津元 国親 TSUMOTO Kunichika

Articles:  1-20 of 38

  • 1 / 2
  • Excitation propagation in a novel birck-wall like cardiac tissue model: in silico study  [in Japanese]

    Tsumoto Kunichika , Kurachi Yoshihisa

    Action potential propagation under a pathophysiological condition in the heart might be affected by both the subcellular sodium channel distribution and a novel conduction mechanism (electric field me …

    Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering 52(Supplement), OS-84-OS-85, 2014

    J-STAGE 

  • An integration of multi-level electrical activities in the heart: physiome/system biological approach towards in silico cardiology  [in Japanese]

    津元 国親 , 古谷 和春 , 倉智 嘉久

    医学のあゆみ 238(3), 237-243, 2011-07-16

    Ichushi Web 

  • Tracking Method of the Bifurcation Points in an Impact Oscillators with Fixed Border  [in Japanese]

    TAKAHASHI Akiko , TOMONAGA Shingo , TSUMOTO Kunichika , KOUSAKA Takuji

    解軌道が状態に依存して切り換わり,境界断面上で解にジャンプが与えられる系は衝突振動系と呼ばれ,この種の研究は様々な分野において盛んに行われている.しかし,このクラスの系は厳密解を用いた解析が困難であり,一般的な分岐解析法は未だ確立されていない.先に我々は固定された境界断面を有する衝突振動系における固定点の分岐点導出法を提案したが,周期解にみられる分岐点の計算法については議論していない.本稿では固定 …

    IEICE technical report 110(299), 17-20, 2010-11-12

    References (7) Cited by (2)

  • 再分極時間の貫壁性ばらつきがスパイラル・リエントリーのダイナミクスに与える影響に関するシミュレーション研究  [in Japanese]

    原口 亮 , 芦原 貴司 , 難波 経豊 , 津元 国親 , 村上 慎吾 , 倉智 嘉久 , 池田 隆徳 , 中沢 一雄

    心電図 = Electrocardiology 30, "S-1-12"-"S-1-13", 2010-05-25

    Ichushi Web 

  • Synchronization in Coupled Fast-Spiking Neuron Model  [in Japanese]

    IOKA Eri , TSUMOTO Kunichika , KITAJIMA Hiroyuki

    ニューロンの同期発火現象は脳内の情報コーディングに関わりがあると言われている.本研究では大脳新皮質に見られる介在ニューロンのネットワークを基に,2個のFast-Spikingニューロンを結合した系の同期現象について考える.結果として,興奮性・抑制性シナプスで一方向結合した系では結合コンダクタンスを増加させると同期化領域は発火周波数の高い,または低い領域に広がることがわかった.Gap結合の場合では, …

    IEICE technical report 109(125), 123-126, 2009-07-06

    References (7)

  • Synchronization in Coupled Fast-Spiking Neuron Model  [in Japanese]

    IOKA Eri , TSUMOTO Kunichika , KITAJIMA Hiroyuki

    ニューロンの同期発火現象は脳内の情報コーディングに関わりがあると言われている.本研究では大脳新皮質に見られる介在ニューロンのネットワークを基に,2個のFast-Spikingニューロンを結合した系の同期現象について考える.結果として,興奮性・抑制性シナプスで一方向結合した系では結合コンダクタンスを増加させると同期化領域は発火周波数の高い,または低い領域に広がることがわかった.Gap結合の場合では, …

    IEICE technical report 109(124), 123-126, 2009-07-06

    References (7)

  • Reproduction of transmural dispersion of repolarization based on cleft potential hypothesis  [in Japanese]

    SUZUKI Shingo , ASHIHARA Takashi , HARAGUCHI Ryo , TSUMOTO Kunichika , MURAKAMI Shingo , KURACHI Yoshihisa , NAKAZAWA Kazuo

    心筋組織の興奮伝播はギャップ結合によるものであるが,ギャップ結合による細胞間の電気的結合は,T波形成に必要な貫壁性心室較差を十分説明できない.本研究では,細胞間クレフトの電位変化が隣の細胞を刺激する新たな機構「クレフト電位機構」を検証した.その結果,クレフト電位機構によって貫壁方向の興奮伝播が成立すると同時に,貫壁性心室較差が再現可能であることがわかった.

    IEICE technical report 108(479), 83-88, 2009-03-04

    Ichushi Web  References (19)

  • A-2-15 A METHOD OF BIFURCATION ANALYSIS FOR THE IMPACT OSCILLATORS  [in Japanese]

    Tomonaga Shingo , Tsumoto Kunichika , Kousaka Takuji

    Proceedings of the IEICE General Conference 2009年_基礎・境界, 66, 2009-03-04

  • 478 Calculation of Bifurcation Sets for Two-Dimensional Impact Systems with Periodic Boundary  [in Japanese]

    TOMONAGA Shingo , TSUMOTO Kunichika , KOUSAKA Takuji

    Impact oscillators have a property that the orbit jumps when the trajectory reaches border depending on state. These systems are observed in various fields. The switched dynamical systems such as an i …

    The Proceedings of the Dynamics & Design Conference 2009(0), _478-1_-_478-5_, 2009

    J-STAGE  Cited by (1)

  • Bifurcation in uni-directionally coupled class I and class II neurons  [in Japanese]

    IOKA Eri , KITAJIMA Hiroyuki , TSUMOTO Kunichika

    ニューロンは外部刺激によって持続的な発火を起こし,その発火特性の違いによって2つのclassに分類される.本研究ではclass Iとclass IIニューロンを化学シナプスによって2個一方向結合した系において,一方のニューロンの外部電流を変化させ発振周波数を変え,それがもう一方のニューロンに及ぼす影響を調べた.結果として,化学シナプス結合が興奮性の場合は同期化領域が外部刺激電流の大きい方向に広がり …

    IEICE technical report 106(452), 69-72, 2007-01-11

    References (10)

  • Bifurcation of Synchronization Phenomena Observed in a Coupled Neuron Model for Circadian Clock Rhythms  [in Japanese]

    TSUMOTO Kunichika , YOSHINAGA Tetsuya , KAWAKAMI Hiroshi

    本研究では,2個のMorris-Lecarニューロンモデルが電気シナプス(gap-junction)と化学シナプス(a関数)により相互結合し,かつ,周期の異なる正弦波外力が個々のニューロンに印加された系を解析する.このモデルは時計遺伝子リズムに起因したニューロン相互の同調を説明するために提案した力学系であり,実際,平均発火率リズム(発火/非発火応答の持続時間変動)の相互同調及び周期外力への同調現象 …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 87(7), 1516-1528, 2004-07-01

    References (21) Cited by (1)

  • Bifurcation in a Model for Circadian Oscillation of Clock Genes  [in Japanese]

    TSUMOTO Kunichika , YOSHINAGA Tetsuya , KAWAKAMI Hiroshi

    時計振動体遺伝子は,ポジティブ因子により発現が促進され,自身のコードするタンパク質が,ネガティブ因子となって自身の転写を抑制する.本稿では,この発振原理に基づいて提案されるショウジョウバエの時計遺伝子モデルにおいてみられる分岐について調べる.この時計遺伝子モデルは,対称性を崩すことにより,振動の二重安定性や,カオス振動応答を観察することができる.本稿では,これらの振動現象の発生メカニズムを分岐解析 …

    IEICE technical report. Nonlinear problems 103(503), 61-66, 2003-12-11

    References (10)

  • Bifurcation in a Morris-Lecar Neuron Model

    TSUMOTO Kunichika , YOSHINAGA Tetsuya , KAWAKAMI Hiroshi

    Morris-Lecar(M-L)ニューロンモデルは,パラメータ設定により,2つの膜性質(classlまたはclass II)を示す.本報告では, M-Lニューロンモデルの分岐現象を調べ,膜性質の変化に寄与しているパラメータについて考察する.その結果, M-Lニューロンにおいては,単一のパラメータ変化によって,膜の性質を変化させる事ができることを報告する.

    IEICE technical report. Nonlinear problems 103(464), 13-18, 2003-11-22

  • Bifurcation in a Morris-Lecar Neuron Model

    TSUMOTO Kunichika , YOSHINAGA Tetsuya , KAWAKAMI Hiroshi

    電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題 103(464), 13-18, 2003-11-15

    References (16)

  • Bifurcation Analysis of Synchronization Phenomena Observed in a Synaptically Coupled Morris-Lecar Neuron Model  [in Japanese]

    TSUMOTO Kunichika , YOSHINAGA Tetsuya , KAWAKAMI Hiroshi

    本稿では,2個のMorris-Lecarニューロンモデルが電気シナプス(gap-junction)と化学シナプス(α関数)により相互結合し,かつ,周期の異なる正弦波外力が個々のニューロンに印加された系を解析する.このモデルは時計遺伝子リズムに起因したニューロン相互の同調を説明するために提案した力学系であり,実際,平均発火率リズム(発火/非発火応答の持続時間変動)の相互同調および周期外力への同調現象 …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 103(183), 29-32, 2003-07-12

    Ichushi Web  References (11) Cited by (1)

  • Bifurcation of Synchronization Phenomena Observed in a Coupled Neuron Model for Circadian Clock Rhythms  [in Japanese]

    TSUMOTO Kunichika , YOSHINAGA Tetsuya , KAWAKAMI Hiroshi

    本稿では,2個のMorris-Lecarニューロンモデルが電気シナプス(gap-junction)と化学シナプス(α関数)により相互結合し,かつ,周期の異なる正弦波外力が個々のニューロンに印加された系を解析する.このモデルは時計遺伝子リズムに起因したニューロン相互の同調を説明するために提案した力学系であり,実際,平均発火率リズム(発火/非発火応答の持続時間変動)の相互同調および周期外力への同調現象 …

    IEICE technical report. Nonlinear problems 103(137), 31-36, 2003-06-24

    References (16) Cited by (1)

  • Bifurcation and Global Behavior in Dynamically Coupled Neurons  [in Japanese]

    Yoshinaga Tetsuya , Tsumoto Kunichika , Kawakami Hiroshi

    Proceedings of the IEICE General Conference, 442-443, 2002

    Cited by (1)

  • Bifurcations in Synaptically Coupled Hodgkin-Huxley Neurons with a Periodic α-Function Train  [in Japanese]

    TSUMOTO K. , YOSHINAGA T. , AIHARA K. , KAWAKAMI H.

    筆者等は, ニューロンモデルとして知られるHodgkin-Huxley(H-H)方程式がパルスの伝達により相互結合した系の解析を進めている. 本稿では, 結合H-Hニューロンモデルに, 周期的α関数列が印加された系を考え, 系のパラメータを変化させたときにみられる周期解の分岐現象を解析している. 今回, 特に, パルス入力の強度, およびニューロンの結合係数のパラメータの変化が, 周期解の安定存在 …

    IEICE technical report. Nonlinear problems 101(68), 43-50, 2001-05-15

    References (9)

  • Bifurcations in the Hodgkin-Huxley Equation with a Periodic α-function  [in Japanese]

    Tsumoto K. , Yoshinaga T. , Kawakami H.

    Proceedings of the IEICE General Conference 2001年.基礎・境界, 67, 2001-03-07

  • 1 / 2
Page Top