宇野 伸宏 Uno Nobuhiro

ID:1000080232883

京都大学大学院工学研究科 Graduate School of Engineering, Kyoto University (2018年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 74

  • 1 / 4
  • POSSIBILITY OF UTILIZE DRIVING SIMULATOR FOR INTRODUCING HUMPS OR IMAGE HUMPS AS TRAFFIC SAFETY MEASURES ON COMMUNITY ROADS  [in Japanese]

    SONOBE Shuhei , NAKAMURA Toshiyuki , KINUTA Yuichi , KITAMURA Seishu , UNO Nobuhiro

    生活道路に設置されるハンプや狭さくなどの物理的デバイスは,交通事故削減,車両速度の低減等の効果が期待される.本研究は,物理的デバイスであるハンプと視覚的デバイスであるイメージハンプが自動車速度に与える影響として,実地道路での調査とドライビングシミュレータ(DS)による実験結果の比較検証を行った.分析の結果,速度推移は両者で同一の傾向を示すことが確認されたことを受けて,DSの利点を生かし,ハンプとイ …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 74(5), I_1387-I_1397, 2018

    J-STAGE 

  • MODELING THE TRIP TYPE OF ONE-WAY CARSHARING IN A TRIPCHAIN AND ANALYSIS BY PRACTICAL DATA  [in Japanese]

    KUWAHARA Masahiro , YOSHIOKA Akira , HOMMA Yukiko , UNO Nobuhiro , NAKAMURA Toshiyuki , SCHMÖCKER Jan-Dirk

    ワンウェイ型カーシェアリング(OWCS)はマルチモーダル交通環境における1つの交通手段として期待されている.本研究では,ユーザのトリップチェーン視点でOWCSの使われ方を評価するため,公共交通駅,カーシェアステーション(st),登録住所の関係を踏まえたトリップ判別モデルを定義する.<br>OWCSである豊田市のHa:moRIDEは,自家用車利用に近いラウンド利用トリップは少なく提供エリ …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 74(5), I_1187-I_1195, 2018

    J-STAGE 

  • An Analysis of Effects of behavioral norms cognition on the vehicle speed at the occurrence of an earthquake by driving simulator experiments  [in Japanese]

    MATSUMOTO Miki , NAKAMURA Toshiyuki , UNO Nobuhiro , MASUMOTO Hiroyuki , KODAMA Takashi , KITAZAWA Toshihiko

    <p>本研究は,ドライバーが高速道路走行中,地震動を感じた際に認知する行動規範により,車両速度および停車割合に与える影響をドライビングシミュレータによる室内実験を用いて分析を行うものである.室内実験では,ドライバーに教示する行動規範の差異が,地震発生後の被験者車両の座標変異や速度低下に要する時間に与える影響を比較分析した.分析の結果から,与える規範内容の種類により,地震発生後の速度低下 …

    JSTE Journal of Traffic Engineering 4(3), A_18-A_25, 2018

    J-STAGE 

  • A study of Long Term Change of Traffic Safety Measures Effects in Urban Expressway  [in Japanese]

    GOTO Hiroki , NAKAMURA Toshiyuki , UNO Nobuhiro

    <p><tt>都市内高速道路は大都市の交通を支える大動脈であるが,複雑な道路線形ゆえに今なお多くの事故が発生している.そのため様々な安全対策が講じられているが,その効果は必ずしも永続的なものではなく,逓減する可能性が想定される.そこで本研究では,過去に実施された交通安全対策効果の長期的傾向を把握することを目的とした.実施延長が最も長く代表的な対策である滑り止め対策を対象に, …

    JSTE Journal of Traffic Engineering 4(1), A_258-A_264, 2018

    J-STAGE 

  • Analysis on Resting Behavior of Inter-urban Expressway Users with ETC2.0 Probe Data  [in Japanese]

    HIRAI Shoichi , XING Jian , KAI Shin-ichiro , HORIGUCHI Ryota , UNO Nobuhiro

    <p><tt>都市間高速道路を対象とした休憩行動モデルの構築を目的に,</tt>ETC2.0 <tt>プローブデータと休憩施設属性データを用いて,高速道路トリップ中の休憩施設選択行動モデルと滞在時間モデルを構築するものである。まず休憩行動に影響すると想定される休憩施設規模や店舗種別の属性について主成分分析を行い,</tt>3 <tt …

    JSTE Journal of Traffic Engineering 4(1), A_196-A_205, 2018

    J-STAGE 

  • Potential Impact Analysis of Premium Friday for Public Transportation Using Smart Card Data  [in Japanese]

    NAKAMURA Toshiyuki , IWAMOTO Takanori , UNO Nobuhiro

    2017年(平成29年)2月24日より実施されたプレミアムフライデーは,毎月末の金曜日に普段よりもプレミアムな生活を推奨する個人消費喚起キャンペーンである.本研究では,プラミアムフライデー実施により,公共交通の利用に影響を与えているのかについて,その可能性を分析する.静岡市を対象に交通系ICカードデータを利用して公共交通のマクロな利用割合を静岡市全域のバス停留所,ならびにプラミアムフライデーの大々 …

    Global Business Journal 3(1), 32-36, 2017

    J-STAGE 

  • IDENTIFICATION OF A TOTAL REST TIME MODEL ON INTER-CITY EXPRESSWAYS FOCUSING ON LONG-SUSTAINED RESTING  [in Japanese]

    HIRAI Shoichi , XING Jian , HORIGUCHI Ryota , UNO Nobuhiro

    本研究は,都市間高速道路における長時間休憩行動を考慮した休憩施設滞在時間の推定モデル構築を目的とする.まず,長時間休憩の実態をマクロ的に把握する.次に,長時間休憩が深夜割引適用時刻と日中に設定された予定時刻の,2種類の流出希望時刻までの時間調整行動の結果であるという仮説に基づき,通常休憩時間分布と合わせて,3種類の休憩時間分布を複合させた総休憩時間分布を推定する.最後に,推定モデルのパラメータを分 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 73(5), I_621-I_631, 2017

    J-STAGE 

  • ANALYSIS OF AN POTENTIAL ACCIDENT RISK USING CARGO COMMERCIAL VEHICLE PROBE DATA  [in Japanese]

    NAKAYAMA Tatsuki , NAKAMURA Toshiyuki , UNO Nobuhiro , SCHMÖCKER Jan-Dirk

    本研究では,速度超過による交通事故発生が多い名阪国道を対象にプローブデータを用いた潜在的な事故危険性の把握手法を構築するものである.本研究では特に商用車の走行軌跡データから速度推移に基づき,潜在的な事故危険性を伴う走行をクラスター分析により分類し,潜在的事故危険性を誘発している区間の抽出に二項ロジスティック回帰分析を適用した.分析の結果,当該路線における潜在的事故危険性の高い走行は安全な走行と比較 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 73(5), I_1093-I_1104, 2017

    J-STAGE 

  • An Analysis of Velocity Drop on Inter-City Expressways using ETC2.0 Probe Data  [in Japanese]

    MASUMOTO Hiroyuki , UNO Nobuhiro , YAMAZAKI Hiroki , KAMEOKA Hiroyuki , YAMAMOTO Kouji , YAMAMOTO Takashi

    本研究では,渋滞に至る前段階における自由流状態からの速度低下に着目し,その速度低下の要因を統計的に解析することを目指す.従来の車両検知器による解析と比較して空間的・時間的解像度を高く取り扱える特長を持つ ETC2.0 プロープ情報を活用し,道路線形・構造・および交通状態が交通流の速度に及ぼす影響を明らかにする.対象は東名高速道路の東名川崎 IC ~厚木 IC とし,渋滞の頻発箇所である大和 TN …

    JSTE Journal of Traffic Engineering 3(4), A_74-A_83, 2017

    J-STAGE 

  • Analysis on the Resting Behavior of Inter-urban Expressway Users with ETC2.0 Probe Data  [in Japanese]

    HIRAI Shoichi , XING Jian , KAI Shin-ichiro , HORIGUCHI Ryota , UNO Nobuhiro

    本研究は,都市間高速道路における休憩行動の実態が体系的には明らかではない背景の下,休憩行動のモデル化の前段として,ETC2.0 プローブデータの走行履歴情報を利用したトリップ毎の休憩行動データベース構築手法を検討し,休憩行動抽出に際しての走行履歴情報の特性把握,休憩行動の定量的な把握と,基礎分析を通じてモデル化に向けた知見の整理を行った。 休憩行動データベース構築にあたっては,非渋滞時では高い精度 …

    JSTE Journal of Traffic Engineering 3(4), A_36-A_45, 2017

    J-STAGE 

  • Survey and Data  [in Japanese]

    兵藤 哲朗 , 高宮 進 , 宇野 伸宏 [他]

    交通工学 = Traffic engineering 51(1), 34-38, 2016-01

  • An Analysis of Velocity Drop on Inter-City Expressways using ETC2.0 Probe Data  [in Japanese]

    増本 裕幸 , 宇野 伸宏 , 山﨑 浩気 , 亀岡 弘之 , 山本 浩司 , 山本 隆

    交通工学研究発表会論文集 36, 41-48, 2016

  • MODELING TOTAL RESTING TIME OF INTER-URBAN EXPRESSWAY USERS BASED ON THE ANALYSIS OF ETC TRIP DATA  [in Japanese]

    HIRAI Shoichi , XING Jian , HORIGUCHI Ryota , UNO Nobuhiro

    休憩施設改良による魅力度向上,休憩施設混雑情報の提供など休憩施設を活用した交通関連施策の評価のためには,高速道路利用者の行動変容の分析が必要であるが,そのうち,休憩行動の研究事例は少なく,実態は明らかではない.本研究では,都市間高速道路における休憩行動のモデル化,交通流シミュレーションへの実装,及び,休憩施設を活用した交通関連施策の評価への適用を目指している.もし,休憩行動モデルを交通シミュレーシ …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 72(5), I_661-I_671, 2016

    J-STAGE 

  • A BASIC ANALYSIS OF ROUTE CHOICE BEHAVIOR UNDER PROVISION OF INFORMATION ON HEAVY RAINFALL USING SP SURVEY  [in Japanese]

    MORII Kensuke , UNO Nobuhiro , NAKAMURA Toshiyuki , ODA Toshihiko , KURAUCHI Fumitaka , SHIMIZU Akihiko

    本研究では車載型ナビゲーションにおける豪雨発生に関する情報提供を想定し,ドライバーの経路選択にいかなる影響を及ぼすかについて検証するため,経路選択SP調査を組み込んだWebアンケートを実施した.従来型の経路誘導,被験者の経路に関する先験情報とともに,都市型豪雨発生に関する情報,冠水可能性情報による影響を,多項ロジット型の経路選択モデルのパラメータ推定を通じて統計的に検証を行った.分析の結果,豪雨が …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 72(5), I_1187-I_1197, 2016

    J-STAGE 

  • Analysis of the effect of the brake lamp on Car-following behavior  [in Japanese]

    山村 啓一 , 宇野 伸宏 , 中村 俊之

    交通工学研究発表会論文集 35, 389-395, 2015

  • Impact Study of Vehicle Behavior after Implementation of Traffic Safety Measures on Motorway with High Number of Traffic Accidents  [in Japanese]

    仙田 昂之 , 中村 俊之 , 宇野 伸宏 [他]

    交通科学 = Traffic science 46(1), 3-12, 2015

  • Evaluation of Car-Following Input Variables and Development of Three-Vehicle Car-Following Models with Artificial Neural Networks

    TANAKA Mitsuru , UNO Nobuhiro

    A four-layer artificial neural network (ANN) structure was set up in the models and a genetic algorithm (GA) and back-propagation methodology were utilized to customize individual driver's behavior. A …

    Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies 11(0), 1826-1841, 2015

    J-STAGE 

  • VEHICLE BEHAVIOR ANALYSIS WHEN THE SIGNAL PRE-WARNING SUPPORT INFORMATION IS PROVIDED USING DRIVING SIMULATOR  [in Japanese]

    NAKAYAMA Tatsuki , NAKAMURA Toshiyuki , UNO Nobuhiro , YAMAZAKI Hiroki , YAMAMURA Keiichi

    本研究は,追突事故削減を目的として,国道を模した道路の信号交差点を対象に,赤信号への切り替わり時におけるITS技術を活用した情報提供がドライバーの運転行動に与える影響について,ドライビングシミュレータ実験により収集したデータを用いて運転挙動の分析を行うものである.ITS技術を活用した情報提供として,本実験では車載器からの音声による情報提供に着目し,現在多くの国道で交通安全対策として実施されている看 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 71(5), I_865-I_874, 2015

    J-STAGE 

  • COMBINED MODE AND ROUTE CHOICE EQUILIBRIUM MODEL CONSIDERING HETEROGENEITY IN TRANSPORTATION CHOICES  [in Japanese]

    TOMINAGA Masahiro , SHIMAMOTO Hiroshi , UNO Nobuhiro , SCHMÖCKER Jan-Dirk , NAKAMURA Toshiyuki , YAMAZAKI Hiroki

    本研究では,交通機関選択特性の異質性を考慮した分担配分統合モデルを構築した.具体的には,旅行者を交通機関に対する選好やコストに対する感度をもとにして複数のクラスに分類し,各クラスの旅行者をネットワーク上に同時に配分する分担配分統合モデルを均衡問題として定式化した.<br>構築したモデルを簡易的な仮想ネットワークに適用し,モデルの性能に関する評価と旅行者の機関選択・配分に対する感度分析を …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 71(5), I_443-I_450, 2015

    J-STAGE 

  • A BEHAVIOURAL ANALYSIS ON EFFECT OF TREND INFORMATION OF TRAVEL TIME BY TAILOR-MADE STATED PREFERENCE SURVEY  [in Japanese]

    UNO Nobuhiro , NAKAMURA Toshiyuki , BABA Yusuke , YAMAZAKI Hiroki , KURAUCHI Fumitaka

    現在,ドライバーに提供されている旅行時間情報は現在情報に類するものであり,情報提供時の利用者の反応を考慮したいわゆる予測情報ではない.ITおよび観測技術の進展により,実際に現在情報としての所要時間情報に付加的に矢印により短期的な交通状態の変動を示す情報(傾向情報)をVMS等で提供するサービスが我が国の都市高速道路で開始されている.本研究では,所要時間に関する傾向情報提供について利用者の日常的な交通 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 71(5), I_467-I_479, 2015

    J-STAGE 

  • 1 / 4
Page Top