田中 寛人 TANAKA Hiroto

ID:1000070362647

大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻 Department of Systems Innovation, Graduate School of Engineering Science, Osaka University (2005年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-13 of 13

  • A-2-3 Algorithm of Growing Networks Based on Wiring Optimization Problems  [in Japanese]

    Nakayama Hideki , Tanaka Hiroto , Ushio Toshimitsu

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 2005年_基礎・境界, 34, 2005-09-07

  • A-2-22 Chaotic Burst in a High-Dimensional Discrete-Time Neuron Model with Self Feedback  [in Japanese]

    TANAKA Hiroto , USHIO Toshimitsu

    Proceedings of the IEICE General Conference 2005年_基礎・境界, 61, 2005-03-07

  • Estimation of Interaction in a Gene Network using Expression Times  [in Japanese]

    NAKAYAMA Hideki , TANAKA Hiroto , USHIO Toshimitsu

    本報告では,遺伝子ネットワークモデルの1つである連続時間スイッチングネットワークを対象とする.本モデルにおいて,遺伝子の発現バターン列から遺伝子間の相互作用パラメータを推定する方法は市瀬と合原によって提案されている.しかし,各発現パターンが持続する時間をも考慮することができれば,より正確なパラメータ推定が可能になると考えられる.そこで本報告では,遺伝子の発現パターン列と各発現バターンの発現時間から …

    IEICE technical report. Nonlinear problems 104(294), 3-6, 2004-09-06

    References (4)

  • Estimation of Interaction in a Gene Network using Expression Times  [in Japanese]

    NAKAYAMA Hideki , TANAKA Hiroto , USHIO Toshimitsu

    本報告では,遺伝子ネットワークモデルの1つである連続時間スイッチングネットワークを対象とする.本モデルにおいて,遺伝子の発現バターン列から遺伝子間の相互作用パラメータを推定する方法は市瀬と合原によって提案されている.しかし,各発現パターンが持続する時間をも考慮することができれば,より正確なパラメータ推定が可能になると考えられる.そこで本報告では,遺伝子の発現パターン列と各発現バターンの発現時間から …

    IEICE technical report. Circuits and systems 104(292), 3-6, 2004-09-06

    References (4)

  • Application of MLD Systems to a Gene Network  [in Japanese]

    Nakayama H , Tanaka H , Ushio T

    The Proceedings of JSME annual Conference on Robotics and Mechatronics (Robomec) 2004(0), 198, 2004

    J-STAGE 

  • Design of Bursting in a Discrete-Time Piecewise-Linear Neuron Model  [in Japanese]

    TANAKA Hiroto , USHIO Toshimitsu

    本報告では,2次元離散時間区分線形ニューロンモデルを対象とする.このモデルでは,ある2周期点がHopf分岐するときに準周期振動が発生し,バースト振動を生じることが知られており,そのための条件も導かれている.本報告では,与えられた平均角周波数とduty比をもつバースト振動を発生させるパラメータや初期条件を導出し,シミュレーションによる検討を行う.

    IEICE technical report. Nonlinear problems 103(375), 59-63, 2003-10-14

    References (13)

  • Piecewise Linear Approximation of a Two-Dimensional Discrete-Time Chaotic Neuron  [in Japanese]

    TANAKA Hiroto , USHIO Toshimitsu

    筆者らが提案した高次元離散時間カオスニューロンモデルには2周期点がホップ分岐を起こすパラメータにおいてバースト振動が発生する.本報告では,このモデルにおける内部状態・出力特性を表すロジスティック関数を区分線形関数で近似したモデルを対象とする.これにより,対象システムは区分線形モデルとなり,厳密な解析を行うことが可能になる.本報告では,まず2周期点がホップ分岐を起こすパラメータ条件を明らかにし,実際 …

    IEICE technical report. Nonlinear problems 102(297), 1-6, 2002-08-27

    References (7)

  • Piecewise Linear Approximation of a Two-Dimensional Discrete-Time Chaotic Neuron  [in Japanese]

    TANAKA Hiroto , USHIO Toshimitsu

    筆者らが提案した高次元離散時間カオスニューロンモデルには2周期点がホップ分岐を起こすパラメータにおいてバースト振動が発生する.本報告では,このモデルにおける内部状態・出力特性を表すロジスティック関数を区分線形関数で近似したモデルを対象とする.これにより,対象システムは区分線形モデルとなり,厳密な解析を行うことが可能になる。本報告では,まず2周期点がホップ分岐を起こすパラメータ条件を明らかにし,実際 …

    IEICE technical report. Circuits and systems 102(295), 1-6, 2002-08-27

    References (7)

  • Piecewise Linear Analysis and Bursting Phenomena in a High-dimesional Discrete-time Chaotic Neuron Model  [in Japanese]

    TANAKA Hiroto , USHIO Toshimitsu

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 2002年_基礎・境界, 37, 2002-08-20

  • Eliminating Oscillations in a Switching System Using a Flow Model  [in Japanese]

    TANAKA Hiroto , USHIO Toshimitsu

    本報告は離散時間フローモデルでモデル化された交換システムを対象とする.この交換システムにはトラフィックなどが振動的になりやすいという性質があり, 筆者らはある非周期振動がカオスであることの証明や, Border-Collision分岐についての検討を行ってきた.しかし, 交換システムにおける振動の発生は, 交換機内蓄積時間の増大やバッファオーバーフロー発生の危険性などがあるために好ましくない.そこ …

    IEICE technical report. Nonlinear problems 101(278), 17-22, 2001-08-31

    References (9)

  • Eliminating Oscillations in a Switching System Using a Flow Model  [in Japanese]

    TANAKA Hiroto , USHIO Toshimitsu

    本報告は離散時間フローモデルでモデル化された交換システムを対象とする.この交換システムにはトラフィックなどが振動的になりやすいという性質があり, 筆者らはある非周期振動がカオスであることの証明や, Border-Collision分岐についての検討を行ってきた.しかし, 交換システムにおける振動の発生は, 交換機内蓄積時間の増大やバッファオーバーフロー発生の危険性などがあるために好ましくない.そこ …

    IEICE technical report. Circuits and systems 101(276), 17-22, 2001-08-31

    References (9)

  • Analysis of Oscillations in a Switching System Using a Flow Model  [in Japanese]

    TANAKA Hiroto , USHIO Toshimitsu

    近年, コンピュータネットワークのトラフィックがカオス的挙動を示すという研究報告がなされている.本報告は, 離散時間フローモデルでモデル化された交換システムを対象とする.対象システムの挙動をロックアウト, ノーマル, アイドリングの3種類のモードに定性的に分類し, これらのモードの出現条件を調べ, システムに不変領域が存在することを示す.最後に一種のポアンカレ写像を導入することにより, システムの …

    IEICE technical report. Nonlinear problems 100(381), 9-16, 2000-10-13

    References (10)

  • On Error Evaluation in Numerical Calculation in a Nonlinear ODE without the dissipative term  [in Japanese]

    UEDA Yoshisuke , TANAKA Hiroto

    損失のない系にはアトラクタは存在しない.そのため, 数値計算によって生じた誤差は, たとえそれが微小であっても, その系に影響を及ぼし続ける.したがって, このような系を数値計算で求解する際には細心の注意を払うことが必要である.しかし, 損失のない系には保存量が存在する.したがって, 数値計算を行いながら保存量を求めておけば, 保存量はその数値計算がどの程度精度良く行われたかを評価する一種の指標と …

    IEICE technical report. Nonlinear problems 99(715), 59-65, 2000-03-18

    References (4)

Page Top