大橋 弘忠 Ohashi Hirotada

ID:1000080185355

東京大学工学系研究科 Department of Engineering, The University of Tokyo (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 46

  • 1 / 3
  • Emergence of Cultural Diversity in a Group  [in Japanese]

    ASATANI Kimitaka , TORIUMI Fujio , CHEN Yu , OHASHI Hirotada

    現実社会において,集団を形成する個人が周囲の文化を個人の基準によって取捨選択することで文化が形成されている.その文化形成プロセスの中で,周囲の情報の取捨選択の基準となる価値観が大きな役割を占めていると仮定し,その様子を数理モデルで表現した.具体的には,個人の周囲への適応過程で多様なコミュニティの出現を表現したAxelrodの文化形成モデルをベースとし,モデルの個々のエージェントに「価値観」という指 …

    The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition) 96(12), 2951-2959, 2013-12

  • Emergence of cultural diversity in a group Elucidation of the mechanism of group formation by the model based on Axelrod's cultural model  [in Japanese]

    ASATANI Kimitaka , OHASHI Hirotada , TORIUMI Fujio , Chen YU

    現実社会において,集団を形成する個人が周囲の文化を個人の基準によって取捨選択することで文化が形成されている.その文化形成プロセスの中で,周囲の情報の取捨選択の基準となる個人の価値観が大きな役割を占めていると仮定し,その様子を数理モデルで表現した.具体的には,個人の周囲への適応過程で多様なコミュニティの出現を表現したAxelrodの文化形成モデル[2]をベースとし,Axelrodモデルの個々のエージ …

    IEICE technical report. Artificial intelligence and knowledge-based processing 112(477), 61-66, 2013-03-11

  • Basics of Seismic Safety for Nuclear Power Plants (Atomic Energy Society of Japan)  [in Japanese]

    OHASHI Hirotada , NARUMIYA Shousuke , MIYATA Kouichi , WATANABE Norio

    <p>原子力の安全確保は,実際に起こるかも知れない不具合に備える現実的な側面と,防護の考え方として,代表性と包括性をもって評価・確認の手段と方法を定めておくという論理構造の側面をもっている.地震に関しては,これまで後者の原子力安全の論理における位置づけがあいまいだった.このたび,地震時の安全性について,原子力安全の論理に対応させて検討し,基本的な考え方の明確化と,これに伴う課題の整理を …

    Journal of Japan Society for Safety Enginennring 49(6), 402-405, 2010-12-15

    J-STAGE 

  • Seismic Safety Logic on Design and Analysis for Nuclear Power Plants  [in Japanese]

    OHASHI Hirotada

    <p> 我が国では近年,いくつかの原子力発電所で設計想定を超える大きな地震動がもたらされたが,地震による被害は軽微なものであり,原子力発電所の安全は確保された。それにもかかわらず,国民の間では設計想定を少しでも超える地震動が発生すると原子力発電所の多くの設備が損傷するのではないかという懸念が拡がり,地震に対する原子力発電所の安全性を改めて見える形にしていくことが求められている。これを受 …

    Journal of the Atomic Energy Society of Japan 52(11), 732-736, 2010-11-01

    J-STAGE 

  • Information Processing by Gene Regulatory Network  [in Japanese]

    IGAWA Kazushi , OHASHI Hirotada

    全国大会講演論文集 第72回(人工知能と認知科学), 103-104, 2010-03-08

    IPSJ  References (3)

  • D-8-11 Gene Regulatory Network for Artificial Ant Problem  [in Japanese]

    Igawa Kazushi , Ohashi Hirotada

    Proceedings of the IEICE General Conference 2010年_情報・システム(1), 84, 2010-03-02

  • RF-003 A Novel Method to Increase Scalability in Artificial Embryogeny  [in Japanese]

    Igawa Kazushi , Ohashi Hirotada

    情報科学技術フォーラム講演論文集 8(2), 63-66, 2009-08-20

    IPSJ 

  • D-8-5 Adaptive Affinity Function in an Artificial Immune System for Classification  [in Japanese]

    Igawa Kazushi , Ohashi Hirotada

    Proceedings of the IEICE General Conference 2009年_情報・システム(1), 98, 2009-03-04

  • Extracting Community Timeseries and Visualization of Social Networks  [in Japanese]

    HASHIMOTO YASUHIRO , CHEN YU , OHASHI HIROTADA

    本研究ではソーシャルコミュニケーションの時系列データからネットワークの時系列を構築し,コミュニティ検出によってコミュニティ構造の時間発展を捉える.そして,分裂・融合を繰り返すコミュニティの遍歴を視覚的に理解するためのインタラクティブ性の高い可視化手法を実現することで,人間行動をモデル化する前段階としてのシナリオを語る枠組みを提案する.

    IPSJ SIG Notes 71, 63-66, 2008-09-11

    References (5)

  • A-016 Visualization of the evolving social community  [in Japanese]

    Hashimoto Yasuhiro , Chen Yu , Ohashi Hirotada

    本研究では,ソーシャルコミュニティをネットワークとして抽象化した上で,ノードレベルのミクロな視点とコミュニティレベルのマクロな視点から構造の時間変化を詳細に追跡するための可視化手法を提案する.そのために,時系列データから時系列ネットワークを構成する技術,時系列ネットワークに対するコミュニティ検出技術,時刻間のコミュニティ同定技術,コミュニティ構造を反映したレイアウト技術を統合し,インタラクティブ性 …

    情報科学技術フォーラム講演論文集 7(1), 101-102, 2008-08-20

    IPSJ 

  • Fluctuations induced by probabilistic effects in the cooperation based on spontaneous altruism  [in Japanese]

    大平 哲史 , 大橋 弘忠

    知識ベ-スシステム研究会 77, 71-76, 2007-03-29

  • Price Formation on the Networked Sznajd Model  [in Japanese]

    HASHIMOTO YASUHIRO , OGURA MASANORI , CHEN YU , OHASHI HIROTADA

    イジングスピン系は,系を構成する要素の状態変数がわずか2 つの値で記述されるきわめて単純な系であり,生体や社会,経済といった複雑なシステムが持つ普遍的性質を抽出するために頻繁に利用される数理モデルである.その中に,実際の市場の統計的振舞いをよく再現するSznajd モデルがある.本研究では,Sznajd モデルの価格形成ダイナミクスをより詳細に検討するために,従来の"outward" 型かつ"非同 …

    IPSJ journal 47(3), 821-828, 2006-03-15

    IPSJ  References (7)

  • Artificial Immune System for Job-shop Scheduling Problem  [in Japanese]

    IGAWA Kazushi , OHASHI Hirotada

    筆者より「研究会資料として作成したが、不適切な部分がある」との理由により、本文を削除いたしました。

    IEICE technical report. Artificial intelligence and knowledge-based processing 104(548), 31-33, 2005-01-10

    References (6) Cited by (2)

  • 2505 A Lattice Boltzmann Simulation of Colloidal Particles at fluid-fluid interfaces  [in Japanese]

    ONISHI Junya , CHEN Yu , OHASHI Hirotada

    The Proceedings of The Computational Mechanics Conference 2005.18(0), 807-808, 2005

    J-STAGE 

  • Price formation in informatized markets : From the point of view of the agents network  [in Japanese]

    HASHIMOTO Yasuhiro , OGURA Masanori , CHEN Yu , OHASHI Hirotada

    市場の情報化によって価格変動の振る舞いはどのように変化するのか?市場の構成員をエージェント、市場をエージェントネットワークと定義し、ネットワークのトポロジーと価格変動の統計的性質の関係を調査した。ネットワークトポロジーを格子状からランダムグラフヘと変化させることで、系はスモールワールド、つまり情報が速く伝わる系へと移行する。その結果、価格変動率の標準偏差は大きくなり、より大きな価格変動の生じる確率 …

    IPSJ SIG Notes. ICS 136, 169-174, 2004-08-04

    References (6) Cited by (1)

  • The Dynamics of Iterated Prisoner's Dilemma with Strategy Update controlled by Evolutionary Computation  [in Japanese]

    OHDAIRA Tetsushi , OHASHI Hirotada , CHEN Yu

    囚人のジレンマは,利害関係の対立を表現する抽象的モデルとして,幅広い分野で研究の対象となっている.本研究ではグループ間の利害対立をモデル化するに当たり,この囚人のジレンマを繰り返して行う繰り返し囚人のジレンマを採用した.ここでは一般的な繰り返し囚人のジレンマのシミュレーションとは異なり,ゲームに参加する各エージェントの持つ戦略が対戦相手の過去の戦略によって決まるのではなく,対戦相手との相互作用によ …

    IEICE technical report. Nonlinear problems 103(567), 23-28, 2004-01-15

    References (9)

  • A lattice Boltzmann model for particular flows  [in Japanese]

    ONISHI Junya , CHEN Yu , OHASHI Hirotada

    The Proceedings of The Computational Mechanics Conference 2004.17(0), 395-396, 2004

    J-STAGE 

  • A Lattice Boltzmann Model for Multicomponet Flows of Non-Newtonian Fluids  [in Japanese]

    ONISHI Junya , CHEN Yu , OHASHI Hirotada

    Japanese journal of multiphase flow 17(4), 413-425, 2003-12-15

    References (22)

  • Trade-Off Network Model Considering Redundancy  [in Japanese]

    YASUDA Akihisa , OHASHI Hirotada , CHEN Yu

    BarabasiらによるスケールフリーネットワークはSelf-Organized Criticality (SOC)に端を発し,優先結合とネットワークの成長という原理に基づいていた.しかし,それとは異なる"利益とリスクのトレードオフ"によってもベキ乗則が見られるということを示したHighly Optimized Tolerance (HOT)というモデルがある.このトレードオフという考え方をネット …

    IPSJ 47, 5-8, 2003-12-11

    References (7) Cited by (1)

  • 1 / 3
Page Top