深澤 敦司 FUKASAWA Atsushi

ID:1000070292711

千葉大学大学院自然科学研究科 Graduate School of Science and Technology, Chiba University (1998年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-7 of 7

  • Basic Understanding on Spread Spectrum Communication and Its Application to Mobile Radio Communications  [in Japanese]

    FUKASAWA Atsushi , TAKIZAWA Yumi , HATORI Mitsutoshi

    スペクトル拡散(SS)通信は, 信号自身の帯域幅に比べてはるかに広い帯域幅の中に信号のエネルギーを拡散して伝送する方法である。この方法は本質的で革新的な側面をもっている。そのためまずSSの概念がどのように出現し発展したかをみる。次にSS通信の系の構成および基本的な信号処理について述べる。また, SS技術の移動無線通信への応用, 最新技術であるWideband CDMAについて述べ, 更に今後の開発 …

    The Journal of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers 00081(00001), 51-59, 1998-01

    References (10)

  • Recent technologies for Wideband CDMA system  [in Japanese]

    Sato Takuro , Kato Toshio , Fukasawa Atsushi , Takizawa Yumi

    パーソナル通信方式は、高速移動・低速移動に適用でき、高品質・高速データ通信が求められる。パーソナル通信方式への適用を目的として、広帯域DS-CDMA(Direct Sequence Code Division Multiple Access)方式の研究が、各国・各機関で精力的に進めれれている。広帯域CDMA方式に用いる技術の中から(1) 変復調方式(2)同期方式(3)セキュリティと認証(4)音声符 …

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1996年.基礎・境界, 358-359, 1996-09-18

  • Wideband CDMA Technology and its Standardization  [in Japanese]

    Fukasawa Atsushi , Sato Takuro , Takizawa Yumi , Kato Toshio , Fisher Read E

    筆者等の提案になる広帯域CDMA方式(W-CDMA)は1995年パーソナル通信サービス(PCS)のための北米標準IS-66Sとして採用された。さらに、ディジタルセルラ移動通信システムのための標準化勧告ITU-R M.1073(草案)に採用されている。本論文ではW-CDMAの技術的な特徴について述べ、また米国およびITUにおける標準化の状況について述べる。

    Proceedings of the IEICE General Conference 1996年_基礎・境界, 525-526, 1996-03-11

  • Configuration and Its Performance of an Interference Cancellation System Using Pilot Signal for Radio Channel Estimation  [in Japanese]

    FUKASAWA Atsushi , SATO Takuro , KAWABE Manabu , SATO Sinichi , SUGIMOTO Daiki

    本論文はスペクトル拡散通信のための干渉キャンセラの新しい構成法を提案し,その有効性を明らかにする.提案方式においては既知符号のパイロット信号をデータ変調なしで拡散変調を行い,常時リバース回線に送出する.受信されたパイロット信号からの伝搬路の特性を計算により求められるのでBlind Deconvolutionは回避される.新構成法により干渉キャンセラの特性向上,構成の簡略化が達成できた.移動局の動き …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. B-(0xF9C2) 77(11), 628-640, 1994-11-25

    References (15) Cited by (33)

  • Industrial Applications of Digital Signal Processing Technology.  [in Japanese]

    FUKASAWA Atsushi , SATO Shinichi , TAKIZAWA Yumi

    The Journal of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers 77(9), 944-947, 1994-09-25

    References (5)

  • A New Configuration and Its Performance of an Interference Cancellation System  [in Japanese]

    Fukasawa Atsushi , Sato Takuro , Kawabe Manabu , Sato Shinichi , Sugimoto Hiroki

    本論文はスペクトル拡散通信のための干渉キャンセラの新しい構成法を提案し、その有効性を明らかにする。提案方式においては既知符号のパイロット信号をデータ変調なしで拡散変調を行い、常時リバース回線に送出する。受信されたパイロット信号から伝搬路の特性を計算により求められるので、干渉キャンセラの特性向上、構成の簡略化が達成できた。移動局に動きに伴う伝搬路の特性変化に対し、時間多項式モデルによる推定および相関 …

    Technical report of IEICE. SST 94(206), 19-26, 1994-08-26

  • Analysis Method of Nonstationary Processes Based on a Kinetic Model  [in Japanese]

    TAKIZAWA Yumi , FUKASAWA Atushi , ODA Keisuke , HARASHIMA Hiroshi

    本論文は非定常現象をモデル化することによる新しい解析法を述べ,その特性と有効性を明らかにする.モデル化にあたっては非定常性を生成過程の運動に帰着させて考える.非定常過程の応答を,時刻上の1点における特性(瞬時特性)とその時間変化の特性(時変特性)とでとらえる.非定常スペクトル推定により瞬時特性を求め,これに運動モデルを当てはめ時変特性を解析する.まず非定常現象を運動エネルギーの視点からモデル化する …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. A 77(3), 343-356, 1994-03-25

    References (25)

Page Top