今井 昭雄 Unno Tokuji

ID:1000080073732

日本鼻科学会鼻腔通気度標準化委員会 Japan Standardization Committee on Objective Assessment of the Nasal Airway, Japan Rhinologic Society (2001年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 46

  • 1 / 3
  • RHINOMANOMETRY: A STUDY BY QUESTIONNAIRE FROM OTORHINOLARYNGOLOGIST IN JAPAN RHINOLOGIC SOCIETY  [in Japanese]

    MAJIMA Yuichi , IINUMA Toshitaka , ISHIDUKA Yoichi , USUI Nobuo , UMINO Tokuji , OHKI Motofumi , OKAMOTO Makito , KASE Yasuhiro , KONNO Akiyoshi , SAKAKURA Yasuo , TAKEUCHI Hiromi , TOGAWA Kiyoshi , NAITOH Kensei , NONAKA Satoshi , HASEGAWA Makoto , HARUNA Shinichi , MIYAZAKI Soichiro

    日本鼻科学会会誌 40(2), 99-105, 2001-08-15

    Ichushi Web  References (8) Cited by (2)

  • Functional Role of Auditory Inputs in Laryngeal Muscle Control  [in Japanese]

    NONAKA Satoshi , ENOMOTO Kei-ichi , KATADA Akihikro , UNNO Tokuji , HARABUCHI Yasuaki

    出版社版

    喉頭 = The Larynx Japan 11(1), 5-10, 1999-06-01

    IR  Ichushi Web  References (23) Cited by (1)

  • Acoustic Rhinometry各種パラメーターと鼻腔通気度との相関について  [in Japanese]

    榎本 啓一 , 野中 聡 , 海野 徳二

    日本鼻科学会会誌 38(1), 187, 1999-04-15

    Ichushi Web 

  • Inputs Related to the Airway Reflexes to the Larynx  [in Japanese]

    NONAKA Satoshi , ENOMOTO Kei-ichi , ASANOME Mitsuru , TAKAHASHI Ryuuji , UNNO Tokuji

    出版社版上位中枢を脳幹より離断した無麻酔除脳ネコを用い,喉頭粘膜,鼻腔粘膜に由来する入力情報が脳幹内のどの部位に投射されるかを調べた.上喉頭及び前篩骨神経刺激の両者に応答したニューロン群は7個記録された.その比率は上喉頭神経刺激に応校するニューロンの22%(7/32)で,前篩骨神経刺激に応答するニューロンの12%(7/58)であった.両刺激に応答するニューロンといずれか一方の神経刺激に応答するニュ …

    喉頭 = The Larynx Japan 10(2), 118-123, 1998-12-01

    IR  Ichushi Web  References (12)

  • Immunological Abnormalities in Patients with Etiology Unknown Sensorineural Hearing Loss  [in Japanese]

    TAKAHASI Mitsuaki , SAKATA Aya , UNNO Tokuji , HOKUNAN Kazuhiko , SHIGYO Hiroshi

    原因不明の感音難聴50例に対して,免疫異常の有無を血清学的に検討した.免疫グロプリン,抗核抗体,抗DNA抗体,リウマチ因子,血清補体価,免疫複合体について検査した結果,50%(25例)の症例に検査値の異常を認めた.項目では免疫グロプリン,補体価,抗核抗体,RFに異常率が高かった.異常症例中6例には基礎疾患として自己免疫疾患が合併していた.免疫検査で異常があった症例ではステロイド治療による難聴の改善 …

    Nippon Jibiinkoka Gakkai Kaiho 101(10), 1260-1265, 1998-10-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (23) Cited by (1)

  • The effect of breath holding on nasal membrane shrinkage analyzed by acoustic rhinometry  [in Japanese]

    TAKAHASHI Ryuji , ENOMOTO Kei-ichi , IMADA Masanobu , NONAKA Satoshi , UNNO Tokuji

    日本鼻科学会会誌 37(2), 103-109, 1998-08-15

    Ichushi Web  References (9)

  • Acoustic RhinometryによるBreath holding誘発鼻腔粘膜収縮の解析  [in Japanese]

    高橋 竜二 , 榎本 啓一 , 今田 正信 , 野中 聡 , 海野 徳二

    日本鼻科学会会誌 37(1), 60, 1998-04-01

    Ichushi Web 

  • Eeffect of Recurrent Laryngeal Nerve on Differentiation of Intrinsic Laryngeal Muscle Fibers  [in Japanese]

    HANGAI Kimihiko , KOBAYASHI Yoshifumi , NONAKA Satoshi , UNNO Tokuji

    喉頭 = The Larynx Japan 9(2), 120-124, 1997-12-01

    Ichushi Web  References (10) Cited by (1)

  • Relationships among Area-distance Curve, Nasal Resistance and Sensation of Nasal  [in Japanese]

    KATADA Akihiro , SAKATA Aya , ENOMOTO Keiichi , NONAKA Satoshi , UNNO Tokuji

    日本鼻科学会会誌 36(2), 25-30, 1997-05-15

    Ichushi Web  References (20) Cited by (1)

  • Intramuscular Myxoma in the Masseter Muscle; A Case Report  [in Japanese]

    MATSUI Reiko , FUJITA Taketoshi , TAKAHASHI Mitsuaki , UNNO Tokuji

    A 37-year-old woman presented with a two-year history of a painless mass in the lower portion of the left side of her face. The pathological profile of the tumor which was diagnosed as a myxoma was de …

    Practica Oto-Rhino-Laryngologica 90(3), 313-317, 1997-03-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (14) Cited by (3)

  • Acoustic Rhinometryを用いた体位変換誘発の鼻腔形態変化の解析  [in Japanese]

    片田 彰博 , 榎本 啓一 , 坂田 文 , 野中 聡 , 海野 徳二

    日本鼻科学会会誌 36(1), 100, 1997-02-28

    Ichushi Web 

  • The Effects of Nasal Flow Stimulation on the Activities of the Intrinsic Laryngeal Muscles in Decerebrate Cats  [in Japanese]

    ENOMOTO Keiichi , KATADA Akihiro , NAKAJIMA Kizuku , NONAKA Satoshi , UNNO M. D. /Tokuji

    日本気管食道科学会会報 48(1), 1-7, 1997-02-10

    Ichushi Web  References (18)

  • 巻頭言  [in Japanese]

    海野 徳二

    日本気管食道科学会会報 48(1), 巻頭, 1997-02-10

  • ネーザルストリップ(Nasal Strip) 使用が鼻腔抵抗に与える影響について  [in Japanese]

    服部 正明 , 小河 幸次 , 今田 正信 , 海野 徳二 , 岩元 純

    Abstracts of Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences Conference 48(0), 312, 1997

    J-STAGE 

  • Laryngocele : A Case Report  [in Japanese]

    TAKAHARA Miki , KOBAYASHI Yoshihumi , HAYASHI Yutaka , NONAKA Satoshi , KAWABORI Shinichi , UNNO Tokuzi

    出版社版Laryngoceleの症例を報告すると共にホルマリン固定後の喉頭を用い喉頭小嚢の形態的特徴の検討,Laryngoceleの発症要因を考察した.Laryngoceleの発症は気道内圧が上昇する生活環境や交通路の狭窄,喉頭小嚢の形態が影響していると考えられた.物理的な要因以外にも,個人が持つ内的要因も発症に関与していると思われた

    喉頭 = The Larynx Japan 8(2), 155-159, 1996-12-01

    IR  Ichushi Web  References (12) Cited by (4)

  • A Comparison of the Efficacy and Safety between Ramatroban (BAY u 3405) and Terfenadine on Perennial Allergic Rhinitis : A Phase III, Randomized, Double-blind, Parallel Group, Comparative Study  [in Japanese]

    BABA Shunkichi , 海野 徳二 , 高坂 知節 , 馬場 廣太郎 , 今野 昭義 , 坂倉 康夫 , 石川 哮 , 大山 勝 , 中島 光好 , 野中 聡 , 畑山 尚生 , 形浦 昭克 , 朝倉 光司 , 稲村 直樹 , 池田 勝久 , 中林 成一郎 , 橋本 省 , 戸川 清 , 岡本 美孝 , 松崎 全成 , 寺田 修久 , 白鳥 浩二 , 遠藤 里見 , 島田 均 , 吉田 博一 , 村岡 秀樹 , 山越 隆行 , 谷川 博一 , 加我 君孝 , 市村 恵一 , 石塚 鉄男 , 太田 康 , 肥後 隆三郎 , 小松崎 篤 , 大柿 徹 , 杉本 太郎 , 角田 篤信 , 森山 寛 , 遠藤 朝彦 , 野村 恭也 , 洲崎 春海 , 藤谷 哲 , 臼井 信郎 , 金澤 博俊 , 石井 哲夫 , 鍋島 みどり , 窪田 市世 , 三田 奈保子 , 橋口 一弘 , 池田 雅一 , 大沼 秀行 , 小川 明 , 大塚 博邦 , 黒崎 貞行 , 潮 建司朗 , 國友 万由美 , 坂井 真 , 新川 敦 , 小林 良弘 , 相原 均 , 村上 嘉彦 , 久松 建一 , 中野 雄一 , 中村 英生 , 宇佐神 篤 , 森園 徹志 , 後藤 裕一 , 岩田 重信 , 内藤 健晴 , 横山 尚樹 , 西村 忠郎 , 岸本 厚 , 岩永 耕一 , 早野 嘉晃 , 柘植 勇人 , 国井 博史 , 奥村 耕司 , 高木 一平 , 横田 明 , 加藤 薫 , 大屋 靖彦 , 小林 武弘 , 北條 郷明 , 坂井 邦充 , 木村 利男 , 鵜飼 幸太郎 , 竹内 万彦 , 増田 佐和子 , 伊藤 由紀子 , 浜口 幸吉 , 鈴村 栄久 , 有馬 忍 , 中本 節夫 , 田矢 理子 , 村上 泰 , 竹中 洋 , 高木 伸夫 , 本庄 巌 , 倉田 響介 , 松永 喬 , 藤田 信哉 , 山中 敏彰 , 久保 武 , 川嵜 良明 , 田村 学 , 原田 保 , 荻野 敏 , 入船 盛弘 , 中井 義明 , 大橋 淑宏 , 大野 義春 , 岡本 英樹 , 杉浦 欣一 , 加藤 晃史 , 阪本 浩一 , 柿木 裕史 , 天津 睦郎 , 石田 春彦 , 夜陣 紘治 , 平川 勝洋 , 平田 思 , 森 直樹 , 高橋 正紘 , 沖中 芳彦 , 川内 秀之 , 加藤 太二 , 相川 義智 , 関谷 透 , 奥園 達也 , 奥園 美子 , 阿部 慶一 , 小宮山 荘太郎 , 井之口 昭 , 竹田 和夫 , 横光 智 , 進 武幹 , 前山 忠嗣 , 前原 法文 , 百田 統洋 , 成川 圭太 , 茂木 五郎 , 黒野 祐一 , 鈴木 正志 , 森満 保 , 下薗 政己 , 増山 敬祐 , 定永 恭明 , 吹上 忠祐 , 松岡 浩明 , 神崎 祐一 , 村上 公輝 , 島 哲也 , 福島 泰裕 , 新納 えり子 , 石川 勉 , 昇 卓夫 , 宮崎 康博 , 森山 一郎 , 平瀬 博之

    The efficacy and safety of ramatroban (BAY u 3405), a thromboxane A2 receptor antagonist, was compared against terfenadine, a H1-blocker, in a randomized, double-blind, parallel group study on patient …

    Practica oto-rhino-laryngologica. Suppl. 87, 1-32, 1996-10-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (14) Cited by (5)

  • Postnatal Development of Intrinsic Laryngeal Muscle Fibers in Rats  [in Japanese]

    HANGAI Kimihiko , KOBAYASHI Yoshifumi , NONAKA Satoshi , UNNO Tokuji

    日本気管食道科学会会報 47(4), 365-368, 1996-08-10

    Ichushi Web  References (8) Cited by (3)

  • Changes in Laryngeal Adductor Activities after the Cough Reflex in Cats  [in Japanese]

    KATADA Akihiro , ENOMOTO Keiichi , KOBAYASHI Yoshifumi , NONAKA Satoshi , UNNO Tokuji , SAKAMOTO Takashi

    日本気管食道科学会会報 47(3), 340-345, 1996-06-10

    Ichushi Web  References (10)

  • A FUNDAMENTAL STUDY OF RELATIONSHIPS BETWEEN RHINOMANOMETRY AND ACOUSTIC RHINOMETRY  [in Japanese]

    TANIDA Mitsuhiro , NONAKA Satoshi , YOKOYAMA Takayasu , HORIKAWA Hiroshi , UNNO Tokuji

    種々の大きさの円形の間隙をもつアクリル板を, 単独に, あるいは複数枚連結して, 鼻腔通気度の換気力学的検討を行い, 次のような結論を得た. (1) 間隙の形と面積を変化させず, 長さだけを変えると通気抵抗はほとんど変化しなかった. (2) 最小断面積の下流の間隙の面積を増大したdivergentな流れでは, 抵抗は減少した. (3) 上流の間隙の面積が大きいconvergentな流れでは, 明ら …

    Nippon Jibiinkoka Gakkai Kaiho 99(4), 601-610, 1996-04-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (15) Cited by (2)

  • 通年性鼻アレルギーに対する薬剤の臨床評価における客観的指標としてのAcoustic rhinometryを用いた鼻腔開存性の測定とその問題点  [in Japanese]

    加瀬 康弘 , 野中 聡 , 藤田 豪紀 , 海野 徳二 , 市村 恵一 , 鵜飼 幸太郎 , 竹内 万彦 , 増田 佐知子 , 坂倉 康夫 , 山際 幹和

    日本鼻科学会会誌 34(2), 140-142, 1996-03-01

    Ichushi Web  References (4) Cited by (2)

  • 1 / 3
Page Top