井出 成美 IDE Narumi

Articles:  1-20 of 29

  • 1 / 2
  • Actual condition survey on the practice research activities of public health nurses in public health centers  [in Japanese]

    杉田 由加里 , 石丸 美奈 , 松下 光子 , 石川 麻衣 , 井出 成美 , 緒方 泰子

    [要旨] 本研究の目的は,保健所保健師の業務研究への取組みの実態と業務研究を実施する上での推進条件を明らかにすることである.業務研究を,公表することを前提に保健師個人としてだけでなく組織として実施する,実践の改善をめざした研究活動とする.全国の保健所にて保健師業務を統括する保健師(リーダー保健師)495名への無記名自記式の郵送法による質問紙調査を実施した(2013年1月).調査項目は基本属性,取組 …

    千葉大学大学院看護学研究科紀要 = Journal of Graduate School of Nursing, Chiba University (40), 27-34, 2018-03

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Survey about the actual utilization of specific health checkup questionnaires during specific health guidance in municipalities  [in Japanese]

    杉田 由加里 , 井出 成美 , 石川 麻衣 , 池崎 澄江 , 中山 健夫

    [要旨] 平成20年より実施されている特定健康診査(以下,特定健診)では,標準的な質問票が提示され,特定保健指導での活用を意図した14の選択項目が示されている.本研究の目的は,市区町村において特定健診質問票のより効果的な活用に向け,特定健診の質問票における14の選択項目の採用状況,および特定保健指導における選択項目の活用状況の実態を明らかにすることである.全国の全市区町村1,741か所の特定健診・ …

    千葉大学大学院看護学研究科紀要 (39), 27-34, 2017-03

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Facts and future concerns about dementia supporter activities : On the basis of survey data obtained in gunma prefecture  [in Japanese]

    内田 陽子 , 井出 成美 , 小山 晶子 , 桐生 育恵 , 松井 理恵 , 尾池 久美子 , 亀ヶ谷 忠彦 , 横山 知行 , 佐藤 由美

    群馬保健学紀要 = Annals of Gunma University Graduate School of Health Sciences 37, 63-68, 2016

    Ichushi Web 

  • Grandparents' needs for support programs while caring for their grandchildren  [in Japanese]

    石井 邦子 , 井出 成美 , 佐藤 紀子 , 林 ひろみ

    研究目的は,乳児期にある孫を持つ祖父母の孫育児支援に対するニーズを明らかすることであった。孫の出産を控えたまたは1歳未満の孫育児に参加している祖父母11名に対し,これまでに受けた孫育児支援の実際や孫育児支援に望むことに関する半構成的面接を行い,孫育児に関する思いと孫育児支援に対するニーズ及び孫育児支援に対する反応に関連する文脈を抽出し,サブカテゴリー,カテゴリーを形成した。抽出されたコードは178 …

    千葉看護学会会誌 16(2), 27-34, 2011-01

    IR  Ichushi Web  Cited by (1)

  • The development of assessment guideline of empowerment of elderly constructing cultural mutually supportive caring network in community  [in Japanese]

    井出 成美 , 佐藤 紀子 , 山田 洋子 [他]

    The journal of cultural nursing studies 1(1), 3-11, 2009-03

    Ichushi Web 

  • THE EFFECTIVENESS AND RANGE OF ACTIVITIES OF THE PROGRAM FOR SUPPORTING GRANDPARENTS TAKING CARE OF GRANDCHILDREN  [in Japanese]

    石井 邦子 , 井出 成美 , 佐藤 紀子

    本報告の目的は,生後1年未満の孫の育児に関わっている祖父母を対象とした孫育児支援プログラムを試行し,孫育児支援プログラムの有用性や課題を提示することである。プログラムの目的は,祖父母と両親が育児方針を共有し,協力・役割分担できることにより,家族員の育児対処能力が向上し家族の関係性が良好になることであり,専門家による孫育児に関する情報提供,参加者同士の情報交換や自由討議等を実施した。データは自記式質 …

    千葉看護学会会誌 14(1), 107-114, 2008-06-30

    IR  Ichushi Web  Cited by (2)

  • DEVELOPMENT OF A SUPPORT PROGRAM FOR CHILD REARING FAMILIES WITH INFANTS:EVALUATION OF A FAMILY SUPPORT PROGRAM FOR MOTHERS AND INFANTS AT 1-3 MONTHS AFTER BIRTH  [in Japanese]

    前原 邦江 , 大月 恵理子 , 林 ひろみ , 井出 成美 , 佐藤 奈保 , 小澤 治美 , 佐藤 紀子 , 荒木 暁子 , 石井 邦子 , 森 恵美

    本研究の目的は,出産後1~3か月の母子とその家族への育児支援プログラムを考案し,実施,評価することである。初期プログラムは,(a)個々の家族員,(b)家族の関係性,(c)家族と社会の関係性に焦点をあてて,母親の育児対処能力を高めることを目的としたインファントマッサージ実習と,母親を介して家族に働きかける看護介入としてのグループディスカッションで構成される。研究参加に同意した2グループ,計9組の母子 …

    千葉看護学会会誌 13(2), 10-18, 2007-12-30

    IR  Ichushi Web  Cited by (2)

  • PUBLIC HEALTH NURSES' PRACTICAL KNOWLEDGE IN PREVENTIVE ACTIVITIES AGAINST LIFESTYLE-RELATED DISEASES:A META-SYNTHESIS STUDY.  [in Japanese]

    山田 洋子 , 井出 成美 , 宮﨑 美砂子

    本研究の目的は,行政保健師の生活習慣病予防活動の実践方法に関する論文の研究成果を統合することにより,人々の保健行動を促し生涯を通じた健康づくりを推進するための統合概念による新たな看護実践知を創出することである。Noblit & Hare, Patersonらが行ったメタ統合の手法を参考に,行政保健師が行う生活習慣病予防活動に関する6論文(修士論文1編と学術雑誌掲載論文5編)を一次論文として選定し知 …

    千葉看護学会会誌 12(2), 57-62, 2006-12-30

    IR  Ichushi Web 

  • PUBLIC HEALTH NURSES' PRACTICAL KNOWLEDGE ABOUT THE IMPROVEMENTS IN FAMILY COPING BEHAVIORS FOR CHILD-REARING : A META-SYNTHESIS OF QUALITATIVE STUDIES  [in Japanese]

    嶋澤 順子 , 佐藤 紀子 , 井出 成美

    本研究は,地域における子育て家族の育児対処能力向上に向けた保健師の援助に関する論文の研究成果をメタ統合(Metasynthesis)の手法によって統合し,新たな統合概念による育児支援の看護実践知を創出することを目的とした。Noblit & Hare, Barbara L. Patersonらが行ったメタ統合の手法を参考に,千葉大学大学院看護学研究科の地域看護学教育研究分野の修士・博士論文から,一次 …

    千葉看護学会会誌 12(2), 15-21, 2006-12-30

    IR  Ichushi Web 

  • COMMUNITY CHARACTERISTICS AND ACTIONS DETERMINED BY PHNS AS IMPORTANT TO THE LONG-TERM PREVENTATIVE CARE OF THE ELDERLY.  [in Japanese]

    井出 成美

    本研究は,介護予防サービスにおける保健師の認識を調べ,地域特性を反映させたサービス提供方法を明らかにすることを目的とした。41市町村の介護保険予防サービスの企画・運営の実践活動を対象に,資料調査・郵送自記式調査・半構成的面接調査により,介護予防サービスの企画運営に当たって,保健師が認識した地域特性,高齢者の支援課題,サービスの企画運営上の工夫を調べた。質的分析により,地域特性は「生活環境」に関する …

    千葉看護学会会誌 12(1), 86-93, 2006-06-30

    IR  Ichushi Web 

  • PUBLIC HEALTH NURSES' PRACTICAL KNOWLEDGE ABOUT THE ESTABLISHMENT OF CARE SYSTEMS IN ADMINISTRATIVE SETTINGS: A META-SYNTHESIS OF QUALITATIVE STUDIES.  [in Japanese]

    井出 成美 , 石川 麻衣 , 宮﨑 美砂子

    本研究は,地域を受け持つ行政保健師の立場から地域ケアシステム構築に関わる活動方法及び役割に関連する論文の研究成果をメタ統合(Meta-synthesis)の手法によって統合し,行政保健師の看護実践知を新たな統合概念によって創出することを目的とした。Noblit&Hare, Barbara L.Patersonらのメタ統合(Meta-synthesis)の手法を参考に,千葉大学大学院看護学研究科の地 …

    千葉看護学会会誌 11(2), 8-15, 2005-12-30

    IR  Ichushi Web  Cited by (1)

  • THE MEANING OF CULTURE ON COMMUNITY HEALTH NURSING: A LITERATURE REVIEW  [in Japanese]

    佐藤 紀子 , 井出 成美 , 宮﨑 美砂子

    日本文化を反映した地域健康支援の実践知を明らかにするにあたり,地域健康支援に関連する文献検討を行い,地域健康支援における「文化」の捉え方を検討した。方法は,(1)近隣領域のテキストおよび理論書に記載されている「文化」の記述の整理,(2)医学中央雑誌より「地域看護」,「地域保健」,「健康および地域」のそれぞれと「文化」の掛け合わせによる検索を行い,抽出文献を用いて健康支援と文化との関連の検討を行った …

    千葉看護学会会誌 11(1), 79-86, 2005-06-30

    IR  Ichushi Web 

  • THE CHARACTERISTIC OF NURSING CONCIDERATION AND ACTION IN PLANNING AND MANAGEMENT THE HEALTH AND WELFARE ADMINISTRATIVE SERVICES  [in Japanese]

    井出 成美

    本研究は,保健師の保健福祉行政サービスの事業化および運営管理における看護の特質を明らかにすることを目的とする。研究対象は,産褥期ヘルパー派遣と幼児言語教室の事業化および運営管理の活動事例である。サービスの事業化および運営管理の各過程における保健師の認識と行動を,面接調査,援助記録等の閲覧の方法で調べ,看護問題のアセスメント,看護目標,看護方法の3つの観点から,その特質を検討した。その結果,以下の特 …

    千葉看護学会会誌 10(1), 10-17, 2004-06-30

    IR  Ichushi Web  Cited by (3)

  • A review of Community Health Nursing Practicum : Focusing the Roles of Poblic Health Nurse on Quality Improvement of Home Care Service  [in Japanese]

    USHIO Yuko , YAMADA Yoko , IDE Narumi , MIYAZAKI Misako

    在宅ケアサービスの質の確保・向上に関わる行政保健婦・士の役割教育の充実に向けて,地域看護実習終了後の学生の学びの構成と,学びの基となった実習体験との関連を調べ,役割を伝える視点及びこれを伝えるために地域看護実習において強化すべき事項を明らかにした.その結果,保健婦・士の役割を伝える視点として,1個人及び家族を主体にした保健婦・士のかかわり,2サービス提供側の条件づくり,3サービス受領者である住民の …

    Journal of School of Nursing,Chiba University. (23), 47-51, 2001-03

    IR  Ichushi Web 

  • The Way of Approaching to the Quality of Life by Administrative Public Health Nurses  [in Japanese]

    MIYAZAKI Misako , IDE Narumi , YAMADA Yoko , TAKAYA Junko , HIRAYAMA Asako

    地域保健法体制下において,保健所保健婦・士の専門性を具現化している活動の実態とその活動展開過程における保健婦・士の考えを調べることにより,行政保健婦・士がどのような方法を用いて人々の生活の質に関わるか,その接近方法の特質を検討した.分析対象は,保健所保健婦・士が,機構改革後の担当業務において,保健婦・士らしい工夫や動き方ができたと自己評価した100事例の活動内容についての自由記載である。取り組んだ …

    Journal of School of Nursing,Chiba University. (23), 23-28, 2001-03

    IR  Ichushi Web 

  • Results of community health nursing education from the viewpoint of the content of the graduation thesis  [in Japanese]

    TAKAYA Junko , YAMADA Yoko , IDE Narumi , MIYAZAKI Misako , HIRAYAMA Asako

    1978〜1998年度に地域看護学教育研究分野において指導した卒業研究について,その特徴を調べることにより,教育の実績を調べた.その結果,過去21年間の卒業生のうち14.4%の学生の卒業研究を当教育研究分野が担当してきており,その全体像と研究指導内容及び今後充実するべき体制上の課題が確認できた.

    Journal of School of Nursing,Chiba University. (22), 51-55, 2000-03

    IR  Ichushi Web 

  • The survey of public health nurses' view on the baccalaureate education of community health nursing and on the support of their research by faculty members  [in Japanese]

    YAMADA Yoko , TAKAYA Junko , IDE Narumi , MIYAZAKI Misako , HIRAYAMA Asako

    本分野が,これまでに千葉県下の機関・施設の協力を得て実施してきた学部教育と保健婦・士に対して実施した業務研究・研修への支援について,保健婦・士の意見を調べた.肯定的否定的の両面からの反応があり,今後の課題として,1.保健婦・士との教育効果の共有,2.丁寧な実習前打合せの実施,3.卒業研究への協力依頼の強化,4.長期的な研究支援の可能性の検討,5.現場の実践活動理解への努力,6.保健婦・士の意見の継 …

    Journal of School of Nursing,Chiba University. (22), 45-49, 2000-03

    IR  Ichushi Web  Cited by (1)

  • THE CHARACTERISTICS OF NURSING FUNCTION IN THE ADMINISTRATION : A PUBLIC HEALTH NURSE'S ACTIVITIES IN THE TRANSITION OF THE ADMINISTRATIVE CONSTITUTION  [in Japanese]

    IDE Narumi

    近年,行政改革や地方分権などの流れや,急速する高齢少子社会への対策の必要性から,保健・福祉分野の行政サービスについても様々な変革が行われている.この変革の中にあって,自治体保健婦・士の役割の明確化を図るため,地域保健法施行による保健所等の機構改革が行われた直後における保健婦・士の実践活動例を報告する.機構改革によって,いわゆる保健婦・士業務以外の行政業務に従事する機会が増えるなどの状況下で,保健婦 …

    Journal of School of Nursing,Chiba University. (22), 25-31, 2000-03

    IR  Ichushi Web 

  • THE CHARACTERISTIC OF THE HEALTH CARE NEEDS CATCHED BY PUBLIC HEALTH NURSES IN THE COMMUNITY-BASED PRACTICE  [in Japanese]

    井出 成美

    行政サービスの中で機能する看護の特質を確認するための第一段階の研究として,保健婦(士)が,地域で一つの単位の活動を起こす過程で着目したニーズ(必要性)を分析した。保健婦(士)自身が「保健婦(士)らしい活動」と自己評価する5事例の活動の発端・意図・方法・成果を自由記述,面接調査で回答してもらい,援助が必要と考えた生活の営みの側面,対象,保健婦(士)と当事者の共有の状態,セルフケアの実践の状態を調べた …

    千葉看護学会会誌 5(2), 43-48, 1999-12

    IR  Ichushi Web 

  • A STUDY ON THE CHARACTERISTIC OF NURSING FUNCTION IN THE ADMINISTRATIVE SERVICE FROM THE VIEWPOINT OF PUBLIC HEALTH NURSES' CONCEPTION.  [in Japanese]

    井出 成美 , 宮﨑 美砂子 , 山田 洋子 , 高屋 順子 , 平山 朝子

    自治体で働く保健婦(士)31名から,保健婦(士)らしいと自己評価する活動をひとつ挙げてもらい,その活動における保健婦(士)らしさの自己評価理由等を調べ,行政サービスとして機能する看護の特質について,保健婦(士)の認識から検討した。21項目の自己評価理由が抽出でき,これらを,活動の対象の捉え方・活動過程の段階・行政職であることと看護職であることの使命の要素が含まれているかという観点で分析した結果,保 …

    千葉看護学会会誌 5(1), 71-77, 1999-07-30

    IR  Ichushi Web 

  • 1 / 2
Page Top