中山 雅哉 NAKAYAMA Masaya

ID:1000090217943

東京大学情報基盤センター Information Technology Center, The University of Tokyo (2016年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 75

  • 1 / 4
  • D-19-11 A Study of Anonymize Algorithm Based on Data Distance  [in Japanese]

    Akiyama Hiroko , Nakayama Masaya , Kato Akira , Sunahara Hideki

    Proceedings of the IEICE General Conference 2016年_情報・システム(2), 192, 2016-03-01

  • A study on the effect on the impression of forest landscape and forest local experience by omnidirectional panoramic application  [in Japanese]

    村松 佳奈 , 中山 雅哉 , 斎藤 馨

    本研究では近年普及している iPad を始めとするモバイル端末において、森林等の自然環境を視聴した際に視聴者に与える効果について考察した.具体的には,都市近郊の森林を対象として,全方位のパノラマ景観を視聴できるアプリケーションを用いる.このアプリケーションを通した場合に,視聴者が抱く森林への印象と,森林現地における直接的な体験に及ぼす影響の双方を,主観評価によって調査した.

    IPSJ SIG technical reports 2015-DCC-9(5), 1-8, 2015-01-19

    IPSJ 

  • A study on the effect on the impression of forest landscape and forest local experience by omnidirectional panoramic application  [in Japanese]

    村松 佳奈 , 中山 雅哉 , 斎藤 馨

    本研究では近年普及している iPad を始めとするモバイル端末において、森林等の自然環境を視聴した際に視聴者に与える効果について考察した.具体的には,都市近郊の森林を対象として,全方位のパノラマ景観を視聴できるアプリケーションを用いる.このアプリケーションを通した場合に,視聴者が抱く森林への印象と,森林現地における直接的な体験に及ぼす影響の双方を,主観評価によって調査した.

    IPSJ SIG technical reports 2015-CDS-12(5), 1-8, 2015-01-19

  • A study on the effect on the impression of forest landscape and forest local experience by omnidirectional panoramic application  [in Japanese]

    村松 佳奈 , 中山 雅哉 , 斎藤 馨

    本研究では近年普及している iPad を始めとするモバイル端末において、森林等の自然環境を視聴した際に視聴者に与える効果について考察した.具体的には,都市近郊の森林を対象として,全方位のパノラマ景観を視聴できるアプリケーションを用いる.このアプリケーションを通した場合に,視聴者が抱く森林への印象と,森林現地における直接的な体験に及ぼす影響の双方を,主観評価によって調査した.

    IPSJ SIG Notes 2015-GN-93(5), 1-8, 2015-01-19

    IPSJ 

  • Development of multi-point forest realtime monitoring system  [in Japanese]

    Saito Kaoru , Fujiwara Akio , Nakamura Kazuhiko , Kobayashi Hiroki , Iwaoka Masahiro , Nakayama Masaya

    定点から映像、音声、温湿度風向風速をインターネット経由でライブ公開配信し、同時に記録とデータのアーカイブを公開することで、森林の今と過去とをだれもが共有しながら観察できる<b>サイバーフォレスト</b>森林観察サイトの構築を進めている。<br> 1995年東京大学秩父演習林2地点設置後、新たに2011年より商用電源による24時間配信実験が可能な4地点(信州大学志 …

    The Japanese Forest Society Congress 125(0), 34, 2014

    J-STAGE 

  • High-density Structural Health Monitoring System for High-rise Seismic Isolated Building Using Existing Network Facilities  [in Japanese]

    NISHIKAWA Takafumi , KONNO Katsuaki , FUJINO Yozo , NAKAYAMA Masaya

    多数のセンサによるモニタリングを実現するためのネットワーク同期型地震計を開発し、高密度振動観測システムを構築して、高層免震建物に実装した。本文では、システムの構成・特長と、観測データの利活用方法を提案するとともに、実測記録を例示しながらシステムの有意性を論じた。実環境と同等のネットワーク構成である試験環境におけるシステムの時刻同期誤差は最大でも4ミリ秒程度であり、対象建物の振動特性に対して十分に高 …

    Journal of Japan Association for Earthquake Engineering 14(2), 2_1-2_15, 2014

    J-STAGE 

  • A Proposal and Evaluation of Hazard Index for Flood Damage Based on Meteorological Observation Networks  [in Japanese]

    HIROI Kei , TAENAKA Yuzo , NAKAYAMA Masaya , YOKOYAMA Hitoshi , NAKATANI Tsuyoshi , MISUMI Ryohei , SUNAHARA Hideki

    雨量計や気象レーダから観測される降水量の観測値は水害の気象現象,被災状況の把握に役立ち被害の軽減に繋がると期待される.しかしこれらの観測値には,(1)観測点以外の地点における降水量の即時性と精度に欠け,(2)提供される観測値から実際の水害の危険度合いを推定することが困難であるという問題をもつ.そのため専門的な知識をもたない一般の人々が災害対応に活用することが難しい.そこで既存の気象観測網から得られ …

    The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. B 96(10), 1198-1205, 2013-10

  • Proposal and Evaluation of Priority Control Method on Per-Flow Basis Based on Bandwidth Utilization to Keep Response Time Within a Certain Threshold  [in Japanese]

    ISHIKAWA Keiya , TAENAKA Yuzo , NAKAYAMA Masaya

    通信ネットワークでは,複数のフローが限られた帯域幅を共有することで通信遅延が増大する問題がある.特に多数のユーザが同一APに収容される無線LAN環境では、この混雑緩和への対処が重要である.本稿では,複数無線端末によるWEB閲覧環境において,各フローのデータ通信量(WEBページサイズ)や通信経過時間を用いて一定時間内で通信を完了するのに必要な帯域使用率を算出し,それに基づいた送信順制御を無線APで行 …

    IEICE technical report. Social Implications of Technology and Information Ethics 112(488), 127-132, 2013-03-14

  • Proposal and Evaluation of Priority Control Method on Per-Flow Basis Based on Bandwidth Utilization to Keep Response Time Within a Certain Threshold  [in Japanese]

    ISHIKAWA Keiya , TAENAKA Yuzo , NAKAYAMA Masaya

    通信ネットワークでは,複数のフローが限られた帯域幅を共有することで通信遅延が増大する問題がある.特に多数のユーザが同一APに収容される無線LAN環境では,この混雑緩和への対処が重要である.本稿では,複数無線端末によるWEB閲覧環境において,各フローのデータ通信量(WEB-ペジサイズ)や通信経過時間を用いて一定時間内で通信を完了するのに必要な帯域使用率を算出し,それに基づいた送信順制御を無線APで行 …

    IEICE technical report. Internet Architecture 112(489), 127-132, 2013-03-14

  • Construction of the Internet forest observation website  [in Japanese]

    Saito Kaoru , Nakamura Kazuhiko , Watanabe Ryuichi , Fujiwara Akio , Iwaoka Masahiro , Nakayama Masaya , Otsuji Hisashi , Kobayashi Hiroki

    「インターネット森林観察サイト」は、森林の現在の様子、過去の様子をインターネットから提供するサイトで、誰もが、遠隔の森林情報に容易に接しながら、森林の季節や経年変化に気づき、興味を持って森林の観察ができ、しかも観察継続がしやすくなるサイトを目的に開発した。対象の森林は遠隔の天然林で、 かつ長期映像記録のある東京大学秩父演習林(埼玉県奥秩父:過去15 年間記録)と信州大学志賀 自然教育園(長野県志賀 …

    The Japanese Forest Society Congress 124(0), 36, 2013

    J-STAGE 

  • Practical Programming Education for measuring and visualization of Environmental Information on a High School of Informatics  [in Japanese]

    滑川 敬章 , 落合 秀也 , 山内 正人 , 高岡 詠子 , 中山 雅哉 , 江崎 浩 , 砂原 秀樹

    プログラム言語を身につけるためにプログラム言語を学ぶのではなく,実際やりたいことの実現のためにプログラム言語を学ぶというコンセプトのもと,2011~2012年度にかけて情報系高校で,ハードウェア,ソフトウェア両方を扱う講座を行った.プログラム作成の対象がゲームであることが多い現状を踏まえ,ゲーム以外のプログラミングに興味を持たせるため,センサ制御やネットワーク経由でセンサデータを取得するなどのプロ …

    研究報告コンピュータと教育(CE) 2012-CE-116(16), 1-8, 2012-10-06

  • A Discussion about Improving the Quality of Communications in Wireless LAN Environment with High Terminal Density  [in Japanese]

    ISHIKAWA Keiya , TAENAKA Yuzo , NAKAYAMA Masaya

    IEEE802.11gを用いた無線LANが普及している。無線LAN環境では、1台のアクセスポイントに接続する端末数が増加するにつれて通信遅延が急激に増加する事が問題となる。その要因として、CSMA/CAによるバックオフ時間の増大やTCPによるウィンドウサイズ制御といった複数のレイヤにおける複雑な制御が挙げられ、これら制御方式に変更を施すことで問題の改善を見込めると考えられる。具体的にどのような変更 …

    IEICE technical report. Information networks 112(28), 55-60, 2012-05-10

    References (3)

  • BS-6-2 Otsuchi Soudscape Live-streaming  [in Japanese]

    斎藤 馨 , 中山 雅哉 , 小林 博樹 , 中村 和彦 , 藤原 章雄

    Proceedings of the IEICE General Conference 2012年_通信(2), "S-100", 2012-03-06

  • Application and evaluation of remote teaching materials for forest environmental class in an elementary school through real-time streaming and video archive systems of a beech forest at the Tokyo university forest in Chichibu, Japan  [in Japanese]

    SAITO Kaoru , NAKAMURA Kazuhiko , FUJIWARA Akio , IWAOKA Masahiro , KOBAYASHI Hiroki , NAKAYAMA Masaya , FUJIEDA Syunsuke

    The Japanese Forest Society Congress 122(0), 352-352, 2011

    J-STAGE 

  • UTMesh : An Evaluation Testbed for Wireless Networking-Development and Experiment Report  [in Japanese]

    OCHIAI Hideya , NAKAYAMA Masaya , ESAKI Hiroshi

    センサネットワークの基礎となる耐遅延性ネットワークやモバイルアドホックネットワークの研究開発において,提案技術の実装,および実機による検証あるいは評価は,有効性を実証する上で不可欠である.我々は,そのためのプラットフォームとして,バッテリ駆動型の無線端末51台によるテストベッドUTMeshを開発した.本論文では,そのテストベッド開発における設計思想を述べ,運用方法を解説し,これまでに行った実験の中 …

    IEICE technical report 110(349), 55-60, 2010-12-10

    References (12)

  • B-6-48 A proposal of TCP-splitting method based on bottleneck RTT and its evaluation  [in Japanese]

    KUREBAYASHI Yuki , NAKAYAMA Masaya

    Proceedings of the IEICE General Conference 2010年_通信(2), 48, 2010-03-02

  • Consideration of remote teaching for a elementary school science class with forest monitoring video and foliage of a beech  [in Japanese]

    SAITO Kaoru , NAKAMURA Kazuhiko , OTSUJI Hisashi , TOYODA Kaori , NAKAYAMA Masaya , FUJIWARA Akio , ANDO Koji , IWAOKA Masahiro

    The Japanese Forest Society Congress 121(0), 307-307, 2010

    J-STAGE 

  • Proposal and Evaluation of an Adaptive Communication Method for Dealing with Dynamic Contact ID Updates  [in Japanese]

    SAKAMOTO YUSUKE , NAKAYAMA MASAYA

    現在インターネット上では様々なコミュニケーションツールが利用されている.電子メールアドレスなどのコンタクトIDや各種ツールの使い分けおよび変更は,相手とのコミュニケーション手段の制御を可能にする.その一方で,そのような利用はメッセージ送信者の判別を困難にし,メッセージがスパム判別手法により誤判別される原因となる.我々は,メッセージ到着時におけるコンタクトID確認によってメッセージ保護の有無を決定す …

    IPSJ SIG Notes 71, 133-138, 2009-03-11

    References (12)

  • Open Research Testbed toward Future Network Architecture Development - Fact Sheets of Four Year Activities in National Project JGN12 - :  [in Japanese]

    NAKAMURA Kazuhiko , YAMAMOTO Seiichi , KITAMURA Yasuichi , OTSUKI Hideki , NAKAYAMA Masaya , KOBAYASHI Kazumasa , 江崎浩 , 下條真司

    IPSJ Magazine 49(10), 1176-1183, 2008-10-15

    IPSJ  References (4)

  • An Effective Enhanced ICMP Traceback to Specify Attackers of Low Rate DoS Attack  [in Japanese]

    TAKADA Tomonori , NAKAYAMA Masaya

    ICMP Traceback (iTrace)は,送信元IPアドレスを偽装したパケットによるDoS攻撃の攻撃元を,被害者が特定するのに有効な手法である.しかし,iTraceパケットがネットワークに与える負荷を考慮し,iTraceパケットの生成確率を小さな値としているため,攻撃パケットの発生レートが低いDoS攻撃には適さないという問題があった.本論文では,その問題を解決すべく,ICMP Traceb …

    The IEICE transactions on communications B 91(10), 1203-1210, 2008-10-01

    References (13)

  • 1 / 4
Page Top