藤原 公昭 FUJIWARA Kimiaki

Articles:  1-13 of 13

  • Renewal policies of ICT facilities based on analysis on the current status of common use PCs and studies on the questionnaire for students at Nara University of Education  [in Japanese]

    藤原 公昭

    共同利用PCの活用の状況と学生の意見に関する調査を行った。学生は現状の共同利用PCにおおむね満足しているが、更に改善を要する点も多く指摘されている。現状の問題点と、更新計画の方向性について述べる。

    Bulletin of Center for Educational Research and Development (16), 217-223, 2007-03

    IR 

  • Report on the Status of E-Learning Development in Nara University of Education  [in Japanese]

    藤原 公昭

    奈良教育大学におけるe-learning 実施の経緯、現状、展望についてこれまでのプロジェクトをふまえて報告する。

    Bulletin of Center for Educational Research and Development (14), 183-187, 2005-03

    IR 

  • Study on Information Literacy Education for Multilanguage Users including International Students  [in Japanese]

    前田 広幸 , 頓宮 勝 , 澤田 田津子 [他] , 日高 佳紀 , 藤原 公昭 , 加藤 久雄

    本学学内LANの共用端末(Windows2000)機ユーザとしての基礎知識の教育のうち、複数言語(日本語と韓国語、日本語と簡体中国語、ほか)の表示と入力を行う方法について研究し、留学生をはじめとした多言語ユーザに対し、 WebPage上で提供する情報の準備を行った。本研究により開発された情報教育関連UNITは、本学における情報教育共通カリキュラム開発のページ(http://www.nara-edu …

    Bulletin of Center for Educational Research and Development (11), 211-213, 2002-03

    IR 

  • System Development for Usage and Management of the LAN Connection Facilities  [in Japanese]

    藤原 公昭 , 森田 景子

    講義棟などの情報コンセントを学生の利用に開放し、かつ利用状況の情報を収集するためのサーバーシステムを開発した。

    教育実践研究指導センタ-研究紀要 (9), 201-208, 2000-03

    IR 

  • A Case Study on Interaction in Distance Education in University  [in Japanese]

    藤原 公昭 , 小柳 和喜雄 , 小野 佳市 [他] , 松村 竹子

    本研究報告は、大学で可能となる遠隔教育を、とりわけ相互作用といった視点に着目しながら実践研究を積み重ねてきた試行の一部について報告している。大学で情報提供のツールとしてネットワークが活用されるだけでなく、学生が意味を構成していくツールとしてネットワークが活用される実践の蓄積を目指している。今回は、とりわけ今年度より、本学に設置されたSCS(Space Collaboration System)の活 …

    教育実践研究指導センタ-研究紀要 (9), 133-139, 2000-03

    IR 

  • A Practical Study on Distance Education Based on Evaluation of Lecture by Students in Univeristy  [in Japanese]

    小柳 和喜雄 , 藤原 公昭 , 柳沢 保徳 , 小野 桂市 , 加藤 久雄

    本報告は、昨年度から進めているセンタープロジェクト「大学における遠隔授業実践研究」の継続研究に位置する。教室での講義(オフラインの授業)に加えて、オンラインでの大学の授業を並列実践していく際、どのような相補可能性があり、課題があるのかを継続的に明らかにしていこうとしている。これまでのオフラインの授業内容・方法を、ただオンラインで行うというのではなく、教育内容の豊かな習得のためには、学生のニーズ、授 …

    教育実践研究指導センター研究紀要 (8), 173-181, 1999-03-31

    IR 

  • System Development and Evaluation of Syllabus on Line  [in Japanese]

    藤原 公昭 , 小柳 和喜雄

    Syllabus on line will open the doors of university education for both teachers and students who barely communicate with each other before and after lectures. Students will evaluate contents and method …

    教育実践研究指導センター研究紀要 (8), 109-123, 1999-03-31

    IR 

  • Exploring Effective Relationship Online Syllabus and Educational Materials on WWW  [in Japanese]

    FUJIWARA Kimiaki , OYANAGI Wakio

    日本教育工学会大会講演論文集 14, 475-476, 1998-09-26

    References (2)

  • An Experimental Study on Distance Education Practice in University  [in Japanese]

    小柳 和喜雄 , 藤原 公昭 , 菊池 徹平 , 柳沢 保徳

    現在、教育とテクノロジーの関係を問う様々な研究がなされている。それは、ネットワークや通信衛星を利用した授業を計画および実施し、その成果を報告しはじめている。通信を利用した、遠隔授業実践の研究が行われはじめているのである。そこで本研究では、このような遠隔授業実践研究の1つの試みとして、インターネットを利用した、教室の授業と遠隔授業の並列利用実践研究を行うものである。衛星を利用したリアルタイム映像・双 …

    教育実践研究指導センター研究紀要 (7), 209-228, 1998-03-31

    IR 

  • Nara University of Education - Educational Archive Database -Internet Access-  [in Japanese]

    藤原 公昭

    教育資料館において収集整理されてきた、各種の教育資料をデータベース化する作業が進行している。このデータベースはマルチメディアを活用し、インターネットを介してのアクセスが可能であり、全ての研究者、教育関係者に対して開放されている。

    教育実践研究指導センター研究紀要 (7), 169-176, 1998-03-31

    IR 

  • Dial-up IP Connections for Schools. A Project report.  [in Japanese]

    藤原 公昭

    県内の小中高校および関連機関を対象として、電話回線を用いたインターネットへの実験的接続(Dial-up IP接続)を行った。電子メール利用とWWWによる学校紹介のホ-ムページ作成がおもな利用形態であり、教室へのインターネット導入は今後の課題である。

    教育実践研究指導センター研究紀要 (6), 163-171, 1997-03-31

    IR 

  • Report on the Status of the Nara-Edu-NET, A Campus LAN in Nara University of Education  [in Japanese]

    藤原 公昭

    A local area network has been extended all over the Takabatake campus of the university since March 1995. Services from Internet, especially the E-Mail and the WWW, are becoming indispensable tools fo …

    教育実践研究指導センター研究紀要 (5), 149-158, 1996-03-31

    IR 

  • 映像メディア設備の整備状況と実験的作成の報告  [in Japanese]

    藤原 公昭

    従来の光学的メディア(35mmスライド、OHP)、ビデオテープ(VTR)に加えコンピューターグラフィックス(CG)を用いた静止画・動画の作成システムの整備を開始した。これによる自然科学系の素材VTRの作成過程とサンプルの教材作成の試行を報告する。また、LANによる学内外からの本設備の利用方式も考察する。

    教育実践研究指導センター研究紀要 (4), 157-168, 1995-03-31

    IR 

Page Top