山田 孝子 Takako Yamada

ID:1000080272053

関西学院大学総合政策学部メディア情報学科 Kwansei Gakuin University (2009年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 31

  • 1 / 2
  • A Pedestrian Model for Urban Shopping Area Based on Categorized Shop Data  [in Japanese]

    KATOU Ken'ichi , YAMADA Takako

    都市の中心市街地において買い物を行いながら回遊する歩行者の行動モデルを提案する。歩行者は業種訪問順序をシナリオとしてもち、ブロック単位に分割されたと新商業地域を、商圏モデルに基づき業種別商業集積と現在地からの距離によって確率的に街区を選択しつつ回遊する。街区選択を業種別の商業集積規模に応じて行うことで、書店などの比較的小規模でも成立しうる業種の施設立地を回遊行動に反映させうることが期待される。青森 …

    Journal of the City Planning Institute of Japan 44(2), 8-14, 2009-10-25

    J-STAGE  References (7) Cited by (1)

  • A Pedestrian Model for Urban Shopping Area Based on Categorized Shop Data  [in Japanese]

    加藤 憲一 , 山田 孝子

    中心市街地を買い物を行いながら歩行する回遊モデルを提案する.歩行者は業種訪問順序をシナリオとしてもち,ブロック単位に分割されたと新商業地域を,商圏モデルに基づき業種別商業集積と現在地からの距離によって確率的に選択をおこないつつ回遊する.青森市と山形市中心市街地を例に歩行者通行量の実測値を用いて商業集積規模の誘引と距離のパラメータの設定を行った.中心市街地の規模やブロックごとの商業集積の業種分布の違 …

    Working papers series. Working paper (41), 1-7, 2008-06

    IR 

  • The SOHO Communities and the Role of Coordinators in Mitaka City  [in Japanese]

    MAEDA Takamasa , YAMADA Takako , TANAKA Kenji

    情報通信学会誌 24(3), 55-66, 2007-01-25

    References (15)

  • 2-A-2 業種別商業集積に基づく中心市街地の買い物回遊モデル(都市・地域(4))  [in Japanese]

    KATOU Ken'ichi , YAMADA Takako , KURODA Kengo

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集 2006, 168-169, 2006-09-12

  • Management of SOHO Office in Mitaka City based on hearing survey  [in Japanese]

    前田 隆正 , 山田 孝子

    Annals of the Japan Association of Regional Policy Scientists (4), 271-278, 2006-03

  • 2-D-7 公開データに基づく企業社会貢献活動の特徴把握と分類(経営関連モデル(2))  [in Japanese]

    KIHARA Yukimitsu , KATOU Ken'ichi , YAMADA Takako

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集 2005, 216-217, 2005-09-14

  • 2-C-7 地形を考慮したオリエンテーリングのルート探索の検討(公共関連(1))  [in Japanese]

    SUGI Michitaro , KATOU Ken'ichi , YAMADA Takako

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集 2005, 194-195, 2005-09-14

  • 公開データを用いた企業社会貢献活動の定量的特徴抽出法(マーケティングほか)  [in Japanese]

    KIHARA Yukimitsu , YAMADA Takako , KATOU Ken'ichi

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集 2004, 264-265, 2004-09-08

  • A Mobile Communication Simulation Based on Urban Space and User Behavior  [in Japanese]

    YAMADA Takako , KANEKO Masashi

    本報告では、実際の都市の道路や鉄道を含む都市空間、利用者の再呼を含む行動をモデルに取り込んだ移動通信シミュレーションシステムとこれを用いた基地局配置問題を扱う。本シミュレーションシステムでは、従来の解析的なモデルで取扱いが困難な歩行者の移動や交差点等での滞留、電車からの集団到着や退去などを扱うことができる。今回はこのシミュレーション上で再呼を含むより実際の通話行動に近い利用者行動をモデル化し、地理 …

    IEICE technical report. Information networks 104(121), 25-30, 2004-06-11

    References (6)

  • 移動体通信における性能評価のための都市空間を考慮した歩行モデルの構築(情報・通信(1))  [in Japanese]

    KANEKO Masashi , YAMADA Takako , KATOU Ken'ichi

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集 2004, 84-85, 2004-03-17

  • P2Pシステムにおけるユーザ行動が性能に与える影響について(情報・通信(1))  [in Japanese]

    JUKUROKI Taiichi , YAMADA Takako , KATOU Ken'ichi

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集 2004, 82-83, 2004-03-17

  • 移動通信網におけるDecomposition法による呼損率の近似精度に対するユーザー偏在の影響(待ち行列(1))  [in Japanese]

    TAKAHASHI Misa , YAMADA Takako , TAKAHASHI Yukio

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集 2003, 338-339, 2003-09-10

  • Approximation of call loss probability in IMT-2000 systems with non-uniform user distribution  [in Japanese]

    TAKAHASHI Misa , YAMADA Takako , TAKAHASHI Yukio

    移動通信網における呼損率の算出は,ユーザーの通信する基地局のみならず周辺基地局の状態を勘案する必要があるといわれているが,システムの規模が大きくなるにつれ難しくなる.大規模な通信網において,ユーザー分有が一様な領域では基地局ごとの独立性を仮定し近接基地局からのユーザーのあふれを近似的に取り入れアーラン呼損式を用いるDecomposition法が有用である.一方,ユーザーの偏在する領域ではDecom …

    IEICE technical report. Information networks 103(124), 47-52, 2003-06-13

    References (10)

  • 広告媒体利用分析と広告効率性について : コンパクトカーを例として(AHP・DEA)  [in Japanese]

    YAMADA Tsuyoshi , YAMADA Takako , UNO Hitoshi

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集 2003, 230-231, 2003-03-18

  • On Base Station Allocation Policy in IMT-2000 System  [in Japanese]

    TAKAHASHI Misa , YAMADA Takako , TAKAHASHI Yukio

    近年の携帯電話の爆発的な普及と利用の多様化に対応するため移動通信システムは著しく変化し,IMT-2000システムではCDMA方式が採用される。本稿では,地域内に偏在する移動通信ユーザーの分布を考慮して,基地局の配置をどのような設置政策を用いて行うとよいか,という問題を扱う.ここでは,基地局をひとつずつ配置していく逐次設置政策を考え,山形市を例に,本文で提示する比較的簡単なアルゴリズムにより人口密度 …

    IEICE technical report. Antennas and propagation 102(49), 7-12, 2002-05-10

    References (8)

  • On Base Station Allocation Policy in IMT-2000 System  [in Japanese]

    TAKAHASHI Misa , YAMADA Takako , TAKAHASHI Yukio

    近年の携帯電話の爆発的な普及と利用の多様化に対応するため移動通信システムは著しく変化し,IMT-2000システムではCDMA方式が採用される。本稿では,地域内に偏在する移動通信ユーザーの分布を考慮して,基地局の配置をどのような設置政策を用いて行うとよいか,という問題を扱う.ここでは,基地局をひとつずつ配置していく逐次設置政策を考え,山形市を例に,本文で提示する比較的簡単なアルゴリズムにより人口密度 …

    Technical report of IEICE. SAT 102(51), 7-12, 2002-05-10

    References (8)

  • A Fuzzy Admission Control Scheme and Its Performance Evaluation

    Leonard Barolli , Akio Koyama , Takako Yamada , Shoichi Yokoyama , Takuo Suganuma , Norio Shiratori

    In high-speed networks the traffic control design becomes an important challenge because of the diverse services support and the need for an efficient network resouce engineering. To cope with rapidly …

    Transactions of Information Processing Society of Japan 42(12), 3213-3221, 2001-12-15

    IPSJ  References (10) Cited by (1)

  • A Fuzzy Based Equivalent Capacity Estimation Method for Bandwidth Allocation in High-speed Networks

    Leonard Barolli , Akio Koyama , Takako Yamada , Shoichi Yokoyama , Takuo Suganuma , Norio Shiratori

    The dynamic nature of high-speed networks posesdifficult traffic control problems when trying to achieveefficient use of network resources. One such problemis the issue of bandwidth management allocat …

    Transactions of Information Processing Society of Japan 42(8), 2167-2175, 2001-08-15

    IPSJ  References (10) Cited by (1)

  • A note on base station allocation policy in the wireless CDMA system with a consideration of population variation  [in Japanese]

    TAKAHASHI Misa , YAMADA Takako , TAKAHASHI Yukio

    近年の携帯電話の爆発的な普及と利用の多様化に対応するため移動体通信システムは著しく変化し, 現在の第2世代システムのTDMA方式に対し第3世代システムではCDMA方式が採用される. 本論では, サービス可能なユーザ数の観点からCDMA方式における平均基地局容量を検討する. まずデータ伝送レートと拡散符号数の制約を取り上げ, それらが平均基地局容量に与える影響を整理する. さらにSN比を検討すること …

    IEICE technical report. Information networks 101(123), 35-40, 2001-06-22

    References (1) Cited by (2)

  • A Simulation System for Allocation of Base Stations in Mobile Communication Networks: A Case Study

    Takako Yamada , Yukio Takahashi , Leonard Barolli

    In actual mobile communication networks the distribution of users' locationsin a service area is not uniform.In the daytime they are concentrated in specific cells that coverbusiness areas and at ni …

    Transactions of Information Processing Society of Japan 42(2), 276-285, 2001-02-15

    IPSJ  References (10) Cited by (2)

  • 1 / 2
Page Top