横山 博 YOKOYAMA Hiroshi

ID:1000070261956

東京大学大学院農学生命科学研究科 The University of Tokyo (2017年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 46

  • 1 / 3
  • Beko Disease of Cultured Fish in Japan  [in Japanese]

    Yokoyama Hiroshi

    Beko disease is derived from the concave body surface of fish infected with microsporidians in the myocytes. In this paper, several fish microsporidians including <i>Microsporidium seriolae</ …

    Fish Pathology 52(4), 181-185, 2017

    J-STAGE 

  • Kudoosis of Marine Fish in Japan  [in Japanese]

    Yokoyama Hiroshi

    Kudoosis of marine fish is caused by the multivalvulid myxosporean parasites belonging to the genus <i>Kudoa</i> (Myxozoa). Muscular kudoosis generally lowers the commercial value of host …

    Fish Pathology 51(4), 163-168, 2016

    J-STAGE 

  • 今こそ知りたい! 魚の寄生虫の知識と対策 (特集 魚と食育)  [in Japanese]

    横山 博

    食育フォーラム 14(12), 24-33,4, 2014-12

  • 衛生 これで安心! 水産食品の寄生虫(最終回)人体に有害な寄生虫  [in Japanese]

    横山 博

    養殖ビジネス = Aqua culture business 51(9), 19-23, 2014-08

  • 衛生 これで安心! 水産食品の寄生虫(第10回)激減したクドア食中毒 情報公開で消費回復へ  [in Japanese]

    横山 博

    養殖ビジネス = Aqua culture business 51(8), 22-25, 2014-07

  • Synopsis of Japanese names of the parasites from cultured fishes and shellfishes in Japan  [in Japanese]

    横山 博 , 長澤 和也

    日本産養殖魚介類の寄生虫の標準和名目録を作成した。国内の養殖対象魚介類に寄生する微胞子虫類7種,鞭毛虫類4種,繊毛虫類7種,粘液胞子虫類32種,単生類24種,吸虫類9種,条虫類3種,線虫類10種,鉤頭虫類6種,ヒル類5種,甲殻類30種を含む合計137種の寄生虫について標準和名を整理し,うち40属,77種について新標準和名あるいは改称を提案した。また,日本における発生事例や寄生虫の生物学や病理学など …

    生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要 53, 73-97, 2014

    IR 

  • Occurrence of the Myxosporean Emaciation Disease Caused by Enteromyxum leei in Cultured Malabar Grouper Epinephelus malabaricus  [in Japanese]

    CHINA Machiko , NAKAMURA Hiroyuki , HAMAKAWA Kaoru , TAMAKI Eishin , MIWA Satoshi , MENG Fei , YOKOYAMA Hiroshi

    2008年,水温が21~26°Cに低下する冬期に,沖縄県内のヤイトハタ養殖場で粘液胞子虫性やせ病が発生した。病魚は著しいやせ症,緑肝および腸管壁の薄化を呈し,累積死亡率は20~50%に達した。形態観察と遺伝子解析により病原体は<i>Enteromyxum leei</i>であることが示された。<i>E. leei</i>は病魚の腸管と胆管の上 …

    Fish Pathology 48(3), 88-96, 2013-09-15

    JASI  J-STAGE  References (14)

  • Parasitosis Caused by Ingestion of Raw Fish  [in Japanese]

    YOKOYAMA Hiroshi

    Japanese Journal of Food Microbiology 30(2), 100-103, 2013-06-30

    J-STAGE  Ichushi Web  References (19)

  • Control of Myxosporean Diseases at Fish Farms  [in Japanese]

    YOKOYAMA Hiroshi

    日本食品微生物学会雑誌 = Japanese journal of food microbiology 29(1), 68-73, 2012-03-30

    Ichushi Web  References (10) Cited by (1)

  • ナノバブルを用いた魚類防疫対策技術の開発  [in Japanese]

    南 隆之 , 米村 輝一朗 , 中西 健二 , 岩田 一夫 , 米田 一紀 , 横山 博

    本研究では,オゾンナノバブルによる細菌性疾病等の予防等について検討するとともに,魚種毎のオゾン耐性等,オゾンナノバブルの安全性についても検討した。その結果,オゾンナノバブル処理はヒラメエドワジエラ症の発症率を低減できたことから,本処理は菌接種魚からの水平感染を低減できたと考えられた。また本処理はヒラメ滑走細菌症の発症率を有意に低減できたことから,本処理は滑走細菌症の予防及び初期の治療に効果のある可 …

    宮崎県水産試験場研究報告 (13), 1-10, 2012-03

    JASI 

  • Infection Dynamics of Microsporidium seriolae (Microspora) Causing the Beko Disease of Seriola spp.

    YOKOYAMA Hiroshi , AYADO Daichi , MIYAHARA Jiro , MATSUKURA Kazuki , TAKAMI Ikuo , YOKOYAMA Fumihiko , OGAWA Kazuo

    ブリ類のべこ病について、感染成立から治癒に至る過程を調べた。養殖魚の4年間にわたる調査の結果、感染は種苗導入直後の6~7月に起こり、寄生率は約1ヶ月で最大100%に達した。シストは翌年秋までに徐々に黒化して消失したが、初期の寄生強度が高い年は一部が残存した。発生海域への人工種苗の移入実験により、8月中旬以後には魚への侵入が終息すること、魚のサイズが寄生率や寄生強度に影響することが明らかになった。

    Fish Pathology 46(2), 51-58, 2011-06-15

    JASI  J-STAGE  References (6)

  • Seawater Survival of Enteromyxum leei (Myxozoa) Evaluated by In Vitro Viability and In Vivo Infectivity Assays

    YOKOYAMA Hiroshi , KAGEYAMA Masahiro , YANAGIDA Tetsuya , OGAWA Kazuo

    粘液胞子虫性やせ病原因虫の1種Enteromyxum leeiの栄養体を蛍光色素で生体染色することにより、in vitroでのE. leeiの生死判定法を開発した。この染色法と未感染トラフグまたはクサフグへの感染実験を併用して、E. leeiの海水中における生残能力を調べた。In vitroでは20℃で12〜24時間以内に失活したが、感染実験では24時間後で感染力を保持している場合もあった。E. …

    Fish Pathology 44(4), 172-177, 2009-12-15

    JASI  J-STAGE  References (19)

  • Morphological and Molecular Comparisons of Myxobolus spp. in the Nerve Tissues of Salmonid Fishes with the Description of Myxobolus murakamii n. sp., the Causative Agent of Myxosporean Sleeping Disease

    URAWA Shigehiko , IIDA Yoshisuke , FREEMAN Mark A. , YANAGIDA Tetsuya , KARLSBAKK Egil , YOKOYAMA Hiroshi

    日本と欧米のサケ科魚類神経系に寄生する粘液胞子虫類Myxobolus属数種の種間関係を形態と遺伝子解析により比較し、広島産ヤマメやアマゴの末梢神経に寄生し眠り病を起こす原因虫の分類学的位置を検討した。眠り病原因虫のSSU rDNA塩基配列は他種と明らかに異なったが、北海道産サクラマスの末梢神経寄生種とは99.5%一致した。両者は粘液胞子の形態も類似し、同一の新種と判断され、Myxobolus mu …

    Fish Pathology 44(2), 72-80, 2009-06-15

    JASI  J-STAGE  References (33)

  • Microsporidian Infection in the Trunk Muscle of Hatchery-bred Juvenile Spotted Halibut Verasper variegatus

    YOKOYAMA Hiroshi , YOKOYAMA Fumihiko , ZHANG Jin-Yong , TSURUOKA Kouta , OGAWA Kazuo

    ホシガレイ人工種苗の体側筋肉に多数のシストを形成する微胞子虫が検出された。発病は7月中旬から9月末に起こり、累積死亡率は約20%に達した。体表が凸凹を呈する病徴はブリやマダイのべこ病に類似していたが、病巣周囲の出血など相違点も観察された。ホシガレイの微胞子虫(Microsporidium sp. SH)はブリやマダイ寄生の近縁種と比べて胞子のサイズがやや小さかったが、明瞭な差ではなかった。一方、r …

    Fish pathology 43(4), 137-143, 2008-12-15

    JASI  References (10)

  • Myxosporean Emaciation Disease of Cultured Red Sea Bream Pagrus major and Spotted Knifejaw Oplegnathus punctatus

    YANAGIDA Tetsuya , PALENZUELA Oswaldo , HIRAE Tatsumu , TANAKA Shinji , YOKOYAMA Hiroshi , OGAWA Kazuo

    Fish Pathol. 43(1), 45-48, 2008-03-15

    References (10) Cited by (1)

  • Comparison of Susceptibility to Kabatana takedai (Microspora) among Salmonid Fishes

    MIYAJIMA Seiji , URAWA Shigehiko , YOKOYAMA Hiroshi , OGAWA Kazuo

    Fish pathology 42(3), 149-157, 2007-09-15

    References (26)

  • The First Record of Kudoa megacapsula (Myxozoa : Multivalvulida) from Farmed Yellowtail Seriola quinqueradiata Originating from Wild Seedlings in South Korea

    YOKOYAMA Hiroshi , YANAGIDA Tetsuya , TAKEMARU Iwao

    韓国から導入された天然種苗を用いて日本で養殖されたブリの体側筋肉に粘液胞子虫が検出された。剖検により, 長さ2-3mmの細い繊維状の黒いシストが多数観察されたが, 筋肉融解現象はみられなかった。胞子 (34.6×28.9μm) は十字型で, 4本の突起と1個の大極嚢および3個の小極嚢を有していた。これらの形態的特徴とSSU rDNAの塩基配列は, 中国産アカカマスより記録された& …

    Fish Pathology 41(4), 159-163, 2006-12-15

    J-STAGE  References (14) Cited by (1)

  • A PCR Method to Detect Myxobolus acanthogobii (Myxozoa : Myxosporea), the Causative Agent of Skeletal Deformities of Marine Fishes

    MIYAJIMA Seiji , YOKOYAMA Hiroshi , FUKUDA Yutaka , OKAMOTO Kumiko , OGAWA Kazuo

    海産魚の脳に寄生して脊椎湾曲症を引き起こす粘液胞子虫 Myxobolus acanthogobiiを検出するため, 虫体のSSU rDNAを標的としたPCR法を開発した。single-およびnested-PCRの検出感度はそれぞれ1 pgと0.01 pg DNAであり, 他の粘液胞子虫8種のいずれとも交差反応がみられなかった。このnested-PCRを用いて養殖マサバと37種の天然魚の疫学調査を行 …

    Fish Pathology 40(4), 197-199, 2005-12-15

    J-STAGE  References (6)

  • Occurrence of the Myxosporean Emaciation Disease Caused by Enteromyxum leei in Cultured Japanese Flounder Paralichthys olivaceus

    YASUDA Hiroshi , OOYAMA Tsuyoshi , NAKAMURA Atsushi , IWATA Kazuo , PALENZUELA Oswaldo , YOKOYAMA Hiroshi

    陸上養殖ヒラメに粘液胞子虫性やせ病が発生した。病魚は腹部膨満や脱腸, また頭骨が張り出すほど極度のやせ症状を呈した。病理組織検査により, 腸管上皮組織内に粘液胞子虫の栄養体が多数観察された。寄生虫の形態観察および遺伝子解析から, 原因粘液胞子虫はトラフグのやせ病原因虫の1種Enteromyxum leeiに同定された。さらに病魚の腸管を経口投与することで, ヒラメからヒラメ, ヒラメからトラフグへ …

    Fish Pathology 40(4), 175-180, 2005-12-15

    J-STAGE  References (16) Cited by (2)

  • Effects of Water Temperature on Infection of the Microsporidian Kabatana takedai in Salmonids

    ZENKE Kousuke , URAWA Shigehiko , FUJIYAMA Isao , YOKOYAMA Hiroshi , OGAWA Kazuo

    千歳川において野生のサクラマス幼魚の武田微胞子虫寄生率を調べた結果, 河川水温が15℃を超える夏季にのみ感染がみられた。未感染ベニザケ幼魚を河川水に曝露してから様々な水温で飼育したところ, 11℃区では寄生率が低かったが, 途中で昇温すると上昇した。一方, 11℃に維持した河川水に曝露してから9℃で42日間飼育した群では, 昇温してもシストの形成はみられなかった。以上より, 低水温処理は武田微胞子 …

    Fish Pathology 40(3), 119-123, 2005-09-15

    J-STAGE  References (16) Cited by (1)

  • 1 / 3
Page Top