玉城 政信 TAMAKI Masanobu

Articles:  1-20 of 39

  • 1 / 2
  • Effect of Over-Seeding Rates of Italian Ryegrass on Cool-Season Production of Giant Stargrass Pasture in South-Western Okinawa Island, Japan  [in Japanese]

    波平 知之 , 石垣 圭一 , 井村 信弥 , 堤 ひとみ , 岡 朋子 , 屋良 朝宣 , 玉城 政信

    ジャイアントスターグラス(GS)草地に,低温期にイタリアンライグラス(IR)を4 水準(0.7,1.0,1.5,2.5 g/㎡)で追播し,播種量が混播草地の乾物収量ならびにGSとIRの競争関係に及ぼす影響を,南西諸島で検討した.IR 追播に伴う増収は刈取り回次で異なり,全ての処理区で増収効果があったのは平均気温が最も低かった2 回目刈取り時のみであった.低温期間内の3 回の刈取り合計乾物収量は,処 …

    日本暖地畜産学会報 = Journal of Warm Regional Society of Animal Science, Japan 61(2), 77-82, 2018-09

    IR 

  • Feeding values of Digitgrass Transvala hay by Breeding Japanese Black Cow  [in Japanese]

    屋良 朝宣 , 石田 千華 , 波平 知之 , 村田 正将 , 上原 一郎 , 玉城 政信 , Yara Tomonori , Ishida Chika , Namihira Tomoyuki , Murata Masayuki , Uehara Ichiro , Tamaki Masanobu

    沖縄県内における肉用牛の主な自給粗飼料である暖地型イネ科牧草のデイジットグラストランスバーラの大家畜への利用性を確認するために,トランスバーラ乾草と輸入エンバク乾草を黒毛和種繁殖成雌牛にそれぞれ乾物給与量の50%を給与し,乾物摂取量,粗タンパク質摂取量,体重等を比較検討した.乾物摂取量ではトランスバーラ乾草が3.63土0.17kgDM/日,エンバク乾草が3.66士0.09kgDM/日とほぼ同じ値で …

    日本暖地畜産学会報 = Journal of Warm Regional Society of Animal Science, Japan 61(2), 121-124, 2018-09

    IR 

  • Effects of N, P and K on Growth Characteristics of Redflower ragleaf (Crassocephalum crepidioides)

    Hossain Md.A. , Akamine Hikaru , Nakamura Ichiro , Tamaki Masanobu , ホサイン モハメド アムザド , 赤嶺 光 , 仲村 一郎 , 玉城 政信

    ベニバナボロギクは,熱帯・亜熱帯地域の国々では機能性野菜として利用されている。本実験では,ベニバナボロギクの生長に対する化学肥料の影響を調査した。試験区は,チッソ(N),リン(P),カリウム(K),チッソ+リン(NP),チッソ+カリウム(NK),リン+カリウム(PK),チッソ+リン+カリウム(NPK)および無施肥(対照区)の8処理区とした。施肥量は,N,PおよびK,それぞれ20Kg/ha(1.0g …

    琉球大学農学部学術報告 (59), 13-18, 2012-12

    IR  JASI 

  • Growth Characteristics, Yield and Quality of Edible Amaranthus spp. in Gray Soil, Dark-red Soil and Red soil in Okinawa, Japan

    OHSHIRO Masanobu , HOSSAIN Md. Amzad , AKAMINE Hikaru , NAKAMURA Ichiro , TAMAKI Masanobu , NOSE Akihiro

    日本作物學會紀事 81, 102-103, 2012-09-09

  • Effect of NaCl stress on photosynthetic light reaction in four Oryza species  [in Japanese]

    NISHIZAWA Yu , NAKAMURA Ichiro , HOSSAIN Md. Amzad , TAMAKI Masanobu

    日本作物學會紀事 81, 320-321, 2012-03-29

    References (1)

  • Growth Characteristics, Yield and Mineral Content of Redflower ragleaf (Crassocephalum crepidioides (Benth.) S. Moore) at Different Growth

    Hossain Md.A. , Yamanishi Makoto , Yara Tomonori , Chibana Shigeharu , Akamine Hikaru , Tamaki Masanobu , ホサイン モハマド・アムザド , 山西 誠 , 知花 重治 , 屋良 朝宣 , 赤嶺 光 , 玉城 政信

    ベニバナボロギクは,熱帯・亜熱帯地域の国々で薬草や食用野菜として,あるいは,家畜飼料として利用されている。本試験では,ベニバナボロギクの生育特性と収量について,異なる生育段階ごとに評価し,さらに沖縄県内に分布する島尻マージ土壌(pH5.5‐6.5),国頭マージ土壌(pH4.0‐5.5)およびジャーガル土壌(pH6.5‐7.3)を用いて栽培試験を行い,生育特性とミネラル含有量について調査した。草高, …

    琉球大学農学部学術報告 -(58), 1-11, 2011-12

    IR  JASI 

  • Dry matter production and photosynthetic ability of five Oryza species under NaCl stress conditions  [in Japanese]

    NISHIZAWA Yu , NAKAMURA Ichiro , AKAMINE Hikaru , HOSSAIN Md. Amzad , TAMAKI Masanobu

    日本作物學會紀事 80, 370-371, 2011-03-30

  • Effects of Green Manure on Growth, Yield and Quality of Turmeric (Curcuma longa L.) Cultivated in Dark-red Soil in Okinawa

    OKAWARA Kai , HOSSAIN Md. Amzad , AKAMINE Hikaru , TAMAKI Masanobu

    日本作物學會紀事 80, 116-117, 2011-03-30

  • Effects of different luminance levels on behavior and physiology of Japanese black cow in cattle farm  [in Japanese]

    玉城 政信 , 高堂 祐介 , 赤嶺 光 [他] , 波平 知之 , Hossain Md.A. , Tamaki Masanobu , Takado Yusuke , Akamine Hikaru , Namihira Tomoyuki , モハメド アムザド ホサイン

    牛舎環境における照度の違いが黒毛和種雌牛の行動,飼料摂取量,体重および血液性状に及ぼす影響について調べた。研究は低照度環境区(270Lux)および対照環境区(9931Lux)を設定し,I期11日間のIII期反転法で行った。供試牛は分娩2ヵ月後から分娩予定2ヵ月前までの黒毛和種繁殖雌牛6頭を用いた。給餌は濃厚飼料を1kg/日給与,粗飼料は細断したものを不断給餌した。低照度環境区では攻撃,威嚇および逃 …

    The Science bulletin of the Faculty of Agriculture, University of the Ryukyus (57), 37-39, 2010-12

    IR  JASI 

  • Effects of Green Soybean (Glycine max) Intercropping on Yield and Quality of Turmeric (Curcuma longa)

    KENJO Mayumi , HOSSAIN Md. Amzad , AKAMINE Hikaru , OKAWARA Kai , OSHIRO Masanobu , ADANIYA Shinichi , TAMAKI Masanobu

    日本作物學會紀事 79, 198-199, 2010-09-03

  • Effects of Rate and Application Timing of N, P and K on Growth and Yield of Turmeric (Curcuma longa L.)

    HOSSAIN Md. Amzad , AKAMINE Hikaru , TAMAKI Masanobu , KENJO Mayumi , NAKAMURA Ichiro , MOTOMURA Keiji

    日本作物學會紀事 79, 196-197, 2010-09-03

  • [Originals]The ryanodine receptor(RYR1) genotype of swine in Okinawa Prefecture  [in Japanese]

    橘高 浩平 , 玉城 政信 , 小尾 岳士 , 川本 康博 , 仲田 正 , KITSUTAKA Kouhei , TAMAKI Msanobu , OBI Takeshi , KAWAMOTO Yasuhiro , NAKADA Tadashi , 琉球大学農学部生物生産学科 , Department of Animal Science Faculty of Agriculture University of the Ryukyus

    豚PSE肉(ムレ肉)発生の重要な因子である骨格筋リアノジンレセプター変異遺伝子の沖縄県における保有状況を種豚および肉豚計266頭で調査した。変異劣性ホモ型は1頭も検出されなかったが、変異へテロ型はバークシャー(B)およびランドレース(L)種で高率(37.5%、21.0%)に検出された。一方、中ヨークシャー(W)、デュロック(D)ではほとんど検出されなかった。肉豚である交雑種(LWD)では8.8%が …

    南方資源利用技術研究会誌 = Journal of the society tropical resources technologists 24(1), 17-20, 2008-10-01

    IR 

  • The ryanodine receptor (RYR1) genotype of swine in Okinawa prefecture  [in Japanese]

    橘高 浩平 , 玉城 政信 , 小尾 岳士 [他]

    Journal of the Society of Tropical Resources Technologists 24(1), 17-20, 2008-10

  • Effects of a total mixed ration with tropical grass Transvala on lactation in dairy cattle  [in Japanese]

    玉城 政信 , 岩崎 義史 , 島袋 宏俊 [他]

    The West Japan journal of Animal Science 50, 51-55, 2007-07

  • Accidents involving Japanese Black Cattle grazed in Yaeyama, Okinawa  [in Japanese]

    TAMAKI Masanobu , SHIMABUKURO Hirotoshi , CHINEN Masaaki , OBI Takeshi , NAMIHIRA Tomoyuki

    沖縄県八重山諸島における黒毛和種の放牧中の死亡事故牛264頭について調査および検討した。原因の特定できた放牧中死亡事故の原因は、転落が25.4%、下痢が22.0%、分娩時事故11.9%および日射・熱射病が10.7%となり、4原因で死亡事故全体の70.0%となった。転落事故牛の73.3%は社会的順位が下位に位置する牛であった。転落事故のうち81.0%は牧柵が設置されてない場所で発生した。月齢別下痢死 …

    Animal Behaviour and Management 43(2), 115-120, 2007

    J-STAGE  Ichushi Web  References (12)

  • Comparison between excision and rubber castration on effect of the growth in Japanese black calf  [in Japanese]

    玉城 政信 , 後藤 英子 , 島袋 宏俊 [他] , 知念 雅昭 , 小尾 岳士 , Tamaki Masanobu , Gotou Eiko , Shimabukuro Hirotoshi , Chinen Masaaki , Obi Takeshi

    黒毛和種雄子牛における去勢法の違いが子牛の発育に及ぼす影響について検討した結果、作業時間はゴムリングによる去勢が観血去勢より短いが、去勢後の飼料摂取量・増体の向上には、観血去勢が有効な手法と考えられる。さらに、ゴムリングによる去勢においては、去勢後10日程度にゴムリング以下の陰のうを切除する方が去勢後の体重の増加に有効であると考えられた。

    The Science bulletin of the Faculty of Agriculture, University of the Ryukyus (53), 7-9, 2006-12

    IR  JASI 

  • 沖縄県における肉用牛ふん堆肥の特性と腐熟度評価  [in Japanese]

    宮城 尚 , 玉城 政信 , 小尾 岳士 [他]

    The West Japan journal of Animal Science 49, 97-102, 2006-07

  • 暖地型イネ科牧草ギニアグラス主体の混合飼料給与が乳牛の泌乳に及ぼす影響  [in Japanese]

    玉城 政信 , 島袋 宏俊 , 小尾 岳士 [他]

    The West Japan journal of Animal Science 49, 93-96, 2006-07

  • 搾乳牛へのザクロ種子給与効果  [in Japanese]

    玉城 政信 , 島袋 宏俊 , 石田 修三 [他]

    The West Japan journal of Animal Science 49, 51-55, 2006-07

  • Relationship between Management Systems and Calving Interval of Japanese Black Cows in Ishigaki Island, Okinawa  [in Japanese]

    TAMAKI Masanobu , OBI Takeshi , MAESHIRO Gensuke , NAMIHIRA Tomoyuki , BUREENOK Smerjai

    沖縄県石垣島の黒毛和種繁殖経営農家20戸(放牧8戸、舎飼い9戸、繋留3戸)を対象に、各戸の飼養形態について聞き取り調査と血液中成分の分析を行い、飼養管理方式と分娩間隔との関係について検討した。対象農家の分娩間隔日数は382.3日で、飼養形態ごとの有意な差は認められなかった。また、血清中ビタミンA、総コレステロール、総タンパク質濃度においても有意な差は認められなかった。分娩間隔日数と母子分離時期との …

    Animal Behaviour and Management 42(3), 163-167, 2006

    J-STAGE  Ichushi Web  References (9)

  • 1 / 2
Page Top