武田 純一 TAKEDA Jun-ichi

Articles:  1-20 of 39

  • 1 / 2
  • Braking Performance of a Tractor-Trailer Combination  [in Japanese]

    武田 純一 , 沼尾 拓哉 , 小出 章二 [他] , 折笠 貴寛 , 庄野 浩資 , TAKEDA Jun-ichi , NUMAO Takuya , KOIDE Shoji , ORlKASA Takahiro , SHONO Hiroshi

    The braking performance tests of a small size tractor-trailer combination were carried out on dried surface asphalt road. The stopping distance for a tractor with rated power of 25 kW itself and the t …

    農業食料工学会東北支部報 = Tohoku Branch report of the Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers (60), 77-80, 2013-12

    IR 

  • Evaluation of Disinfectant Efficacy of an Apatite-Coated Titanium Dioxide Photocatalyst for Postharvest Application  [in Japanese]

    小出 章二 , 村田 大地 , 折笠 貴寛 [他] , 武田 純一 , KOIDE Shoji , MURATA Daichi , ORIKASA Takahiro , TAKEDA Jun-ichi

    We used an apatite-coated titanium dioxide photocatalyst (TiO2-Ap), and examined its disinfecting efficacy of Escherichia coli and Batillus subtilis under UVA irradiation. Changes in the microbial pop …

    農業食料工学会東北支部報 = Tohoku Branch report of the Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers (60), 43-46, 2013-12

    IR 

  • Influence of Blanching on Far-Infrared and Hot Air Drying Characteristics of Cut Cabbage  [in Japanese]

    渡邊 高志 , 折笠 貴寛 , 佐々木 邦明 [他] , 小出 章二 , 武田 純一 , WATANABE Takashi , ORIKASA Takahiro , SASAKI Kuniaki , KOIDE Shoji , TAKEDA Jun-ichi

    The influence of hot water blanching and microwave blanching on water transpiration and color changes in cut cabbage during far-infrared drying and hot air drying was investigated. The results reveale …

    農業食料工学会東北支部報 = Tohoku Branch report of the Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers (60), 47-50, 2013-12

    IR 

  • Measurement of soil electrical conductivity with soil electrical conductivity meter in seawater inundated farmland  [in Japanese]

    SEKIYA Hiroyuki , KANMURI Hideaki , OHTANI Ryuji , YOSHIZUMI Kayo , TAKEDA Junichi

    2011年3月の東日本大震災において東北,関東の太平洋沿岸地域の約23,600haの農地に海水が進入し,農業用施設も大きな被害を受けた。海水進入農地の土壌塩分濃度の把握には,測定が簡便で塩化物イオン濃度との相関が高い懸濁液電気伝導度(乾土1に対し蒸留水5を加えた懸濁液の電気伝導度(以下,EC1:5))を塩濃度に換算する手法が使われている市販の土壌ECセンサを利用し,懸濁操作を行わずにEC1:5を簡 …

    Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition 83(3), 292-295, 2012

    JASI  J-STAGE  References (6)

  • Dynamic Behaviors of Farm Tractor Passing over an Obstacle (Part 2) : Analysis on Validation for Improved Dynamic Model  [in Japanese]

    TAKEDA Jun-ichi , SHIMADA Masaru , KIKUCHI Yutaka , NAKANO Makoto , OKADA Shunsuke , HIROMA Tatsuo , TORISU Ryo

    本報では,第1報で提案したタイヤ半径を考慮したモデルを用いて,突起物乗越し時のトラクタの動的挙動をシミュレートし,実車実験との比較を行いその妥当性を検討した。この結果,シミュレーション結果による加速度波形は,トラクタ単体での実車実験の結果と良く一致し,モデルの妥当性が確認できた。また,作業機を装着したトラクタ・作業機系の実車実験の結果とも良く一致し,提案したモデルが汎用性を持つことも明らかになった …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 72(5), 464-470, 2010-09-01

    J-STAGE  References (6)

  • Dynamic Behaviors of Farm Tractor Passing over an Obstacle (Part 1) : Improvement of Tractor Dynamic Model and Measurement of Tire Stiffness  [in Japanese]

    TAKEDA Jun-ichi , SHIMADA Masaru , KIKUCHI Yutaka , NAKANO Makoto , OKADA Shunsuke , HIROMA Tatsuo , TORISU Ryo

    本研究は,正弦波状の突起物を左右の車輪が同時に乗越す場合の農用トラクタの動的挙動について,より実際の現象に近い状態を表すことができるよう,タイヤの有効半径を考慮したモデルを構築した。また,トラクタの動的挙動に大きな影響を与えるタイヤのばね定数について3つの方法で測定し比較検討した。

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 72(5), 457-463, 2010-09-01

    J-STAGE  References (10) Cited by (1)

  • Autonomous Control for Crawler-type Vehicle by Fuzzy Control : Tracking Control for Straight Course  [in Japanese]

    TAKEDA Jun-ichi , SAITOU Masanori , TORISU Ryo

    履帯式の農用車両の自律走行を実現するために,ファジィ制御理論を応用して実車での直線経路への追従制御実験を行い,制御性能を評価した。まず制御系の簡略化を図るために仮想操舵角の概念を導入し,制御入力を1入力に変換した。ファジィ制御器は仮想制御点と目標軌道との横偏差と姿勢角偏差を前件部の入力,仮想操舵角を後件部の出力とする構成とした。次に前件部のパラメータの最適化を図るため遺伝的アルゴリズムを導入し,走 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 71(2), 66-73, 2009-03-01

    J-STAGE  References (14)

  • Six Mode Vibration of Farm Tractor Caused by Tire Lugs  [in Japanese]

    TAKEDA Jun-ichi , SHIMADA Masaru , KIKUCHI Yutaka , NAKANO Makoto , OKADA Toshio , TORISU Ryo

    平坦なコンクリート路面上の直進走行下における,タイヤラグを起振力とする農用トラクタ単体の6つの車体振動モードを分析した。この結果,ピッチ運動と上下の並進運動は,左右の後輪ラグに起因する振動で発生したが,ヨー運動と左右並進運動は対向する後輪ラグにより励振される強制振動として発生していた。また,ロール運動は両方で発生したが,これは各々のラグの接地が上下方向への励振源となり,対向ラグが左右方向への励振源 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 71(1), 124-130, 2009-01-01

    J-STAGE  References (8)

  • Applicability to millet cultivation of a weeding method using an improved rake fixed by rotary and scope installed in tractor  [in Japanese]

    藤原 敏 , 鶴田 正明 , 武田 純一 , FUJIWARA Satoshi , TSURUTA Masaaki , TAKEDA Jun-ichi

    岩手県のアワ栽培面積(平成16年)は、43haと全国栽培面積の42%を占め、国内最大の産地となっている。また、消費者の健康指向により近年需用増加が見込まれる。しかし、アワは登録除草剤がないため、転換畑の中規模経営農家でも人力による除草作業の場合が多く、全作業労働時間の半分近くを占めているのが現状である。そこで、北海道のビート栽培等で利用されている固定タイン(キュウホー製)と、スコープを利用して直進 …

    農業機械学会東北支部報 (55), 23-26, 2008-12-01

    IR 

  • Autonomous Traveling of a Crawler Type Vehicle- Simulation for Rectangular Path Way -  [in Japanese]

    武田 純一 , 陳 玲玲 , 齋藤 雅憲 , 佐藤 三寛 , TAKEDA Jun-ichi , CHEN Ling-Ling , SAITOH Masanori , SATOH Mitsuhiro

    The objective of this research work is to simulate steering strategy for a crawler type vehicle which is moving along rectangular pathway and to find out optimal steering control parameters. The vehic …

    農業機械学会東北支部報 (55), 31-34, 2008-12-01

    IR 

  • 岩手大学農学部 農学生命課程 生物産業科学コース  [in Japanese]

    廣間 達夫 , 武田 純一 , 小出 章二 , 松嶋 卯月 , 前田 武己

    農業機械學會誌 70(4), 30-31, 2008-07-01

  • Mechanical Harvesting of Long Stem Barnyard Millet by Binder  [in Japanese]

    武田 純一 , 上所 茉莉 , 西 政佳 , 佐川 了 , 星野 次汪 , TAKEDA Jun-ichi , JYOSHO Mari , NISHI Masayoshi , SAGAWA Satoru , HOSHINO Tsuguhiro

    雑穀は,近年アレルギ対策食品としての効果や健康食品としてのイメージが定着したこと等々により注目を浴びており,全国での栽培も一時ほとんど統計にも上がらなくなったものが,栽培面積も僅かであるが増加している。岩手県は図1に示すように雑穀の生産量が全国一位で,中でもヒエ,アワおよびアマランサスの生産量はそれぞれ全国の87.1,64.0,76.9%を占めている。主産地は,表1に示すようにソバが主体の盛岡普及 …

    農業機械学会東北支部報 (54), 27-30, 2007-12-01

    IR 

  • Transplanting Culture of Japanese Barnyard Millet into Upland Field by Rice Transplanter  [in Japanese]

    NISHI Masayoshi , JYOSYO Mari , KUMAGAI Seiko , SAGAWA Satoru , TAKEDA Jun-ichi , HOSHINO Tsuguhiro

    ヒエの直播栽培では、播種直後のヒエと雑草に生育差がないため機械での除草は難しく、また、使用可能な除草剤も無いため、生育初期の除草は手作業で行わなければならず、生産者に大きな負担となっている。そのため、岩手県では水田へのヒエの移植栽培を検討し、ほぼ確立された技術となっている。しかし、畑圃場の移植栽培に関する報告はない。そこで、小規模・中山間地のヒエ栽培における除草作業の軽減並びに田植機の有効利用を目 …

    Tohoku Journal of Crop Science 50(0), 137-138, 2007

    JASI  J-STAGE 

  • Comparison of Eating Quality of Japanese Barnyard Millet, Foxtail Millet and Common Millet and Optimal Blend Ratio of Japanese Barnyard Millet with Rice  [in Japanese]

    MORIOKA Takashi , KUMAGAI Seiko , SAGAWA Satoru , TAKEDA Jun-ichi , HOSHINO Tsuguhiro

    近年、雑穀は健康食材として見直されており、岩手県ではその栽培が盛んである。雑穀はコメとブレンドして食されることが多いが、その炊飯特性の調査データは少ない。コメとのブレンドに合う系統、最適なブレンド割合を知ることはこれからの雑穀の普及に有益である。そこで、ヒエ、アワ、キビとコメとのブレンドによる食味比較、さらにヒエのコメヘのブレンド割合について試験した。

    Tohoku Journal of Crop Science 50(0), 135-136, 2007

    JASI  J-STAGE 

  • Backward Control of a Tractor-Trailer Vehicle (Part 2) : Path-Tracking Run Along Curvilinear Path  [in Japanese]

    CHEN Jun , TAKEDA Jun-ichi , TORISU Ryo , ZHU Zhong-xiang

    本研究は, 事前情報として走行経路が与えられたとき, はじめに予見制御の概念を導入し参照点を推移させて曲線経路へ追従走行するLQ制御器を設計した。次に, 設計した制御器の適応性を検証するため, 与えた円経路と正弦波経路の2種類のコースへ追従走行する実車実験を行った。その結果, 1) 設計した最適レギュレータを用いることにより, 不安定な制御対象である連結車両系を曲線経路へ追従走行させるフィードバッ …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 68(1), 111-118, 2006-01-01

    J-STAGE  References (8)

  • Backward Control of a Tractor-Trailer Vehicle (Part 1) : Path-Tracking Run Along Rectilinear Path  [in Japanese]

    CHEN Jun , TAKEDA Jun-ichi , TORISU Ryo , ZHU Zhong-xiang

    本研究では, 線形2次制御理論を用いた連結車両型移動ロボットの直進後退の追従制御を検討した。設計した制御器を移動ロボットに実装し, 三つの異なる場所で実車実験を行った。また, 制御系の安定性に対する評価関数の状態重みの影響を検証した。その結果, 適切な重みを選択した制御器を用いて, 不安定な制御対象である連結車両型移動ロボットの直進後退の制御をフィードバック制御によって安定化することができることを …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 68(1), 104-110, 2006-01-01

    J-STAGE  References (9)

  • Realization of Guiding a Tractor to Implement Positions  [in Japanese]

    CHUN Jun , TORISU Ryo , IMAE Joe , TAKEDA Jun-ichi

    本報では非ホロノミック系にフィードフォーワード制御とフィードバック制御とを融合させた2自由度制御手法を適用し, トラクタを作業機の位置へ誘導制御する問題を検討した。誘導精度を向上させるため, 曲線路と直線路を組合せた二段階制御を実施した。その際, 最大操舵角に関する拘束条件を満たす誘導軌道を算出した。設計した誘導制御器の有効性をシミュレーションによって確認し, アスファルト路面で実車実験を行った。 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 66(5), 83-89, 2004-09-01

    J-STAGE  References (8)

  • Automatic Tractor Guidance on Sloped Terrain (Part 2) : Navigation Planner for Rectangular Path

    ASHRAF Muhammad Ali , TAKEDA Jun-ichi , TORISU Ryo

    傾斜地において長辺が等高線に平行な矩形路を希望進路として与え, この閉じた矩形コースに沿って走る自律走行トラクタを検討した。これを実現するため次の4つの手順を実行した。1) 矩形軌道のトラクタの任意状態を表現するために座標変換則を構成した。2) 等高線方向と斜面を垂直に昇降する方向には1報で設計した等高線に沿ったフィードバック制御則を援用した。他方, 矩形コースのコーナリング: 4分の1回転にはフ …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 64(6), 96-103, 2002-11-01

    J-STAGE  References (10) Cited by (1)

  • Automatic Tractor Guidance on Sloped Terrain (Part 1) : Formulation of NN Vehicle Model and Design of Control Law for Contour Line Travel

    TORISU Ryo , HAI Shen , TAKEDA Jun-ichi , ASHRAF Muhammad Ali

    傾斜地において等高線に沿ったトラクタの自律走行を実現するため, 次の4つのサブ実験を実施した。初あに, ニューラルネットワークを用いて, 斜面に於ける車両の入出力を表す車両方程式を導出した。次に, 等高線に沿った自律走行を行うため, NNを用いてナビゲーション計画を作成した。更に, 最適操舵を決定するために, 最適制御理論を適用した。二つの変数: 横方向変位と, 姿勢角の2乗和を要素とする2次形式 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 64(6), 88-95, 2002-11-01

    J-STAGE  References (11) Cited by (1)

  • Random, Quasi-Periodic and Chaotic Vibrations of Farm Tractors

    GARCIANO Leroy , TORISU Ryo , TAKEDA Jun-ichi , SAKAI Kenshi

    トラクタ走行速度を制御パラメータとして周波数応答実験を実施し, 大型トラクタの非線形ダイナミックスを検討した。カオス時系列解析手法を採用し, 主に時間領域のデータ解析を行った。相図とポアンカレ断面図の2つの定性的解析から中速域 (1.50~3.08m/s) で非線形共振が発生し準周期振動となった。定量的解析である相関次元解析とリヤプノフ指数解析から, 定性的解析では分離できなかった2つの速度領域の …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 64(1), 91-99, 2002-01-01

    J-STAGE  References (12) Cited by (1)

  • 1 / 2
Page Top