小原 繁 Obara Shigeru

ID:1000080160935

北海道教育大学釧路校 Hokkaido University of Education, Kushiro Campus (2005年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-17 of 17

  • Performance Evaluation of the Calculation Programs of Electron Repulsion Integrals  [in Japanese]

    INADOMI Yuichi , OBARA Shigeru , NAGASHIMA Umpei

    本論文では、分子軌道計算で最も時間のかかる2電子反発積分の計算を新小原法[6, 7]とVertical Recurrence Relation (VRR)[5]とHorizontal Recurrence Relation (HRR)[8]のhybridアルゴリズムをもちいた2種類のプログラムで行い、Pentium4 (3.6GHz, EM64T, 1GB L2 cache) 上で浮動小数演算数や …

    Journal of Computer Chemistry, Japan 4(4), 175-178, 2005-12-15

    J-STAGE  References (14) Cited by (1)

  • Development of Special Purpose Processor for Molecular Orbital Calculations  [in Japanese]

    HARADA MUNEYUKI , NAKAMURA KENTA , KUWAYAMA YOUJI , UEHARA MASAMITSU , SATO HISAO , OBARA SHIGERU , HONDA HIROAKI , NAGASHIMA UMPEI , INADOMI YUICHI , MURAKAMI KAZUAKI

    筆者らは,非経験的分子軌道計算を高速に処理する専用並列計算機システムに搭載する,二電子積分計算専用プロセッサ,Ericの開発を行っている.二電子積分計算のアルゴリズムとして採用する小原のアルゴリズムの特徴を活かすことで高速処理が可能となる.本稿では,Ericの全体構成および動作について述べる.そして,現段階でのEricの性能評価を行う.

    IPSJ SIG Notes 152, 133-138, 2003-03-10

    References (6) Cited by (1)

  • Processor Architecture for Molecular Orbital Calculation  [in Japanese]

    HARADA MUNEYUKI , NAKAMURA KENTA , KUWAYAMA YOUJI , UEHARA MASAMITSU , SATO HISAO , OBARA SHIGERU , HONDA HIROAKI , NAGASHIMA UNPEI , INADOMI YUICHI , MURAKAMI KAZUAKI

    筆者らは,非経験的分子軌道計算を高速に処理することを目的とする,二電子積分計算専用プロセッサの開発を行っている.二電子積分計算のアルゴリズムとして採用する小原のアルゴリズムの特徴を活かすことで高速処理が可能となる.本稿では,二電子積分計算専用プロセッサ・アーキテクチャの概要と全体構成について述べ,そのうち漸化計算エンジンの構成法の検討と性能の評価を行う.

    情報処理学会論文誌. ハイパフォーマンスコンピューティングシステム 44(6), 1-9, 2003-01-15

    References (6) Cited by (4)

  • Processor Architecture for Molecular Orbital Calculation  [in Japanese]

    NAKAMURA KENTA , HATAE HIDENORI , HARADA MUNEYUKI , UEHARA MASAMITSU , SATO HISAO , OBARA SHIGERU , HONDA HIROAKI , NAGASHIMA UNPEI , INADOMI YUICHI , MURAKAMI KAZUAKI

    筆者らは,非経験的分子軌道計算を高速に処理することを目的とする,二電子積分計算専用プロセッサの開発を行っている.二電子積分計算のアルゴリズムとして採用する小原のアルゴリズムの特徴を活かすことで高速処理が可能となる.本稿では,二電子積分計算専用プロセッサ・アーキテクチャの概要と全体構成について述べ,そのうち漸化計算エンジンの構成法の検討と性能の評価を行う.

    IPSJ SIG Notes 2002(22), 73-78, 2002-03-07

  • Processor Architecture for Molecular Orbital Calculation  [in Japanese]

    NAKAMURA KENTA , HATAE HIDENORI , HARADA MUNEYUKI , UEHARA MASAMITSU , SATO HISAO , OBARA SHIGERU , HONDA HIROAKI , NAGASHIMA UNPEI , INADOMI YUICHI , MURAKAMI KAZUAKI

    筆者らは,非経験的分子軌道計算を高速に処理することを目的とする,二電子積分計算専用プロセッサの開発を行っている.二電子積分計算のアルゴリズムとして採用する小原のアルゴリズムの特徴を活かすことで高速処理が可能となる.本稿では,二電子積分計算専用プロセッサ・アーキテクチャの概要と全体構成について述べ,そのうち漸化計算エンジンの構成法の検討と性能の評価を行う.

    IPSJ SIG Notes 147, 73-78, 2002-03-07

    References (6)

  • Custom Logic for ab initio Molecular Orbital Calculation  [in Japanese]

    TOGAWA Katsumi , OBARA Shigeru , UEHARA Masamitsu , SATO Hisao , HATAE Hidenori , NAKAMURA Kenta , MURAKAMI Kazuaki

    非経験的分子軌道法計算を高速に処理することを目的として,分子軌道法専用ロジックの開発を行っている.問題サイズNに対して演算量がN^4である二電子積分計算を高速に計算することが重要である.「小原のアルゴリズム」より二電子積分は積和演算で計算できるが,このアルゴリズムの特徴を利用することにより高速処理が可能となる.本稿では,浮動小数点積和演算器を複数個集積し,浮動小数点除算,開平逆数,指数の専用演算回 …

    IPSJ SIG Notes 142, 25-30, 2001-03-08

    References (5)

  • Custom Logic for ab initio Molecular Orbital Calculation  [in Japanese]

    TOGAWA Katsumi , OBARA Shigeru , UEHARA Masamitsu , SATO Hisao , HATAE Hidenori , NAKAMURA Kenta , MURAKAMI Kazuaki

    非経験的分子軌道法計算を高速に処理することを目的として,分子軌道法専用ロジックの開発を行っている.問題サイズNに対して演算量がN^4である二電子積分計算を高速に計算することが重要である.「小原のアルゴリズム」より二電子積分は積和演算で計算できるが,このアルゴリズムの特徴を利用することにより高速処理が可能となる.本稿では,浮動小数点積和演算器を複数個集積し,浮動小数点除算,開平逆数,指数の専用演算回 …

    IPSJ SIG Notes 2001(22), 25-30, 2001-03-08

  • Collection of the Fundamental Data on the Improvable Technic for the Safe and High-Speed Network System  [in Japanese]

    Sato Masaichi , Kikuchi Seiko , Matsuura YUji , Sasaki Tsukasa , Obara Shigeru

    Bulletin of the Information Processing Center (6), 25-30, 2001-03

  • A Novel Algorithm for Large-Scale Fock Matrix Generation with Small Local Distributed Memory Parallel Architecture.-Relation to the Integral Cutoff-  [in Japanese]

    TAKASHIMA Hajime , YAMADA So , OBARA Shigeru , KITAMURA Kunihiro , INABATA Shinjiro , MIYAKAWA Nobuaki , TANABE Kazutoshi , NAGASHIMA Umpei

    分散メモリ型並列計算機上での大規模分子軌道計算で、計算時間短縮に大きな効果をもたらす積分カットオフの問題に注目し、積分カットオフの閾値が計算結果に与える影響や、大規模分子における積分カットオフの割合について調べた。大規模分子では、2つの添字だけで行なうカットオフによって生き残る基底数の割合が10%以下となりほぼ一定値になること、これにより、積分数は事実上基底数 N の二乗に減少することが判明した。 …

    Journal of Chemical Software 6(3), 85-104, 2000-09-15

    J-STAGE  References (17) Cited by (2)

  • A Platform Architecture for Embedded High-Performance Computing : Custom Logic for Molecular Orbital Calculation  [in Japanese]

    TOGAWA Katsumi , UEHARA Masamitsu , OBARA Shigeru , HATAE Hidenori , MURAKAMI Kazuaki

    非経験的分子軌道法計算を高速に処理することを目的として, 分子軌道法専用ロジックの開発を行っている.問題サイズNに対して演算量がN^4である二電子積分計算を高速に計算することが重要である.二電子積分に内在する多大な命令レベル並列性, ならびに, 二電子積分計算間の並列性を利用することにより二電子積分計算の高速処理が可能となる.本稿では, 浮動小数点積和演算器を複数個集積したVLIWアーキテクチャに …

    IPSJ SIG Notes 82, 13-18, 2000-08-03

    References (4)

  • A Platform Architecture for Embedded High-Performance Computing : Project Overview  [in Japanese]

    MURAKAMI Kazuaki , INAGAKI Yuichiro , UEHARA Msamitsu , OHTANI Yasuaki , OBARA Shigeru , KOSEKI Shiro , SASAKI Toru , TANAHASHI Takahiko , CHUMAN Hiroshi , TSUKADA Masaru , NAGASHIMA Umpei , NAKANO Tatsuya

    HPC 82, 1-6, 2000-08-03

    Cited by (2)

  • A Novel Algorithm for Large-Scale Fock Matrix Generation with Small Local Distributed Memory Architecture : RT Parallel Algorithm  [in Japanese]

    Takashima Hajime , Yamada So , Obara Shigeru , Kitamura Kunihiro , Inabata Shinjiro , Miyakawa Nobuaki , Tanabe Kazutoshi , Nagashima Umpei

    We developed a noble algorithm for large-scale Fock matrix generation with small local distributed memory architecture. We call it "RT parallel algorithm". The outer loop is index RT, which …

    Transactions of the Japan Society for Industrial and Applied Mathematics 10(3), 241-262, 2000

    J-STAGE  References (14) Cited by (1)

  • Rational Approximation of Incomplete Gamma Function for the Sake of Effective Molecular Orbital Calculations  [in Japanese]

    Amisaki Takashi , Obara Shigeru , Nagashima Umpei

    A method has been developed for an efficient approximation of incomplete gamma function that occurs in molecular orbital calculation with Gaussian-type basis sets. The method employs rational Chebyshe …

    Transactions of the Japan Society for Industrial and Applied Mathematics 9(4), 151-163, 1999

    J-STAGE  References (11)

  • Special purpose computer for high-performance molecular orbital calculations : Molecular Orbital calculation Engine(MOE)  [in Japanese]

    NAGASHIMA Umpei , OBARA Shigeru , MURAKAMI Kazuaki , AMISAKI Takashi , KITAMURA Kunihiro , TAKASHIMA Hajime , KITAO Osamu , TANABE Kazutoshi , INABATA Sinjirou , YAMADA So , MIYAGAWA Nobuaki

    化学とソフトウェア 19(3), 129-135, 1997-09-30

    References (10) Cited by (2)

  • The Architecture of a Molecular Orbital calculation Engine (MOE)  [in Japanese]

    SHIRAKAWA Satoru , YOSHII Takashi , MURAKAMI Kazuaki , NAGASHIMA Umpei , OBARA Shigeru , AMISAKI Takashi , KITAMURA Kunihiro , TAKASHIMA Hajime , TANABE Kazutoshi

    筆者らは,非経験的分子軌道計算を高速に行うことを目的として,超高速分子軌道計算専用機MOEの開発を行っている.MOEでは2電子積分値の独立性を利用して,これを並列実行することで高速化を図る.本論文では,MOEのアーキテクチャについて議論している.アーキテクチャ策定に際して,1)並列化方式および2)積和表生成方式について検討を行った.並列化方式としては,演算量が問題サイズnに対してn^4あることから …

    IEICE technical report. Computer systems 96(34), 45-50, 1996-05-16

    References (4) Cited by (3)

  • The Architecture of a Molecular Orbital calculation Engine (MOE)  [in Japanese]

    SHIRAKAWA Satoru , YOSHII Takashi , MURAKAMI Kazuaki , NAGASHIMA Umpei , OBARA Shigeru , AMISAKI Takashi , KITAMURA Kunihiro , TAKASHIMA Hajime , TANABE Kazutoshi

    筆者らは, 非経験的分子軌道計算を高速に行うことを目的として, 超高速分子軌道計算専用機MOEの開発を行っている. MOEでは2電子積分値の独立性を利用して, これを並列実行することで高速化を図る. 本論文では, MOEのアーキテクチャについて議論している. アーキテクチャ策定に際して, 1)並列化方式および 2)積和表生成方式について検討を行った. 並列化方式としては, 演算量が問題サイズnに対 …

    IPSJ SIG Notes 118, 45-50, 1996-05-16

    References (4)

  • Special purpose computer for high-performance molecular orbital calculations : Molecular Orbital calculation Engine(MOE)  [in Japanese]

    NAGASHIMA UMPEI , OBARA SHIGERU , MURAKAMI KAZUAKI , YOSHII TAKASHI , SHIRAKAWA SATORU , AMISAKI TAKASHI , KITAMURA KUNIHIRO , TAKASHIMA HAJIME , TANABE KAZUTOSHI

    分子軌道計算は、材料化学や医薬品開発のために欠くことのできない手法であり、現在本方法は化学工業においても広く利用されはじめている。分子軌道計算は、基底関数の数Nの4乗に比例する演算量および、補助記憶量を必要とするため、実際のタンパク質等の巨大な分子の計算は、事実上不可能であった。そこで、演算時間の大幅な短縮と補助記憶量の削減を目的として、分子軌道計算のための専用計算機MOEとそれを用いた分子軌道計 …

    IPSJ SIG Notes 117, 89-94, 1996-03-05

    References (7) Cited by (3)

Page Top