林 友直 Hayashi Tomonao

ID:1000090013622

東京大学 (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 76

  • 1 / 4
  • 岡村総吾先生を偲んで(追悼抄)  [in Japanese]

    林 友直

    The Journal of the Institute of Electronics, Information, and Communication Engineers 97(2), 160, 2014-02-01

  • Semi-real time tracking system of Japanese black bears using low earth orbit satellite communications  [in Japanese]

    YAMAZAKI Koji , HAYASHI Naotomo , YOKOYAMA Koji , HOSOKAWA Shigeru , KOFUJI Koji , KINOSHITA Shunichi , KOZAKAI Chinatsu , KOIKE Shinsuke

    既存のGPS首輪による野生動物の追跡システムに存在する課題の改善,すなわち位置測位データの取得を即時性をもって安価に確立することを目的に,クジラ類の地球規模での行動追跡を目的に打ち上げられた低価格国産低軌道衛星(鯨生態観測衛星:WEOS)の発展的利用として,陸生哺乳類であるツキノワグマ位置情報のセミリアルタイム送受信システムの試験を行った.ツキノワグマに装着する首輪型の国産GPS受信機で求めた緯度 …

    Honyurui Kagaku (Mammalian Science) 48(2), 237-243, 2008-12-30

    J-STAGE  References (5)

  • Movement Monitoring System with Satellite  [in Japanese]

    HAYASHI Tomonao , OKAMOTO Yoshiwo , YOKOYAMA Koji , MASUMOTO Yoshinari

    Journal of Japan Institute of Electronics Packaging 11(7), 499-507, 2008-11-01

    References (9)

  • Determination of Satellite Orbital Elements by means of On-Board GPS Receiver and Its Verification  [in Japanese]

    OKAMOTO Yoshiwo , HAYASHI Tomonao , YOKOYAMA Koji , HOSOKAWA Shigeru , MASUMOTO Yoshinari

    衛星搭載のGPS受信機によって間欠的に実測される衛星位置と,SGP軌道モデルを使って軌道要素から計算される衛星位置との二乗誤差が最小となるように軌道要素を最適化し,その結果を再度SGP軌道モデルに入力して任意の時刻における衛星の位置と速度の補間計算を試みた.クジラ生態観測衛星WEOSに搭載されたGPS受信機からのデータに本手法を適用した結果,2時間程度にわたって数分間隔で測定された位置を使えば,そ …

    The IEICE transactions on communications B 89(7), 1215-1223, 2006-07-01

    References (11) Cited by (1)

  • 静電植毛法による広帯域光低反射率面の形成に関する研究  [in Japanese]

    関井 康雄 , 林 友直

    千葉工業大学プロジェクト研究年報 3, 149-152, 2006

  • Whale Ecology Observation Satellite System and Its Applications  [in Japanese]

    Hayashi Tomonao , Okamoto Yoshiwo , Yokoyama Koji , Hosokawa Shigeru , Tomita Hideho , Masumoto Yoshinari

    鯨生態観測衛星(WEOS, 観太くん)は2002年12月14日に種子島宇宙センターからH-IIA-4号機により、高度800kmの太陽同期軌道に打ち上げられ、それ以来千葉工業大学津田沼キャンパスに設けられた地上管制装置によりデータ取得が順調に続けられている。鯨に対する生態観測プローブの取り付けはいまだ成功していないが、数多くの試行により装着の見通しが得られつつある。ここでは衛星、地上系、プローブとそ …

    Technical report of IEICE. SANE 105(102), 13-20, 2005-05-20

    References (10)

  • Light Reflectance Measurement of Flocked Surface Using Carbon Fiber Pile  [in Japanese]

    ISAKA Tsutomu , HASEGAWA Shoichi , TERASHIMA Shunsuke , SEKII Yasuo , HAYASHI Tomonao

    Journal of the Institute of Electrostatics Japan 29(2), 118-123, 2005-04-22

    References (7)

  • Cost-Effective Development for Whale Ecology Observation Satellite System  [in Japanese]

    HAYASHI Tomonao , YOKOYAMA Koji , HOSOKAWA Shigeru , MASUMOTO Yoshinari

    小型衛星である鯨生態観測衛星(WEOS: Whale Ecology Observation Satellite)は,H-IIAロケットにより太陽同期軌道に投入された.WEOSの目的は,鯨に装着したプローブからの信号により鯨の位置,潜水深度及び海水温などのデータを収集し,鯨の生態を研究することにある.更に,工学面におけるもう一つの目的は,高機能な小型衛星を効率良く低価格で開発し,宇宙開発活動の活性 …

    The IEICE transactions on communications B 88(1), 33-40, 2005-01-01

    References (17) Cited by (7)

  • 人工衛星による地球規模の生態観測システム  [in Japanese]

    林 友直 , 横山 幸嗣 , 細川 繁 [他]

    千葉工業大学プロジェクト研究年報 2, 81-83, 2005

  • 衛星搭載GPSを用いた衛星軌道推定法とその応用  [in Japanese]

    岡本 良夫 , 林 友直 , 横山 幸嗣 [他]

    電子情報通信学会技術研究報告 104(57), 19-24, 2004-05-21

  • A Method for Determining Satellite Orbit using on-board GPS and its Applications  [in Japanese]

    OKAMOTO Yoshiwo , HAYASHI Tomonao , YOKOYAMA Koji , HOSOKAWA Shigeru

    衛星搭載GPSの精度は数十メートルだが、測定時刻における衛星位置が離散的に得られるに過ぎない。そこで、SGP4軌道モデルを使って軌道要素から計算される衛星位置とGPSによる実測の衛星位置との二乗誤差が最小となるように軌道要素を最適化し、その結果を再度SGP4に入力して任意の時刻における衛星の位置と速度とを補間計算する手法を開発した。クジラ生態観測衛星WEOSに搭載されたGPSからのデータに本手法を …

    IEICE technical report. Antennas and propagation 104(57), 19-24, 2004-05-14

    References (7)

  • A Method for Determining Satellite Orbit using on-board GPS and its Applications  [in Japanese]

    OKAMOTO Yoshiwo , HAYASHI Tomonao , YOKOYAMA Koji , HOSOKAWA Shigeru

    衛星搭載GPSの精度は数十メートルだが、測定時刻における衛星位置が離散的に得られるに過ぎない。そこで、SGP4軌道モデルを使って軌道要素から計算される衛星位置とGPSによる実測の衛星位置との二乗誤差が最小となるように軌道要素を最適化し、その結果を再度SGP4に入力して任意の時刻における衛星の位置と速度とを補間計算する手法を開発した。クジラ生態観測衛星WEOSに搭載されたGPSからのデータに本手法を …

    Technical report of IEICE. SAT 104(59), 19-24, 2004-05-14

    References (7)

  • Development of the Digitally Controlled Quadrupole Power Supply System  [in Japanese]

    YAMAMURO Kazuhiro , TAKAHASHI Naoki , MIZUTANI Naoki , YUYAMA Junpei , HAYASHI Tomonao

    The digitally controlled radio frequency (RF) output circuit for the quadrupole mass spectrometer is reported. The circuit does not include the nonlinear negative feedback circuit that reduces the acc …

    Shinku 47(3), 104-107, 2004-03-20

    J-STAGE  References (4)

  • Space and Whales  [in Japanese]

    HAYASHI Tomonao

    騒音制御 28(1), 45-50, 2004-02-01

  • 鯨衛星「観太くん」の利用を想定した海洋表層現象を地球規模で把握する手法に関する研究  [in Japanese]

    岡本 良夫 , 林 友直 , 小泉 俊雄 [他]

    千葉工業大学プロジェクト研究年報 1, 44-47, 2004

  • Cost Reducing Challenge of Whale Ecology Observation Satellite (WEOS)  [in Japanese]

    HAYASHI Tomonao , HOSOKAWA Shigeru , MASUMOTO Yoshinari

    小型衛星である鯨生態観測衛星(WEOS ; Whale Ecology Observation Satellite)は、2002.12.14に主衛星であるADEOS-2打上の際Piggyback衛星の一つとして軌道に投入された。WEOSの目的は、鯨に装着したプローブから鯨の位置、潜水深度および海水温等のデータを収集し、鯨の生態を研究することである。一方工学的な目的の一つは、WEOSを低価格で効率的 …

    Technical report of IEICE. SANE 103(531), 43-50, 2003-12-12

    References (9) Cited by (1)

  • Attitude Control for the Whale Ecology Observation Satellite  [in Japanese]

    HOSOKAWA Shigeru , HAYASHI Tomonao , TAKEZAWA Susumu , HANEJI Kazuhiko

    鯨生態観測衛星(WEOS : Whale Ecology Observation Satellite)は、重力傾度法による地球指向姿勢制御衛星で、衛星下面に取り付けたアンテナを地球方向に指向させるとともに衛星上面に取り付けたGPSアンテナを常に天頂に指向させる。重力傾度による姿勢制御法を採用した衛星は国内ではWEOSが初めてである。WEOSの姿勢制御機能としては、重力傾度の他にトルカ・コイルによる …

    Technical report of IEICE. SANE 103(531), 37-42, 2003-12-12

    References (4) Cited by (2)

  • A method for determining satellite orbital elements by means of an on-board GPS and its accuracy  [in Japanese]

    OKAMOTO Yoshiwo , HAYASHI Tomonao

    衛星搭載GPSの精度は数十メートルだが、衛星が可視域になければ位置情報は得られない。不可視域にある衛星位置は適当な補間処理によって推定する必要があるが、短時間であれば軌道計算手法SGP4によって軌道要素から比較的に正確な位置予想が可能である。そこで、軌道要素の適当な初期値から出発し、SGP4を使って軌道要素から計算される各時刻での衛星位置から実測の衛星位置までの距離の二乗の合計が最小となるように軌 …

    Technical report of IEICE. SANE 103(531), 31-35, 2003-12-12

    References (6) Cited by (2)

  • Whale Ecology Observation Satellite System  [in Japanese]

    HAYASHI Tomonao , OKAMOTO Yoshio , YOKOYAMA Koji , HOSOKAWA Shigeru , TOMITA Hideho , MASUMOTO Yoshinari

    その生息域が余りにも広大なため生態の多くが謎に包まれている鯨の生態解明を目指して進めている衛星システムについて述べる。その発端は平成5年に催された第一回衛星設計コンテストに応募し入賞した計画であって、衛星が具えている地球規模データ取得能力を利用している。これは極軌道上を周回する小型衛星により、海上の鯨にとり付けた発信器から送られる種々の生態情報を受信、処理、記録する。地上管制局上空を衛星が通過する …

    Technical report of IEICE. SANE 103(531), 19-25, 2003-12-12

    References (8) Cited by (1)

  • 1 / 4
Page Top