上原 聡 UEHARA SATOSHI

ID:1000090213389

北九州市立大学国際環境工学部 Faculty of Environmental Engineering, the University of Kitakyushu (2015年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 23

  • 1 / 2
  • A Relation between Autocorrelations of Sequences Generated by the Logistic Map over Prime Fields and Loops whose Periods are Almost Same as Precisions  [in Japanese]

    MIYAZAKI Takeru , ARAKI Shunsuke , UEHARA Satoshi , NOGAMI Yasuyuki

    素体上のロジスティック写像は,一般的に実数上で定義されるロジスティック写像を素体上で定義し,入力値と写像値を素体の元として計算機上で演算しやすい繰り返し写像である.この写像より得られる擬似乱数系列は,低い演算精度でも十分な乱数性を有していることを示したが,その系列については,まだ十分な解析がなされていない.本稿では,素体上のロジスティック写像における自己相関値により,演算精度に近い周期を持つループ …

    IEICE technical report. WBS, Wideband System 114(472), 97-102, 2015-03-02

  • A Relation between Autocorrelations of Sequences Generated by the Logistic Map over Prime Fields and Loops whose Periods are Almost Same as Precisions  [in Japanese]

    MIYAZAKI Takeru , ARAKI Shunsuke , UEHARA Satoshi , NOGAMI Yasuyuki

    素体上のロジスティック写像は,一般的に実数上で定義されるロジスティック写像を素体上で定義し,入力値と写像値を素体の元として計算機上で演算しやすい繰り返し写像である.この写像より得られる擬似乱数系列は,低い演算精度でも十分な乱数性を有していることを示したが,その系列については,まだ十分な解析がなされていない.本稿では,素体上のロジスティック写像における自己相関値により,演算精度に近い周期を持つループ …

    Technical report of IEICE. ISEC 114(471), 97-102, 2015-03-02

  • A Relation between Autocorrelations of Sequences Generated by the Logistic Map over Prime Fields and Loops whose Periods are Almost Same as Precisions  [in Japanese]

    MIYAZAKI Takeru , ARAKI Shunsuke , UEHARA Satoshi , NOGAMI Yasuyuki

    素体上のロジスティック写像は,一般的に実数上で定義されるロジスティック写像を素体上で定義し,入力値と写像値を素体の元として計算機上で演算しやすい繰り返し写像である.この写像より得られる擬似乱数系列は,低い演算精度でも十分な乱数性を有していることを示したが,その系列については,まだ十分な解析がなされていない.本稿では,素体上のロジスティック写像における自己相関値により,演算精度に近い周期を持つループ …

    IEICE technical report. Information theory 114(470), 97-102, 2015-03-02

  • Occurrence Rate per Bit for Outputs on the Logistic Map over Integers(Application,<Special Topics>Activity Group "Applied Chaos")  [in Japanese]

    Araki Shunsuke , Miyazaki Takeru , Uehara Satoshi , Kakizaki Ken'ichi

    本稿では,整数上のロジスティック写像におけるビット毎の0/1出現確率について議論する.この写像により擬似乱数出力を得るには,ビット抽出処理が必要である.しかし,抽出位置が乱数性に影響を与える可能性がある.そこで,数値実験により出力値のビット毎の0/1出現確率の傾向を示し,その出現確率を理論的に与える.最後に,その結果を用いた擬似乱数生成器の出力の乱数性を評価することにより抽出位置の指標を示す.

    Transactions of the Japan Society for Industrial and Applied Mathematics 25(3), 191-206, 2015

    J-STAGE 

  • A Binary Sequence Generated by Legendre Symbol and Primitive Polynomial over Odd Characteristic

    NOGAMI Yasuyuki , UEHARA Satoshi , TADA Kazuki

    pを奇標数,素体F_p上のm次原始多項式をf(x),その零点をωとして,Tr(w^i),i=0,1,2,…は周期p^m-1の多値M系列を構成する.これに対して本稿では,Legendreシンボルを用いて二値化することを考える.そしてこの二値系列が,周期L=2(p^m-1)/(p-1)をもつことを示し,またその自己相関の周期的な特性について考察する.幾らかの小さな具体例と今後の研究方針についても述べる …

    IEICE technical report. Information theory 113(58), 5-8, 2013-05-24

  • An Approach for Constructing Primitive Polynomials of Degree 2^i over Odd Characteristic Prime Field  [in Japanese]

    NOGAMI Yasuyuki , TAKAI Yusuke , KOBAYASHI Shigeki , SUGIMURA Tatsuo , UEHARA Satoshi

    本稿では、奇標数pの素体F_p上の2^i次原始多項式を構成するための一手法を示す。具体的には、j<iとして適当なF^*_<p^<2^j>>の元αを用いて、自己α相反変換と呼ぶ変数変換x↦x+αx^<-1>により、2^i次の既約多項式を生成し、これに対してその原始性を判定する。これが原始多項式でない場合には、これを効率よく原始化するための一つのアプロ …

    Technical report of IEICE. ISEC 112(39), 19-24, 2012-05-11

    References (4)

  • Pairing-friendly Curve over Extension Field of Degree r where r is The Group Order  [in Japanese]

    MORI Yuki , SUMO Taichi , NOGAMI Yasuyuki , MATSUSHIMA Tomoko , UEHARA Satoshi

    本論文は非超特異ペアリングフレンドリ曲線の定義体をねじれ群の一つの巡回群の位数γによりγ次拡大した場合,具体的にはBN曲線の定義体をγ次拡大した場合の有理点群がなす,ねじれ群構造がどのように表現されるかを考察する.

    IEICE technical report 111(142), 47-52, 2011-07-14

    References (10)

  • Higher Degree Traces for Rational Point Groups of Non Symmetric Ordinary Pairings  [in Japanese]

    NOGAMI Yasuyuki , TAKEUCHI Shoichi , MATSUSHIMA Tomoko , UEHARA Satoshi , MORIKAWA Yoshitaka

    近年,ペアリングベースの楕円暗号応用が注目されている.これまで楕円曲線暗号については,ρ法など幾つかの攻撃手法が提案され,その暗号強度の評価に用いられてきている.一方で,ペアリング暗号に用いられるような楕円曲線(ペアリング曲線)に対しては,その特徴を利用した攻撃手法はあまりない.本稿では,とくに非対称ペアリングを実現するペアリング曲線に対し,衝突型の攻撃手法を効率化するために,ノルムおよびトレース …

    IEICE technical report 110(337), 1-8, 2010-12-08

    References (22)

  • A Construction Method of Basis Conversion Matrix by Using Small Multiplicative Group for Cryptographic Applications

    KATO Hidehiro , NOGAMI Yasuyuki , UEHARA Satoshi , MORIKAWA Yoshitaka

    現在,2つの異なる拡大体F_<p^m>における基底間の基底変換行列を生成する様々な手法が提案されている.それらの中でもガウス周期正規基底を用いた手法が平均計算量の観点から最も効率的である.しかし,基底変換行列を求める際に必要となる逐次拡大体F_<(p^m)^n>を準備する際に,場合によっては逐次拡大次数が大きくなってしまい,計算量が多くなってしまうことが報告されている.これ …

    IEICE technical report 109(337), 43-50, 2009-12-09

    References (17)

  • On the Randomness of the Distribution of Rational Points on an Elliptic Curve over F_q  [in Japanese]

    UEHARA Satoshi , IMAMURA Kyoki , MORIUCHI Tsutomu

    情報理論とその応用シンポジウム予稿集 = The proceedings of the Symposium on Information Theory and Its Applications 28(2), 491-494, 2005-11-20

    References (4) Cited by (2)

  • A Note of a Brute Force Attack to Specify Random Seeds of Pseudo Random Number Generators using Logistic-Mapping  [in Japanese]

    MIYAZAKI Takeru , ARAKI Shunsuke , UEHARA Satoshi , IMAMURA Kyoki

    情報セキュリティ技術の様々なシステムにおいて、組み込まれた擬似乱数生成器の乱数出力を攻撃者が予測できないという擬似乱数の安全性はシステム全体の安全性を保つ上で重要である。その安全性を評価する場合、擬似乱数が予測できない値を出力していることを確かめるため、擬似乱数の統計的性質を調べる乱数検定を行うことが一般的である。しかし、統計的性質だけでは擬似乱数の安全性を評価できない。本稿では、擬似乱数の乱数検 …

    IEICE technical report 105(398), 29-33, 2005-11-15

    References (7)

  • A Note of a Brute Force Attack to Specify Random Seeds of Pseudo Random Number Generators using Logistic-Mapping  [in Japanese]

    MIYAZAKI Takeru , ARAKI Shunsuke , UEHARA Satoshi , IMAMURA Kyoki

    情報セキュリティ技術の様々なシステムにおいて、組み込まれた擬似乱数生成器の乱数出力を攻撃者が予測できないという擬似乱数の安全性はシステム全体の安全性を保つ上で重要である。その安全性を評価する場合、擬似乱数が予測できない値を出力していることを確かめるため、擬似乱数の統計的性質を調べる乱数検定を行うことが一般的である。しかし、統計的性質だけでは擬似乱数の安全性を評価できない。本稿では、擬似乱数の乱数検 …

    IEICE technical report 105(396), 29-33, 2005-11-08

    References (7)

  • A Note on Dobbertin's Conjecture of Cross-Correlations of M-Sequences over GF(3)  [in Japanese]

    UEHARA Satoshi , MORIUCHI Tsutomu , IMAMURA Kyoki

    情報理論とその応用シンポジウム予稿集 = The proceedings of the Symposium on Information Theory and Its Applications 26(1), 57-60, 2003-12-15

    References (3)

  • A Sat of Quaternary Sequences with Good Correlation Obtained from Modified Binary Gold Sequences

    MORIUCHI Tsutomu , UEHARA Satoshi , IMAMURA Kyoki

    本論文は、2元GOld系列をModifiedして得られた4元系列セットを提案し、その複素表現における相関分布を明らかにしている。提案する4元系列セットのNontrivial Maximum Correlation Value及びFamily Sizeは2元Gold系列セットと等しいことを示す。

    Technical Report of IEICE on Information Theory 103(308), 13-17, 2003-09-17

    References (5) Cited by (1)

  • Correlation Distribution of a Set of Quaternary Sequences Obtained from Modified Binary Gold-like Sequences

    MORIUCHI Tsutomu , UEHARA Satoshi , IMAMURA Kyoki

    本論文は、2元Gold-like系列をModifiedして得られた周期2^m-1、mは奇数、の4元系列セットを提案し、その複素数表現における相関分布分を明らかにしている。

    Technical Report of IEICE on Information Theory 103(99), 11-15, 2003-05-23

    References (4) Cited by (1)

  • Design and Operation of the On-Campus Network in Kitakyushu Science and Research Park  [in Japanese]

    SATOH TAKASHI , UEHARA SATOSHI , FUKUNAGA YASUYUKI

    理工学系の大学・研究機関を集積した北九州学術研究都市では,キャンパス内に整備された情報ネットワークの一体的な管理運営を行っている.小稿では,学術研究都市におけるネットワーク構築と運用に関する先駆的な取り組みについて紹介する.また,その取り組みの一つであるコンピュータウイルス対策を通じて,これまでに明らかになったネットワークの問題点を述べるとともにその解決策を探る.最後に,本ネットワークの抱える課題 …

    情報処理学会研究報告. DSM, [分散システム/インターネット運用技術] 26, 19-24, 2002-08-23

    References (5) Cited by (1)

  • A Role of Linear Complexity in Information Security  [in Japanese]

    UEHARA Satoshi , IMAMURA Kyoki

    The Journal of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers 00081(00012), 1218-1220, 1998-12

    References (16) Cited by (1)

  • A Digital Signature Scheme for Protecting the Signer's Privacy Constructed by Using Authenticated Encryption with Message Recovery  [in Japanese]

    ARAKI Shunsuke , UEHARA Satoshi , IMAMURA Kyoki

    一般的なデジタル署名は、署名者の公開鍵を用いて誰でも検証できる。しかし、用途によっては署名の検証者を限定すること(一人歩きを防止)が望ましい。そのような署名の一つにChaum等の否認不可署名がある。Horster等は、メッセージ復元型署名に受信者の公開鍵を用いた認証つき暗号を提案している。著者等も、メッセージ復元型署名の拡張として署名の一人歩き防止の署名プロトコルをSCIS'97で発表した。これは …

    Technical report of IEICE. ISEC 97(380), 45-54, 1997-11-19

    References (11)

  • Computation of the k-Error Linear Complexity of Binary Sequences with Period 2^n

    KAIDA Takayasu , UEHARA Satoshi , IMAMURA Kyoki

    系列のk-error linear complexity (k-LC) は, 系列のlinear complexity (LC) の自然な拡張であり, LCの不安定性の解消に有効である. しかしk-LCの効率的な計算法は, 周期2^nの2元周期系列についてのStamp-Martinアルゴリズム (1993) が知られているだけであった. 最近著者等は, 周期p^nのp元周期系列 (pは奇素数) k …

    Technical report of IEICE. ISEC 96(237), 25-32, 1996-09-06

    References (8)

  • A Note on LC-Profiles and Correlations as Periodic Sequences of Complementary Pairs  [in Japanese]

    UEHARA Satoshi , IMAMURA Kyoki

    ConcatenationまたはInterleavingの繰り返しによって生成される相補系列のLinear Complexity(LC)Profileと相関特性について、片方の相補系列を周期系列としたときの性質について考察する。LC Profileでは、ConcatenationやInterleavingによって生成される相補系列の系列長に対するJumpの回数はほぼ一定であり、系列長の半分の割合で …

    Technical report of IEICE. ISEC 95(353), 45-49, 1995-11-16

    References (4)

  • 1 / 2
Page Top