橋口 勉 HASHIGUCHI Tsutomu

Articles:  1-20 of 31

  • 1 / 2
  • Annual trends in Japanese Black cattle meat production in Kagoshima Prefecture  [in Japanese]

    金 鍾福 , 築城 努 , 高 鍾泰 [他] , 下桐 猛 , 河邊 弘太郎 , 岡本 新 , 橋口 勉 , 前田 芳實

    本研究は1991年度から2003年度の間、鹿児島県で屠畜された41,213頭(未経産牛16,074頭、去勢牛25,139頭)の屠体成績について年度推移を分析したものである。データの分析は屠畜場所(M)、肥育農家(F)、性(sex)、屠畜年度(SY)、屠畜月(SM)、および種雄牛(S)の主効果と、性×屠畜年度(Sex×SY)、性×屠畜月(Sex×SM)、屠畜年度×屠畜月(SY×SM)、性×屠畜年度× …

    鹿児島大学農学部学術報告 (59), 1-12, 2009-03

    IR  JASI  Cited by (1)

  • Generic Parameters of Feed Efficiency in Satsuma Native Fowls  [in Japanese]

    OKAMOTO Shin , MATSUOKA Syoji , HASHIGUCHI Tsutomu , MAEDA Yoshizane

    日本家禽学会誌 40(3), J168-J171, 2003-08-25

    References (10) Cited by (1)

  • Changes of Protein Polymorphism in Selection Program for Egg Production in Japanese Quail, Coturnix coturnix japonica : 2. Gene Constitutionof 8th and 13th Generations

    MAEDA Yoshizane , MINVIELLE Francis , OKAMOTO Shin , HASHIGUCHI Tsutomu

    本研究では,INRA(フランス国立農業研究所)で実施された日本ウズラの産卵能力に対する選抜実験(個体選抜法と相反反復選抜法)において,第8世代と第13世代での遺伝子構成と遺伝変異の変化について検討を行った。遺伝的変異性はJouy系統とTours系統に属する6lines(line 1, 2, 3, 4, CおよびD)に対して10蛋白質座位により分析された。変異の量(P<sub>poly& …

    Japanese poultry science 36(2), 83-95, 1999-03-25

    J-STAGE  JASI  References (12)

  • Polymorphisms of Egg White Proteins in Native Chickens in Indonesia

    INAFUKU Keiichiro , MAEDA Yoshizane , OKAMOTO Shin , ARDININGSASI Suri Murni , HASHIGUCHI Tsutomu

    インドネシアにおける在来鶏の卵白タンパク質多型による地域集団間の遺伝的変異を見るためにインドネシアの12の地域集団よりサンプルを採取した。卵白タンパク質多型はデンプンゲルおよびポリアクリルアミドゲル電気泳動法によって分析した。多型はオボアルブミン(<i>O<sub>v</sub></i>),オボグロブリンG<sub>3</sub&g …

    Japanese poultry science 35(5), 278-284, 1998-09-25

    J-STAGE  JASI  References (12) Cited by (1)

  • Correlation between Skeletal Muscle Calpain Activity and Fractional Rate of Muscle Degradation of Japanese Quail Coturnix coturnix japonica

    KAWABE Kotaro , MAEDA Yoshizane , OKAMOTO Shin , HASHIGUCHI Tsutomu

    本研究では,タンパク質分解酵素の一種であるcalpain(カルシウム依存性中性プロテアーゼ)が筋肉タンパク質代謝回転速度にどのような影響をおよぼしているかを明らかにすることを目的として,筋肉タンパク質代謝回転速度の測定をMaeda <i>et al</i>.(1990)の方法に従ってNτ-Methylhistidine法により行うとともに,calpainおよびcal …

    Japanese poultry science 34(4), 231-239, 1997-07-25

    J-STAGE  JASI  References (12)

  • A New Mutant of Ovalbumin in the Chicken

    INAFUKU Keiichiro , MAEDA Yoshizane , ISHIHARA Katsuhiro , OKAMOTO Shin , HASHIGUCHI Tsutomu

    比内鶏集団において,オボァルブミンの新たな変異であるA<sub>1</sub>欠損型が発見された。この変異型は,オボアルブミン分子内の燐酸基の結合数の違いにより形成される電気泳動の結果で移動性の早い順からA<sub>1</sub>,A<sub>2</sub>およびA<sub>3</sub>と呼ばれている …

    Japanese poultry science 34(2), 87-93, 1997-03-25

    J-STAGE  JASI  References (9)

  • DNA Fingerprinting Analysis of Native and Red Jungle Fowls in Fiji and Western Samoa

    YAMASHITA Hideji , NISHIDA Takao , TSUNEKAWA Naoki , MANUEL Peter , OKAMOTO Shin , MAEDA Yoshizane , HASHIGUCHI Tsutomu

    DNAフィンガープリント(DFP)を遺伝指標として,フィジーならびに西サモア諸島における在来鶏および赤色野鶏の遺伝的類縁関係について分析を行った。材料には,フィジー諸島の5島嶼(Viti Levu, Vanua Levu, Taveuni, Makogai,およびKoro)ならびに西サモア諸島の2島嶼(UpoluおよびSavai'i)において採取した合計37羽の鶏の血液を用いた。核DNAは濾紙に吸 …

    Japanese poultry science 34(1), 9-20, 1997-01-25

    J-STAGE  JASI  References (26)

  • Changes of Calpain and Calpastatin Activities in Skeletal Muscle with Advancing Age in Growing Period of Broiler and Layer Chickens

    JOHARI Seno , MAEDA Yoshizane , OKAMOTO Shin , HASHIGUCHI Tsutomu

    本研究は,肉用種と卵用種について2週齢から8週齢までの筋肉内のカルパイン,カルパスタチン活性値および成長速度の変化について解析を行った。2, 4, 6および8週齢時における体重および成長速度は,肉用種が卵用種に比べて有意に大きかった(P<0.01)。筋肉中のカルパインとカルパスタチン活性値はいずれも,週齢が進むにつれて低下した。いずれの週齢についても,カルパイン活性値,カルパスタチン活性値お …

    Japanese poultry science 33(2), 80-88, 1996-03-25

    J-STAGE  JASI  References (19) Cited by (1)

  • Blood Protein and Non-Protein Variation in Native Sheep Populations in Yunnan Province of China

    TSUNODA Kenji , NOZAWA Ken , OKAMOTO Shin , HASHIGUCHI Tsutomu , SUN Luping , LIU Aihau , LIN Shiying , XU Wenbo , SHI Liming

    電気泳動法および測光法によって判定される血液タンパク•非タンパク多型に基づき,Nepal在来羊種(Bhyanglung, Baruwal, Kagi, Lampuchhre)の8地方集団およびBangladesh在来羊の3地方集団との類縁関係を究明するため,雲南省中央部の祿豊および路南地域における在来緬羊集団を調査した.これらの雲南の地方集団において検索された20遺伝子座位のうち7座位, …

    Nihon Chikusan Gakkaiho 66(7), 585-593, 1995-07-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (10) Cited by (1)

  • 日本在来家畜とその評価 (世界の動物資源<特集>)  [in Japanese]

    橋口 勉

    Animal husbandry 49(1), p93-102, 1995-01

    Cited by (1)

  • Construction of Selection Index Based on the Data from Farm Progeny Testing of Japanese Black Cattle  [in Japanese]

    HASHIGUCHI Tsutomu , MAEDA Yoshizane , OKAMOTO Shin , KAMADA Jun-ichi , UCHIYAMA Syoji , TANOUE Yuuseki , YANASE Masao

    本研究においては, 鹿児島県の黒毛和種の産肉能力を改良するため, 選抜指数式を作成した.指数式作成のためのデータは1986年度の現場検定成績から得られた.選抜指数式の作成は山田ら(1975)の方法に順じた.分析結果は以下のとおりである.1)選抜指数式I=41.7556X_1+0.1651X_2+9.0810X_3ただし, X_1 : 1日平均増体量 X_2 : ロース芯面積 X_3 : 脂肪交雑 …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (41), p65-68, 1991-03

    IR  JASI 

  • The Evaluation of Breeding Value for Sires of Japanese Black Cattle in Kagoshima Prefecture  [in Japanese]

    HASHIGUCHI Tsutomu , MAEDA Yoshizane , OKAMOTO Shin , KAMADA Jun-ichi , UCHIYAMA Syoji , TANOUE Yuuseki , YANASE Masao

    本研究では, 鹿児島県における黒毛和種集団の産肉能力の改良を行うための基礎的育種情報を明らかにするために, 産肉成績の年次別推移, 遺伝率, 種雄牛の供用状況および種雄牛の育種価の推定を試みた.結果の要約は以下の通りである.1)産肉能力の年次別推移をみると, 16年間で, 導入時体重, 導入時日齢および導入時日齢当り体重は年次間で大きな変化はみられない.肥育日数は年平均約10日間ずつ増加している. …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (41), p57-63, 1991-03

    IR  JASI 

  • Breeding Structure of Breeding Registry Population of Japanese Black Cattle in Kagoshima Prefecture  [in Japanese]

    HASHIGUCHI Tsutomu , MAEDA Yoshizane , OKAMOTO Shin

    本研究は, 鹿児島県における黒毛和種育種集団について, その繁殖構造の分析を行った.その結果の大要は次のとおりである.1.育種登録集団の平均近交係数は, 初期の1971年〜1976年の間で0.73〜7.24%, また, 1980年〜1982年の間で0.33〜5.61%と評価された.2.それぞれの育種組合内の平均血縁係数は肝属(13.4%)および曽於(18.6%)に於いて高い値を示した.また, 育種 …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (38), p163-168, 1988-03

    IR  JASI 

  • Effects of Location, Season and Sex on the Blood Properties in the Tokara Horse  [in Japanese]

    YANAGITA Koich , MAEDA Yoshizane , HASHIGUCHI Tsutomu

    本研究は, 鹿児島大学農学部附属農場入来牧場および開聞山麓自然公園に飼養されているトカラ馬について, 14の項目にわたる血液成分を測定し, それらの測定値に及ぼす, 飼養地, 季節および性の効果の有無について分析を行なった.その結果の大要は次のとおりである.1.分散分析の結果, WBC, Hb, S-TP, T-Bil, GluおよびCaにおいて, 飼養地間差が見られた.2.季節間のちがいは, W …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (37), p193-196, 1987-03

    IR  JASI  Ichushi Web 

  • Studies on the Tokara Horses : 1. On the Body-Measurements and Body Weights in Tokara Horses  [in Japanese]

    YANAGITA Koichi , HIEDA Naoki , MAEDA Yoshizane , HASHIGUCHI Tsutomu

    小型在来馬であるトカラ馬を保存するための基礎的資料を得ることを目的として, 1981年から1982年の間に開聞山麓自然公園と鹿児島大学農学部附属農場入来牧場のトカラ馬集団の中で, 2歳以上の馬について体尺および体重を測定した.トカラ馬が本土に移される以前の宝島集団での体型と保存のために本土に移された開聞集団の体型を比較すると, 雄ではほぼ同様な体型が維持されている.しかし, 雌ではとくに, 胸深, …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (35), p89-95, 1985-03

    IR  JASI 

  • Genetic Variations of Serum Esterase Isozymes (E_8-5,E_8-6,and E_8-7) in the Japanese Quail  [in Japanese]

    HASHIGUCHI Tsutomu , YOSHIDA Ryoichi , MAEDA Yoshizane , TAKETOMI Manjiro

    ニホンウズラの血清エステラーゼについて, その遺伝的支配様式を明らかにする目的で薄層寒天ゲル電気泳動法を用いて分析を行なった.1.陽極側に検出された10本のバンドのうち, バンド5,6および7にそれぞれ個体変異が観察された.すなわち, 3つのバンドともにそれぞれバンドを有するもの(A)とバンドが発現しない(O)ものの2種類の表現型が観察された.交配実験の結果から, バンド5,6および7はそれぞれ遺 …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (31), p67-74, 1981-03

    IR  JASI  Ichushi Web 

  • On the Reproductive Performance of Berkshire in Kagoshima Prefecture  [in Japanese]

    HASHIGUCHI Tsutomu , MAEDA Yoshizane , YOSHIYAMA Hideaki , TAKETOMI Manjiro

    本研究は, 鹿児島県におけるバークシャー種の繁殖能力の実態を明らかにするとともに, 繁殖能力に及ぼす年次, 季節および系統の効果について検討を行なった.材料には, 1969年から1975年までの間に, 日本種豚登録協会鹿児島県支部で実施されたバークシャー種繁殖能力検定を受験した1154頭の成績が用いられた.分析された形質は, 産次構成と妊娠期間, 分娩時1腹子豚数, 21日齢および14日齢1腹子豚 …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (31), p59-66, 1981-03

    IR  JASI 

  • Genetic control of Erythrocyte Esterase Isozymes in the Japanese Quail, Coturnix coturnix japonica  [in Japanese]

    Hashiguchi Tsutomu , Maeda Yoshizane , Taketomi Manjiro

    A genetic variation was found in the erythrocyte esterase isozyme of the Japanese quail. Three phenotypes designated AA, AB and BB were observed in the region of fast mobility at the anode of the elec …

    Zoological magazine. 89(1), p49-52, 1980-03

    NDL Digital Collections 

  • On the Blood Protein Polymorphism in Tokara Horses  [in Japanese]

    OYAMADA Tatsumi , HASHIGUCHI Tsutomu , MAEDA Yoshizane , TAKETOMI Manjiro

    本研究は, 本学附属入来牧場で飼養中のトカラ馬について, 血漿および赤血球に含まれる酵素蛋白質型を標識として表現型分布と遺伝子頻度を推定した.さらに集団における遺伝的変異性の量を推定するために, 多型遺伝子金の割合(Ppoly), 個体当りのヘテロ接合体となる期待確率(H), および座位当り対立遺伝子の有効数(Nc)を定量した.1)23座位の酵素蛋白質型について電気泳動法を用いて分析を行った結果, …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (29), p107-112, 1979-03

    IR  Ichushi Web 

  • On the Outline of the Breeding and Body Measurements of Tokara Horses  [in Japanese]

    OYAMADA Tatsumi , HASHIGUCHI Tsutomu , YANAGITA Koichi , TAKETOMI Manjiro

    1953年, 林田らにより命名されたトカラ馬は, 当時, トカラ列島宝島で総馬数43頭と報告されている.その後, 宝島に数頭を残すのみで島外に分散せざるを得なかった.現在, 鹿児島県下に65頭のトカラ馬が飼養されているが, 本報では, 最近における飼養頭数の推移および飼養場所の概要について報告した.また, 測定可能なトカラ馬について各部位の体尺測定を実施し, トカラ列島宝島で生産, 育成されたもの …

    Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University (29), p99-106, 1979-03

    IR  Ichushi Web 

  • 1 / 2
Page Top