農学部 (28), 15-22, 2009-03

    JASI 

  • 1 / 5
Page Top