後藤 純一 GOTOU Jun'ichi

ID:1000090127928

高知大学 (2016年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 51

  • 1 / 3
  • Preparing for the times of practical use  [in Japanese]

    GOTOU Jun'ichi

    森林利用学会誌 31(1), 1, 2016-01-31

  • Go across the when and where for scientific grounds and techniques  [in Japanese]

    GOTOU Jun'ichi

    森林利用学会誌 30(1), 1, 2015-01-31

  • 飛躍に向けた技術体系の再構築  [in Japanese]

    後藤 純一

    森林利用学会誌 29(1), 1, 2014-01-31

  • Production-supply system and its cost of firewood as small scale dispersively located woody biomass fuel  [in Japanese]

    SUZUKI Yasushi , TAKAMURA Kanako , WATANABE Yasutaka , MORI Daiki , YOSHIDA Takahiro , KITAHARA Fumiaki , NAKAYAMA Takuo , GOTOU Jun'ichi

    規模的拡大が難しい中山間地域における木質バイオマス利用においては,平地での大規模かつ工業的に行われる発電利用等でなく,規模が大きくなくても比較的効率の高い熱利用が適している。木質バイオマス燃料には木質チップ,木質ペレットなどいくつかの形態があるが,加工度の高い燃料形態ほど燃料単価が高く,その反面燃焼設備は比較的安価という傾向がある。加工度の低い燃料形態としては昔ながらの薪がある。以前の薪燃焼器は再 …

    Journal of The Japan Forest Engineering Society 29(3), 157-163, 2014

    J-STAGE  JASI 

  • Change of soil movement on man-made forest by different cutting treatments for two years  [in Japanese]

    WATANABE Yasutaka , SUZUKI Yaushi , GOTOU Jun'ichi , SAKAI Hisao

    現在,人工林経営において,より集約的かつ低コスト型の施業方法が求められている。そのようななかで,手をかけて施業する対象木を限定することで集約的な管理(目標径級を早く育てるような管理)と低コスト性を両立させる可能性のある施業方法として,欧州で行われている将来木施業が現在注目されている。将来木施業の基本的な考え方は,目標径級の木をいかに早く育てるか,そして気象災害に対していかに安全な林分構造を構築する …

    Journal of The Japan Forest Engineering Society 29(3), 149-156, 2014

    J-STAGE  JASI 

  • Considerations in the structure and the construction of spur roads for heavily loaded vehicles such as tower yarders(<SPECIAL ISSUE>Technical challenges of roads development I)  [in Japanese]

    GOTOU Jun'ichi , YOSHIHARA Osamu , MORI Daiki , SUZUKI Yasushi

    高知県香美市内の6路線において24の測点を設け,簡易支持力測定器を用いたCBR値の推定,現場密度試験,簡易貫入試験を実施し,路面および盛土の強度を評価した。本研究では,トラック用もしくはフォワーダ用の2つのタイプの作業道を対象とした。作業道の作設方法を2つのタイプに分類し,各断面で切り盛りの均衡を保つ半切・半盛の工法,作設時に一定区間にわたって掘削した土を移動し,調整した土を転圧して路体を作設する …

    Journal of The Japan Forest Engineering Society 29(1), 5-12, 2014

    J-STAGE  JASI 

  • Classification of forest operations with regard to hourly cost to productivity balance : A proposal of a framework for analysis of the relationship between hourly cost and productivity using a simple chart

    SETIAWAN Ahmad Hidayat , SUZUKI Yasushi , GOTOU Jun'ichi

    時間費用,生産性,森林作業,分類

    Journal of The Japan Forest Engineering Society 28(2), 143-148, 2013

    J-STAGE  JASI  References (11)

  • Analysis of the amount shipped and the shipper's cost balance for recovered logging residue logs in the woody biomass utilization project of Niyodogawa town, Kochi prefecture, Japan(<SPECIAL ISSUE>Effective and efficient utilization of local forest resources)  [in Japanese]

    SUZUKI Yasushi , MURAKAMI Shinpei , GOTOU Jun'ichi , NAKAJIMA Kenzou , KITAHARA Fumiaki , TARUMI Aki , NAKAYAMA Takuya , TANOUCHI Hiroyuki

    残材(C材)を木質バイオマスとして一定価格で買い取り利活用する事業において,出荷者へのアンケートと聞き取りにより,収集運搬方法の実態と経費を調査・分析した。実態として林業会社と森林組合(大・中規模出荷者)による出荷量は当初想定されたほどではなく,個人林家等の小規模出荷者が大半を占める結果となっていた。収集運搬経費は,雇用を伴う大・中規模形態では事業プラントまでの片道運搬距離が20km程度を超えると …

    Journal of The Japan Forest Engineering Society 28(1), 41-50, 2013

    J-STAGE  JASI  References (27)

  • Sensitivity analysis of woody-biomass burning facilities on cost of facility and fuel comparing scale of the facilities and form of the woody biomass fuels  [in Japanese]

    SUZUKI Yasushi , YAMANAKA Natsuki , GOTOU Jun'ichi

    木質バイオマス燃料(木質チップ,木質ペレットなど;以下チップ,ペレットと略記する)の利活用では,ボイラなどで直接燃焼し熱利用する事例が多い。木質バイオマス燃焼施設で使用されるボイラは,チップ,ペレットといった燃料の種類(以降では「燃料形態」とする)により種類や価格が異なる。燃料単価や配送経費も燃料形態により異なるため,総経費としてどの燃料形態が有利となるかは,利用規模(年間の燃料消費量)や配送距離 …

    Journal of The Japan Forest Engineering Society 27(3), 165-174, 2012

    J-STAGE  JASI  References (22)

  • Operational efficiency and residual stand damage by a collector-cable-logging method for thinning operations  [in Japanese]

    SUZUKI Yasushi , GOTOU Jun'ichi , SUGIMOTO Junsuke , YAMASAKI Toshihiko , YAMAGUCHI Tatsuya , NAKAYA Takashi , TODA Atsushi

    エンドレスタイラー方式の荷掛滑車の移動範囲を追加の滑車で規制する,間伐に適した索張り方式とされるコレクター集材の事例を調査した。対象地はヒノキ43年生林分2.25ha(材積間伐率33%)で,支間長は500m,造材にはプロセッサが用いられた。伐出作業の生産性は3.2m^3/人日(日実働時間6.5時間),経済性では伐出経費9.3千円/m^3に対し架設撤去7.9千円/m^3とその負担が大きいが,隣接地3 …

    Journal of The Japan Forest Engineering Society 26(3), 163-172, 2011

    J-STAGE  JASI  References (15) Cited by (1)

  • Soil movement and underground vegetation mass in Sugi stands after line thinning  [in Japanese]

    SUGIMOTO Junsuke , SUZUKI Yaushi , GOTOU Jun'ichi

    過去,列状間伐施業のリターや土砂の流出に関する研究においてSUZUKI and OMACHI は,列状間伐区では施業後の1~2年は無間伐区や皆伐区より土砂移動量が多い傾向があると報告している。このことから列状間伐施業直後の数年は林床環境に対する間伐効果としての地力維持効果は微少であると予測されるが,施業後年数が十分に経過した林分での土砂移動量の報告はいまだ少ない。そこで本研究では経過年数が4年およ …

    Journal of The Japan Forest Engineering Society 26(2), 105-110, 2011

    J-STAGE  JASI  References (14)

  • A case study on operational efficiency of downward felling, direct logging and winching operation on Hinoki plantation forest with dense road network and prospected effect of upward felling  [in Japanese]

    SUZUKI Yasushi , GOTOU Jun'ichi , YAMAUCHI Junko , OHARA Tadashi

    Journal of The Japan Forest Engineering Society 25(2), 91-96, 2010

    J-STAGE  References (7) Cited by (2)

  • Effect of Stirring on the Transpiration Drying of Wood Chips  [in Japanese]

    MIYATA D. , SUZUKI Y. , KOBATAKE A. , GOTOU J. , ITAI T. , MASAOKA T. , YOSHII J.

    木質チップの自然乾燥を促進する方法として,定期的な撹拌の効果を実験により検証した。コンテナを用いて60 cmの層厚で堆積保管し,周囲環境の影響も比較するために屋外(雨よけなし),屋内,ガラスハウスの3箇所で,98日間含水率の変化を計測した。週1回の撹拌の効果は顕著であり,撹拌なしの屋内よりも撹拌ありの屋外の方が,また撹拌なしのガラスハウスよりも撹拌ありの屋内の方が早く乾燥した。撹拌なしでは乾燥が進 …

    Journal of the Japanese Forest Society 90(2), 75-83, 2008-04-01

    J-STAGE  References (36) Cited by (3)

  • Natural Drying of Logging Residue Stems along a Forest Road and on a Paved Landing  [in Japanese]

    MIYATA D. , SUZUKI Y. , GOTOU J.

    チップなどの木質バイオマス燃料として丸太形態の林地残材を利用する場合を想定し, 丸太形状のヒノキ残材の自然乾燥実験を行った。場所を標高が高い林内の林道端 (林道沿いの空き地) と標高の低い平地にある舗装土場とし, それぞれ日当たりの良いところと悪いところに残材を積み上げて約3カ月間自然乾燥させた。供試残材から採取した円盤の平均含水率は, 林道端では乾燥期間中有意な変化は認められなかったが, 舗装土 …

    Journal of the Japanese Forest Society 88(4), 245-253, 2006-08-01

    IR  J-STAGE  References (31) Cited by (3)

  • Utilizing residual forest biomass and bamboo : Trials at a regional research cooperation  [in Japanese]

    GOTO Jun'ichi

    森林利用学会誌 19(2), 163-164, 2004-08-15

    References (2)

  • Cost of Comminution and Transportation in the Case of Using Logging Residue as Woody Biofuel  [in Japanese]

    MORIGUCHI K. , SUZUKI Y. , GOTOU J. , INATSUKI H. , YAMAGUCHI T. , SHIRAISHI Y. , OHARA T.

    伐出作業後林道端に放置された残材をチップ化し, 木質バイオマスとしてエネルギー利用することを想定してチップ化と運搬にかかる経費の実証試験を行った。チップ化は残材が集積された山元土場 (現地) あるいは市街地のチップをエネルギー利用する仮想プラント (工場) のいずれかで行うものとし, それぞれの地点間35kmをチップあるいは残材の形態でトラック運搬した。それぞれの方法で6.6~10.3m<S …

    JOURNAL OF THE JAPANESE FORESTRY SOCIETY 86(2), 121-128, 2004-05-16

    J-STAGE  JASI  References (15) Cited by (16)

  • Temporal Changes in Water Content of Sugi (Cryptomeria japonica) Logging Residue Stacked along Forest Roads  [in Japanese]

    MORIGUCHI K. , SUZUKI Y. , GOTOU J. , INATSUKI H. , SHIRAISHI Y. , YAMAGUCHI T. , OHARA T.

    林地残材を木質バイオマスとしてエネルギー利用する場合の基礎データとして, 高知県香北町において伐出作業後林道端に集積された丸太状のスギ残材 (端丸太) の含水率の約4年間にわたる経年変化を,伐採年度の異なるサンプルを一時期に測定することにより調べた。伐採年度と残材の山における部位を要因として分析した結果, 当初は部位による含水率の差はないが, 山の底の部位のみ年月の経過とともに含水率が上昇していく …

    JOURNAL OF THE JAPANESE FORESTRY SOCIETY 86(2), 93-97, 2004-05-16

    J-STAGE  JASI  References (18) Cited by (7)

  • Effect of Various Joint Conditions on Maximum Loads and Yield Loads  [in Japanese]

    NISHIUCHI Yutaka , KANAGAWA Yasushi , FUJIWARA Shinji , GOTO Jun'ichi

    The allowable load or yield load in the various joint methods of wood constructions was prescribed by revision of the Building Standard Law. The allowable load of full pinned mortise-and-tenon joint w …

    Journal of the Society of Materials Science, Japan 52(6), 619-624, 2003-06-15

    J-STAGE  References (5) Cited by (1)

  • Effect of Steaming on Anisotropic Shrinkage in Boxed-heart Section of Sugi  [in Japanese]

    TAMURA Kou , KANAGAWA Yasushi , FUJIWARA Shinji , GOTOU Jyunichi

    Wood industry 58(2), 56-60, 2003-02-01

    References (10) Cited by (2)

  • Estimating the silt and clay content of soil layers by using topographic characteristics  [in Japanese]

    CHENG Pei Feng , GOTOU Jun'ichi , MATSUOKA Takahisa , ZHAO Wen Mei

    細部路網の計画時における現地調査の効率的な実施のために,表層が土石で構成される斜面を対象に地形を表わす指標として,斜面傾斜度,水平方向の開放角度および縦断方向の開放角度を用いて,切取のり面の安定性に関与する細粒分割合の相対的な大小を推定しようとした。また,切取のり面を観察し,土石の区間と岩盤の区間に区分し,地形の指標との関係を明らかにしようとした。10mメッシュのDEMを用いて対象地を地形的に均質 …

    Journal of The Japan Forest Engineering Society 18(1), 3-12, 2003

    J-STAGE  References (12)

  • 1 / 3
Page Top