松岡 清利 MATSUOKA Kiyotoshi

ID:1000090110840

九州工業大学大学院生命体工学研究科 Graduate School of Life Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology (2012年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 45

  • 1 / 3
  • Integrated Circuit Implementation of Piecewise Linear Oscillators and its Application to Phase Reset Control  [in Japanese]

    NAKADA Kazuki , MATSUOKA Kiyotoshi

    本研究では,リズム運動を制御するCentral Pattern Generator(CPG)の数理モデルの構成要素のひとつである区分線形振動子モデルに着目し,その集積化実装とロボティクスにおけるリズム運動の位相リセット制御への応用について提案する.はじめに,区分線形振動子モデルのタイムスケールパラメータの調整による非線形性の制御と位相応答特性の関係について示し,位相リセット制御における機能的役割に …

    Technical report of IEICE. ICD 111(497), 1-6, 2012-03-19

    References (22)

  • Phase Response Properties of Piecewise Linear Oscillator and Functional Roles of Phase Resetting on Rhythmic Motion Control  [in Japanese]

    NAKADA Kazuki , SATO Yasuomi D. , MATSUOKA Kiyotoshi

    本研究では,松岡振動子として知られている区分線形振動子モデルを,そのタイムスケールパラメータに着目し,fast-slowシステムとみなし,特異摂動法と位相縮約法による解析を行う.その結果より,fastダイナミクスとslowダイナミクスのそれぞれに対する人力と相互作用の効果について示す.さらに,それぞれのダイナミクスへの入力と相互作用の効果に対するタイムスケールパラメータへの依存性を示す.数理解析の …

    IEICE technical report. Neurocomputing 111(241), 29-34, 2011-10-12

    References (17)

  • New Constraint for Blind Extraction  [in Japanese]

    TAKEUCHI Shunsuke , MATSUOKA Kiyotoshi

    本論文では,ブラインド信号抽出(BSE)の新たなアルゴリズムを提案する.提案する手法は,抽出器のある1つの出力信号とその他の出力信号との間の線形・非線形相互相関が0になるように抽出器を決定する.ここでは抽出行列を決定するため,ニュートン法を適用し,アルゴリズムを周波数領域に導くことで計算時間の高速化を図る.その結果,計算時間と求めるパラメータ数を減らすことになる.ただし,信号自体は周波数領域に変換 …

    IEICE technical report 109(436), 131-136, 2010-02-22

    References (5)

  • New Constraint for Blind Extraction  [in Japanese]

    TAKEUCHI Shunsuke , MATSUOKA Kiyotoshi

    本論文では,ブラインド信号抽出(BSE)の新たなアルゴリズムを提案する.提案する手法は,抽出器のある1つの出力信号とその他の出力信号との間の線形・非線形相互相関が0になるように抽出器を決定する.ここでは抽出行列を決定するため,ニュートン法を適用し,アルゴリズムを周波数領域に導くことで計算時間の高速化を図る.その結果,計算時間と求めるパラメータ数を減らすことになる.ただし,信号自体は周波数領域に変換 …

    IEICE technical report 109(434), 131-136, 2010-02-22

    References (5)

  • New Constraint for Blind Extraction  [in Japanese]

    TAKEUCHI Shunsuke , MATSUOKA Kiyotoshi

    本論文では,ブラインド信号抽出(BSE)の新たなアルゴリズムを提案する.提案する手法は,抽出器のある1つの出力信号とその他ρ出力信号との間の線形・非線形相互相関が0になるように抽出器を決定する.ここでは抽出行列を決定するため,ニュートン法を適用し,アルゴリズムを周波数領域に導くことで計算時間の高速化を図る.その結果,計算時間と求めるパラメータ数を減らすことになる.ただし,信号自体は周波数領域に変換 …

    IEICE technical report 109(435), 131-136, 2010-02-22

    References (5)

  • Collaboration with Industry in the Graduate School of Life Science and Systems Engineering, KIT, as a Key Member of Kitakyushu Science and Research Park  [in Japanese]

    MATSUOKA Kiyotoshi

    The Graduate School of Life Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology, was established in Kitakyushu Science and Research Park in 2000. Since then, we have promoted not only acad …

    Journal of Kyushu Kyoritsu University Research Center 1, 1-2, 2008-02

  • Foundations of Blind Source Separation(Special Isspe on Independent Component Analysis and Its Applications)  [in Japanese]

    MATSUOKA Kiyotoshi

    SYSTEMS, CONTROL AND INFORMATION 48(10), 395-400, 2004

    J-STAGE  References (11) Cited by (2)

  • ブラインド信号分離の胃電データヘの応用  [in Japanese]

    OHATA M , MATSUMOTO T , SHIGEMATSU A , MATSUOKA K

    BME 16(5), 17-23, 2002-05-10

    J-STAGE  Ichushi Web  References (10) Cited by (2)

  • An Analysis of Temporally Asymmetric Hebbian Learning

    MATSUOKA Kiyotoshi

    ヘブ学習および反ヘブ学習は, 人工ニューラルネットの分野で最もよく知られた学習則であろう.典型的なものは, シナプス前後の発火が同時に起こった場合には, シナプス効率が増加あるいは減少するというものである.しかし, 最近の神経生理学の知見によると, シナプス効率の変化はシナプス前後の発火の時間的関係に依存する.すなわち, シナプス前の発火が先行するする場合にはLTPが生じ, 逆の場合にはLTDが生 …

    IEICE technical report. Neurocomputing 101(432), 9-14, 2001-11-09

    References (9)

  • A Method of Real-world Blind Separation Implemented in Time-frequency Domain

    Kawamoto Mitsuru , Matsuoka Kiyotoshi , Ohnishi Noboru

    In this paper, we propose a new method of real-world blind separation for non-stationary signals (e.g.,speech signal, music). The proposed method is implemented in the time-frequency domain and achiev …

    Memoirs of the Faculty of Science and Engineering,Shimane University. Series A (34), 115-124, 2000-12

    IR 

  • Online Blind Signals Separation with Gaussian Mixture Models  [in Japanese]

    OHATA Masashi , TOKUNARI Tsuyoshi , MATSUOKA Kiyotoshi

    計測自動制御学会論文集 36(11), 985-994, 2000-11-30

    References (8)

  • A Method of Blind Separation in Frequency Domain

    河本 満 , 松岡 清利 , 大西 昇

    電子情報通信学会技術研究報告 99(434), 47-52, 1999-11-18

  • A Method of Blind Separation in Frequency Domain

    KAWAMOTO Mitsuru , MATSUOKA Kiyotoshi , OHNISHI Noboru

    本稿では,複数のマイクで観測する混合音からもとの音(源信号)を分離するブラインド分離の方法を提案する.ブラインド分離は,源信号に関する特別な統計的性質や混合状態を表す伝達関数が分からなくても,マイクで観測する混合信号からもとの信号を分離して取り出すことができる.本論文で取り扱うブラインド分離は,周波数領域で行われる.分離の方法は,ある評価関数を最小化することによってブラインド分離を実現する.最小化 …

    Technical report of IEICE. EA 99(434), 47-52, 1999-11-18

    References (7)

  • Real World Blind Separation of Speech Signals  [in Japanese]

    Kawamoto Mitsuru , Matsuoka Kiyotoshi , Ohnishi Noboru

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1999年.情報・システムソサイエティ大会(講演論文集), 268-269, 1999-08-16

  • Blind Signal Separation for Convolved Non-Stationary Signals  [in Japanese]

    KAWAMOTO Mitsuru , BARROS A.K. , MANSOUR A. , MATSUOKA Kiyotoshi , OHNISH Noboru

    ブラインド信号分離とは, 信号が複数の信号源から流れていて, それらの混合信号を複数のセンサで観測できるとき, その観測信号のみを用いてもとの信号を分離して取り出す信号処理技術である. 本論文では, 信号源からの信号は, 非定常信号(例えば, 音声, 音楽)であるとし, それらが時空間的に混合している観測信号からもとの非定常信号を分離することができるブラインド信号分離の方法を提案する. 提案する手 …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. A 00082(00008), 1320-1328, 1999-08

    References (19) Cited by (21)

  • Real World Blind Separation of Speech Signals  [in Japanese]

    KAWAMOTO Mitsuru , MATSUOKA Kiyotoshi , OHNISHI Noboru

    本稿では, 複数のマイクで観測する混合音からもとの音(源信号)を分離するブラインド分離の方法を提案する. ブラインド分離は, 源信号に関する特別な統計的性質や混合状態を表す伝達関数が分からなくても, マイクで観測する混合信号からもとの信号を分離して取り出すことができる. 提案するブラインド分離の方法は, 源信号が音声信号や音楽などの非定常信号の場合に使うものである. 分離の実験は普通の部屋を使って …

    IEICE technical report. Electronic information displays 98(573), 7-11, 1999-02-02

    References (16)

  • Real World Blind Separation of Speech Signals  [in Japanese]

    KAWAMOTO Mitsuru , MATSUOKA Kiyotoshi , OHNISHI Noboru

    本稿では, 複数のマイクで観測する混合音からもとの音(源信号)を分離するブラインド分離の方法を提案する. ブラインド分離は, 源信号に関する特別な統計的性質や混合状態を表す伝達関数が分からなくても, マイクで観測する混合信号からもとの信号を分離して取り出すことができる. 提案するブラインド分離の方法は, 源信号が音声信号や音楽などの非定常信号の場合に使うものである. 分離の実験は普通の部屋を使って …

    IEICE technical report. Image engineering 98(575), 7-11, 1999-02-02

    References (16)

  • Real World Blind Separation of Speech Signals  [in Japanese]

    KAWAMOTO Mitsuru , MATSUOKA Kiyotoshi , OHNISHI Noboru

    本稿では, 複数のマイクで観測する混合音からもとの音(源信号)を分離するブラインド分離の方法を提案する.ブラインド分離は, 源信号に関する特別な統計的性質や混合状態を表す伝達関数が分からなくても, マイクで観測する混合信号からもとの信号を分離して取り出すことができる.提案するブラインド分離の方法は, 源信号が音声信号や音楽などの非定常信号の場合に使うものである.分離の実験は普通の部屋を使って行った …

    ITE Technical Report 23.8(0), 7-11, 1999

    J-STAGE  References (16)

  • Blind Signal Separation  [in Japanese]

    MATSUOKA Kiyotoshi

    Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Systems 10(3), 394-400, 1998

    J-STAGE  References (9) Cited by (3)

  • A Neural Network for Blind Signal Separation of Convolved Non-Stationary Signals  [in Japanese]

    KUWAMOTO Mitsuru , MATSUOKA Kiyotoshi , OHNISHI Noboru

    日本神経回路学会全国大会講演論文集 = Annual conference of Japanese Neural Network Society 8, 75-76, 1997-11-05

    References (3)

  • 1 / 3
Page Top