ファー ベルーズ FAR Behrouz H.

ID:1000090241918

埼玉大学工学部情報システム工学科 Department of Information and Computer Sciences, Saitama University (2001年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 24

  • 1 / 2
  • Implementation of Multi-Agent System for Hostile Environments on the WWW  [in Japanese]

    ONJO Hiroyuki , FAR Behrouz H.

    ネットワーク上を自律的かつ合理的に行動し人間の社会活動を支援するソフトウェアとして, エージェントが注目を集めており, 様々なエージェントシステムが開発されている.従来のシステムはすべて自分と関係をもつエージェントが信頼できるという前提に基づいているが現実的には他のエージェントが信頼できないような環境にてエージェント同士で競合しなければならないケースが多数存在する.そこで, 本論文では競合的な撮舞 …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 00084(00006), 840-854, 2001-06-01

    References (16) Cited by (3)

  • Representation and Reuse of Organizational Knowledge  [in Japanese]

    FAR Behrouz H.

    人工知能学会全国大会論文集 = Proceedings of the Annual Conference of JSAI 14, 17-18, 2000-07-03

    References (4)

  • Organizational Knowledge and Its Application in Multiagent System Development

    FAR Behrouz H.

    IEICE technical report. Artificial intelligence and knowledge-based processing 99(290), 23-30, 1999-09-06

    References (24)

  • Towards an Agency Theory of an Agent Population

    FAR Behrouz H.

    人工知能学会全国大会論文集 = Proceedings of the Annual Conference of JSAI 13, 454-455, 1999-06-15

    References (3)

  • Structural Knowledge Model of Secretaries' in Telephone Handling Service  [in Japanese]

    MA Peijin , KOONO Zenya , CHEN Hui , FAR Behrouz H.

    この論文は知識工学的に電子秘書を作る研究である。組織の幹部に仕える幹部秘書は、標準化された手順で高度で気の利いたサービスを提供する。これをエキスパートモデルにとり、入出力関係に着目し書面により知識を獲得しつつ、知識構造モデルを求める事をボトムアップに行なった。最下位の対話の知識構造から始め、情報取得、判断、交渉の知識モデルを得た。これらは多階層の状態空間の中に位置づけられ、多階層化、状態の細分化を …

    Technical report of IEICE. KBSE 98(637), 17-24, 1999-03-05

    References (9)

  • A Development of a Design System and Some Statistics  [in Japanese]

    ZHANG Shifeng , CHEN Hui , FAR Behrouz H. , KOONO Zenya

    この論文は交換接続制御プログラムを自働設計する為のエキスパートシステムに関するものである。人によるこの設計作業を調べ、交換の仕様を表す接続の図に付き、ある種の分割を行う事が設計の知識である事を見出し。これをエキスパートシステムとして作った。このシステムは既に原理試作等も行っている。設計システムあるいはソフトウェアシステムとして各種の特性を採取する事を目的として、良い設計を行なった。自動設計の対象と …

    Technical report of IEICE. KBSE 98(637), 9-16, 1999-03-05

    References (7)

  • Structural Knowledge Model of Secretaries' in Telephone Handling Service  [in Japanese]

    MA Peijin , KOONO Zenya , CHEN Hui , FAR Behrouz H.

    この論文は知識工学的に電子秘書を作る研究である。組織の幹部に仕える幹部秘書は、標準化された手順で高度で気の利いたサービスを提供する。これをエキスパートモデルにとり、入出力関係に着目し書面により知識を獲得しつつ、知識構造モデルを求める事をボトムアップに行なった。最下位の対話の知識構造から始め、情報取得、判断、交渉の知識モデルを得た。これらは多階層の状態空間の中に位置づけられ、多階層化、状態の細分化を …

    IEICE technical report. Artificial intelligence and knowledge-based processing 98(635), 17-24, 1999-03-05

    References (9) Cited by (1)

  • A Development of a Design System and Some Statistics  [in Japanese]

    ZHANG Shifeng , CHEN Hui , FAR Behrouz H. , KOONO Zenya

    この論文は交換接続制御プログラムを自働設計する為のエキスパートシステムに関するものである。人によるこの設計作業を調べ、交換の仕様を表す接続の図に付き、ある種の分割を行う事が設計の知識である事を見出し。これをエキスパートシステムとして作った。このシステムは既に原理試作等も行っている。設計システムあるいはソフトウェアシステムとして各種の特性を採取する事を目的として、良い設計を行なった。自動設計の対象と …

    IEICE technical report. Artificial intelligence and knowledge-based processing 98(635), 9-16, 1999-03-05

    References (7)

  • Intelligent Agents for Probabilistic Diagnosis-Restoration Planning in WAN  [in Japanese]

    HAJJI Hassan , FAR B. H. , KOONO Zenya

    現在使われているほとんどのネットワークは、様々なプロトコルモジュール群の組合わせにより実現されている。ネットワークは、必要性の増大に伴い、より複雑になりサイズも巨大化している。よって故障による影響は深刻となり、いかにに故障を出さないかが重要視されている。本研究では、分散化されたベイズネットワークを用いた自動的な故障診断と修復システムを提案する。WAN内の各領域に対して一つのエージェントを割当てる。 …

    IEICE technical report. Artificial intelligence and knowledge-based processing 98(437), 17-24, 1998-12-01

    References (15)

  • Integrated Reasoning and Learning Environment for Electronic Commerce Agents  [in Japanese]

    FAR Behrouz H.

    小人数チームを対象にした分散情報処理システム(グループウエア)が多く存在するが多数のユーザーを中心とするシステムはまだ発表されていません。本研究は, 多数のメンバーから構成されるネットワーク上の分散型情報処理環境(グループウエア)のモデルとそのパイロット版を構築する。様々な応用例は考えられますが, 電子商取引システムを実験対象とする。システム科学論からは, 複数のオブジェクトを対象にするマスエント …

    IEICE technical report. Artificial intelligence and knowledge-based processing 98(436), 85-92, 1998-11-30

    References (29)

  • Intelligent Agents for Probabilistic Diagnosis-Restoration Planning in WAN

    HAJJI Hassan , FAR B. H. , KOONO Zenya

    現在使われているほとんどのネットワークは、様々なプロトコルモジュール群の組合わせにより実現されている。ネットワークは、必要性の増大に伴い、より複雑になりサイズも巨大化している。よって故障による影響は深刻となり、いかにに故障を出さないかが重要視されている。本研究では、分散化されたベイズネットワークを用いた自動的な故障診断と修復システムを提案する。WAN内の各領域に対して一つのエージェントを割当てる。 …

    Technical report of IEICE. KBSE 98(387), 33-40, 1998-11-05

    References (16)

  • Software Creation : Various Knowledge during detailed design  [in Japanese]

    ABOLHASSANI Hassan , CHEN Hui , TAKANO Hideki , FAR Behrouz Homayoun , KOONO Zenya

    人工知能学会全国大会論文集 = Proceedings of the Annual Conference of JSAI 12, 9-10, 1998-06-16

    References (3) Cited by (2)

  • Software Creation : Structure of Design Knowledge and the Application to Automatic Design  [in Japanese]

    KOONO Zenya , CHEN Hui , TAKANO Hideki , ABOLHASSANI Hassan , FAR Behrouz H.

    人工知能学会全国大会論文集 = Proceedings of the Annual Conference of JSAI 12, 1-4, 1998-06-16

    References (6) Cited by (1)

  • An Advanced Scheduling System for Meeting  [in Japanese]

    Takano Norihisa , Far B.H. , Kouno Zenya

    この論文は多忙な人から会議予定調整の手間を省く為のシステムの提案である.秘書や実際に慣れた人をエキスパートとして, その優れた作業方式の知識を獲得し, 獲得した作動方式を模倣し, 実現向きの方式にしてプログラム化する.会議を召集する側の条件は, 合理的な会議スケジュールを必ず設定できることである.最悪の場合には, 「不可欠な人」の空き時間に合せて, 他の人の「既存の予定は無視」する.この2アルゴリ …

    Technical report of IEICE. OFC 97(626), 1-6, 1998-03-20

  • A Distributed Expert System for Groupware Design

    FAR Behrouz H. , KOONO Zenya

    本研究の目的は, ネットワーク技術を設計知識ベースと設計ドキュメントに適用することである。散在する設計チームを対象とするには, 分散型知識ベース, 分散型設計ドキュメンテーション, 推論エンジンを実現しなければならない. 本システムの分散型知識ベースは, 設計工程知識と設計対象知識を格納している. 分散型推論エンジンは, 機能推論とサーチ機能を持つ. ネットワーク上に複数存在する分散型推論エンジン …

    Technical report of IEICE. KBSE 97(253), 17-23, 1997-09-12

    References (14)

  • Intelligent Agents for Electronic Commerce

    FAR Behrouz H. , KOONO Zenya

    現在,新たな商取引きの手段としてネットワーク上の電子商取り引きが注目されている. 本研究では, 電子商取引を専門に行うエキスパートエージェントを複数構築レ具体的に, 顧客, サーチ, カタログ, 小売, ベンダー, 運搬エージェントなどを実現する. 各エージェントの基本構成を統一することにより, システムの構築が容易になる. 取り引き自体にユーザーが労力を使わずにすむようにするために, 電子商取引 …

    Technical report of IEICE. KBSE 97(176), 15-20, 1997-07-18

    References (6) Cited by (1)

  • A Systematic Construction Method of an Expert System Used for Automatic Software Design : Acquisition and Reproduction of Design Knowledge from Design Process  [in Japanese]

    CHEN Hui , FAR Behrouz H. , KOONO Zenya , Hui Chen , Behrouz H. Far , Zenya Koono

    This paper reports on a systematic construction method of an expert system for automatic software design. The systematic construction requires: 1. systematic knowledge acquisition; and, 2. systematic …

    Journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence 12(4), 616-626, 1997-07-01

    J-STAGE  JSAI  References (27) Cited by (27)

  • Software Creation : An Automatic Software Design System By A Dedicated Expert System For A Switching Control Program  [in Japanese]

    化 吉龍 , KOONO Zenya , CEHN Hui , FAR Behrouz H.

    この論文は状態構造を持つソフトウエアの1例について,人の設計の知識を取り出して再利用する自動設計システムの報告である.原理研究と実際的なシステムの試作の両面から報告している.これは人の設計知識をある設計工程の入出力変換と捕えて,その設計知識をエキスパートシステム化して自動設計を行なわせる方式をとる.これはハードウエアでのDesign Automationと同じ技術であり.ソフトウエアでも視点を変え …

    IPSJ SIG Notes 114, 41-48, 1997-05-23

    References (14) Cited by (2)

  • Human Design Knowledge and Software Engineering  [in Japanese]

    KOONO Zenya , CHEN Hui , FAR Behrouz H.

    この報告はソフトウエア工学の基礎を設計の知識の観点から与える試みである.設計の基本構造として知的処理の階層展開網モデルを提案し,実績でこれを裏付けた.これはにより開発の定量評価できる.高い成熟度の開発組織を説明し,これを階層知識体系でモデル化できる事,またそれから系統的に知識を獲得し再現できる事を説明し,その知識の概要を述べている. これらはソフトウエア工学での定量化,設計の構造の理解や研究,自動 …

    IPSJ SIG Notes 114, 33-40, 1997-05-23

    References (22) Cited by (1)

  • Software Creation : An Experimental Intelligent CASE Tool  [in Japanese]

    CHEN Hui , FAR Behrouz H. , TSUTSUMI Nagayasu , KOONO Zenya

    現在のCASEツールは簡単にドキュメントを作図することができるが, その省力効果は, 全体の10%程度の工数を占める文書化作業の一部分を省力化するにすぎない. より大きな省力化をするには, 作図より上位の知的な設計作業を自動化する必要がある. 本論文は知的CASEツール, すなわちソフトウェアの設計を自動的に行なうシステムについて述べる. システムの基本的な考え方は, 設計者がCASEツールを利用 …

    Technical report of IEICE. KBSE 96(506), 31-36, 1997-01-31

    References (8) Cited by (4)

  • 1 / 2
Page Top