神門 典子 KANDO Noriko

ID:1000080270445

国立情報学研究所 (2015年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  184件中 1-20 を表示

  • 質問回答事例およびウェブから収集したノウハウ知識の閲覧インタフェース

    井上 祐輔 , 今田 貴和 , 宇津呂 武仁 , 河田 容英 , 神門 典子

    <p>本論文では,質問回答事例および検索エンジン・サジェストを索引として収集され たウェブページの混合文書集合に対してトピックモデルを適用することにより, 話題のまとまりを生成し,それらの話題のまとまりからノウハウ知識を選定する. そして,選定されたノウハウ知識を閲覧するインタフェースを作成する.</p>

    人工知能学会全国大会論文集 JSAI2015(0), 2E15in-2E15in, 2015

    J-STAGE 

  • トピックモデルを用いた検索エンジン・サジェストの集約

    土井 俊弥 , 井上 祐輔 , 今田 貴和 , 宇津呂 武仁 , 河田 容英 , 神門 典子

    <p>本論文では,ウェブ検索者の関心事項に着目し,検索エンジン・サジェストを情 報源としてウェブ検索者の情報要求観点を収集し,集約を行う手法を提案する. 特に,サジェストを用いた検索によって収集されるウェブページ集合に対してト ピックモデルを適用し,ウェブページのクラスタリングを行うことによって,ウェ ブページに対応付けられたサジェストの集約を行う.</p>

    人工知能学会全国大会論文集 JSAI2015(0), 2H32in-2H32in, 2015

    J-STAGE 

  • 特定商品ジャンルにおける検索エンジン・サジェストの統計分布と市場シェアの相関分析

    今田 貴和 , 井上 祐輔 , 李 雪山 , 宇津呂 武仁 , 河田 容英 , 神門 典子

    <p>本論文では,検索エンジン・サジェストによって測定される関心事項の情報を最 大限に有効活用するタスクとして,特定商品ジャンルにおける製品・サービス等 の供給者である複数の企業の間で,検索における関心の度合いを比較するという タスクを設定する.そして,検索における関心の度合いが,実社会における市場 シェア統計との間でどの程度の相関を持つのかについて分析を行う.</p>

    人工知能学会全国大会論文集 JSAI2015(0), 2H31in-2H31in, 2015

    J-STAGE 

  • 冗長な情報要求観点の集約によるウェブ検索結果の集約

    井上 祐輔 , 今田 貴和 , 守谷 一朗 , 陳 磊 , 宇津呂 武仁 , 河田 容英 , 神門 典子

    <p>本論文では,検索対象に対して提示される検索エンジン・サジェスト(情報要 求観点)の冗長性に着目し,冗長な情報要求観点を集約することにより,検索 対象に対するウェブ検索結果を集約する.提案方式においては,各ウェブ検索 結果のURL・スニペットに対して,関連性の高いサジェスト(情報要求観点)を 付与し,付与されるサジェスト(情報要求観点)を極小化することにより,ウェ ブ検索結果を集約 …

    人工知能学会全国大会論文集 JSAI2014(0), 1I21in-1I21in, 2014

    J-STAGE 

  • ウェブ検索者の情報要求観点の集約と俯瞰におけるトピックモデルの有効性の評価

    守谷 一朗 , 今田 貴和 , 宇津呂 武仁 , 河田 容英 , 神門 典子

    <p>本論文では,検索対象に対して,検索エンジン・サジェストを通して収集され るウェブページの内容を集約・俯瞰するタスクにおいて,収集されるウェブペー ジ集合に対してトピックモデルを適用することにより話題の集約を行った結果 と,従来型の検索結果上位のスニペットとの比較を行い,トピックモデルを用 いた話題集約・俯瞰方式の有効性を評価する.</p>

    人工知能学会全国大会論文集 JSAI2014(0), 1I22in-1I22in, 2014

    J-STAGE 

  • 日中ブロガー・コミュニティの収集・俯瞰・対照分析 (データ工学)

    鄭 立儀 , 小池 大地 , 宇津呂 武仁 [他] , 河田 容英 , 神門 典子

    本論文では,日本語および中国語を対象として,プログ記事の書き手であるプロガーに注目し,数百人規模のプロガー集合のプログ記事に対してトピックモデルを適用することにより,プロガー集合をコミュニティへと分類する.そして,トピックモデルによって推定されたトピックを利用することにより,プロガー・コミュニティの傭職を行う.最後に,特定の分野を対象として,日中の間で,コミュニティの分布の違い,および,コミュニテ …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(150), 31-36, 2013-07-22

  • 日中ブロガー・コミュニティの収集・俯瞰・対照分析

    鄭 立儀 , 小池 大地 , 宇津呂 武仁 , 河田 容英 , 神門 典子

    本論文では,日本語および中国語を対象として,ブログ記事の書き手であるブロガーに注目し,数百人規模のブロガー集合のブログ記事に対してトピックモデルを適用することにより,ブロガー集合をコミュニティへと分類する.そして,トピックモデルによって推定されたトピックを利用することにより,ブロガー・コミュニティの俯瞰を行う.最後に,特定の分野を対象として,日中の間で,コミュニティの分布の違い,および,コミュニテ …

    情報処理学会研究報告. 情報学基礎研究会報告 2013-IFAT-111(6), 1-6, 2013-07-15

  • 日中ブロガー・コミュニティの収集・俯瞰・対照分析

    鄭 立儀 , 小池 大地 , 宇津呂 武仁 , 河田 容英 , 神門 典子

    本論文では,日本語および中国語を対象として,ブログ記事の書き手であるブロガーに注目し,数百人規模のブロガー集合のブログ記事に対してトピックモデルを適用することにより,ブロガー集合をコミュニティへと分類する.そして,トピックモデルによって推定されたトピックを利用することにより,ブロガー・コミュニティの俯瞰を行う.最後に,特定の分野を対象として,日中の間で,コミュニティの分布の違い,および,コミュニテ …

    情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告 2013-DBS-157(6), 1-6, 2013-07-15

  • ディジタルネイティブ世代の大学生の Web 情報探索行動による知識獲得の促進

    戸嶋 真弓 , 石川 哲朗 , 神門 典子

    ディジタルネイティブとは,生まれた時からインターネットやパソコンが身近に存在しており,それらを利用することに抵抗がなく,それ以前の世代とは行動特性の異なりが見られる世代のことを指す.本研究では,この世代に属する日本人の大学生が,授業において課題を行う場合,Web検索を用いる情報探索を促すことによって,知識の獲得にどのような特性を示すのかを,課題遂行前と課題遂行後の連想単語の変化に焦点を当てて調査し …

    情報知識学会誌 23(2), 286-291, 2013-05-25

    J-STAGE  参考文献6件

  • 大学入試センター試験は教科書の肯定的表現密度のみで解けるか

    狩野 芳伸 , 神門 典子

    「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトでは、最初の課題として大学入試センター試験の自動解答を目指している。本稿では、そのうち歴史系科目を対象とした解答器作成の試みを報告する。我が国の大学入試は、基本的に高校教科書の範囲内から出題されることになっている。しかし、人工知能が機械的に解くという観点でみると、範囲内というのは曖昧さがあるうえ、潜在的に人間の常識や知能を前提にしている。我々はあくまで教科書 …

    情報知識学会誌 23(2), 179-184, 2013-05-25

    J-STAGE  参考文献7件

  • デジタルネイティブ世代の大学生に対するコミュニティ教育と情報検索のあり方の可能性

    戸嶋 真弓 , 石川 哲朗 , 神門 典子

    人工知能学会全国大会論文集 27, 1-4, 2013

  • 質問応答システムとセンター試験解答フロー : Kachako対応による標準化・互換化

    狩野 芳伸 , 神門 典子

    人工知能学会全国大会論文集 27, 1-4, 2013

  • 質問応答システムでの解答に向けた大学入試問題の分析

    石下 円香 , 狩野 芳伸 , 神門 典子

    人工知能学会全国大会論文集 27, 1-4, 2013

  • 質問応答システムでの解答に向けた大学入試問題の分析

    石下 円香 , 狩野 芳伸 , 神門 典子

    <p>現在、大学入試問題を解くプロジェクトが進められている。試験問題を解く技術として、質問応答システムが利用できると考えられる。従来の質問応答システムで想定されている入力は、単文の質問文のみであったが、試験問題は構造が複雑である為、そのまま既存の質問応答システムに入力しても適切な解答が得られない。本稿では、質問応答システムで解くことを念頭に置いて、試験問題文の分析を行った結果について述 …

    人工知能学会全国大会論文集 JSAI2013(0), 2A46-2A46, 2013

    J-STAGE 

  • 質問応答システムとセンター試験解答フロー: Kachako対応による標準化・互換化

    狩野 芳伸 , 神門 典子

    <p>大学入試問題を解くための共有基盤として、質問応答システムおよびセンター試験解答・採点フローを互換コンポーネント化し、再利用性と自動化に着目してUIMA準拠・Kachako対応で実装したシステムを紹介する。</p>

    人工知能学会全国大会論文集 JSAI2013(0), 2A47-2A47, 2013

    J-STAGE 

  • デジタルネイティブ世代の大学生に対するコミュニティ教育と情報検索のあり方の可能性

    戸嶋 真弓 , 石川 哲朗 , 神門 典子

    <p>本研究は、デジタルネイティブ世代の大学生が、課題を行う際にWeb検索を行うことを明示的に示唆されることで、課題を遂行する行動にどのような変化が生じたかということを検討したものである。40週間の長期観察グループと18週間の短期観察グループにそれぞれWeb検索を明示的に示唆したところ、Web検索を明示的に示さなかったグループと比べ、グループ全体と個人のパフォーマンスに量的・質的に顕著 …

    人工知能学会全国大会論文集 JSAI2013(0), 1B36-1B36, 2013

    J-STAGE 

  • Wikipediaカテゴリを用いたWikipediaとGeoNames間のリンク発見とメンテナンス

    吉岡 真治 , 劉 亦奇 , 神門 典子

    近年,地理情報を扱う情報システムの増加にともない,地理情報に関するデータベースへのニーズが高まっている. GeoNames は, Open Data としては,最大規模の地理情報データベースである.本データベースを Linked Open Data として Wikipedia の情報を媒介として関連づけることにより, Web Ontology の開発などに役立てられている.ただし, GeoName …

    情報処理学会論文誌データベース(TOD) 5(3), 141-148, 2012-09-28

    情報処理学会 

  • コミュニティQAを用いたクエリ拡張のためのコンテキスト抽出に関する一考察

    大塚 淳史 , 関 洋平 , 神門 典子 [他]

    日本データベース学会論文誌 11(1), 1-6, 2012-06

  • NTCIR-9総括と今後の展望

    酒井 哲也 , 上保 秀夫 , 神門 典子 , 加藤 恒昭 , 相澤 彰子 , 秋葉 友良 , 後藤 功雄 , 木村 文則 , 三田村 照子 , 西崎 博光 , 嶋 秀樹 , 吉岡 真治 , Shlomo Geva , Ling-XiangTang , Andrew Trotman , Yue Xu

    NTCIR (エンティサイル) は国立情報学研究所 (NII) が主催する情報アクセス技術の評価型ワークショップシリーズで,1999 年以来一年半サイクルで開催されている.第 9 回ワークショップ (NTCIR-9) が 2011 年 12 月に終わり,第 10 回 (NTCIR-10) の採択タスクが今年 1 月にアナウンスされたところである.本稿では,NTCIR-9 の簡単な総括を行うととも …

    研究報告デジタルドキュメント(DD) 2012-DD-85(5), 1-15, 2012-03-19

ページトップへ