山本 智子 YAMAMOTO Tomoko

ID:1000080305169

鹿児島大学水産学部附属海洋資源環境教育研究センター Faculty of Fisheries Sciences, Kagoshima University (2010年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-2 of 2

  • Relative contribution of environmental and spatial processes on determining community structure : a comparison among taxa in rocky intertidal assemblages(<Feature>Species distribution, dynamics and ecological traits: a macroecological perspective)  [in Japanese]

    Okuda Takehiro , Noda Takashi , Yamamoto Tomoko , Hori Masakazu , Nakaoka Masahiro

    マクロ生態学で対象とされる様な大きな空間スケールでは、生物群集は内外に環境の不均一性を持つパッチ状の生息地に分布しており、これらのパッチ間では生物や物質の移動が生じる開放系として存在している。近年になり、開放系における野外実証研究や理論モデルが発展してきており、群集構造決定における生息地の環境の影響(環境プロセス)と空間構造の影響(空間プロセス)の相対的重要性もたびたび議論の的となっている。生物の …

    JAPANESE JOURNAL OF ECOLOGY 60(2), 227-239, 2010

    JASI  J-STAGE  References (53) Cited by (3)

  • Seven rarity classes in rocky intertidal algal assemblages along the Northwestern Pacific coast of Japan  [in Japanese]

    NODA Takashi , FUKATSU Yukie , OKUDA Takehiro , HORI Masakazu , NAKAOKA Masahiro , YAMAMOTO Tomoko

    岩礁潮間帯生物では希少種の保全に必要な情報はごく限られている.そこで太平洋岸の岩礁潮間帯の海藻を対象にRabinowitz (1981)による希少性分類を適用し, 各カテゴリー間で含まれる種の生物学的特徴の違いと, 海岸ごとの希少種数と群集の特徴の関係を検討した.北海道から九州までの太平洋岸に1500コドラートを設定し, 2003年春と夏に2回, 出現種と総被度を調べた.種名が判明した真潮間帯種で …

    Japanese Journal of Conservation Ecology 10(1), 1-10, 2005

    J-STAGE  References (28) Cited by (1)

Page Top