宮本 貴朗 Miyamoto Takao

ID:1000070291606

大阪府立大学大学院工学研究科:大阪府立大学現代システム科学域 Graduate School of Engineering, Osaka Prefecture University:College of Sustainable System Sciences, Osaka Prefecture University (2015年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 61

  • 1 / 4
  • Anomaly Detection Based on Clustering Of Network Traffic Characteristics Considering Results of Signature Based IDS Evaluation  [in Japanese]

    IMAI Kohei , AOKI Shigeki , MIYAMOTO Takao

    近年,自らのネットワークへのサイバー攻撃を検出するために,IDSと呼ばれる侵入検知システムが広く用いられている.IDSはシグネチャ型IDSとアノマリ型IDSの2種類に大別できる.既存のシグネチャ型IDSでは,攻撃のパターンが登録されていない攻撃は発見できない.一方,アノマリ型IDSでは正常状態を定義することが難しい.そこで,本稿では,アノマリ型IDSを基にシグネチャ型IDSの情報を考慮して,未知の …

    IEICE technical report. Information and communication system security 114(489), 7-12, 2015-03-03

  • Detection of irregular behavior patterns based on comprehensive movement of people  [in Japanese]

    NISHIMURA Kizuku , AOKI Shigeki , MIYAMOTO Takao

    近年,自動監視システムの研究が盛んに行われている.自動監視システムの研究は,これまでに大きく分けて二つの手法が試みられている.一つはあらかじめ検出する行動やイベント等のモデルデータを与える手法で,もう一つは観測された行動や観測頻度が低い行動を検出する手法である.しかし,どちらの手法も特定の環境に固有の情報を学習しているため,学習結果を別の環境に適用できないという問題がある.本稿では,移動物体の大局 …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(455), 221-226, 2015-02-19

  • Detection of irregular behavior patterns based on comprehensive movement of people  [in Japanese]

    NISHIMURA Kizuku , AOKI Shigeki , MIYAMOTO Takao

    近年,自動監視システムの研究が盛んに行われている.自動監視システムの研究は,これまでに大きく分けて二つの手法が試みられている.一つはあらかじめ検出する行動やイベント等のモデルデータを与える手法で,もう一つは観測された行動や観測頻度が低い行動を検出する手法である.しかし,どちらの手法も特定の環境に固有の情報を学習しているため,学習結果を別の環境に適用できないという問題がある.本稿では,移動物体の大局 …

    Technical report of IEICE. PRMU 114(454), 221-226, 2015-02-19

  • Detection of Abnormality Based on Comprehensive Behavioral Patterns  [in Japanese]

    GIBO Tatsuya , KUZUMOTO Eri , AOKI Shigeki , MIYAMOTO Takao , YOSHIOKA Michifumi

    近年,監視員の負担軽減を目的とした,防犯や交通流監視のための自動監視システムが注目されている.特に,監視環境中の不審な行動の自動検出を目指した代表的な研究としては,主に異常行動をあらかじめモデルデータとして与える手法と,観測回数の少ない行動を非日常的行動とする手法が挙げられる.前者は,通知すべき行動を正しく検出できるが,全ての異常行動をあらかじめ定義することが難しい.後者は,非日常的行動をあらかじ …

    The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition) 96(11), 2765-2775, 2013-11

  • セキュリティ 不特定多数の大局的な行動パターンに基づく異常検出  [in Japanese]

    青木 茂樹 , 宮本 貴朗

    画像ラボ 23(12), 34-40, 2012-12

  • Detection of Abnormal Situations Based on Comprehensive Behavioral Patterns  [in Japanese]

    KUZUMOTO Eri , GIBO Tatsuya , AOKI Shigeki , MIYAMOTO Takao , IWATA Motoi , SHIOZAKI Akira

    近年,監視員の負担軽減を目指した,防犯や交通流監視のための自動監視システムが注目されている.監視業務の自動化を目指した代表的な研究としては,主に"異常"行動を予めモデルデータとして与える手法と,観測回数の少ない行動を"非日常状態"とする手法が挙げられる.前者は,通知すべき行動を正しく検出できるが,全ての"異常"行動を予め定義することが難しく,後者は,"異常"行動を予め定義することなく検出できるが, …

    IEICE technical report. Speech 111(431), 53-58, 2012-02-09

  • Detection of Abnormal Situations Based on Comprehensive Behavioral Patterns  [in Japanese]

    KUZUMOTO Eri , GIBO Tatsuya , AOKI Shigeki , MIYAMOTO Takao , IWATA Motoi , SHIOZAKI Akira

    近年,監視員の負担軽減を目指した,防犯や交通流監視のための自動監視システムが注目されている.監視業務の自動化を目指した代表的な研究としては,主に"異常"行動を予めモデルデータとして与える手法と,観測回数の少ない行動を"非日常状態"とする手法が挙げられる.前者は,通知すべき行動を正しく検出できるが,全ての"異常"行動を予め定義することが難しく,後者は,"異常"行動を予め定義することなく検出できるが, …

    Technical report of IEICE. PRMU 111(430), 53-58, 2012-02-02

    References (8)

  • Detection of Abnormal Situations Based on Comprehensive Behavioral Patterns  [in Japanese]

    KUZUMOTO Eri , GIBO Tatsuya , AOKI Shigeki , MIYAMOTO Takao , IWATA Motoi , SHIOZAKI Akira

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 111(431), 53-58, 2012-02-02

    References (8)

  • Sequential Learning and Recognition of Comprehensive Behavioral Patterns Based on Flow of People  [in Japanese]

    GIBO Tatsuya , AOKI Shigeki , MIYAMOTO Takao , IWATA Motoi , SHIOZAKI Akira

    電気学会論文誌. D, 産業応用部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. D, A publication of Industry Applications Society 131(6), 820-828, 2011-06-01

    References (10) Cited by (1)

  • Learning and Recognition of Behavioral Patterns Based on Positions of Multiple People  [in Japanese]

    OBAYASHI Wataru , GIBO Tatsuya , AOKI Shigeki , MIYAMOTO Takao , IWATA Motoi , SHIOZAKI Akira

    電気学会研究会資料. IS, 情報システム研究会 2011(29), 69-74, 2011-05-19

    References (8)

  • User Authentication Using Eigenspace Method Based on Keystroke Characteristics  [in Japanese]

    YAMAGUCHI Yuhei , MIYAMOTO Takao , AOKI Shigeki , IWATA Motoi , SHIOZAKI Akira

    電気学会研究会資料. IS, 情報システム研究会 2011(29), 63-68, 2011-05-19

    References (8)

  • User Authentication Using Neural Network Based on Keystroke Characteristics  [in Japanese]

    SAKURAI Keishi , MIYAMOTO Takao , AOKI Shigeki , IWATA Motoi , SHIOZAKI Akira

    近年,通常のキーボード操作による非定型文を対象としたキーストロークの特徴を利用したユーザ認証に関する研究が行われている.本稿では,複数のキーストロークの特徴から得られる指標を組み合わせてユーザを認証する手法を提案する.まず,予め登録しておいた複数のユーザのテンプレートを用いて,各指標のパラメータをユーザごとに適切な値に設定する.次に,設定したパラメータを用いて,ニューラルネットワークの結合重み係数 …

    IEICE technical report 110(443), 213-220, 2011-02-24

    References (7)

  • User Authentication Using Neural Network Based on Keystroke Characteristics  [in Japanese]

    SAKURAI Keishi , MIYAMOTO Takao , AOKI Shigeki , IWATA Motoi , SHIOZAKI Akira

    近年,通常のキーボード操作による非定型文を対象としたキーストロークの特徴を利用したユーザ認証に関する研究が行われている.本稿では,複数のキーストロークの特徴から得られる指標を組み合わせてユーザを認証する手法を提案する.まず,予め登録しておいた複数のユーザのテンプレートを用いて,各指標のパラメータをユーザごとに適切な値に設定する.次に,設定したパラメータを用いて,ニューラルネットワークの結合重み係数 …

    IEICE technical report 110(442), 213-220, 2011-02-24

    References (7)

  • User Authentication Using Neural Network Based on Keystroke Characteristics  [in Japanese]

    SAKURAI Keishi , MIYAMOTO Takao , AOKI Shigeki , IWATA Motoi , SHIOZAKI Akira

    近年,通常のキーボード操作による非定型文を対象としたキーストロークの特徴を利用したユーザ認証に関する研究が行われている.本稿では,複数のキーストロークの特徴から得られる指標を組み合わせてユーザを認証する手法を提案する.まず,予め登録しておいた複数のユーザのテンプレートを用いて,各指標のパラメータをユーザごとに適切な値に設定する.次に,設定したパラメータを用いて,ニューラルネットワークの結合重み係数 …

    IEICE technical report 110(444), 213-220, 2011-02-24

    References (7)

  • User Authentication Based on Keystroke Characteristics of Japanese Free Text  [in Japanese]

    SAKURAI Keishi , MIYAMOTO Takao , AOKI Shigeki , IWATA Motoi , SHIOZAKI Akira

    電気学会研究会資料. IS, 情報システム研究会 2010(21), 19-24, 2010-05-27

    References (7) Cited by (3)

  • Automatic Extraction of Regions of Interest from Images of Surveillance Cameras  [in Japanese]

    KUZUMOTO Eri , AOKI Shigeki , MIYAMOTO Takao , IWATA Motoi , SHIOZAKI Akira

    電気学会研究会資料. IS, 情報システム研究会 2010(21), 13-18, 2010-05-27

    References (7) Cited by (3)

  • Sequential Learning and Recognizing Comprehensive Behavioral Patterns Based on Movement Direction of Multiple People  [in Japanese]

    GIBO Tatsuya , AOKI Shigeki , MIYAMOTO Takao , IWATA Motoi , SHIOZAKI Akira

    電気学会研究会資料. IS, 情報システム研究会 2010(21), 7-12, 2010-05-27

    References (6) Cited by (1)

  • Development of Photo Database Facilitating Research Activities  [in Japanese]

    KOJIMA Atsuhiro , AOKI Shigeki , MIYAMOTO Takao

    電気学会研究会資料. IS, 情報システム研究会 2010(21), 1-6, 2010-05-27

    References (7)

  • Traffic Data Visualization of a Campus-wide Network  [in Japanese]

    MATSUMOTO Shun , MIYAMOTO Takao , AOKI Shigeki , IWATA Motoi , SHIOZAKI Akira

    ネットワークを介した攻撃の増加により,組織内におけるネットワークの運用・管理が重要となっている.組織のネットワーク管理者は,ネットワークの利用状況を適切に把握し,監視・分析しなければならない.そこで,管理者の負担を軽減するために,ネットワークのトラフィックを効率よく可視化する研究が行われている.本稿では,コンピュータなどのトラフィックを発生するネットワーク機器(以下,ノードという)の全ての通信相手 …

    IEICE technical report 108(473), 335-342, 2009-03-02

    References (8)

  • Traffic Data Visualization of a Campus-wide Network  [in Japanese]

    MATSUMOTO Shun , MIYAMOTO Takao , AOKI Shigeki , IWATA Motoi , SHIOZAKI Akira

    ネットワークを介した攻撃の増加により,組織内におけるネットワークの運用・管理が重要となっている.組織のネットワーク管理者は,ネットワークの利用状況を適切に把握し,監視・分析しなければならない.そこで,管理者の負担を軽減するために,ネットワークのトラフィックを効率よく可視化する研究が行われている.本稿では,コンピュータなどのトラフィックを発生するネットワーク機器(以下,ノードという)の全ての通信相手 …

    IEICE technical report 108(472), 335-342, 2009-03-02

    References (8)

  • 1 / 4
Page Top