亀田 能成 KAMEDA Yosinari

ID:1000070283637

筑波大学大学院システム情報工学研究科 Graduate School of Systems and Information Engineering, University of Tsukuba (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 158

  • Evaluation of Mixed-Reality Diorama Interface by Pose Scouting of Outdoor Surveillance Camera  [in Japanese]

    HAYASHI Masayuki , KITAHARA Itaru , KAMEDA Yoshinari , OHTA Yuichi

    我々は,屋外環境において遠隔地にいる人々と3次元位置情報の共有を行う手法として,複合現実型ジオラマインタフェースを提案している.これは,モバイル端末の上で,ユーザの目前に周辺環境のミニチュアCGモデル(ジオラマモデル)が存在しているかのような映像を提示し,そのジオラマモデル上で位置情報の共有を行うインタフェースである.本稿では,屋外での協調作業における提案インタフェースの有効性を評価するための被験 …

    Technical report of IEICE. Multimedia and virtual environment 113(51), 45-50, 2013-05-17

  • Evaluation of Mixed-Reality Diorama Interface by Pose Scouting of Outdoor Surveillance Camera  [in Japanese]

    Masayuki Hayashi , Itaru Kitahara , Yoshinari Kameda , Yuichi Ohta

    我々は,屋外環境において遠隔地にいる人々と 3 次元位置情報の共有を行う手法として,複合現実型ジオラマインタフェースを提案している.これは,モバイル端末の上で,ユーザの目前に周辺環境のミニチュア CG モデル (ジオラマモデル) が存在しているかのような映像を提示し,そのジオラマモデル上で位置情報の共有を行うインタフェースである.本稿では,屋外での協調作業における提案インタフェースの有効性を評価す …

    IPSJ SIG technical reports 2013-EC-28(9), 1-6, 2013-05-10

  • モーションブラーを活用したバドミントンシャトルの追跡手法 (マルチメディア・仮想環境基礎)  [in Japanese]

    宍戸 英彦 , 北原 格 , 亀田 能成 [他] , 大田 友一

    本発表では,高速移動物体の見え方の特徴を利用することにより,その3次元位置の推定精度を向上させる手法を提案する.高速に移動する物体をビデオカメラで撮影すると,その像はモーションブラーを伴って観測される.モーションブラーは,物体の位置推定処理においては観測誤差として扱われることが多いが,その一方,物体の移動速度の情報を有している.我々は,この特徴に注目し,映像情報から移動物体の位置と速度の両方を観測 …

    Technical report of IEICE. Multimedia and virtual environment 112(386), 139-144, 2013-01-23

  • モーションブラーを活用したバドミントンシャトルの追跡手法 (パターン認識・メディア理解)  [in Japanese]

    宍戸 英彦 , 北原 格 , 亀田 能成 [他] , 大田 友一

    本発表では,高速移動物体の見え方の特徴を利用することにより,その3次元位置の推定精度を向上させる手法を提案する.高速に移動する物体をビデオカメラで撮影すると,その像はモーションブラーを伴って観測される.モーションブラーは,物体の位置推定処理においては観測誤差として扱われることが多いが,その一方,物体の移動速度の情報を有している.我々は,この特徴に注目し,映像情報から移動物体の位置と速度の両方を観測 …

    Technical report of IEICE. PRMU 112(385), 139-144, 2013-01-23

  • Accuracy Evaluation of Camera Calibration for AR/MR by Projection Error of 3D Points in the Scene  [in Japanese]

    HAYASHI Masayuki , KITAHARA Itaru , KAMEDA Yoshinari , OHTA Yuichi

    拡張現実感や複合現実感において幾何学的整合性の確保は重要な課題であり,様々なカメラキャリブレーション方式が提案されている.それらの方式の精度を比較する基盤としてTrarkMarkベンチマークテストがあり,TrakMark WGによって国際標準化を目指して策定作業が進められている.TrakMark WGによる議論の中で, AR/MR向けカメラキャリブレーションの精度を評価する際には,3次元空間内での …

    Technical report of IEICE. Multimedia and virtual environment 112(221), 43-48, 2012-09-27

  • Looking back on past PRMU Algorithm Contests  [in Japanese]

    DEGUCHI Daisuke , KAMEDA Yoshinari , KITAHARA Itaru , KONDO Kazuaki , SHIMADA Atsushi , HIURA Shinsaku

    電子情報通信学会情報・システムソサイエティパターン認識・メディア理解(PRMU)研究専門委員会では,パターン認識・メディア理解分野の若手研究者の育成および研究会活動の活性化を目的として,毎年アルゴリズムコンテストを開催している.1997年に第1回アルゴリズムコンテストが開催されて以来,今年で16回目を迎えるPRMU研究会の一大イベントである.本報告では,これまでのPRMUアルゴリズムコンテストを振 …

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(198), 143-147, 2012-09-02

    IR 

  • Looking back on past PRMU Algorithm Contests  [in Japanese]

    DEGUCHI Daisuke , KAMEDA Yoshinari , KITAHARA Itaru , KONDO Kazuaki , SHIMADA Atsushi , HIURA Shinsaku

    電子情報通信学会情報・システムソサイエティパターン認識・メディア理解(PRMU)研究専門委員会では,パターン認識・メディア理解分野の若手研究者の育成および研究会活動の活性化を目的として,毎年アルゴリズムコンテストを開催している.1997年に第1回アルゴリズムコンテストが開催されて以来,今年で16回目を迎えるPRMU研究会の一大イベントである.本報告では,これまでのPRMUアルゴリズムコンテストを振 …

    Technical report of IEICE. PRMU 112(197), 143-147, 2012-09-02

  • D-12-96 Vehicle Tracking at a Parking Lot Using Multi-Directional Vehicle Images Taken at a Gate  [in Japanese]

    TANABE Ken , KITAHARA Itaru , KAMEDA Yoshinari , OHTA Yuichi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2012年_情報・システム(2), 190, 2012-03-06

  • D-12-86 Visualization for Pan and Tilt Cameras using Diorama-based Interface in Outdoor Environment  [in Japanese]

    Hayashi Masayuki , Kitahara Itaru , Kameda Yoshinari , Ohta Yuichi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2012年_情報・システム(2), 180, 2012-03-06

  • D-12-85 Mixed-Reality Night View Expressed by Day View of Distant Scenery  [in Japanese]

    Shimizu Makoto , Kitahara Itaru , Kameda Yoshinari , Ohta Yuichi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2012年_情報・システム(2), 179, 2012-03-06

  • D-12-40 A 3D Free-Viewpoint Video Browsing Interface by Using User's Body Motion  [in Japanese]

    Yamagiri Yasushi , Kitahara Itaru , Kameda Yoshinari , Ohta Yuichi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2012年_情報・システム(2), 134, 2012-03-06

  • An Accurate and Intuitive Camera Control Interface for Capturing 3D Free-Viewpoint Video by Using Bimanual Operation  [in Japanese]

    WATANABE Tetsuya , KITAHARA Itaru , KAMEDA Yoshinari , OHTA Yuichi

    自由視点映像を撮影する仮想カメラを,正確かつ直感的に操作するためのインタフェースを提案する.両手を用いて三次元的にカメラの位置・姿勢を入力することにより,身体性を活用した直感的な操作が可能となる.カメラ操作を行うスペースの下方に,撮影シーンの状況を表すアイコンを重畳した俯瞰映像を提示することにより,状況に応じた被写体と仮想カメラの適切な位置関係の把握が容易となり,正確なカメラ操作が実現される.提案 …

    The IEICE transactions on information and systems (Japanese edetion) 95(3), 687-696, 2012-03-01

    IR  References (19)

  • Activity Recogition Based on Cone Restricted Subspace Expression of CHLAC Features  [in Japanese]

    SATO Ryuta , KAMEDA Yoshinari , OHTA Yuichi

    本論文では,監視カメラに映る様々な物体の動作を,CHLAC特徴量をもとに分類する方法を提案する.位置不変で加算可能なCHLACは,映像解析における有力な画像特徴量の一つと考えられ,複数の対象の異なる動作をまとめて表現することができるとされる.本論文ではCHLAC特徴量と相性の良い錐制約部分空間により動作を表現し,それにより単独で発生する動作と複数で発生する動作の分類を行えることを示す.歩行や自転車 …

    The IEICE transactions on information and systems (Japanese edetion) 95(3), 645-655, 2012-03-01

    References (21)

  • Overview Visibility Improvement for Behaviour of Moving Object in Mixed-Reality Presentation  [in Japanese]

    Nagashima Masanori , Hayashi Masayuki , Kitahara Itaru , Kameda Yoshinari , Ohta Yuichi

    This paper proposes a new Mixed-Reality presentation of spatio-temporal behaviour of a moving object in a observer viewpoint. The behaviour of the moving object was recorded in advance as a sequence o …

    Transactions of the Virtual Reality Society of Japan 17(4), 447-456, 2012

    IR  J-STAGE  References (13)

  • Software Environment for Repetition of AR/MR Demonstration Performance : Casper Cartridge Project  [in Japanese]

    HAYASHI Masayuki , KITAHARA Itaru , KAMEDA Yoshinari , OHTA Yuichi

    拡張現実感や複合現実感の研究デモンストレーションにおいて,同一のハードウェア条件であれば同一のパフォーマンス実施を保証できるLinuxベースのソフトウェア環境提供の枠組みを提案する.これは,デバイスドライバからOS,その上のAR/MRデモンストレーションを含むアプリケーションプログラム層に至るまで全てのソフトウェアを一つのUSBメモリに収め,それに依ってのみシステムを稼働させる枠組みを用いることで …

    Technical report of IEICE. Multimedia and virtual environment 111(235), 103-108, 2011-10-06

    References (6) Cited by (1)

  • D-12-81 A Graph Structure Proposal of Distant Invariant Features between Camera and People  [in Japanese]

    NAMIKI Shigeaki , KAMEDA Yoshinari , OHTA Yuichi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2011年_情報・システム(2), 184, 2011-02-28

  • D-12-14 Maneuvering and Displaying Methods of Mixed-Reality Diorama Model in Outdoor Environment  [in Japanese]

    Hayashi Masayuki , Kitahara Itaru , kameda Yoshinari , Ohta Yuichi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2011年_情報・システム(2), 117, 2011-02-28

  • D-12-5 Mixed-Reality Compressed Display of Recorded Behavior of Pedestrians  [in Japanese]

    Nagashima Masanori , Kitahara Itaru , kameda Yoshinari , Ohta Yuichi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2011年_情報・システム(2), 108, 2011-02-28

  • D-12-2 Improvement of shadow based player position estimation method by checking vertical consistency  [in Japanese]

    Kasuya Nozomu , Kitahara Itaru , Kameda Yoshinari , Ohta Yuichi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2011年_情報・システム(2), 105, 2011-02-28

  • A User Study on A Mixed-Reality Virtual Diorama Interface in Large Outdoor Environment  [in Japanese]

    Hayashi Masayuki , Kitahara Itaru , Kameda Yoshinari , Ohta Yuichi

    Virtual Diorama (VD) interface is a new Mixed-Reality interface for mobile device, which enables users spread in large outdoor environment to share their point of interest (POI) among users. The outdo …

    Transactions of the Virtual Reality Society of Japan 16(2), 215-225, 2011

    IR  J-STAGE  References (33)

Page Top