山本 貴士 YAMAMOTO Takashi

Articles:  1-20 of 20

  • Preliminary Assessment Methodology for Detailed Investigation in Corroded RC Member using Crack Width due to Corrosion  [in Japanese]

    山本 貴士 , 高谷 哲 , 中村 光 , 下村 匠 , 宮川 豊章

    コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集 Proceedings of the Concrete Structure Scenarios, JSMS 18, 143-148, 2018-10

  • INFLUENCE OF STEEL CORROSION PRODUCTS IN CONCRETE ON CRACK OPENING WEIGHT LOSS OF CORROSION  [in Japanese]

    高谷 哲 , 中村 士郎 , 山本 貴士 , 宮川 豊章

    構造物を維持管理する上で, 劣化度を評価することは非常に重要であり, コンクリート構造物の場合には, ひび割れが劣化度の指標として用いられることも多い. そのため, コンクリート中の鉄筋が腐食した場合についても, ひび割れ発生腐食量やひび割れ幅と腐食量の関係についてこれまで数多くの研究が行われてきた. しかし, 様々な結果が報告されており, かぶりや鉄筋径などの影響について体系的に整理されていない …

    土木学会論文集E2(材料・コンクリート構造) 69(2), 154-165, 2013

    IR 

  • Bond behavior between reinforcement and concrete with artificially simulated ASR expansive crack  [in Japanese]

    山本 貴士 , 成清 公平 , 服部 篤史 [他] , 宮川 豊章

    鉄筋破断の生じたASR劣化構造物において鉄筋の付着・定着機能が十分発揮されない場合,構造物の耐荷性能が低下する可能性がある。本研究では,ASR劣化コンクリートと鉄筋の付着特性を明らかにすることを目的として,膨張コンクリートを利用してASR膨張ひび割れを想定したひび割れを導入したコンクリートと鉄筋の付着挙動を,カンチレバー型供試体の引抜き試験をもとに検討した。その結果,付着割裂破壊における平均付着強 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(1), 1293-1298, 2007

    NDL Digital Collections 

  • Uniaxial Compression Behavior of Confined Concrete Deteriorated by Corrosion of Reinforcing Steel  [in Japanese]

    YAMAMOTO Takashi , HATTORI Atsushi , MIYAGAWA Toyoaki

    It is important to establish the verification method of load carrying capacity of RC flexural member deteriorated by the corrosion of reinforcing steel. Most of studies on the influence of reinforceme …

    Journal of the Society of Materials Science, Japan 55(10), 911-916, 2006-10-15

    J-STAGE  References (7)

  • Mechanism and Monitoring of Reinforcement Corrosion in Concrete Attacked by Sulfuric Acid  [in Japanese]

    TAMAI Yuzuru , SEKI Reiko , YAMAMOTO Takashi , HATTORI Atsushi , MIYAGAWA Toyoaki

    In this paper, corroding process of reinforcement in concrete and mortar subjected to sulfuric acid attack was investigated by visual observation, by measuring profile of sulfate ion and pH with respe …

    Journal of the Society of Materials Science, Japan 54(7), 772-779, 2005-07-15

    J-STAGE  References (16)

  • 鉄筋腐食RCはりのせん断耐荷挙動に関する検討  [in Japanese]

    山本 貴士 , 佐藤 吉孝 , 服部 篤史 [他] , 宮川 豊章

    本研究では,鉄筋腐食がRCはりのせん断耐荷特性に与える影響を明らかにすることを目的として,約10ヶ月間の塩水散水で鉄筋腐食を生じさせたRCはりの曲げ載荷試験をもとにせん断耐荷性状を検討した。また,鉄筋腐食による鉄筋とコンクリートの付着性能の低下に着目した有限要素解析による検討をあわせて行った。これらの結果,腐食なしの健全時において斜めひび割れを原因として終局に至るRCはりでは,斜めひび割れが発生す …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 27(1), 913-918, 2005

    NDL Digital Collections 

  • Mapping of Cassava Productivity Using GIS in Northeast Thailand

    NAWATA Eiji , NAGATA Yoshikatsu , KONO Yasuyuki , IWAMA Kenji , YAMAMOTO Takashi , WATANABE Kouta , TOMITA Shinsuke , SRIBUTTA Akadett , NOICHANA Chairat , SAKURATANI Tetsuo

    東北タイにおける,主要畑作物キャッサバの生産性を,作物モデル,資源データベース及びGISツールを用いて地図化した.気温と日射量のみを制限要因とする潜在収量の20年平均の分布図により,東北タイ全域でキャッサバの潜在収量は高く,地域内変動が小さいことが明らかになった.また,年変動も全域で小さかった.一方,気温と日射量に加えて,水条件(土壌水分または湛水深)を制限要因とする達成可能収量は,全域で潜在収量 …

    Japanese journal of tropical agriculture 48(4), 211-219, 2004-12-01

    References (18) Cited by (2)

  • Simple Models of Cassava Attainable Yield Estimation for Regional-Level Productivity Analysis in Northeast Thailand

    YAMAMOTO Takashi , NAWATA Eiji , WATANABE Kouta , SRIBUTTA Akaddet , NOICHANA Chairat , SAKURATANI Tetsuo

    東北タイは,標高約100〜250mの緩やかな平原地帯で,貧栄養かつ保水力の乏しい砂質土壌が卓越する.また,水源に乏しく,殆ど灌漑施設が普及していない.このため,農業生産性は低く,また不安定である.この地域の主要畑作物であるキャッサバの生産力を推定するため,簡易な収量モデルを開発した.乾物生産量の推定に,水利用効率を用いたものと,日射吸収効率を用いたものの2種を開発した.日乾物生産量を,水利用効率型 …

    Japanese journal of tropical agriculture 48(3), 166-172, 2004-09-01

    References (18) Cited by (3)

  • Investigation of Electrochemical Properties of Sheath-Grout-Tendon Element

    AN Lin , YAMAMOTO Takasi , HATTORI Atushi , MIYAGAWA Toyoaki

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 26(1), 1977-1982, 2004

    NDL Digital Collections 

  • Effect of Grouting Void on Ultimate Tendon Stress in Post-tensioned Concrete Member

    安 琳 , 山本 貴士 , 服部 篤史 [他]

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 25(2), 751-756, 2003

  • 2126 EFFECT OF GROUTING VOID ON ULTIMATE TENDON STRESS IN POST-TENSIONED CONCRETE MEMBER :

    AN Lin , YAMAMOTO Takashi , HATTORI Atsushi , MIYAGAWA Toyoaki

    コンクリート工学年次論文集 25(2), 751-756, 2003

    NDL Digital Collections 

  • せん断補強筋および主筋の腐食がRC部材のせん断耐荷特性に与える影響  [in Japanese]

    佐藤 吉孝 , 山本 貴士 , 服部 篤史 [他] , 宮川 豊章

    鉄筋腐食がRC部材のせん断耐荷特性に与える影響について知見を得ることを目的として,せん断補強筋あるいは主筋の腐食を電食によりモデル化したRCはりの載荷実験を,腐食量ならびにせん断補強筋比を要因として行った。せん断補強筋が腐食したRCはりに斜めひび割れが発生する状況では,軽微な腐食段階においてもせん断耐荷力が低下する可能性がある。一方で,主筋が腐食したRCはりでは,引張主筋の腐食と腐食ひび割れによっ …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 25(1), 821-826, 2003

    NDL Digital Collections 

  • コンクリートの種類が塩分量分布および鉄筋腐食に与える影響  [in Japanese]

    玉井 譲 , 山本 貴士 , 服部 篤史 [他] , 宮川 豊章

    同一の梁型供試体内で複数のサンプルを採取し,塩分量分布の測定を行い,ばらつきに与える影響について検討を行った。同時に供試体内に埋設した鉄筋の腐食に対する非破壊的なモニタリングおよび腐食面積率の測定を行い,同位置での全塩分量との関係について検討を加えた。その結果,全塩分量の平面的な分布性状(場所ごとの相違)に関して,通常のコンクリートとしてシリカフュームを混和することにより,無混和に比べて塩分量の変 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 25(1), 671-676, 2003

    NDL Digital Collections 

  • 電気防食機能を付与した炭素繊維シート補強に関する研究  [in Japanese]

    山本 貴士 , 中村 亮太 , 小澤 一宏 [他] , 伊藤 秀治

    本研究では,電気防食機能を付与した炭素繊維シート補強工法の確立を目的として,導電性樹脂を用いた陽極システムの導電性および機械的性質を検討した。また,本陽極システムを適用したRC曲げ部材中の鉄筋について,通電および防食特性を検討するとともに,曲げ補強への適用性を,補強直後と防食電流通電後の供試体に対する曲げ載荷試験をもとに検討した。炭素繊維シート陽極システムによる,RC部材中の鉄筋への通電および曲げ …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 24(1), 1695-1700, 2002

    NDL Digital Collections 

  • A STUDY ON RC MEMBER STRENGTHENED WITH LONGITUDINAL PRESTRESSED CONCRETE JACKET  [in Japanese]

    YAMAMOTO Takashi , HATTORI Atsushi , MIYAGAWA Toyoaki

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 683, 1-12, 2001-08-20

    References (16)

  • Load Carrying Behavior of RC Member Strengthened with CFRP Sheet Subjected to Reinforcing Steel Corrosion  [in Japanese]

    YAMAMOTO Takashi , HATTORI Atsushi , MIYAGAWA Toyoaki

    Strengthening technique using CFRP sheet has recently spread widely and strengthening of the existing RC structures deteriorated due to reinforcing steel corrosion is becoming important. Furthermore, …

    Journal of the Society of Materials Science, Japan 00050(00008), 877-882, 2001-08-15

    J-STAGE  References (10)

  • The Influence of Reinforcing Steel Corrosion on Flexural Behavior of RC Member Confined with CFRP Sheet  [in Japanese]

    YAMAMOTO Takashi , YUMOTO Shinsuke , HATTORI Atsushi , MIYAGAWA Toyoaki

    本研究では,鉄筋腐食部材への炭素繊維シート巻立て補強の適用性と補強後の変形性能の経時変化に関する知見を得ることを目的として,引張主筋の腐食をモデル化した炭素繊維シート横拘束曲げ部材について,腐食量ならびに炭素繊維シート横拘束量が補強部材の曲げ変形特性に与える影響を検討した。質量減少率23%の腐食で,引張主筋の破断による終局となり,健全部材を補強したものよりも曲げ変形性能が低下した。また,同一変位3 …

    コンクリート工学年次論文報告集 23(1), 1093-1098, 2001-06-08

    NDL Digital Collections  References (6)

  • Flexural Behavior of RC Member strengthened with Longitudinally Prestressed Concrete Jacketing  [in Japanese]

    YAMAMOTO Takashi , IAMI Takuya , HATTORI Atsushi , MIYAGAWA Toyoaki

    代表的な耐震補強工法の一つであるRC巻立て工法において,巻立て補強部軸方向にプレストレスを導入することにより,補強部材の復元特性の改善が期待できる。本研究では,軸方向プレストレスを有するRC巻立て補強部材について,軸方向プレストレス量,補強部軸方向筋の機械的性質が,補強部材の曲げ変形特性,特に靱性および復元特性に与える影響を検討した。その結果,補強部材の曲げ変形特性は,補強部緊張材の機械的性質に大 …

    コンクリート工学年次論文報告集 21(3), 1567-1572, 1999-06-01

    NDL Digital Collections  References (5)

  • REPAIR AND STRENGTHENING OF SEWERAGE CONCRETE STRUCTURES USING FIBER SHEET  [in Japanese]

    HATTORI Atsushi , YAMAMOTO Takashi , KASHI Seiji , MIYAGAWA Toyoaki

    連続繊維シート貼付け工法の下水道施設への適用に際しては, 長期にわたる供用性を確保するため, 力学的性質のみでなく, 各構成材料およびコンクリートも含めた複合材料としての耐酸性を明らかにする必要がある. 本研究では, FRP層を形成する種々の連続繊維シート, 樹脂およびそれらを組合わせたFRP板の耐酸性を調査するとともに, コンクリート供試体へ適用し, 曲げ補修・補強効果とその耐酸性を検討した. …

    Doboku Gakkai Ronbunshu 599, 59-69, 1998-08-20

    J-STAGE  References (15)

  • 1204 Flexural Strengthening of Concrete with FRP Sheet in Sulfuric Acid Environment  [in Japanese]

    YAMAMOTO Takashi , KASHI Seiji , HATTORI Atsushi , MIYAGAWA Toyoaki

    酸性環境下での連続繊維シートのコンクリート補強への適用性を検討する目的で、連続繊維シート、樹脂、FRP板および補強コンクリートを硫酸水溶液に所定期間浸漬する促進試験後に引張、曲げ、微小硬度および中性化深さ試験を行った。得られた結果より、樹脂には劣化が見られたものの、連続繊維シート、FRP、また連続繊維シート、樹脂およびコンクリートの複合構造としての補強コンクリートに顕著な劣化は認められなかった。

    コンクリート工学年次論文報告集 19(1), 1237-1242, 1997-06-09

    NDL Digital Collections  References (4)

Page Top