大西 祐一 OHNISHI Yuichi

ID:1000070322568

大阪歯科大学附属病院障がい者歯科 Department of Dentistry for Disability and Oral Health, Osaka Dental University Hospital (2016年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 46

  • 1 / 3
  • Fact-finding survey among general dental practitioners in A City on dental treatment of patients with disabilities  [in Japanese]

    Dateoka Suguru , Omoto Hiroki , Kanazumi Masahiko , Nakajima Masahiro

    大阪歯科大学附属病院では2014年4月に「障がい者歯科」を新規独立開設した.そこで当院へ比較的多く紹介のあるA市周辺地域で,A県歯科医師会に登録されている一般開業歯科医を対象として,障害者歯科診療に対する無記名式のアンケート調査を行った.<br>  対象とした一般開業医2,046件のうち574件(回収率28.1%)より回答を得た.院長の平均年齢は55歳,開業年数の平 …

    Shikaigaku 79(1), 10-16, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Biomechanical analysis of the occlusal force on osteosynthesis following sagittal split ramus osteotomy : Comparison of one and two miniplate fixation  [in Japanese]

    Nakajima Masahiro , Nakajima Akihiro , Shoju Yuichi , Ozaki Kenta , Dateoka Suguru , Yamada Koji , Matsumoto Kazuhiro , Iseki Tomio , Kakudo Kenji

    下顎枝矢状分割術は顎矯正手術の中で最も標準的な術式で,顎変形症に対して多く用いられている.骨切り後の骨片の固定には顎間固定期間の短縮,後戻りの防止などの目的でミニプレートによる固定が最も用いられている.今回われわれはより至適な固定法を検討する目的で,2枚のチタンミニプレートを用いた固定時の下顎骨および骨接合プレートに及ぼす応力の変化について三次元有限要素法を用いて経時的に応力解析を行い検討した.& …

    Shikaigaku 79(1), 1-9, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Expression of CD44 and NFκB in oral squamous cell carcinoma cell lines and the effect of sulfasalazine  [in Japanese]

    Yasui Hiroki , Ohnishi Yuichi , Watanabe Masahiro , Fujii Tomoko , Kimura Kazutaka , Kubo Hirohito , Akane Masaki , Kakudo Kenji

    通常CD44は,様々な細胞の表面に発現している接着分子であるが,大腸癌や乳癌などでは高発現し,癌幹細胞のマーカーの一つと考えられている.同様にNuclear factor of kappa B(NFκB)は,炎症や免疫応答に関与することが知られているが,乳癌における癌幹細胞の維持に必要なシグナルと考えられている.本研究においてわれわれは,口腔扁平上皮癌細胞株であるSASおよびKBにおけるCD44の …

    Shikaigaku 78(2), 64-70, 2015

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Analysis of autonomous proliferation of cetuximab resistant oral squamous cell carcinoma cells  [in Japanese]

    Ohnishi Yuichi , Watanabe Masahiro , Yasui Hiroki , Fujii Tomoko , Dateoka Suguru , Kubo Hirohito , Kimura Kazutaka , Akane Masaki , Kakudo Kenji

    セツキシマブ感受性株HSC4とセツキシマブ耐性株であるSASの違いを検討するためにmonolayer cultureにおける増殖の血清依存性を比較した.HSC4は血清依存的増殖であったが,SASは血清非依存的増殖が可能であり,セツキシマブ耐性株は自律増殖性が高いことがわかった.そこでSASのsphere形成能をHSC4のそれと比較した.HSC4はsphereをまったく形成しなかったが,SASはsi …

    Shikaigaku 78(2), 57-63, 2015

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Effect of cetuximab on proliferation of oral squamous cell carcinoma cells  [in Japanese]

    Ohnishi Yuichi , Watanabe Masahiro , Yasui Hiroki , Fujii Tomoko , Inoue Hiroshi , Yoshimoto Hitoshi , Kubo Hirohito , Akane Masaki , Kakudo Kenji

    口腔扁平上皮癌(OSCC)細胞株であるHSC3,HSC4およびSASの増殖に対するセツキシマブの影響を調べ,セツキシマブ感受性細胞と耐性細胞の特性を比較した.HSC3とHSC4の増殖はセツキシマブ感受性で,SASの増殖はセツキシマブ耐性であった.いずれの細胞もEGFRファミリーを介して増殖をするが,HSC3とHSC4の増殖にはEGFRが強く関与し,SASの増殖にはEGFRがほとんど関与しないことが …

    Shikaigaku 77(2), 59-65, 2014

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Induction of craniofacial bone from mouse embryonic stem cells  [in Japanese]

    MINAMINO Yuki , OHNISHI Yuichi , KAKUDO Kenji

    歯科医学 76(1), 43-44, 2013-03-25

    Ichushi Web 

  • Analysis of autonomous proliferation of oral squamous cell carcinoma cells  [in Japanese]

    Ohnishi Yuichi , Watanabe Masahiro , Yasui Hiroki , Fujii Tomoko , Inoue Hiroshi , Dateoka Suguru , Akane Masaki , Nakajima Masahiro , Kakudo Kenji

    口腔扁平上皮癌細胞の増殖特性の解明は抗癌治療の進歩に大きく貢献すると期待されている.本研究でわれわれは,口腔扁平上皮癌細胞株HSC3とHSC4の増殖特性を調べた.初めに96-well plate上に5×10^3個の細胞を播き,血清濃度を0%から10%まで変えて培養したところ,HSC3は血清5%以上で良好に増殖し,1%で低レベルの増殖がみられたが,0%では増殖は認められなかった.一方,HSC4は血清 …

    Shikaigaku 76(2), 110-114, 2013

    J-STAGE  Ichushi Web  References (12)

  • Clinicopatholigical evaluation of the patients with stage I or II tongue squamous cell carcinoma  [in Japanese]

    Shoju Yuichi , Nakajima Masahiro , Yoshimoto Hitoshi , Ohnishi Yuichi , Yamamoto Hirotaka , Sugitatsu Mitsuchika , Kakudo Kenji

    舌扁平上皮癌Stage I・II症例のうち一次治療として舌部分切除術を行った症例について検討したので報告する.1997〜2006年までの過去10年間に大阪歯科大学附属病院口腔外科第2科で舌部分切除術を施行したStage I:33例,Stage II:15例の48例を対象とした.局所再発はT1の4例(12%),T2の1例(12%)にみられたが,全例で制御され,局所制御率は100%であった.後発のリン …

    Shikaigaku 76(1), 23-27, 2013

    J-STAGE  Ichushi Web  References (14)

  • An analysis of lymph node metastasis in gingival squamous cell carcinoma  [in Japanese]

    Yoshimoto Hitoshi , Nakajima Masahiro , Shoju Yuichi , Horii Katsuko , Onishi Yuichi , Yamamoto Hirotaka , Sugitatu Mitsuchika , Kakudo Kenji

    口腔癌における頸部リンパ節の制御はその予後に大きく影響する.原発巣に対しては放射線治療や外科的治療が選択されるが,頸部リンパ節転移に対しては標準的に頸部郭清術が行われている.またリンパ節転移は,原発部位によってその転移様相が異なる.1980年から2002年までに当科において根治的治療を行った上顎56例,下顎127例,計183例を対象に歯肉扁平上皮癌のリンパ節転移について検討した,TN分類はT1:2 …

    Shikaigaku 76(1), 18-22, 2013

    J-STAGE  Ichushi Web  References (9)

  • Temporomandibular joint arthritis with long-term shooting pain and limited month opening : A case report  [in Japanese]

    MORI Yui , AKAMINE Yutetsu , GOTOH Motohiro , KUBO Hirohito , OHNISHI Yuichi , IWASAKI Harumi , NAKAJIMA Masahiro , KAKUDO Kenji , AKIYAMA Hironori , YOTSUI Yoritaka , SHIMIZUTANI Kimishige

    TMJ : journal of Japanese Society for Temporomandibular Joint = 日本顎関節学会雑誌 24(2), 100-104, 2012-08-20

    References (5)

  • Analysis of fluorescence visualization in rat tongue carcinogenesis by 4-nitroquinoline 1-oxide  [in Japanese]

    UGAKI Yoshihide , OHNISHI Yuichi , KAKUDO Kenji

    Abstracts : the Regular Meetings of the Osaka Odontological Society 75(1), 29, 2012-03-25

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Analysis of cancer stem cells in an oral squamous cell carcinoma cell line  [in Japanese]

    Ohnishi Yuichi , Minamino Yuki , Watanabe Masahiro , Ugaki Yoshihide , Dateoka Suguru , Inoue Hiroshi , Akane Masaki , Nakajima Masahiro , Kakudo Kenji

    口腔扁平上皮癌において癌幹細胞は腫瘍形成や成長に関与するため,その特性の解明は癌化や抗癌治療の進歩に大きく貢献するものと思われる.癌幹細胞は腫瘍中に少数しか存在せず,明確な指標も存在していないが,無血清培地中で,anchorage independentに増殖して細胞塊を形成するsphere形成能を有することが分かっている.本研究で,われわれはsphere形成能を指標として,癌幹細胞としての性質を …

    Shikaigaku 75(2), 76-80, 2012

    J-STAGE  Ichushi Web  References (11)

  • Effect of intracellular localization of cyclin D1 on the proliferation in oral squamous cell carcinoma  [in Japanese]

    Watanabe Masahiro , Kakudo Kenji , Ohnishi Yuichi , Fujii Tomoko , Minamino Yuki , Ugaki Yoshihide , Inoue Hiroshi , Dateoka Suguru , Sugitatsu Mitsuchika , Nakajima Masahiro

    Cyclin D1はRetinoblastoma(RB)のリン酸化反応を制御することでG1期に働く細胞周期の調節因子であり,多くの癌細胞の進展において不可欠であると考えられている.<br>  本研究においてわれわれは,ヒト口腔扁平上皮癌細胞株であるHSC4におけるCyclin D1の発現と細胞内局在について,特異的抗体を用いた免疫組織染色によって調べた.その結果,増 …

    Shikaigaku 75(2), 70-75, 2012

    J-STAGE  References (15)

  • Induction of craniofacial bone from spheres of mouse embryonic stem cells cultured in a serum-free culture  [in Japanese]

    Minamino Yuki , Ohnishi Yuichi , Watanabe Masahiro , Ugaki Yoshihide , Inoue Hiroshi , Dateoka Suguru , Yunoki Hirokazu , Nakajima Masahiro , Kakudo Kenji

    顎骨領域において,失われた骨を再生する治療方法の一つとして,分化多能性をもつ幹細胞を用いる方法が,近年注目を浴びている.顎顔面骨のほとんどは,体幹骨格のように中胚葉由来の軟骨性骨化とは異なり,神経堤に由来する.そこで本研究においてわれわれは,マウスES細胞を選択的に神経外胚葉に分化させ,そこから神経堤細胞を経た顎骨への分化誘導を検討した.<br>  まず,ES細胞を …

    Shikaigaku 75(2), 65-69, 2012

    J-STAGE  Ichushi Web  References (12)

  • Effect of sphere formation and BMP4 on differentiation of neural crest cells from mouse embryonic cells  [in Japanese]

    Ohnishi Yuichi , Kakudo Kenji , Minamino Yuki , Watanabe Masahiro , Fujii Tomoko , Ugaki Yoshihide , Dateoka Suguru , Inoue Hiroshi , Yamamoto Hirotaka , Nakajima Masahiro

    近年,細胞を利用することによって組織再生や臓器機能を代替する再生医療が脚光を浴びており,歯科界においても成体幹細胞やES細胞,さらにはiPS細胞を用いた研究が進められている.われわれはこれまで,マウスES細胞からの効率的な頭蓋顔面骨分化誘導を目的として研究を行ってきた.<br>  今回は未分化ES細胞を無血清下でsphere形成し,神経上皮から神経堤前駆細胞へと分化 …

    Shikaigaku 75(2), 59-64, 2012

    J-STAGE  References (15)

  • Relevance of intracellular localization of Nanog to the cell cycle in oral squamous cell carcinoma  [in Japanese]

    Watanabe Masahiro , Kakudo Kenji , Ohnishi Yuichi , Minamino Yuki , Ugaki Yoshihide , Inoue Hiroshi , Dateoka Suguru , Yamamoto Hirotaka , Sugitatsu Mitsuchika , Nakajima Masahiro

    口腔扁平上皮癌において癌幹細胞は腫瘍の成長や分化,増殖に関与すると考えられており,その特性の解明は癌の早期発見や治療の進歩に大きく貢献すると期待されている.Nanogは胚性幹細胞(ES細胞)の自己複製遺伝子の1つであるが,いくつかの癌細胞においても高発現することが確認されている.<br>  本研究において私たちは,ヒト口腔扁平上皮癌細胞株であるHSC4におけるNan …

    Shikaigaku 75(1), 1-5, 2012

    J-STAGE  Ichushi Web  References (12) Cited by (1)

  • Usefulness of VEL Scope System in Early-stage Oral Carcinoma  [in Japanese]

    UGAKI YOSHIHIDE , OHNISHI YUICHI , DATEOKA SUGURU , MORISHITA HIROSHI , SHOJU YUICHI , GOTOH MOTOHIRO , HAENIWA HIDEYA , KUBO HIROHITO , NAKAJIMA MASAHIRO , KAKUDO KENJI

    日本口腔診断学会雑誌 = Japanese journal of oral diagnosis/oral medicine 24(3), 296-301, 2011-10-20

    Ichushi Web  References (12) Cited by (1)

  • Disk reduction after surgical treatment of non-reducing antero-lateral disk displacement with fibrous adhesion : A case report  [in Japanese]

    MORI Yui , GOTOH Motohiro , KUBO Hirohito , ONISHI Yuichi , IWASAKI Harumi , KAKUDO Kenji

    症例は43歳女性,開口障害を主訴に来院。初診時最大開口距離24 mm。T1強調MR画像所見では両側顎関節症IIIb型(両側非復位性関節円板前外方転位によるクローズドロック),stuck diskを認めた。二重造影CT検査を行った結果,両側上関節腔に線維性癒着が認められたため,関節鏡支援下での両側顎関節開放剥離授動術を施行した。術後6か月の開口時T1強調MR画像所見では両側とも円板復位を認めた。円板 …

    Journal of the Japanese Society for the Temporomandibular Joint 23(1), 19-23, 2011-04-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (7)

  • Differentiation of neural crest cells from spheres of mouse ES cells cultured in a serum-free culture  [in Japanese]

    Minamino Yuki , Kakudo Kenji , Ohnishi Yuichi , Watanabe Masahiro , Ugaki Yoshihide , Hamada Machi , Inoue Hiroshi , Dateoka Suguru , Yunoki Hirokazu , Nakajima Masahiro

    顎骨領域において,失われた骨を再生する治療方法の1つとして,分化多能性をもつ幹細胞を用いる方法が近年注目を浴びている.顎顔面骨のほとんどは,体幹骨格のように中胚葉由来の軟骨性骨化とは異なり,神経堤に由来する.そこで本研究においてわれわれは,マウスES細胞を選択的に神経外胚葉に分化させ,効率的な神経堤細胞への分化誘導を検討した.まず,ES細胞を無血清神経誘導培地中でsphere形成させ,特異的抗体を …

    Shikaigaku 74(2), 35-39, 2011

    J-STAGE  Ichushi Web  References (13)

  • 1 / 3
Page Top