桝井 文人 MASUI Fumito

ID:1000080324549

北見工業大学 工学部 情報システム工学科 Department of Computer Science, Kitami Institute of Technology (2010年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 80

  • 1 / 4
  • WWW-based Figurative Descriptions for Japanese Word  [in Japanese]

    MASUI Fumito , RZEPKA Rafal , KIMURA Yasutomo , FUKUMOTO Jun-ichi , ARAKI Kenji

    論文では,クエリ語に対して説明文や定義文を回答する代わりに,WWWから収集した断片知識を使って比喩的に素描する手法を提案する.提案手法は,直喩表現を生成する指標パターンを利用して,WWWから大量の名詞句の関係を収集する.そしてこれらの情報に基づいて,デスクリプタと呼ばれる,クエリ語を描写する断片知識を獲得する.各デスクリプタの一般性と局所性を考慮してその記述力を推定し,これに基づいてランキングして …

    Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics 22(6), 707-719, 2010-12-15

    IR  J-STAGE  References (25)

  • Construction of automatic exercises system utilizing knowledge in daily report  [in Japanese]

    田中 伸一 , 桝井 文人 , 中山 慎司 [他]

    Journal of the Society of Plant Engineers Japan 21(2), 60-66, 2009-09

  • Collecting Accurate Word Description Data on Psychological Experiments  [in Japanese]

    KOJIMA Tetsuya , MASUI Fumito , ISU Naoki , KAWAI Atsuo

    語彙を把握するには,対象となる語句の周辺知識が必要となる.これまでの研究から,「AのようなB」という構文パターンを用いることでWWWからディスクリプタを抽出できることが分かってきた.しかし,ディスクリプタをただ提示するだけでは,クエリをイメージし難いだろう.そこで我々は,クエリとディスクリプタの関係を示すことで,クエリの理解を促せるのではないかと考えた.そのための準備として被験者を用いた心理学実験 …

    IEICE technical report 109(142), 21-24, 2009-07-15

    References (14)

  • Detection of harmful information in school informal sites  [in Japanese]

    MATSUBA Tatsuaki , SATOMI Naohiro , MASUI Fumito , KAWAI Atsuo , ISU Naoki

    近年,ネット上で特定の個人に対して誹謗中傷を行う「ネット上のいじめ」が発生している.この事態に対応するため,学校関係者,教育委員会等がネット上のいじめを監視するネットパトロールが行われている.しかし,無数に存在する掲示板,ブログ等を人手で監視しており,濫視者の負担は大きい.そこで,本研究ではネットパトロールを支援するためのシステムの研究を行う.今回は,SVMを利用した有害情報検出手法について述べる …

    IEICE technical report 109(142), 93-98, 2009-07-15

    References (7)

  • Evaluation Task of Question Answering for Information Access Dialogues  [in Japanese]

    KATO TSUNEAKI , FUKUMOTO JUN'ICHI , MASUI FUMITO , KANDO NORIKO

    Journal of natural language processing 15(3), 53-75, 2008-07-10

    References (29)

  • Evaluation of Question-answering-related Technologies in NTCIR  [in Japanese]

    Mori Tatsunori , Fukumoto Jun'ichi , Kato Tsuneaki , Masui Fumito , Sasaki Yutaka , Chen Hsin-Hsi , Chen Kuang-hua , Lin Chuan-Jie , Mitamura Teruko , Nyberg Eric , Kando Noriko

    本稿では,国立情報学研究所が主催する評価型ワークショップであるNTCIRにおいて実施された質問応答技術の評価について解説をするとともに,現在進行中の言語横断情報アクセス技術に関する新しい評価の枠組であるACLIA(Advanced Cross-lingual Information Access)について述べ,情報アクセス技術の評価に関する今後を展望する.

    IPSJ SIG Notes 2008(4), 43-50, 2008-01-21

  • Evaluation of Question-answering-related Technologies in NTCIR  [in Japanese]

    MORI Tatsunori , FUKUMOTO Jun'ichi , KATO Tsuneaki , MASUI Fumito , SASAKI Yutaka , CHEN Hsin-Hsi , CHEN Kuang-hua , LIN Chuan-Jie , MITAMURA Teruko , NYBERG Eric , KANDO Noriko

    本稿では,国立情報学研究所が主催する評価型ワークショップであるNTCIRにおいて実施された質問応答技術の評価について解説をするとともに,現在進行中の言語横断情報アクセス技術に関する新しい評価の枠組であるACLIA(Advanced Cross-lingual Information Access)について述べ,情報アクセス技術の評価に関する今後を展望する.

    IPSJ SIG Notes 89, 43-50, 2008-01-21

    References (18) Cited by (3)

  • 21-8 Effects of Sound Moving along with Images on Visually-Induced Motion Sickness  [in Japanese]

    OGAWA Hiroya , MIYAZAWA Jin , MASUI Fumito , KAWAI Atsuo , ISU Naoki

    Sound effects on the vection, presence, and discomfort induced by 3D movies were examined. Synchronized sound with screen images enhanced vection and presence without affecting visually-induced discom …

    PROCEEDINGS OF THE ITE ANNUAL CONVENTION 2008(0), _21-8-1_-_21-8-2_, 2008

    J-STAGE 

  • 21-7 Effects of Vision on Riding Comfort in a Rolling Car.  [in Japanese]

    TSUJI Hitoshi , KUZUMAKI Yumi , OGAWA Hiroya , KAWAI Atsuo , MASUI Fumito , ISU Naoki

    We examined visual effects on riding comfort in a oscillating car. Subjects were provided with roll oscillation of the body and the internal and/or external view of the car. The riding comfort was low …

    PROCEEDINGS OF THE ITE ANNUAL CONVENTION 2008(0), _21-7-1_-_21-7-2_, 2008

    J-STAGE 

  • 21-6 Development of onboard displays equipped with countermeasures against carsickness.  [in Japanese]

    NAKANISIH madoka , MORIMOTO Akihiro , TSUJI Hitoshi , DOUNISHI Yukiko , SUGIURA Yuki , MASUI Humito , KAWAI Atsuo , ISU Naoki

    We aimed to develop onboard display that inhibits the incidence of carsickness. The display was designed to reduce visuo-vestibular sensory conflict by causing a sensation of self-motion coincident wi …

    PROCEEDINGS OF THE ITE ANNUAL CONVENTION 2008(0), _21-6-1_-_21-6-2_, 2008

    J-STAGE 

  • 21-5 Display designs of onboard TVs reducing car sickness that is induced by acceleration/deceleration  [in Japanese]

    MORIMOTO Akihiro , TSUJI Hitoshi , NAKANISHI Madoka , SUGIURA Yuka , DOUNISHI Yukiko , MASUI Fumito , KAWAI Atsuo , ISU Naoki

    This study proposes two display designs of onboard TVs for reducing car sickness when watching TV in a car. Both display designs induce linear vection according to acceleration/deceleration in distinc …

    PROCEEDINGS OF THE ITE ANNUAL CONVENTION 2008(0), _21-5-1_-_21-5-2_, 2008

    J-STAGE 

  • A-20-15 Devised Ways of Onboard Display to Reduce Carsickness  [in Japanese]

    Tsuji Hitoshi , Morimoto Akihiro , Hidaka Noritaka , Piao Dan , Koyama Akihiro , Masui Fumito , Kawai Atsuo , Isu Naoki

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 2007年_基礎・境界, 236, 2007-08-29

  • A study on question analysis process to construct more robust Question Answering System  [in Japanese]

    ISHIDA Kenji , MASUI Humito , KAWAI Atuo , ISU Naoki , FKUMOTO Junichi , KATO Tuneaki , MORI Tatunori

    本稿ではQAシステム高度化を目的とした質問文解析過程について考察する.人間の情報アクセス処理の負荷を軽減するようなQAシステム実現のためには,人間がQA処理を行う過程において,どのような操作とコストが存在し得るかを把握する必要がある.そこで人間によるQAタスクを実施した.特に,質問文解析過程で見られるクエリ操作と人間にとってのコストの関係について分析した.分析結果に基づき,人間にとっての操作コスト …

    IEICE technical report 106(517), 61-66, 2007-01-23

    References (12)

  • Basic Analysis on Model to Distinct Property for Detection of Salience  [in Japanese]

    MORITA Yusuke , MASUI Fumito , KAWAI Atsuo , ISU Naoki

    本論文では顕現属性値の多段階識別自動化の可能性について検討を行う.顕現属性値とは,『リンゴ』に対する『甘い』『赤い』のような概念の持つ典型的な特徴を指す.我々は,顕現属性値は多段階に識別することが可能であるという仮説に基づき,予備調査として人間を対象とした連想実験を行った.実験結果を分析したところ,仮説の正当性が支持された.次に,自動的に顕現属性値を多段階に識別する手法について検討した.そして,自 …

    IEICE technical report 106(517), 49-54, 2007-01-23

    References (13) Cited by (1)

  • Effectiveness of Relative Expressions for Trend Information Extraction  [in Japanese]

    IMAOKA Hirotaka , MASUI Fumito , KAWAI Atsuo , ISU Naoki

    本論文では, 新聞記事における相対表現の調査および動向情報抽出のための相対表現の利用効果について議論する. 相対表現とは, 『12%増』『昨年』『第一位』のように, 動向に関連した数量表現や時間表現において数値の相対的差異や数値変動を示す表現である. 相対表現の処理が可能となれば, テキストからの動向情報抽出はより効率的に行える. 我々は, 新聞記事中に出現する相対表現を調査し, 相対表現の役割と …

    Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics 18(5), 735-744, 2006-10-15

    J-STAGE  References (6) Cited by (1)

  • An Automatic Evaluation of Question Answering using Basic Element  [in Japanese]

    Fukumoto Jun'ichi , Kato Tsuneaki , Masui Fumito , Mori Tatsunori , Kando Noriko

    質問応答技術においては,factoid型の名称が回答となる質問についての評価が主に行われてきた.しかしながら,factoid型を超える質問は回答が文レベルなど長い表現となり,あらかじめ与えられた正解とのマッチングのみでは評価が難しいといった問題があった.本稿では,要約の自動評価に用いられてきたBasic Elementを質問応答の評価に適用することでこの問題を解決する試みについて述べる.本評価はN …

    IPSJ SIG Notes 2006(94), 71-78, 2006-09-12

  • An Automatic Evaluation of Question Answering using Basis Element  [in Japanese]

    FUKUMOTO Jun'ichi , KATO Tsuneaki , MASUI Fumito , MORI Tatsunori , KANDO Noriko

    質問応答技術においては,factoid型の名称が回答となる質問についての評価が主に行われてきた.しかしながら,factoid型を超える質問は回答が文レベルなど長い表現となり,あらかじめ与えられた正解とのマッチングのみでは評価が難しいといった問題があった.本稿では,要約の自動評価に用いられてきたBasic Elementを質問応答の評価に適用することでこの問題を解決する試みについて述べる.本評価はN …

    IPSJ SIG Notes 84, 71-78, 2006-09-12

    References (12) Cited by (1)

  • K_057 Evaluation of reducing methods of car sickness severity by using end-tidal CO2 pressure as an index  [in Japanese]

    Hidaka Noritaka , Morimoto Akihiro , Okumura Tomohiro , Piao Dan , Araki Yusuke , Masui Fumito , Kawai Atsuo , Isu Naoki

    情報科学技術フォーラム一般講演論文集 5(3), 505-506, 2006-08-21

  • F_026 The Effects of Movability of Visual Objects and Subjective Vertical Direction on Visually-Induced Motion Sickness  [in Japanese]

    Onishi Kuniaki , Otani Masayo , Masui Fumito , Kawai Atsuo , Isu Naoki

    情報科学技術フォーラム一般講演論文集 5(2), 305-306, 2006-08-21

  • E_025 A Method for Distinguishing English Mass and Count Nouns with Target-Independent Rules  [in Japanese]

    Wakana Takahiro , Nagata Ryo , Kawai Atsuo , Masui Fumito , Isu Naoki

    情報科学技術フォーラム一般講演論文集 5(2), 201-204, 2006-08-21

  • 1 / 4
Page Top