杉本 正子 SUGIMOTO MASAKO

ID:1000080226464

東邦大学 看護学部 Toho University, Department of Nursing (2006年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-17 of 17

  • A preliminary survey on husbands' childcare support and marital relationships made during wives' visits to Tokyo Health Center "A" for their children's 18-month health checkups  [in Japanese]

    Kasai Maki , Kawahara Kayoko , Sugimoto Masako

    [目的]予備的調査として,乳幼児をもつ母親への夫の育児サポートと夫婦関係の概念を定義し,両者の因子構造を明らかにする。[方法]A保健センターの1歳6ヵ月児健診に来所した母親95名とその夫を対象とし,「夫の育児サポート」と「夫婦関係」,基本属性などについて研究者作成の自記式・無記名の質問紙調査を行った。[結果と考察]妻84名,夫34名から有効回答を得た。1)「夫の育児サポート」,「夫婦関係」の因子分 …

    The Journal of Japan Academy of Health Sciences 9(2), 102-111, 2006

    J-STAGE  Ichushi Web  References (30)

  • Patient/Family Needs in Home Hospice Care : A Study of Bereaved Families Who Chose Home Hospice Care  [in Japanese]

    Sugimoto Masako , Kawahara Kayoko , Takaishi Junko , Gotoh Shiho , Kawamura Makiko , Leibowitz Yoshiko S. , Araga Naoko , Akiyama Masako

    (目的)在宅ホスピスにおける良質な看護の提供に資するため, 在宅ホスピスケアを受けた家族より患者・家族のニーズを明らかにし, 今後の支援課題を明確にする。(対象)東京都内のH訪問看護ステーションの在宅ホスピスケアを受けて患者を看取った4世帯の遺族6名を対象とした。対象選択にあたり, 患者の死亡後, 訪問看護師によるグリーフケアを受けている遺族とした。(方法)半構成式質問による聞き取り調査である。約 …

    The Journal of Japan Academy of Health Sciences 8(1), 38-45, 2005

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (1)

  • Study on Roles of Public Health Nurses in the development of Drug-related Services at Public Health Centers  [in Japanese]

    Kurashita Miwako , Sugimoto Masako

    薬物乱用・依存の健康課題を中心にした事業展開における保健師活動から保健師の役割を明らかにする事を目的とし, 都内4保健所の保健師5名を対象とした半構成式質問による面接調査を行った。その結果, 薬物問題に関連する事業における保健師の役割は(1)対応が困難な事例の背景に薬物問題が隠れている可能性を捉える等の問題を発見する役割(2)相談事例の積み重ねや地域関係者が捉えている課題から問題を把握する情報を収 …

    The Journal of Japan Academy of Health Sciences 8(1), 22-31, 2005

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Ideal Practical Training in Community Health Nursing with in the Integrated Curriculum A Report on the Four-year Practical Training Process at Health Care Centers  [in Japanese]

    Ishida Chie , Kawahara Kayoko , Takaishi Junko , Irie Shinji , Sugimoto Masako

    〔目的〕統合カリキュラム後の本学3年次生で実施されている地域看護実習(保健所・保健センター実習)の4年間の実態を検討し, 今後の教育活動に生かすことを目的とした。〔方法〕平成12年度から15年度の3年次生314名の実習記録物と平成14年度の3年次生75名の実習後レポートを分析対象とした。調査内容は, 1)実習経験の有無とその内容2)実習の学びについては, 実習目標の項目から質的に分析した。〔結果〕 …

    The Journal of Japan Academy of Health Sciences 7(3), 139-147, 2004

    J-STAGE  Ichushi Web  References (16)

  • The function and role of hospice and palliative care facilities in the community : Toward establishing a home hospice care system in Japan : A survey of hospice physicians  [in Japanese]

    TAKAISHI JUNKO , SUGIMOTO MASAKO , ARAGA NAOKO , AKIYAMA MASAKO , LEIBOWITZ YOSHIKO S. , KAWAHARA KAYOKO

    目的:医療における在宅ホスピスケアシステムを構想する上で,ホスピスや緩和ケア病棟の地域における機能と役割についての示唆を得る.対象と方法:1999年11月に実施した全国ホスピス-緩和ケア病棟への統括責任医師・看護師への調査で回答のあった医師36名の中から,同じ府県に位置する施設を2所ずつ計4所を選択し,それぞれの医師4名を対象に,半構成式の面接聞き取り調査を実施した.結果:対象施設は設備面・スタッ …

    Juntendo medical journal 49(2), 194-207, 2003-07-31

    Ichushi Web  References (7)

  • 看護の立場から見た在宅療養の意義 (特集 介護保険制度をめぐる問題)  [in Japanese]

    杉本 正子

    教育と医学 51(7), 649-654, 2003-07

    Ichushi Web 

  • The role of hospice and palliative care facilities in the home hospice care system : Survey of Japanese hospice and palliative care facilities  [in Japanese]

    SUGIMOTO MASAKO , TAKAISHI JUNKO , ARAGA NAOKO , LEIBOWITZ YOSHIKO S. , KAWAHARA KAYOKO

    目的:医療における在宅ホスピスケアシステムを構想する上で,ホスピスや緩和ケア病棟の地域における役割についての示唆を得る.対象:全国ホスピス・緩和ケア病棟連絡協議会会員一覧より109施設を対象とし,統括責任者である医師と看護職者の各1名ずつ218名を対象とした.方法:1999年11月〜12月,自作質問紙による郵送自記式無記名調査を実施した.結果:対象者218名の内,104名(47.7%)から回答があ …

    Juntendo medical journal 49(1), 77-88, 2003-05-30

    Ichushi Web  References (15) Cited by (1)

  • Quality of Life between Cancer Patients Confined to a Hospital Versus those Living at Home : Survey and Analysis of the Nursing Records  [in Japanese]

    Sugimoto Masako , Takaishi Junko , Kawagoe Hiromi , Gokan Yohko , Haruyama Sanae , Ishida Chie , Kawahara Kayoko

    がん終末期患者のQOLを考える上での一助とすることを目的とし,病院で死亡した患者35名,在宅で死亡した患者21名,計56名を対象とし,患者の死亡前の看護記録を中心とした記録から死亡前4週間の患者の状況を自作調査用紙に転記した。調査内容は,(1)患者の背景,(2)食事,排泄,清潔行為,(3)家族など人との関わり,患者の自己表現,(4)患者の苦痛・不快なこと,(5)看護していく上で大切にしたこと,であ …

    The Journal of Tokyo Academy of Health Sciences 6(1), 26-37, 2003

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Study of More Advanced Education for Nurses : The Requirements for Nursing Professionals of Tokyo Metropolitan Government to Further Education  [in Japanese]

    Hondo Kazuko , Hirose Eri , Hatanaka Miwako , Shimodaira Yuiko , Shibata Mariko , Takaishi Junko , Sugimoto Masako , Kawamura Sawako

    東京都看護職職員が希望する学士号取得方法と進学の条件の明確化を目的に,1999年8月,都立7病院の看護師の2割,同助産師全員,島しょ保健所を除く12保健所の保健師全員,看護専門学校看護系教員全員の計934名に,郵送質問紙調査を実施した(回収率84.2%)。全回答者の中で学士号取得を希望する者263名について,学位取得希望理由,学士号取得に向けて整備が必要な条件について,既修単位の状況別に分析を行い …

    The Journal of Tokyo Academy of Health Sciences 6(1), 15-25, 2003

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Study of More Advanced Education for Nurses : Needs of obtaining degrees of Bachelor and Master of Science by Tokyo Metropolitan Government Nursery staffs  [in Japanese]

    Hirose Eri , Hondo kazuko , Hatanaka Miwako , Shimodaira Yuiko , Shibata Mariko , Takaishi Junko , Sugimoto Masako , Kawamura Sawako

    東京都看護職員の生涯学習計画と学士・修士号取得の希望と生涯学習教科目を明確化することを目的とし,1999年8月に都立7病院の看護師の2割,同助産師全員,島しょ保健所を除く12保健所の保健師全員,看護専門学校看護系看護教員全員の計934名に,学士・修士号取得希望の有無とその理由について郵送質問紙調査を実施した(回収率84.2%)。その結果,(1)学士号取得希望者は265名(34.8%)で,教員は13 …

    The Journal of Tokyo Academy of Health Sciences 4(4), 189-196, 2002

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (2)

  • Ethical issues in Home-Care Nursing  [in Japanese]

    Shuda Akihiro , Miyazaki Wakako , Shijiki Yasuko , Kawamura Sawako , Emisu Fumie , Sugimoto Masako , Ozaki Akiko , Katsuno Towako , Kim Sooja , Jono Hiromi

    訪問看護における倫理的課題を明らかにするために,訪問看護ステーションに所属する訪問看護師300人を対象に,倫理的課題の経験や悩みの有無に関する自己記入式質問紙調査を行った。114人から回答が得られ,以下のことが明らかになった。1.倫理的課題に関する質問19項目のうち,50%以上の者が経験していた課題が10項目あった。2.倫理的課題を経験した場合,その課題に関する悩みの有無については,19項目中18 …

    The Journal of Tokyo Academy of Health Sciences 5(3), 144-151, 2002

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • The Results on a Survey relating Master's Programs in Nursing(The Second Report)  [in Japanese]

    Shimada Marie , Yashiro Akiko , Yasuda Miyako , Aoyama Masayuki , Okabe Toshiko , Kawamura Sawako , Sugimoto Masako , Takaishi Junko , Yamamoto Michiyo , Ishii Noriko , Ohbuchi Ritsuko , Tochigi Shoichirou , Ishikawa Fumiyo , Mito Yuko

    本学の大学将来構想に寄与することを目的に博士課程を有し完成した看護系大学院研究科3校を訪問し, 聞き取り調査を実施した。その結果以下のことが明らかとなった。(1)各大学院研究科は看護学単独で専攻課程を持ち, 看護学の教員によって運営されていた。(2)カリキュラム上の課題としては, 修士課程おける教育研究者の能力開発と高度職業専門人の育成をどのように組み合わせるかが課題とされていた。(3)大学教育の …

    The Journal of Tokyo Academy of Health Sciences 2(4), 270-275, 2000

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Comparing daily life activities between cancer patients confined to a hospital versus those living at home  [in Japanese]

    Sugimoto Masako , Takaishi Junko , Kawagoe Hiromi , Gokan Yoko , Mochizuki Yoko , Haruyama Sanae , Matsumoto Hiroko , Shimodaira Yuiko

    ターミナル期におけるがん患者の日常生活行為について, 病院で死亡した患者35名と在宅で死亡した患者21名のカルテの内容から分析した。その結果, 死亡前4週間の患者の日常生活行為は, 食事, 排泄, 清潔すべての項目において, 在宅患者は病院患者のそれよりも日常生活に近い形で行われていた。「医療」を中心に置く病院のケアと, 「生活」を中心に考える在宅ケアの違いが明らかになった。

    The Journal of Tokyo Academy of Health Sciences 2(1), 39-45, 1999

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (1)

  • The Relationship Between Middle Latency Auditory Evoked Responses(MLRs)and Neurobehavioral Functions in Patients with Asymptomatic & Silent Brain Stroke(infarction)  [in Japanese]

    Tochigi Syoichiro , Mito Yuko , Jono Hiromi , Shiziki Yasuko , Sugimoto Masako , Kawakami Masato , Sato Toyoaki , Watanabe Yoshihiko , Kono Mitsunobu , Tateyama Masato , Suda Haruhiko , Kim Toshiko , Take Mikiko

    聴性中間反応(MLRs)は中潜時にて出現する聴覚性誘発電位である。その後期成分Pbは上行性網様体賦活系(ARAS)からのコリン作動性ニューロンが視床髄板内核へ入力し発生するものと考えられている。著者らは脳血管性痴呆(VD)やアルツハイマー病(AD)などではMLRsのPb成分が低振幅となり痴呆疾患の診断に有用であることを報告してきた。一方, MR像の導入により, 無症候性脳梗塞(SBI)の検出率が上 …

    The Journal of Tokyo Academy of Health Sciences 1(2), 188-193, 1999

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (1)

  • The Survey Results relating Master's Programs in Nursing  [in Japanese]

    Sugimoto Masako , Jounou Hiromi , Nekota Yasutoshi , Shijiki Yasuko , Emisu Fumie , Yasuda Miyako , Okabe Toshiko , Kawamura Sawako , Takaishi Junko , Yamamoto Michiyo , Ishii Noriko , Shimada Marie , Ohbuchi Ritsuko , Tochigi Shoichirou , Yamamura Motoe , Tsukamoto Naoko

    本学の大学将来構想に寄与することを目的とし, 看護系大学院研究科8校を訪問し, 聞き取り調査を実施した。その結果, 以下のことが明らかになった。(1)発展過程にある看護学の大学院研究科を考える場合, 設置主体, 他学部他学科の有無などの関連の中で考えていくことが必要である。(2)看護学以外に他学問領域をもつ研究科の構造は, それぞれの大学がもつ教育課程の特徴によって多様であったが大きく2つに分類さ …

    The Journal of Tokyo Academy of Health Sciences 1(2), 171-179, 1999

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Planning for home care hospice system in medical care : The role and definition of the home care agency  [in Japanese]

    SUGIMOTO MASAKO

    順天堂医学 44(3), 271-285, 1998-12-21

    Ichushi Web  References (12) Cited by (2)

  • A Pilot Study of 「Senior-Simulator」 for the Senior Simulation Education Program -Part 1-  [in Japanese]

    Kurihara Toyoko , Takaishi Junko , Nomura Midori , Ohtu Keiko , Terayama Kumiko , Kinose Takashi , Nitta Osamu , Kikuchi Emiko , Sugimoto Masako , Okuyama Noriko , Ohbuchi Ritsuko

    高齢者疑似体験装具(以下体験装具)装着により、高齢者の状態を的確に体験できるか、体験装具の中のどの装具およびどの活動がより困難で、高齢者に比較的近い状態を作り出しているかを確認する目的で体験装具の装着実験を行った。被験者は医療従事者養成校の教員10名で、装着した体験装具は、ヘッドホン型耳詮、ゴーグル、頸椎カラー、ゴム手袋・サポーター、靴型装具の5種類である。個々の体験装具の装着時の違和感および活動 …

    The Journal of Tokyo Academy of Health Sciences 1(1), 119-123, 1998

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (2)

Page Top