岡田 行弘 OKADA Yukihiro

ID:1000080211118

群馬大学 工学部 材料工学科 Department of Chemistry, Gunma University (2006年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-8 of 8

  • Synthesis and Characterization of Chiral Catenanes Based on Calix[4]arenes  [in Japanese]

    Okada Yukihiro , Miao Zhihui , Nishimura Jun

    当研究室で開発した環の反転を伴わない剛直なキラルカリックス[4]アレーンを用いて、ビピリジニウムとジベンゾクラウン間のドナー_-_アクセプター相互作用を利用する炭素鎖の異なるキラルカテナンの合成を行った。その結果、カテナンの動的挙動に続き、キラルカテナンの円二色性も炭素鎖長の違いにより異なる挙動を示していることが分かったので、類縁化合物も含めて報告する。

    Abstracts of Symposium on Physical Organic Chemistry 18(0), 322-322, 2006

    J-STAGE 

  • Evaluation of Supramolecules Based on Chiral Calixarene

    Okada Yukihiro , Miao Zhihui , Nishimura Jun

    近年ホスト化合物としてカリックスアレーンが注目を集め、これを母体として様々な機能物質への展開も盛んに研究されている。当研究室で開発した環の反転を伴わない剛直な構造を持つキラルカリックスアレーンは種々の官能基の導入が容易で超分子への応用に適している。今回、キラルカリックスアレーンを用いて架橋鎖長の異なるカテナン類の合成に成功し、NMRでカテナン分子の動的挙動を調べたのでその詳細について報告する。

    Abstracts of Symposium on Physical Organic Chemistry 17(0), 312-312, 2004

    J-STAGE 

  • Chiral Calix [4] arenes  [in Japanese]

    OKADA Yukihiro , MIAO Zhihui , NISHIMURA Jun

    <I>syn</I>-Dihydroxymetacyclophanes were converted to bridged calix [4] arene analogs by base-cat-alyzed condensation with formaldehyde. A remarkable template effect was observed on this c …

    Journal of Synthetic Organic Chemistry, Japan 61(3), 226-235, 2003-03-01

    J-STAGE  References (49)

  • Synthesis of Catenanes Based on Chiral Calixarene

    Okada Yukihiro , Miao Zhihui , Nishimura Jun

    The calixarene as a host has attracted considerable attention in the field of supramolecular chemistry and also been extensively studied as a parent building block to make new functional materials. …

    Abstracts of Symposium on Physical Organic Chemistry 16(0), 1030-1030, 2002

    J-STAGE 

  • A New Molecular Cleft for Organic Diols by using a Rigid Calixarene Analog

    OKADA Yukihiro , ENDOH Kazuya , NISHIMURA Jun

    日本写真学会誌 = Journal of The Society of Photographic Science and Technology of Japan 59(3), 471-474, 1996-06-25

    References (19)

  • A New Molecular Cleft for Organic Diols by Using a Rigid Calixarene Analog (特集 機能性色素の基礎と応用)

    岡田 行弘 , 遠藤 和也 , 西村 淳

    日本写真学会誌 59(3), 471-474, 1996-06

  • Fundamental Studies of Functional Dyes, and It's Application. A New Molecular Cleft for Organic Diols by using a Rigid Calixarene Analog.

    OKADA Yukihiro , ENDOH Kazuya , NISHIMURA Jun

    二つの水素結合部位を持つ剛直なカリックスアレーン4は隣接したジオール類と強く結合する。ジオールの二つの水酸基間距離は相補的に適合する。エタンジオールはすべてのジオールのなかで最も大きな結合定数を示す。

    Journal of The Society of Photographic Science and Technology of Japan 59(3), 471-474, 1996

    J-STAGE 

  • 架橋型カリックスアレーンの新展開  [in Japanese]

    岡田 行弘

    化学と工業 = Chemistry and chemical industry 46(10), 1591-1592, 1993-10-01

    References (5)

Page Top