谷川 孝彦 TANIGAWA Takahiko

ID:1000080135863

鳥取大学医学部細菌学教室 Department of Bacteriotogy, Faculty of Medicine, Tottori University (1998年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-17 of 17

  • Scanning Electron Microscopic and Cytochemical Analyses of Alveolar and Peritoneal Macrophages of Mice, Dogs and Cats

    OKAMOTO Yoshiharu , TANIGAWA Takahiro , TANAKA Yoshinori , KAMEIE Toshio , IINO Akihiro , KASAGI Noriko , MINAMI Saburo

    マウス, 犬, 猫の肺胞および腹腔マクロファージ(MPs)の走査電子顕微鏡的特徴および非特異的エステラーゼ, 酸性ファスファターゼ, β-グルクロニダーゼの酵素活性を比較した.どの動物においても腹腔MPsは紡錘形状を, 肺胞MPsは球状の形態を示した.形態学的には動物間に有意な差はみられなかった.酵素活性については, マウス肺胞および腹腔MPsは, 3種類の酵素に対して強陽性を示した.犬および猫の …

    The Journal of veterinary medical science 60(10), 1145-1148, 1998-10-25

    Ichushi Web  References (21)

  • Effect of Chitosan Oligomer on Wound Healing  [in Japanese]

    MINAMI Saburo , OKAMOTO Yoshiharu , MATSUHASHI Akira , EGUCHI Hirofumi , EGUCHI Hirozo , TANIGAWA Takahiko , TANAKA Yoshinori , SASHIWA Hitoshi , SAIMOTO Hiroyuki , SHIGEMASA Yoshihiro

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 48(6), 419-422, 1995-06-20

    Ichushi Web  References (18) Cited by (1)

  • Polymeric N-Acetyl-D-Glucosamine (Chitin) Induces Prostaglandin E_2 in Dogs

    MINAMI Saburo , OKAMOTO Yoshiharu , MATSUHASHI Akira , SASHIWA Hitoshi , SAIMOTO Hiroyuki , SHIGEMASA Yoshihiro , TANIGAWA Takahiko , SUZUKI Takao , TANIOKA Shin-ichiro , TANAKA Yoshinori

    犬の皮下にポリN-アセチル-D-グルコサミン(キチン)を含浸させたポリエステル製不織布(NWF) (キチン/NWF)およびNWFを埋設し, その周囲に貯留していた滲出液中のプロスタグランディンE_2 (PGE_2)濃度をラジオイムノアッセイ法を用いて測定した. キチン/NWFにより誘導された滲出液中のPGE_2濃度はNWFにより誘導された滲出液中のPGE_2濃度の約5倍だった(P<0.05) …

    J. Vet. Med. Sci. 57(2), 377-378, 1995-04-15

    Ichushi Web  References (12) Cited by (3)

  • ACTIVATION OF MACROPHAGE BY CHITIN AND CHITOSAN  [in Japanese]

    TANIOKA Shin-ichiro , TANIGAWA Takahiko , TANAKA Yoshinori

    キチン・キトサン研究 = Chitin and chitosan research 1(2), 108-109, 1995-04-15

  • Molecular Epidemiology of Staphylococcus spp. Contamination in the Ward Environment : Study on mecA and fernA Genes in Methicillin-Resistant Strains

    ASHIMOTO Atsushi , HAMADA Takeshi , ADACHI Akiko , TANIGAWA Takahiko , TANAKA Yoshinori

    感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 69(1), 15-20, 1995-01-20

    Ichushi Web  References (13)

  • 転写因子SCLと血液細胞の分化調節  [in Japanese]

    谷川 孝彦

    Bioscience & industry 52(11), p873-878, 1994-11

    Ichushi Web 

  • Application of polymeric N-acetyl-D-gulcosamine (Chitin) to veterinary practice.  [in Japanese]

    OKAMOTO Y. , MINAMI Saburo , MATSUHASHI Akira , SASHIWA Hitoshi , SAIMOTO Hiroyuki , SHIGEMASA Yoshihiro , TANIGAWA Takahiko , TANAKA Yoshinori , TOKURA Seiichi

    犬72頭, 牛38頭, 猫33頭, 兎2頭, 猿1頭および馬1頭の計147頭に対して, キチンをスポンジ状, 綿状およびフレーク状に加工したもの(キチン-スポンジ, キチン-コットンおよびキチン-フレーク), キチンを含浸させたポリエステル製不織布(キチン-NWF)を種々な外傷, 膿瘍, 手術時の創腔およびヘルニア整復に適用した. キチン-スポンジを手術時の創腔30例の充填材, 外傷25例, 膿瘍 …

    The Journal of veterinary medical science 55(5), p743-747, 1993-10

    Ichushi Web  Cited by (16)

  • Polymeric N-acetyl-D-glucosamine (chitin) induces histionic activation in dogs.  [in Japanese]

    OKAMOTO Y. , MINAMI Saburo , MATSUHASHI Akira , SASHIWA Hitoshi , SAIMOTO Hiroyuki , SHIGEMASA Yoshihiro , TANIGAWA Takahiko , TANAKA Yoshinori , TOKURA Seiichi

    イカ甲キチンより精製したポリN-アセチル-D-グルコサミン(キチン)の犬における組織反応を観察するために, 1群にはポリエステル製不織布(NWF)にキチンを含浸させたもの(キチン群)を, 他群にはNWFのみ(対照群)を, 1頭あたり背部皮下4ヶ所に移植した. 移植後2, 4, 8, 18日目に移植片を採材し, 肉眼的ならびに組織学的検索を実施した. キチン群において移植したNWFは漸次器質化され, …

    The Journal of veterinary medical science 55(5), p739-742, 1993-10

    Ichushi Web  Cited by (17)

  • Fine Structure of Spreading Hemocytes of an Estuarine Gastropod Mollusc, Clithon retropictus  [in Japanese]

    KUMAZAWA N. H. , IMAGAWA Tomohiro , TANIGAWA Takahiko , TANAKA Yoshinori

    イシマキガイの成貝と稚貝の伸展型血液細胞はミトコンドリア, ライソゾーム, 食胞がよく発達していた. 稚貝の細胞はゴルジ装置の発達がやや悪かった. 超薄切片像では成貝細胞の細胞質内に脂肪顆粒が見られたが, 稚貝細胞には見られず, 脂肪染色標本でもSudan black B-陽性顆粒は成貝細胞に多かったことから, この脂肪顆粒は成貝の血液細胞に見られる機能に関与している可能性が考えられる.

    J. Vet. Med. Sci. 54, 609-610, 1992

    Cited by (2)

  • マクロファ-ジと線維芽細胞の活性に及ぼすオルトケイ酸と亜セレン酸の影響  [in Japanese]

    田中 俊行 , 谷川 孝彦

    Medicine and biology 123(5), p245-249, 1991-11

    Ichushi Web 

  • Phosphate-Dependent Anti-Vibrio parahaemolyticus Activity in Neritid Gastropod Molluscs  [in Japanese]

    KUMAZAWA H. Norichika , MICHINO Tetsuko , TAKADA Kaoru , MORIHARA Hideo , KONDO Norio , KAWASAKI Yasuhiro , TANIGAWA Takahiko

    イシマキガイとアマガイの軟体部乳剤からリン酸イオンの存在下で3%NaCl加BTB寒天培地上における腸炎ビブリオの増殖を阻止する活性が検出された. この抗腸炎ビブリオ活性はサザエ, クロアワビ, テングニン, マダコ, ミズダコ, シマメイカでは低レベル, アマオブネ, マガキ, アカガイ, ミミイカ,ホタルイカでは検出限界以下であった. この活性は易熱性で酸とアルカリに耐性であった.

    The journal of veterinary medical science 53(5), 955-956, 1991-10-15

    Ichushi Web 

  • Morphology and Activity of Lysosomal Enzymes in Hemocytes of a Brackish-Water Clam, Corbicula japonica

    KUMAZAWA Norichika , MORIMOTO Naoki , TANIGAWA Takahiko , TANAKA Yoshinori , KASAGI Noriko , KAMEIE Toshio , FUNAKI Kenji , IINO Akihiro

    腸炎ビブリオ(食中毒原因菌)に対するヤマトシジミの防御機構を解明する一環としてヤマトシジミの血液細胞の形態とライソゾーム酵素活性を検討した。ヤマトシジミの血リンパ中では糸状仮足と葉状仮足をもち, ガラス上で伸展する細胞が94.3%を占め, 残りは仮足をもたない円形細胞であった。ヤマトシジミの血漿を10%濃度に添加したCherninの生理的塩類溶液中で25℃30分感作した時, 伸展細胞と円形細胞の比 …

    Venus (Japanese Journal of Malacology) 50(3), 211-217, 1991

    J-STAGE 

  • Differences between Hemocytes of Juvenile and Adult Specimens of an Estuarine Gastropod, Clithon retropictus

    KUMAZAWA Norichika , TANIGAWA Takahiko , OSATAKE Hitoshi , TANAKA Keiichi , KASAGI Noriko , TANAKA Yoshinori

    イシマキガイの成貝と稚貝の血液細胞の形態とライソゾーム酵素を比較した結果, 稚貝の血液細胞は成貝の血液細胞に比較して未熟であることが明らかになった。このことがイシマキガイの稚貝への腸炎ビブリオの定着に関与しているのかもしれない。

    Venus (Japanese Journal of Malacology) 50(2), 125-129, 1991

    J-STAGE 

  • Morphology and Migratory Activity of Hemocytes of Heminerita japonica

    KUMAZAWA Norichika H. , TANIGAWA Takahiko , TANAKA Yoshinori , OSATAKE Hitoshi , TANAKA Keiichi

    アマガイの血液をin vitroで25℃10分および30分培養した後, 走査電子顕微鏡で観察した結果, アマガイの血液細胞の大部分はガラス板上でよく伸展するアメーバ状細胞であることが明らかになった。アマガイの血液細胞の保存に適するNaCl濃度は1.2%であった。アマガイの血液細胞はアマガイの血清に対して弱い遊走を示した。腸炎ビブリオに対しては活発に遊走したが, アマガイの血清による遊走の促進は見ら …

    Venus (Japanese Journal of Malacology) 50(1), 55-60, 1991

    J-STAGE 

  • Characterization of Hemocytes of an Estuarine Gastropod Mollusc, Clithon retropictus, Based on Lysosomal Enzymes  [in Japanese]

    KUMAZAWA N. H. , TANIGAWA Takahiko , KASAGI Noriko , TANAKA Yoshinori

    イシマキガイ(汽水産巻貝)の血液細胞のライソゾーム酵素のうち, non-specific esteraseとacid phosphataseの活性はアマオブネ(海産巻貝)の血液細胞より低かったが, β-glucuronidaseの活性は両貝の血液細胞で同じレベルであった. 2種類の貝の血液細胞の酵素活性はマウスのマクロファージの酵素活性よりも低かった. 幼若イシマキガイの血液細胞は成貝の血液細胞よ …

    J. Vet. Med. Sci. 53, 725-726, 1991

    Cited by (2)

  • Preliminary Study on Culture and Morphology of Hemocytes of Two Gastropod Molluscs, Clithon retropictus and Nerita albicilla

    KUMAZAWA Norichika , TANIGAWA Takahiko , TANAKA Yoshinori , OSATAKE Hitoshi , TANAKA Keiichi

    汽水産巻貝のイシマキガイは食中毒原因菌である腸炎ビブリオを高濃度に保有していること(Kumazawa & Kato, 1985), 腸炎ビブリオを投与したイシマキガイを水槽内で飼育すると, 本菌はその体内に高濃度で長期間生残するが, 近縁種のアマオブネからは速やかに排除されること(Kumazawa et al., 1988)が知られている.そこで腸炎ビブリオがイシマキガイの体内に生残する機 …

    Venus (Japanese Journal of Malacology) 49(3), 233-239, 1990

    J-STAGE 

Page Top