江口 豊明 Eguchi Toyoaki

ID:1000070308196

ポズナン工科大 Poznan Univ. Tech. (2017年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 70

  • 1 / 4
  • Early stage growth modes of Ag clusters on the hydrogen-terminated Si(111)-(1x1) surfaces and the quantum size effect.  [in Japanese]

    Kang Jungmin , Czajka Ryszard , Suto Shozo , Eguchi Toyoaki , Nagata Ryutaro , Kawamoto Erina , Matsushita Stephane Yu , Haga Kenya , Kanagawa Shino , Kato Hiroki , Wawro Andrzej

    蒸着速度1.7×10<sup>-4</sup> ML/sにおいて、水素終端Si(111)-(1×1)表面におけるAgクラスターは、量子サイズ効果により、高さ8 原子層に固定された平板状の島状構造であることをSTM観察から明らかにした。このクラスターは、(111)面に配向した単結晶であり、側面はウルフ図形を形成する。加えて、このクラスターが、基板表面に …

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 37(0), 283, 2017

    J-STAGE 

  • Dynamics of Photoexcited Electrons on Self-Assembled Monolayers Probed by Two-Photon Photoemission Spectroscopy  [in Japanese]

    渋田 昌弘 , 平田 直之 , 中谷 真人 , 江口 豊明 , 中嶋 敦

    ナノ学会会報 = The bulletin of the Society of Nano Science and Technology 14(2), 49-55, 2016-03

  • Adsorption of Fe atoms on the hydrogen-terminated Si(111)-(1×1) surface studied by scanning tunneling microscopy  [in Japanese]

    Kawaguchi R. , Eguchi T. , Nagata R. , Haga K. , Wawro A. , Suto S.

    <p>化学処理法によって作製した水素終端Si(111)-(1×1)[H:Si(111)]表面上にFeを0.0004 ML蒸着し,その吸着状態を走査トンネル顕微鏡(STM)を用いて観察した.その結果,Fe原子は表面上に孤立して吸着しており,3回対称を有する特徴的な形態を示した.本発表では,H:Si(111)におけるFe原子の占有サイトについて議論する.</p>

    Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan 71.2(0), 2402-2402, 2016

    J-STAGE 

  • 22aAB-7 Assembly and characterization of size-selected nanoclusters on solid surfaces  [in Japanese]

    Eguchi Toyoaki

    Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan 70.1(0), 2587-2588, 2015

    J-STAGE 

  • Electronic States and Excited Electron Dynamics for Alkanethiolate SAM  [in Japanese]

    EGUCHI Toyoaki , NAKAYA Masato , SHIBUTA Masahiro , HIRATA Naoyuki , NAKAJIMA Atsushi

    The electronic structures of alkanethiolate self-assembled monolayers (SAMs) associated with their molecular-scale geometry have been evaluated by combining two types of scanning tunneling spectroscop …

    Hyomen Kagaku 35(8), 432-437, 2014

    J-STAGE 

  • Electronic states and excited electron dynamics for alkanethiolate self-assembled monolayer

    Eguchi Toyoaki , Nakaya Masato , Shibuta Masahiro , Hirata Naoyuki , Nakajima Atsushi

    走査トンネル顕微鏡/分光法を駆使して、アルカンチオール自己組織化単分子膜の電子状態を、その構造と対応づけつつ評価し、分子膜由来の電子状態に加え、膜外部に形成された鏡像準位を観測することに成功した。これらは、二光子光電子分光法による測定結果とも良く一致した。さらに、時間分解測定により、それら励起電子のダイナミクスを追跡し、鏡像準位中の電子が数十psオーダーの極めて長い寿命を有することを見出した。

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 33(0), 255, 2013

    J-STAGE 

  • Construction of Metal/Molecule Heterojunctions by Immobilization of Size-Selected Metal Nanoclusters onto Organic Thin Films

    Nakaya Masato , Iwasa Takeshi , Tsunoyama Hironori , Eguchi Toyoaki , Nakajima Atsushi

    質量選別されたナノクラスターを表面上へ固定化する方法論は、機能設計されたナノ構造体を創製するための要素技術として利用価値が高い。本研究では、気相合成したAgナノクラスターを質量選別後にC<sub>60</sub>薄膜上へ蒸着し、それを走査トンネル顕微鏡によって評価したところ、ナノクラスターを表面上へ非破壊に担持できることを明らかにした。本講演では、本手法を利用した金属/分子 …

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 33(0), 252, 2013

    J-STAGE 

  • Observation of photo-excited state formed on ferrocene-adsorbed insulating monolayer film

    Shibuta Masahiro , Hirata Naoyuki , Eguchi Toyoaki , Nakajima Atsushi

    2光子光電子分光により、アルカンチオール自己組織化単分子膜上に吸着したフェロセンの電子状態を調べた。その結果、単独の分子や基板ではみられない、新しい励起状態を観測した。この励起状態は、分子内に生成されたホールと基板に誘起された鏡像電荷の両方の影響を受けた、絶縁性基板表面に吸着した分子特有のものであることがわかった。この結果は、表面特有の光化学反応を理解する上で極めて重要な知見を与えると考えられる. …

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 33(0), 254, 2013

    J-STAGE 

  • Soft-Landing of Organometallic Clusters onto Carboxyl- and Ester-Terminated Self-Assembled Monolayers

    Hirata Naoyuki , Noguchi Yuji , Eguchi Toyoaki , Nakajima Atsushi

    気相生成したクロム-ベンゼンサンドイッチクラスターを、カルボキシ基およびエステル末端の自己組織化単分子膜(SAM)にそれぞれ蒸着し、その吸着形態を赤外反射吸収分光法および昇温脱離法により検証した。その結果、クラスターはカルボキシ基末端SAMでは膜の外部(表面)に担持されるが、エステル末端SAMでは膜の内部に侵入することが明らかとなった。両者の違いは表面の水素結合の有無に起因していると考えられる。

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 33(0), 253, 2013

    J-STAGE 

  • Low Temperature Scanning Tunneling Microscopy on Nano-size Superconductors  [in Japanese]

    SAKAMOTO Takaki , TOMINAGA Takaaki , NISHIO Takahiro , EGUCHI Toyoaki , YOSHIDA Yasuo , HASEGAWA Yukio

    表面科学 : hyomen kagaku = Journal of the Surface Science Society of Japan 33(8), 443-448, 2012-08-10

    References (17)

  • High-Resolution Element specific Analysis with Scanning Tunneling Microscope Assisted by Synchrotron Radiation Light  [in Japanese]

    EGUCHI Toyoaki , OKUDA Taichi , KINOSHITA Toyohiko , HASEGAWA Yukio

    <p>原子分解能を持ち,しかも化学組成を分析できる顕微鏡は究極の顕微鏡の一つといえる.エネルギー可変のシンクロトロン放射光(SR)による内殻励起を利用した走査トンネル顕微鏡(STM)は,そのような究極の顕微鏡の有力な候補となる可能性を秘めている.我々は,放射光により励起された内殻正孔が電子正孔対消滅を起こす際に生成される二次電子をSTM探針により検出し,その二次元分布を画像化することで …

    KENBIKYO 47(1), 14-17, 2012-03-30

    J-STAGE  References (13)

  • Low Temperature Scanning Tunneling Microscopy on Nano-size Superconductors  [in Japanese]

    SAKAMOTO Takaki , TOMINAGA Takaaki , NISHIO Takahiro , EGUCHI Toyoaki , YOSHIDA Yasuo , HASEGAWA Yukio

    Using low-temperature scanning tunneling microscopy, we have studied superconductivity of nano-size Pb island structures formed on Si(111) substrates. By measuring tunneling conductance at the zero bi …

    Hyomen Kagaku 33(8), 443-448, 2012

    J-STAGE 

  • Electron Standing Waves and the Friedel Oscillation  [in Japanese]

    Hasegawa Yukio , Ono Masanori , Suzuki Takayuki , Eguchi Toyoaki

    金属中に不純物などの欠陥を導入すると,その周囲の自由電子は欠陥によるポテンシャルから影響を受け,その波動性に起因した変調構造を誘起する.自由電子の状態密度分布に現れるこの変調構造は,電子定在波あるいは準粒子干渉パターンと呼ばれる.一方,自由電子の感ずる静電ポテンシャル分布やその密度分布に現れる変調構造がフリーデル振動である.本解説では,走査トンネル顕微鏡/分光(STM/S)によるそれら変調構造の実 …

    Butsuri 67(1), 6-13, 2012

    J-STAGE  References (35)

  • Observation of unique vortex states by LT-STM  [in Japanese]

    Sakamoto Takaki , Tominaga Takaaki , Nishio Takahiro , Eguchi Toyoaki , Yoshida Yasuo , Hasegawa Yukio

    本研究では、清浄なSi(111)-7×7 再構成表面上でナノサイズのPbアイランド構造を作製し、実空間で構造と電子状態密度を同時に測定可能な低温走査トンネル顕微鏡(STM: Scanning Tunneling Microscopy)を用いてナノサイズ超伝導体の評価を行った。また走査トンネル分光による超伝導ギャップの空間分布測定より量子化磁束を可視化した。この方法により、多重渦糸状態や巨大渦糸状態 …

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 31(0), 95-95, 2011

    J-STAGE 

  • 23pPSA-4 Observation of unique vortex states by LT-STM  [in Japanese]

    Sakamoto Takaki , Tominaga Takaaki , Nishio Takahiro , Eguchi Toyoaki , Yoshida Yasuo , Hasegawa Yukio

    Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan 66.2.4(0), 937, 2011

    J-STAGE 

  • 27pPSA-11 Inelastic mean free path of photoelectrons excited from Si 2p core-levels  [in Japanese]

    Wakita T. , Ono M. , Eguchi T. , Hasegawa Y. , Hirai M. , Muraoka Y. , Yokoya T.

    Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan 66.1.4(0), 923, 2011

    J-STAGE 

  • 27pPSA-6 Superconductivity of nanoscale Pb islands studied by STM  [in Japanese]

    Tominaga Takaaki , Sakamoto Takaki , Nishio Takahiro , Eguchi Toyoaki , Hasegawa Yukio

    Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan 66.1.4(0), 922, 2011

    J-STAGE 

  • Scanning Tunneling Microscopy Assisted by Synchrotron Radiation Light for High-resolution Element Specific Imaging  [in Japanese]

    OKUDA Taichi , EGUCHI Toyoaki , AKIYAMA Kotone , KINOSHITA Toyohiko , HASEGAWA Yukio

    Microscope having atomic resolution with chemical sensitivity is one of the ultimate microscopes for the material science. Scanning tunneling microscope (STM) assisted by the core-level excitation by …

    Hyomen Kagaku 31(9), 452-458, 2010-09-10

    J-STAGE  References (9)

  • Superconductivity of nanoscale Pb islands studied by STM  [in Japanese]

    Tominaga Takaaki , Nishio Takahiro , Eguchi Toyoaki , Hasegawa Yukio

    近年、ナノスケールサイズの微小な超伝導体作製が可能になり、そのサイズ・形状に起因する新たな超伝導現象が報告されている。本研究では、清浄なSi(111)-7×7 再構成表面上でのPb 蒸着により自己組織化的に生成されるPb ナノアイランド構造に着目し、実空間で構造と電子状態密度を同時に測定可能な走査トンネル顕微鏡(STM)を用いて超伝導状態の評価を行ったので、報告する。

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 30(0), 163-163, 2010

    J-STAGE 

  • 20aGQ-8 Superconductivity of nanoscale Pb islands studied by STM  [in Japanese]

    Tominaga Takaaki , Eguchi Toyoaki , An Toshu , Nishio Takahiro , Hasegawa Yukio

    Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan 65.1.4(0), 924, 2010

    J-STAGE 

  • 1 / 4
Page Top