米本 恭三 Yonemoto Kyozo

ID:1000080056572

東京都立保健科学大学大学院保健科学研究科 Graduate School of Health Sciences, Tokyo Metropolitan University of Health Sciences (2004年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-3 of 3

  • On the High Collagen-Affinity Proteins in Bone and Their Characterisitics  [in Japanese]

    Murakami Koji , Sai Tomoaki , Hamamoto Yoko , Ito Hisashi , Yonemoto Kyozo , Kasai Hisataka

    骨形成は, コラーゲンを主体とする有機基質へのカルシウム沈着が特徴的であり, 多くの非コラーゲン性タンパク質により微妙に調節されているものと考えられている。本研究は, 骨からコラーゲンに高い親和性をもち骨形成に関与する新規タンパク質を探索し, 骨再生への応用を目的としている。我々は酢酸脱灰法により骨タンパク質を抽出し, 同時に抽出されたコラーゲンをコラゲナーゼで断片化して除去し, 効率のよい酸性タ …

    The Journal of Japan Academy of Health Sciences 7(3), 185-193, 2004

    J-STAGE  Ichushi Web  References (18) Cited by (1)

  • The Specific Inhibition of Brain-type Creatine Kinase by Z-Leu-Leu-Leu-H and its Derivatives  [in Japanese]

    Iwayama Ken-ichi , Ito Hisashi , Yonemoto Kyozo , Kasai Hisataka

    我々は既に脳型クレアチンキナーゼ(BB-CK)が外因性神経突起伸長因子Z-Leu-Leu-Leu-H (Z-LLL-H)の標的タンパク質の一つであることを見出した。本研究は,Z-LLL-Hおよびその誘導体のクレアチンキナーゼアイソザイム活性に与える影響を検討した。脳型クレアチンキナーゼ活性はZ-LLL-H処理によりほぼ阻害され,同様にC末端をエステル化した誘導体(Z-LLL-OMe, Z-LLL- …

    The Journal of Tokyo Academy of Health Sciences 7(1), 31-34, 2004

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (1)

  • Observation of intracellular localization of a neurite outgrowth factor, Dns-Leu-Leu-Leu-H by using fluorescence microscopy  [in Japanese]

    Otsu Masahiro , Kanno Yoshiko , Ito Hisashi , Yonemoto Kyozo , Kasai Hisataka

    Z-Leu-Leu-Leu-H(Z-LLL-H)は内因性の神経成長因子(NGF)と同様に神経突起伸長を誘発する。今回,我々は蛍光標識したトリペプチド誘導体(Dns-LLL-H)を合成し,生きたPC12細胞におけるDns-LLL-Hの局在部位を蛍光顕微鏡により経時的に観察したので報告する。合成したDns-LLL-Hは,Z-LLL-Hより低濃度で神経突起伸長を誘発した。Z-LLL-Hと同様の作用機序を …

    The Journal of Tokyo Academy of Health Sciences 5(3), 157-160, 2002

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (1)

Page Top