大森 正司 Omori Masashi

ID:1000080074920

大妻女子大学大学院 Otsuma Women's University Graduate School (2013年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  101件中 1-20 を表示

  • 茶の滝れ方による呈味の味認識装置による評価

    内 裕美子 , 築館 香澄 , 加藤 みゆき [他] , 山口 優一 , 陣 栄剛 , 大森 正司

    茶の淹れ方による味の変化については,今までにも多数報告されている。今回は,味覚センサーを用いて茶の味を測定し,淹れ方の違いによる茶の味の評価を行った。<br> 茶の淹れ方において煎じ回数,浸出時間,茶葉量の違いにおいては,それらの変動とともにアミノ酸,カテキン含量も変化し,また,味覚センサーによる測定値である味強度も同様に変化した。<br> 浸出温度の違いによるうま味強度と …

    日本調理科学会誌 = Journal of cookery science of Japan 46(4), 281-286, 2013-08-05

    J-STAGE 参考文献23件

  • 力士の食と健康及び理想の力士像に関する研究

    小堀 友美子 , 佐藤 麗奈 , 鷹居 美紗 [他] , 廣田 綾乃 , 吉田 知加 , 大森 正司

    大妻女子大学家政系研究紀要 49, 77-85, 2013-03-03

    CiNii PDF - オープンアクセス 

  • 管理栄養士としての観点から考える宇宙日本食

    糸井 梓 , 小堀 友美子 , 田中 杏奈 [他] , 戸笈 美里 , 伏見 栞璃 , 松江 美穂 , 大森 正司

    大妻女子大学家政系研究紀要 49, 63-69, 2013-03-03

    CiNii PDF - オープンアクセス  機関リポジトリ

  • 塩基配列多型による緑茶の品種判別

    加藤 みゆき , 大森 正司 , 加藤 芳伸

    緑茶を対象としてretroposon-like sequence DNA (RLS-DNA)塩基配列の比較解析により品種の判別を試みた.実験には,やぶきた品種のチャ葉より製造した緑茶と,市販されている中国,ベトナム,ミャンマー,台湾の緑茶,そして日本の緑茶用40品種の生茶葉を用いて実験した.RLS-DNAの塩基配列を比較解析することにより,おくみどり,べにふうき等の品種の判別が生茶葉と緑茶葉を用い …

    日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 58(9), 421-427, 2011-09-15

    日本農学文献記事索引 J-STAGE 参考文献26件

  • 増幅DNA断片長多型解析による紅茶の品種判別

    加藤 みゆき , 加藤 芳伸 , 木下 朋美 [他] , 山口 優一 , 大森 正司

    紅茶を対象としてAmplified DNA Fragment Length Polymorphism (AFLP)により品種の識別・同定を試みた.実験には,からべに,べにふうき,いずみ,Z-1,べにひかり,べにほまれの7品種の茶生葉より製造した紅茶と,市販されているダージリン,アッサム,ケニア,ジャワ紅茶を,そして日本の緑茶用31品種の茶生葉を用いて実験した.AFLPの選択プライマーペアーには&l …

    日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 57(9), 389-394, 2010-09-15

    日本農学文献記事索引 J-STAGE 参考文献21件 被引用文献1件

  • 伝統食品と健康とのかかわり(第4回)伝統食品--それは日本人の要

    大森 正司

    Food style 21 14(9), 22-25, 2010-09

    医中誌Web 被引用文献1件

  • 高校生の食生活と健康意識について : 平成4年と平成16年比較

    宇都宮 由佳 , 下坂 知恵 , 高橋 ユリア [他] , 渡辺 雄二 , 大森 正司 , 下村 道子

    大妻女子大学家政系研究紀要 46, 45-53, 2010-03-03

  • ベトナムにおける茶生葉の流通形態とその利用について

    加藤 みゆき , 長野 宏子 , 大森 正司

    日本家政学会誌 61(11), 737-740, 2010

  • 茶に含まれるギャバの効果

    大森 正司

    農林水産技術研究ジャーナル = Research Journal of Food and Agriculture 29(7), 18-23, 2006-07-01

    参考文献10件

  • ラオスにおけるカオプン製造工程中の成分変化

    加藤 みゆき , 池田 昌代 , 長野 宏子 [他] , 阿久澤 さゆり , 大森 正司

    The method for the production of fermented rice noodles in Laos and the component changes during the process were studied. The production method for khaw poon in Laos resembles the methods used for pr …

    日本家政学会誌 = Journal of home economics of Japan 57(5), 301-307, 2006-05-15

    国立国会図書館デジタルコレクション 参考文献18件 被引用文献1件

  • 茶花の花粉の特徴とその調理への利用

    加藤 みゆき , 大森 正司

    Tea flower pollen was applied as a food ingredient. Of the amino acids, the proline content was particularly high, while there were high contents of fructose and sucrose. The catechin content was low, …

    日本調理科学会誌 39(1), 42-48, 2006-02

    国立国会図書館デジタルコレクション

  • ラット子宮標本の自動運動に対するボイセンベリー葉抽出物の作用

    久保村 喜代子 , Molyneux John , 大森 正司 [他] , 内田 勝幸 , 最上 おりえ , 小田 宗宏

    ボイセンベリー葉抽出物のラット子宮平滑筋に対する作用についてマグヌス法を用いて検討した.ボイセンベリー葉抽出物は葉100gから2Lの熱水を用いて乾燥物として30.2g得られた.ボイセンベリー葉抽出物は濃度依存的にラット子宮自動運動による収縮力および収縮頻度を増加させた.これらの反応はカルシウムチャンネル拮抗薬であるジルチアゼムにより用量依存的に抑制された.小胞体カルシウムチャンネルの阻害薬であるダ …

    日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 53(1), 17-22, 2006-01-15

    J-STAGE 参考文献14件 被引用文献1件

  • カンボジアにおける発酵米麺の製造方法と食し方について

    池田 昌代 , 加藤 みゆき , 長野 宏子 [他] , 阿久澤 さゆり , 大森 正司

    We investigated the manufacturing process for fermented rice noodles, the eating method and type of rice used as the raw material in Cambodia. Fermented rice noodles in Cambodia are called Nom Banvuch …

    日本家政学会誌 = Journal of home economics of Japan 56(11), 827-833, 2005-11-15

    国立国会図書館デジタルコレクション 参考文献12件 被引用文献2件

  • 新しく開発した発酵茶の特徴と肝障害予防効果

    矢野 佑佳 , 大森 正司 , 和氣 健二郎

    1) 各種茶葉を混合し, 伝統的な後発酵茶の製造法を参考に新しく「発酵茶」を製造した.<br>2) 「発酵茶」の官能検査を行ったところ, 香り, 味, 総合評価において, 好きと嫌いの, 二極化した結果が見られた.<br>3) 四塩化炭素投与による肝障害に対する発酵茶の作用を調べた実験では, 発酵茶投与群で血中のGPT, GOT濃度の上昇抑制および, 肝臓組織の変性を抑制し …

    日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 52(8), 380-383, 2005-08-15

    J-STAGE 参考文献20件

  • 発酵米麺のアレルゲンタンパク質とプロテアーゼ産生微生物について

    池田 昌代 , 加藤 みゆき , 長野 宏子 [他] , 阿久澤 さゆり , 和泉 秀彦 , 大森 正司

    We determined the quantity of allergenic protein in fermented rice noodles (Mohinger) from Myanmar. We also identified the protease-producing bacterium, which is related to the digestion of the allerg …

    日本家政学会誌 = Journal of home economics of Japan 56(7), 417-424, 2005-07-15

    国立国会図書館デジタルコレクション 参考文献38件 被引用文献3件

  • γ-アミノ酪酸(GABA)研究の発展と実用化の現状

    大森 正司 , 長谷川 忠男

    ニューフードインダストリー 47(5), 22-24, 2005-05

    被引用文献1件

  • 茶の科学と薬理効果発現に関する研究

    大森 正司

    日本家政学会誌 = Journal of home economics of Japan 55(9), 683-692, 2004-09-15

    医中誌Web 国立国会図書館デジタルコレクション 参考文献24件

  • 特集2 飲むお茶・食べるお茶

    大森 正司

    食と健康 47(8), 54-61, 2003-08

    医中誌Web

  • ミャンマーにおける発酵米麺(モヒンガー)の成分と微生物の特徴

    池田 昌代 , 加藤 みゆき , 長野 宏子 [他] , 阿久澤 さゆり , 大森 正司

    ミャンマーの発酵米麺モヒンガーの成分上の特徴及び,製造工程における微生物相を検討し次のような結果を得た。(1)発酵米麺製造工程には,Bacillus属,Lactobacillus属, Streptococcus属, yeast,moldsが普遍的の存在していた。(2)発酵米麺の一般成分は原料米と比較し,水分,タンパク質,脂肪,灰分,全てにおいて低い値であった。また有機酸は,原料米で見られたクエン酸 …

    日本家政学会誌 = Journal of home economics of Japan 54(4), 263-269, 2003-04-15

    国立国会図書館デジタルコレクション 参考文献23件 被引用文献4件

  • 饅頭生地の膨化におよぼすEnterobacter cloacae GAO の影響

    田村 朝子 , 長野 宏子 , 大森 正司 [他] , 庄司 善哉 , 荒井 基夫

    E.cloacae GAOを用いて饅頭を製造すると,酵母を用いたものより,表面がなめらかで,きめの細かいものができあがる.また生地の膨化の仕方が酵母と異なることから,生地発酵に関与するタンパク分解酵素の作用の部位が異なるものと推測された.この酵素の作用の違いを明らかにするため,小麦タンパク質のグルテン,グルテニン,グリアジンを基質として培養液に作用させ,分解したタンパク質の挙動をLowry法と電気 …

    日本家政学会誌 = Journal of home economics of Japan 54(2), 183-188, 2003-02-15

    国立国会図書館デジタルコレクション 参考文献11件

ページトップへ