筒井 俊之 TUTUI Toshiyuki

Articles:  1-20 of 29

  • 1 / 2
  • 牛白血病ウイルスの農場内伝播に関するリスク要因の評価  [in Japanese]

    小林 創太 , 筒井 俊之 , 村上 賢二

    畜産技術 (661), 2-5, 2010-06

  • 我が国の地方病性牛白血病の発生動向と対策 : その現状と課題  [in Japanese]

    村上 賢二 , 小林 創太 , 筒井 俊之

    牛白血病は、体表リンパ節および体腔内リンパ節の腫大などの異常を示す疾病で、地方病性(成牛型)と散発型に分類される。散発型は発症年齢とリンパ腫の発生臓器の違いから子牛型、胸腺型、皮膚型に分類されるが、その発生原因は未だ不明である。地方病性牛白血病は、牛白血病ウイルス(BLV)の感染により引き起こされる腫瘍で、家畜伝染病予防法に基づく届出伝染病に指定されている疾病である。本稿では、牛白血病(地方病性) …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 62(7), 499-502, 2009-07-20

    JASI  Ichushi Web  References (13) Cited by (2)

  • Vaccination Strategies against Foot-and-Mouth Disease  [in Japanese]

    TSUTSUI Toshiyuki , KOBAYASHI Sota , YAMAMOTO Takehisa , NISHIGUCHI Akiko , SAKAMOTO Kenichi

    After the large epidemic of foot-and-mouth disease (FMD) hit Europe in 2001, vaccination strategy against FMD has drawn considerable attention as one of disease containment approaches. This is suppor …

    Journal of Veterinary Epidemiology 12(1), 27-35, 2008-07-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (53)

  • Development of the Qualitative Evaluation System for BSE Surveillance Using Analytical Hierarchy Process  [in Japanese]

    YAMAMOTO Takehisa , OHASHI Takeo , SUGIYAMA Kei , KOBA Yuji , HASEGAWA Atsushi , TSUTSUI Toshiyuki

    BSEは生前診断法が確立されておらず,臨床症状が明瞭でないことや,潜伏期間が4~5年に及ぶことから,各国における本病の浸潤状況を把握するためには一定の規模のサーベイランスを実施する必要がある。このため,OIEが定める国際基準においては,各国が実施するべきBSEサーベイランスの規模(検査頭数に基づくポイント)が定められている。また,これらのサーベイランスの結果から本病の有病率を推定する手法(BSur …

    Journal of Veterinary Epidemiology 12(1), 23-24, 2008-07-20

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Epidemiology of Highly Pathogenic Avian Influenza in Asia  [in Japanese]

    TSUTSUI Toshiyuki

    Highly pathogenic avian influenza caused by H5N1 strains has spread in Asian region in recent years. This disease has seriously affected poultry and other related industries. There are several const …

    Journal of Veterinary Epidemiology 11(2), 87-89, 2008-01-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (6)

  • Epidemiologic Indicators Associated with Within-farm Spread of Johne's Disease in Dairy Farms in Japan

    KOBAYASHI Sota , TSUTSUI Toshiyuki , YAMAMOTO Takehisa , NISHIGUCHI Akiko

    我が国のヨーネ病摘発農場に対して全国的な疫学調査を実施し、感染農場の初摘発時におけるヨーネ病の農場内浸潤度を示唆する疫学的指標を検討した。本研究では初摘発から1年以内に感染牛が再摘発される農場では、その農場が初摘発される以前に農場内伝播が成立していると仮定し、各農場の監視期間中の追加摘発状況を観察したところ、新規に摘発された594農場のうち、158農場(27%)で再摘発が認められた。また、初摘発時 …

    Journal of Veterinary Medical Science 69(12), 1255-1258, 2007-12-25

    JASI  J-STAGE  Ichushi Web  References (20)

  • Recent epidemiological features and control system of bovine Johne's disease in Japan  [in Japanese]

    KOBAYASHI Sota , TSUTSUI Toshiyuki

    ヨーネ病は19世紀に病原学的・病理学的に明らかにされて以来、反芻獣の感染症として大きな被害を与えてきた。ブルセラ病、結核病、炭疽がほぼ清浄化された現在、ヨーネ病はわが国の酪農・肉牛経営に最大の被害を与えている細菌性伝染病とみなされている。わが国のヨーネ病防疫は、農林水産省(農水省)が示した防疫方針に基づき、都道府県(県)が個別に要領などを定めて独自に実施している。今後、国全体としてより効果的なヨー …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 60(12), 853-857, 2007-12-20

    JASI  Ichushi Web  References (28) Cited by (1)

  • Risk Factors for Clinical Salmonella Typhimurium infections on dairy farms  [in Japanese]

    YAMANE Itsuro , TSUTSUI Toshiyuki , SHIMURA Kameo , HAMAOKA Takafumi

    酪農家を対象にSalmonella yphimurium(S)による成牛型サルモネラ症の発生に関わる飼養管理要因について、症例対照研究を応用して解析を行った。S発生農家におけるS保菌牛割合の平均は37%(95%信頼区間;18.4-55.8%)であった。調査した要因のうち「飼槽の表面材質がコンクリートである」、「餌槽と牛床間の仕切版がない」、「連続水槽を用いている」、「搾乳施設床面の消毒をまったく行 …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 60(9), 645-649, 2007-09-20

    JASI  Ichushi Web  References (17) Cited by (1)

  • Outline of Symposium "Veterinary Epidemiology and Risk Evaluation for Safety Science of Food"  [in Japanese]

    TSUTSUI Toshiyuki , KASUGA Fumiko

    平成18年10月12日,東京大学農学部弥生講堂において,東京大学大学院農学生命科学研究科などが主催する現代GP(現代的教育ニーズ取組支援プログラム)国際シンポジウム(I),21世紀農学コロキウム第8回ワークショップ「食の安全科学をめざす獣医疫学とリスク評価」が開催された。本シンポジウムには獣医疫学会他2学会が協賛している。シンポジウムは2部から構成され,第I部では食品衛生分野から,イタリア・インス …

    Journal of Veterinary Epidemiology 11(1), 57-58, 2007-07-20

    J-STAGE 

  • ヨーネ病摘発農場における監視期間中の追加摘発に関連する要因分析  [in Japanese]

    小林 創太 , 筒井 俊之 , 山本 健久 , 西口 明子

    牛ヨーネ病はアクティブサーベイランスの対象疾病であり,各都道府県の設定した対象牛は少なくとも5年に1回の検査を受けることとされている。本サーベイランスの開始以降,その全国レベルでの摘発頭数,農場数は増加傾向にあり,2004年には摘発頭数,農場数がそれぞれ1,118頭,604戸を数え,現在法定伝染病の中でもっとも報告数が多い牛疾病である。感染牛が摘発された農場については,各都道府県が規定する一定期間 …

    Journal of Veterinary Epidemiology 11(1), 17, 2007-07-20

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 2005年茨城県を中心に発生したH5N2亜型鳥インフルエンザにおける農場間伝播要因の疫学的解析  [in Japanese]

    西口 明子 , 小林 創太 , 山本 健久 , 筒井 俊之 , 大内 義尚 , 杉崎 知己 , 志村 亀夫

    2005年6~12月に41戸の採卵養鶏農場においてH5N2亜型による鳥インフルエンザ(AI)の発生が確認された。このうち40戸は茨城県内の鶏高密度飼養地帯における発生であった。本発生におけるウイルスの農場間伝播要因を特定することは,今後の侵入予防並びに防疫戦略の策定に役立つと考えられる。そこで,われわれは茨城県の多発地帯にあった養鶏農場を対象に,農場間伝播要因を特定することを目的にケースコントロー …

    Journal of Veterinary Epidemiology 11(1), 16, 2007-07-20

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Preliminary Evaluation of Diagnostic Tests for Avian Influenza Using the Markov Chain Monte Carlo (MCMC) Method in an Emergency Surveillance

    YAMAMOTO Takehisa , TSUTSUI Toshiyuki , NISHIGUCHI Akiko , KOBAYASHI Sota , TSUKAMOTO Kenji , SAITO Takehiko , MASE Masaji , OKAMATSU Masatoshi

    2005年6月に茨城県で確認された鳥インフルエンザについては、明確な臨床症状が認められなかったことから、血清サーベイランスが実施された。緊急なサーベイランスの実施時には、適用される検査法の感度や特異度の推定に必要なデータが得られないため、MCMC法を用いてこれらの値の推定を試みた。本法を用いることで、標準検査法がない場合や感染実験の結果がない場合でも、検査法の能力を評価できることが確認された。

    Journal of Veterinary Medical Science 69(6), 673-675, 2007-06-25

    JASI  J-STAGE  Ichushi Web  References (13)

  • Analysis of Hygienic Measures Taken Against Pre-weaning Calf Diarrhea by Cattle Farming Systems in Japan  [in Japanese]

    TSUTSUI Toshiyuki , NONAKA Takashi , YAMAMOTO Takehisa , KOBAYASHI Sota , NISHIGUCHI Akiko

    哺育牛の下痢症は牛飼養農家の経営に大きな影響を与える疾病である。一方,牛の管理形態は経営タイプによって大きく異なり,下痢症に対する意識や対策の実施状況も異なっている。これら経営タイプ別の特徴を把握するため,哺育牛の下痢対策の実施状況などについて比較分析をおこなった。分析には,平成15年度に全国の都道府県が牛飼養農家に対して実施した下痢症に関する調査結果のうち,哺育牛が飼養されていた536戸のデータ …

    Journal of Veterinary Epidemiology 10(2), 79-86, 2006-12-12

    J-STAGE  Ichushi Web  References (10)

  • How is the Risk Perception Performed?  [in Japanese]

    NIYAMA Yoko , KASUGA Fumiko , TSUTSUI Toshiyuki

    On Saturday, October 14, 2007, Special lecture for the Society was held in National Institute of Infectious Diseases, Shinjuku, Tokyo. The lecturer was Prof. Yoko Niiyama in Faculty of Agriculture, Ky …

    Journal of Veterinary Epidemiology 10(2), 57-71, 2006-12-12

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 乳牛の乳房炎への各種臨床研究手法の応用  [in Japanese]

    山根 逸郎 , 小林 創太 , 野中 卓 , 山本 健久 , 西口 明子 , 筒井 俊之

    Journal of Veterinary Epidemiology 10(1), 10, 2006-06-20

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Evaluation of Bovine Spongiform Encephalopathy (BSE) Infection Risk of Cattle via Sewage Sludge from Wastewater Treatment Facilities in Slaughterhouses in Japan

    YAMAMOTO Takehisa , KOBAYASHI Sota , NISHIGUCHI Akiko , NONAKA Takashi , TSUTSUI Toshiyuki

    と畜工程でBSE感染牛のSRMが飛散し排水中に混入する可能性があるが, と畜場の廃水処理施設から排出される汚泥の一部は肥料に加工されている.このため, と畜場汚泥由来の肥料を通じて牛がBSEに感染するリスクについて検討した.汚泥由来肥料が牛に摂取されるまでの各段階におけるリスクを定性的に評価するとともに, 感染価を単位とする定量的評価も行った.定性的な評価の結果, 排水が廃水処理施設に流入する過程 …

    The journal of veterinary medical science 68(2), 137-142, 2006-02-25

    JASI  Ichushi Web  References (6)

  • Risk Considerations in the Design of the BSE Surveillance Programme in Switzerland  [in Japanese]

    TSUTSUI Toshiuki , Heim Dagmar

    The journal of veterinary epidemiology 9(2), 71-74, 2005-12-25

    Ichushi Web  References (7)

  • Geographical Analysis of Risk Factors of Bovine Spongiform Encephalopathy  [in Japanese]

    NONAKA Takashi , YAMAMOTO Takehisa , HASHIMOTO Sayaka , NISHIGUCHI Akiko , YAMANE Itsuro , KOBAYASHI Sota , TSUTSUI Toshiyuki

    日本で発生したBSEの発生要因として, 飼料工場において牛用配合飼料に混入した肉骨粉やBSE発生国から輸入した動物性油脂を原料とする代用乳などがその原因として疑われているが, 特定されるまでには至っていない。このため, BSEの発生とこれらの発生要因の関係を検討することを目的として, 1996年に北海道で生産された感染牛を対象として, 感染源としての可能性が指摘された飼料の流通状況とBSE感染牛の …

    Journal of Veterinary Epidemiology 9(1), 15-20, 2005-06-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (13)

  • 乳牛の乳房炎への各種臨床研究手法の応用  [in Japanese]

    山根 逸郎 , 小林 創太 , 堀北 哲也 , 安富 一郎 , 西口 明子 , 山本 健久 , 筒井 俊之

    獣医疫学雑誌 = The journal of veterinary epidemiology 9(1), 10, 2005-06-20

    Ichushi Web 

  • 1 / 2
Page Top