東野 輝夫 Higashino Teruo

ID:1000080173144

大阪大学大学院情報科学研究科 (2015年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 439

  • 商業施設における快適度推定および可視化システムの開発 (知的環境とセンサネットワーク)  [in Japanese]

    地口 将雄 , 西村 友洋 , 山口 弘純 [他] , 東野 輝夫 , 山口 容平

    近年,新しい商業ビルやオフィスビルなどでは,ビル全体の電力消費の約70%を占めると言われる空調の省エネルギー化のためのBEMS導入が盛んになってきている.BEMSでは,ビルインフラ設備として固定設置された温湿度計や風量計,CO2計などをもとに換気や温湿度調整を行うが,それらの設備型センサは設置位置や設置数に大きく影響を受けるため,オフィスビルの居住者や商業施設の来訪者の「快適性」を真に表していない …

    IEICE technical report. ASN, Ambient intelligence and sensor networks 114(480), 221-227, 2015-03-02

  • 商業施設における快適度推定および可視化システムの開発 (モバイルネットワークとアプリケーション)  [in Japanese]

    地口 将雄 , 西村 友洋 , 山口 弘純 [他] , 東野 輝夫 , 山口 容平

    近年,新しい商業ビルやオフィスビルなどでは,ビル全体の電力消費の約70%を占めると言われる空調の省エネルギー化のためのBEMS導入が盛んになってきている.BEMSでは,ビルインフラ設備として固定設置された温湿度計や風量計,CO2計などをもとに換気や温湿度調整を行うが,それらの設備型センサは設置位置や設置数に大きく影響を受けるため,オフィスビルの居住者や商業施設の来訪者の「快適性」を真に表していない …

    IEICE technical report. MoNA, Mobile network and applications 114(479), 187-193, 2015-03-02

  • 商業施設における快適度推定および可視化システムの開発  [in Japanese]

    地口 将雄 , 西村 友洋 , 山口 弘純 , 東野 輝夫 , 山口 容平

    近年,新しい商業ビルやオフィスビルなどでは,ビル全体の電力消費の約 70% を占めると言われる空調の省エネルギー化のための BEMS 導入が盛んになってきている.BEMS では,ビルインフラ設備として固定設置された温湿度計や風量計,CO2 計などをもとに換気や温湿度調整を行うが,それらの設備型センサは設置位置や設置数に大きく影響を受けるため,オフィスビルの居住者や商業施設の来訪者の 「快適性」 を …

    IPSJ SIG technical reports 2015-MBL-74(44), 1-7, 2015-02-23

  • Utilizing Crowd Trajectories for Mobile AR Applications  [in Japanese]

    岩橋 宏樹 , 樋口 雄大 , 山口 弘純 , 東野 輝夫

    This paper presents an algorithm to recognize the current locations of mobile device users by fusion of human trajectories obtained by accurate crowd tracking sensors and images that are captured with …

    IPSJ Journal 56(2), 470-482, 2015-02-15

    IPSJ 

  • A Study on Designing Smart Advisor in Daily Life  [in Japanese]

    NAKAMURA Shoko , SHIGAKI Saeko , HIROMORI Akihito , YAMAGUCHI Hirozumi , HIGASHINO Teruo

    In this paper, we propose a smart home system to make human life better. Our system suggests home residents to change their activities in non-intrusive way. For this purpose, we define a new model to …

    IEICE technical report. ASN, Ambient intelligence and sensor networks 114(418), 25-30, 2015-01-26

  • Participatory Sensing of People Crowd Using Smartphones  [in Japanese]

    NISHIMURA Tomohiro , HIGUCHI Takamasa , YAMAGUCHI Hirozumi , HIGASHINO Teruo

    In this paper, we propose a novel system for estimating crowd density and smoothness of pedestrian flows in public space by participatory sensing with mobile phones. By analyzing walking motion of the …

    IEICE technical report. MoNA, Mobile network and applications 114(417), 47-52, 2015-01-26

  • Low-cost Indoor Crowd Density Sensing with Smartphones  [in Japanese]

    西村 友洋 , 樋口 雄大 , 山口 弘純 , 東野 輝夫

    Now that smartphones are becoming more and more popular, pedestrian navigation systems are widely used in our daily life. While they usually recommend the shortest distance route to a destination, tra …

    IPSJ Journal 55(12), 2511-2523, 2014-12-15

    IPSJ 

  • A Consideration of Extended Wireless Internet-Access Mesh Network Simulator for MU-MIMO  [in Japanese]

    TAJIMA Shigeto , FUNABIKI Nobuo , HIGASHINO Teruo

    Recently, IEEE802.11ac has been focused as a new high-speed wireless communication protocol. IEEE802.11ac adopts the frame aggregation that can reduce communication overheads by aggregating multiple f …

    IEICE technical report 114(252), 7-12, 2014-10-16

  • A Method of Supporting Passengers' Trips Using Public Transportation Systems  [in Japanese]

    前川 勇樹 , 内山 彰 , 山口 弘純 , 東野 輝夫

    本論文では鉄道旅客の乗車車両および各車両の混雑状況を推定するための手法を提案する.提案手法では,電車による移動の間,ユーザの位置トラッキングおよび車両の混雑センシングを行うことで混雑していない路線や車両情報を提供し,快適な鉄道利用を支援する.提案手法は,乗客の持つ携帯端末が受信した近隣端末のBluetoothシグナルのRSSIをサーバに集約し,推定を行う.この際,端末間で観測されるRSSIから,そ …

    情報処理学会論文誌 55(6), 1614-1624, 2014-06-15

    IPSJ 

  • 空間を共有する人々のためのソーシャルイベント可視化プラットフォーム「ひとなび」の設計開発 (モバイルネットワークとアプリケーション)  [in Japanese]

    藤田 和久 , 廣森 聡仁 , 山口 弘純 [他] , 東野 輝夫 , 下條 真司

    本研究では,共有空間における人々の存在・行動情報,ならびにそれらの人々の気持ちや考えなどを統合的に共有するための共有空間ナビゲーションプラットフォーム「ひとなび」の設計開発を行う.人々の位置や移動状況のセンシングに対しては,レーザ測域スキャナを複数台別方向から用いる複数同時トラッキング手法を提案し,高精度な座標情報取得を実現する.また人々の考えや気持ちは,それらの人々がスマートフォンなどのモバイル …

    IEICE technical report. MoNA, Mobile network and applications 113(495), 275-283, 2014-03-14

  • 三次元都市モデルとGPS信号のSNRを用いた携帯端末の存在領域判定 (モバイルネットワークとアプリケーション)  [in Japanese]

    上嶋 祐紀 , 内山 彰 , 山口 弘純 [他] , 東野 輝夫

    本研究では都市部におけるGPSを用いた高信頼な端末の存在領域推定を目標に,都市部の3次元モデルを利用した手法を提案する.提案手法では,各地点と各GPS衛星の間に障害物が存在する状態(NLOS:None-Line-Of-Sight)であるか,または存在しない状態(LOS:Line-Of-Sight)であるかを事前に計算し,フィンガープリントとする.携帯端末が受信したGPSのSignal to Noi …

    IEICE technical report. MoNA, Mobile network and applications 113(495), 77-84, 2014-03-14

  • B-15-15 A Study on Compression and Gathering for Spatio-Temporal Data from Heterogeneous Sensors  [in Japanese]

    Yoi Kenji , Yamaguchi Hirozumi , Hiromori Akihito , Uchiyama Akira , Higashino Teruo , Yanagitani Naohisa , Nakatani Toshikazu , Tachibana Atsuo

    Proceedings of the IEICE General Conference 2014年_通信(1), 568, 2014-03-04

  • STDMA Scheduling for Densely-deployed Wireless Base Stations  [in Japanese]

    山口 弘純 , 廣森 聡仁 , 東野 輝夫 , 梅原 茂樹 , 浦山 博史 , 山田 雅也 , 前野 誉 , 金田 茂 , 高井 峰生

    本稿では,無線基地局が密に設置され,将来的に追加設置されていくような地理空間環境において,無線資源の高い利用効率と,資源管理の容易性をともに達成する空間再利用型時分割多重アクセス(STDMA)スケジューリング技術を提案する.提案手法では,地理座標に対して規則的であり,かつ必要資源数がなるべく少ない資源割当てを実現するVector Coverアルゴリズム(VCアルゴリズム)を開発し,網羅的シミュレー …

    情報処理学会論文誌 55(2), 826-837, 2014-02-15

    IPSJ 

  • Location Accuracy Enhancement Using GPS Line-of-sight Detection in City Sections  [in Japanese]

    内山 彰 , 勝田 悦子 , 上嶋 祐紀 , 山口 弘純 , 東野 輝夫

    GPSは多くの携帯端末に搭載され,我々の生活に欠かせないものとなっているが,都市部においてはビルなどの障害物による遮蔽や反射・回折の影響を受け,測位誤差が大きくなることが知られている.そこで本研究ではGPSの見通し状況と建物の3次元モデルを利用した位置精度向上法を提案する.提案手法では建物の形状や配置により,各GPS衛星の見通し状況が地点ごとに決まることに着目する.衛星の見通し状況は,スマートフォ …

    情報処理学会論文誌 55(1), 389-398, 2014-01-15

    IPSJ 

  • A Performance Improvement of Large-scale ITS Wireless System Simulations by Abstract Interference Model  [in Japanese]

    金田 茂 , 前野 誉 , 高井 峰生 , 山口 弘純 , 東野 輝夫

    ITS無線システムのシミュレーションは1つのフレームの送信が周辺のすべてのノードでの受信処理につながるため電波伝搬に関する計算量は膨大であり高速化が求められる.その一方で,モデルの抽象化による高速化はシミュレーション結果に影響を与えるため,精度と速度とのトレードオフを考慮する必要がある.本論文では,大規模なITS無線システムシミュレーションを想定し,シミュレーションを高速化するパスロスおよびフェー …

    情報処理学会論文誌 55(1), 354-365, 2014-01-15

    IPSJ 

  • GPS衛星見通し判定を用いた位置推定法の地域特性に基づく精度向上の検討  [in Japanese]

    上嶋祐紀 , 内山彰 , 山口弘純 , 東野輝夫

    GPS は多くの携帯端末に搭載され,我々の生活に欠かせないものとなっているが,都市部においてはビルなどの障害物による遮蔽や反射・回折の影響を受け,測位誤差が大きくなる.そこで我々の研究グループでは GPS の見通し状況と建物の 3 次元モデルを利用した位置精度向上法を提案している.衛星の見通し状況は,GPS 信号の Signal to Noise Ratio に基づき学習データから構築した判定モデ …

    IPSJ SIG technical reports 2013-MBL-69(4), 1-6, 2013-12-12

  • Design and Development of Sensing System Simulator with Realistic City Modeling  [in Japanese]

    金谷 拓実 , 廣森 聡仁 , 山口 弘純 , 東野 輝夫

    人の位置情報は,様々なサービスへの応用が期待されており,屋内外に配置されたセンサを利用して,人の移動情報を計測する行動センシングシステムが注目を集めている.行動センシングにおいては,センサの種類や配置,対象環境が行動センシング精度に大きな影響を与えるため,利用目的に応じて適切な設計を施すことが重要である.本論文では,都市環境と歩行者モビリティ,および与えられたセンサ配置に対する各センサの振舞いを包 …

    情報処理学会論文誌 54(11), 2371-2382, 2013-11-15

    IPSJ 

  • Cooperative Vehicular Position Estimation Method Using LED Communication and Distance Measurement Devices  [in Japanese]

    OTSUBO YASUHIDE , UMEDU TAKAAKI , HIGASHINO TERUO

    In this research, we propose a cooperative position estimation method using LED communication devices to estimate vehicle positions with high accuracy. In the method, we assume that signals which can …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(199), 19-26, 2013-09-02

  • Relative Position Estimation Using Dead Reckoning and Received Signal Strength of Bluetooth  [in Japanese]

    樋口 雄大 , 山口 弘純 , 東野 輝夫

    本論文では,スマートフォンユーザ群の端末から収集したセンサ情報のみを利用して,イベント会場等多くの人々が集まる環境で,ユーザ間の相対的な位置関係を認識する手法を提案する.デッドレコニングにより推定したユーザの歩行軌跡と,端末間で観測されたBluetoothの受信電波強度をサーバ上へ集約し,ユーザ同士が遭遇したと推定される地点でこれらの軌跡を重ね合わせることにより,相対位置を導く.このとき,ユーザ間 …

    情報処理学会論文誌 54(8), 2048-2060, 2013-08-15

    IPSJ 

  • A Framework for Sensing, Understanding and Visualizing People in Indoor Space  [in Japanese]

    YAMAGUCHI Hirozumi , HIROMORI Akihito , HIGUCHI Takamasa , UCHIYAMA Akira , UMEDU Takaaki , HIGASHINO Teruo , SUN Weihua , SHIMOJO Shinji , YAMAGUCHI Yohei , SHIMODA Yoshiyuki

    This technical report introduces our recent work on sensing, understanding and visualizing behavior of people who visit or stay the same place like office buildings and shopping malls. We provide a fr …

    IEICE technical report. MoNA, Mobile network and applications 113(168), 13-18, 2013-08-01

Page Top