金 秀樹 KON Hideki

Articles:  1-20 of 111

  • 当科における薬剤関連顎骨壊死(MRONJ)に関する臨床的検討

    柳田 みずき , 川原 一郎 , 高田 訓 , 飯島 康基 , 高橋 進也 , 菅野 勝也 , 浜田 智弘 , 金 秀樹 , 大野 敬

    奥羽大学歯学誌 43巻(1-2号), 40, 2016-06

    IR  Ichushi Web 

  • マウス末梢神経切断後の一酸化窒素合成酵素(NOS)の発現

    菊地 隆太 , 安部 仁晴 , 渡邊 弘樹 , 金 秀樹 , 高田 訓

    奥羽大学歯学誌 43巻(1-2号), 33, 2016-06

    IR  Ichushi Web 

  • 摘出開窓術を用いた広範なエナメル上皮腫の治療経験

    臼田 真浩 , 角田 隆太 , 浜田 智弘 , 金 秀樹 , 高田 訓 , 大野 敬 , 櫻井 裕子 , 遊佐 淳子

    奥羽大学歯学誌 42巻(1-2号), 38, 2015-03

    IR  Ichushi Web 

  • 上顎小臼歯部に発生した中心性歯原性線維腫の1例

    田口 慎哉 , 菅野 勝也 , 金 秀樹 , 高田 訓 , 大野 敬 , 櫻井 裕子 , 遊佐 淳子

    奥羽大学歯学誌 42巻(1-2号), 37, 2015-03

    IR  Ichushi Web 

  • 多数歯先天欠如を伴う骨格性反対咬合の包括歯科治療

    福井 和徳 , 川鍋 仁 , 細谷 尚史 , 山野辺 晋也 , 山森 徹雄 , 金 秀樹

    22歳5ヵ月女。歯の欠損部へのインプラント治療を希望して受診した。パノラマエックス線所見では、上顎左右側犬歯、下顎右側第二小臼歯、上下顎右側第二大臼歯および下顎左側第一大臼歯の欠損を認めた。上下顎左右第三大臼歯も先天欠如していた。不正咬合の改善のために、マルチブラケット装置を用いて動的治療を行い、動的治療終了後は上下顎に保定装置を用いて歯列の安定を図ることとした。また、歯の先天欠如部位に対しては、 …

    奥羽大学歯学誌 41巻(3-4号), 129-134, 2014-12

    IR  Ichushi Web 

  • A Case of Maxillary Cyst Similar to Postoperative Maxillary Cyst without Surgical Care and Traumatic Past:—Clinical and Histopathological Examination—  [in Japanese]

    TAKAHASHI SHINYA , HAMADA TOMOHIRO , KON HIDEKI , KAWAHARA ICHORO , TAKADA SATOSHI , OHNO TAKASHI , YUSA JYUNKO , SAKURAI YUKO

    We report a case of a cyst similar in characteristics to postoperative maxillary cysts which do not require surgical care such as maxillary sinus radical operation and trauma. The patient was a 57-yea …

    Japanese Journal of Oral Diagnosis / Oral Medicine 27(3), 244-248, 2014

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Case of Hemorrhage after Extraction of the Upper Third Molar Requiring an Emergency Operation to Achieve Hemostasis  [in Japanese]

    KAWAHARA ICHIRO , HAMADA TOMOHIRO , KANNO KATSUYA , KON HIDEKI , TAKADA SATOSHI , OHNO TAKASHI

    We report a case of hemorrhage after extraction of the upper third molar which required an emergency operation to achieve hemostasis. A 50-year-old woman was referred to our hospital because of hemorr …

    Japanese Journal of Oral Diagnosis / Oral Medicine 27(1), 48-51, 2014

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 頬部から顎下部に発生した静脈奇形の1例  [in Japanese]

    川原 一郎 , 高田 訓 , 福元 梨沙 , 河西 敬子 , 浜田 智弘 , 金 秀樹 , 大野 敬 , 遊佐 淳子 , 伊東 博司

    症例は66歳男性で、高血圧症の既往があった。右側頬部から顎下部の腫脹と疼痛で近医内科にて原因不明と言われ、症状の改善がなく近医歯科より紹介受診した。同部に径30mmの可動性のある弾性軟の腫瘤を認めたが、口腔内に異常所見はなかった。パノラマX線で下顎骨に異常は認めず、CTで右側顎下部、下顎骨外側、咬筋部にかけて腫瘤を認め、病変は筋肉と同濃度で明らかな石灰化物は認めなかった。MRIでは病変内部はT1強 …

    奥羽大学歯学誌 40巻(4号), 179-182, 2013-12

    IR  Ichushi Web 

  • 臨床研修歯科医師の進路 過去7年間の結果から  [in Japanese]

    高橋 和裕 , 杉田 俊博 , 清野 晃孝 , 佐藤 穏子 , 鈴木 史彦 , 金 秀樹 , 山森 徹雄 , 鎌田 政善

    奥羽大学歯学誌 40巻(3号), 148-149, 2013-09

    IR 

  • 下顎第二大臼歯根尖に高度吸収をきたした下顎低位埋伏智歯の治療経験  [in Japanese]

    菅野 勝也 , 浜田 智弘 , 小嶋 忠之 , 金 秀樹 , 高田 訓 , 大野 敬 , 森蔭 由喜

    症例は31歳女性で、20歳代に他部位治療時のパノラマX線で下顎右側智歯の低位水平埋伏を指摘されていた。今回、下顎右側第二大臼歯部の冷水痛と咬合時痛で受診した。パノラマX線では下顎右側智歯が第二大臼歯根尖部に水平埋伏歯し、デンタルX線では下顎右側第二大臼歯の歯冠部から根分岐部までの不透過性の低下、歯根尖の吸収像を認め、第一大臼歯は遠心根が下顎智歯の歯冠と接触し、近心根は根尖部に透過像が認められた。C …

    奥羽大学歯学誌 40巻(2号), 117-120, 2013-06

    IR 

  • 止血困難であった上顎智歯抜歯後の大量出血の1症例  [in Japanese]

    渡辺 正博 , 小松 泰典 , 福島 雅啓 , 菅野 勝也 , 川原 一郎 , 濱田 智弘 , 金 秀樹 , 高田 訓

    奥羽大学歯学誌 40巻(1号), 76-77, 2013-03

    IR 

  • 鼻腔側より抜歯した正中埋伏過剰歯の1例  [in Japanese]

    角田 隆太 , 川原 一郎 , 金 秀樹 , 菅野 勝也 , 馬庭 暁人 , 河西 敬子 , 高橋 進也 , 浜田 智弘 , 高田 訓 , 大野 敬 , 相澤 徳久

    奥羽大学歯学誌 40巻(1号), 76, 2013-03

    IR 

  • 上顎洞内骨腫の1例と文献的考察  [in Japanese]

    金 秀樹 , 浜田 智弘 , 川原 一郎 , 馬庭 暁人 , 高田 訓 , 大野 敬 , 森蔭 由喜

    症例は53歳男性で、左側頬部から上顎臼歯部にかけての軽度疼痛で受診し、症状は緩解した。その後再度同部に違和感が出現し再受診した。左上6番根尖性歯周炎の診断で根管治療を行うも症状は改善せず、X線で左上6番根尖部に不透過像を認め、口腔外科を受診した。左上6番の軽度打診痛と頬側根尖相当歯肉部に圧痛を認め、X線で左上6番根尖相当上顎洞底部に小円形、歯冠大の不均一な不透過像が認められた。CTで左側上顎洞前壁 …

    奥羽大学歯学誌 40巻(1号), 63-68, 2013-03

    IR 

  • 歯科口腔外科治療による皮下気腫の臨床的検討  [in Japanese]

    川原 一郎 , 浜田 智弘 , 佐藤 淳 , 金 秀樹 , 高田 訓 , 大野 敬 , 森陰 由喜

    過去10年間に当科で経験した歯科口腔外科治療による皮下気腫11例(男性6例、女性5例、平均41.4歳)について検討した。気腫発生場所は当科8例、他院3例であった。麻酔方法は全身麻酔4例、鎮静下1例、局所麻酔5例、なし1例、治療部位は上顎3例(前歯部1、臼歯部2)、下顎7例(全例智歯部)、頸部1例であり、処置内容(原因)は下顎埋伏智歯抜歯時のエアータービンによる歯冠分割7例、根管治療時のエアーシリン …

    奥羽大学歯学誌 40巻(1号), 39-43, 2013-03

    IR 

  • 舌背部に発生した若年性黄色肉芽腫の1例  [in Japanese]

    佐藤 淳 , 浜田 智弘 , 川原 一郎 , 金 秀樹 , 高田 訓 , 大野 敬 , 櫻井 裕子 , 伊東 博司 , 森蔭 由喜

    症例は17歳女性で、出生時より舌背部に腫瘤があり、1歳時に細胞診で良性と診断され経過観察のみ受けていたが、徐々に違和感が強くなり切除を希望して受診した。舌背部に直径約3mmの有茎性、弾性軟、表面平滑、軽度発赤のある腫瘤を認め、炎症所見はなかった。腫瘍は舌後方に位置していたため、静脈内鎮静下に腫瘍を基部より切除し、創は縫合閉鎖した。病理組織所見で、結合組織中に組織球の限局性増殖と核が花冠状に配列した …

    奥羽大学歯学誌 39巻(4号), 227-230, 2012-12

    IR 

  • A case of foreign body granuloma in the cheek caused by agar impression material  [in Japanese]

    KAWAHARA Ichiro , HAMADA Tomohiro , TAKADA Satoshi , KON Hideki , OHNO Takashi , SAKURAI Yuko

    日本口腔外科学会雑誌 58(11), 642-645, 2012-11-20

    Ichushi Web  References (11)

  • 口腔癌に対するトモセラピーによる治療経験  [in Japanese]

    菊地 正浩 , 小板橋 勉 , 武田 久仁美 , 三科 正見 , 濱田 智弘 , 金 秀樹

    奥羽大学歯学誌 39巻(3号), 187, 2012-09

    IR 

  • 口蓋隆起部に発生した扁平上皮癌の臨床的検討  [in Japanese]

    金 秀樹 , 浜田 智弘 , 菅野 勝也 , 佐藤 淳 , 高田 訓 , 大野 敬 , 森蔭 由喜 , 櫻井 裕子 , 遊佐 淳子 , 清野 和夫

    症例は78歳女性で、口蓋部接触痛で近医にてステロイド軟膏を処方されるも改善せず紹介受診した。口蓋部に3×2cmの口蓋隆起、その右側前方に潰瘍形成が認められた。CTで口蓋隆起の前方に病変と口蓋隆起の骨吸収像が認められた。生検では表層に被覆粘膜はなく、癌性潰瘍が形成されており、癌胞巣の形成を伴って腫瘍組織が結合組織へ浸潤していた。強拡大像では癌真珠、細胞間橋の形成、核の大小不同、核小体の腫大と増多を認 …

    奥羽大学歯学誌 39巻(3号), 171-176, 2012-09

    IR 

  • A case of foreign body granuloma in the cheek caused by agar impression material  [in Japanese]

    KAWAHARA Ichiro , HAMADA Tomohiro , TAKADA Satoshi , KON Hideki , OHNO Takashi , SAKURAI Yuko

    We report a case of a foreign body granuloma in the cheek caused by agar impression material. A 57-year-old woman was referred to our hospital because of a mass in the right cheek. The clinical diagno …

    Japanese Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 58(11), 642-645, 2012

    J-STAGE 

  • 口底癌術後に発症した出血性消化性潰瘍の1例  [in Japanese]

    川原 一郎 , 浜田 智弘 , 金 秀樹 , 高橋 進也 , 高田 訓 , 大野 敬 , 小板橋 勉 , 三科 正見

    68歳男。口底部の腫瘤を指摘され、精査・加療目的に受診した。口底部に境界不明瞭な腫瘤を認めた。パノラマX線写真では、下顎前歯部に骨吸収を認めた。CT、MRIでは、口底部に境界不明瞭な病変を認めた。PET-CTでは、口底部に集積を認めた。臨床診断は口底部悪性腫瘍であった。腫瘤部より生検を施行し、扁平上皮癌の病理組織学的診断により、全身麻酔下に両側上頸部郭清術、下顎骨辺縁切除術、腫瘍切除術、植皮術を施 …

    奥羽大学歯学誌 38巻(4号), 219-223, 2011-12

    IR 

Page Top